プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ソウルフィーリング溢れるヴォーカルが魅力の米サイケ作を探求!

韓国の人気レーベルBIG PINKから、米サイケのリイシュー新作が入荷しています。その作品も含めてソウルフィーリング溢れるヴォーカルが魅力の米サイケ作をピックアップいたします!

BOB SEGER SYSTEM / RAMBLIN’ GAMBLIN’ MAN

日本ではやや知名度低めですが、アメリカではブルース・スプリングスティーンと並び称されるロック・シンガーがこの方。ファズ・ギターが炸裂するサイケ・ヘヴィ・ロック、アシッド臭漂うフォーク・ロックが印象的な69年作。ソウルフルなヴォーカルは存在感抜群!

試聴 Click!

続けて69年作2ndもピックアップ!

BOB SEGER SYSTEM / NOAH

強靭な喉を生かした声量豊かでワイルドなヴォーカルがカッコいい~。この曲、「ヘイ・ジュード」の終盤をスワンピーにしたような感じで最高じゃないですか?サイケデリックなブルース/スワンプ・ロックとしてハイ・レベルな名作!

試聴 Click!

RATIONALS / RATIONALS

MC5やSTOOGESだけじゃない、ミシガン州だったらこのバンドもお忘れなく!ガレージ・バンドならではの荒々しさとソウル・フィーリングたっぷりのヴォーカルが絶妙に融合した、エタ・ジェイムスのカヴァーのカッコよさったら…。

試聴 Click!

GIANT CRAB / COOL IT…HELIOS

カリフォルニアのポップ・グループ、69年の2nd。スティーヴ・マリオットをソフトにしたようなヴォーカル、バブルガムなゴージャスさの中にR&Bの陰影が滲むホーン・セクション、ベースがブイブイと動き回るグルーヴ感いっぱいのリズム隊。西海岸サイケとR&B~ソウルの洗練との豊かな出会い!

試聴 Click!

最後はヴォーカルではないですが、豪快なサイケデリック・ソウル・インストをごピックアップ!

DENNIS COFFEY TRIO / HAIR AND THANGS

ジミヘン影響下の鋭利さと骨太さが同居するサイケなギター、負けじとワイルドに唸りまくるオルガンによる、互いを食わんとするかのような熱い競り合いに耳が釘づけ!69年らしい熱気渦巻くサイケデリック・ソウル・インスト快作!

試聴 Click!

こちらの記事も合わせてご覧ください!


ジミヘン・ファンに聴いてみて欲しい各国サイケ・ハード/プログレ選☆

【関連記事】

ジミヘン・ファンに聴いてみて欲しい各国サイケ・ハード/プログレ選☆

ジミヘン好きの方に聴いてみて欲しい各国のサイケ・ハード/プログレを集めました!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BOB SEGER SYSTEM / NOAH

    69年リリース、サイケデリックなブルース/スワンプ・ロックとしてハイレベルな名作

    母国アメリカでは絶大な人気を誇り、ブルース・スプリングスティーンとも並び称されるBOB SEGERによるグループ69年作2nd。「HEY JUDE」の最後の部分をスワンピーにしたようなキャッチーな「NOAH」で幕開け。いきなりアグレッシヴなリフと熱いシャウト・ヴォーカルで畳みかける2曲目「Innervenus Eyes」へと続き、素晴らしい喉を聴かせるブルージーな「LONELY MAN」へと続く怒濤の展開。ひなびたオルガンとメランコリックなメロディがたまらない「Lonliness Is A Feeling」へ。それ以降もフックに富んだ魅力的な楽曲がずらり。サイケデリックなブルース/スワンプ・ロックとしてハイ・レベルな名作。

  • BOB SEGER SYSTEM / RAMBLIN’ GAMBLIN’ MAN

    68年作、米サイケの名作

    68年作。ファズ・ギターが炸裂するサイケ・ヘヴィ・ロック、アシッド臭漂うフォーク・ロックが印象的。ソウルフルなヴォーカルは存在感抜群。名作。

  • DENNIS COFFEY TRIO / HAIR AND THANGS

    デトロイト出身の名セッション・ギタリスト、豪快なサイケデリック・ソウル・インストを聴かせる69年リーダー作、「Get Back」「Hey Jude」のカヴァー収録

    ウィルソン・ピケット、テンプテーションズ、フォー・トップス、デル・シャノン、リンゴ・スターなど大御所アーティスト達の作品でプレイするデトロイト出身セッション・ギタリストDennis Coffeyが、69年にリリースしたリーダー作。いやはやこれはカッコ良さの塊のような一枚!ジャジー&グルーヴィなリズムに乗ってギターとオルガンの豪快なプレイがぶつかり合うサイケデリック・ソウル・インストがただただ痛快です。ジミヘンの影響が伺える鋭利さと骨太さが同居するサイケなギター、それに負けじとワイルドに唸りまくるオルガンによる、互いを食わんとするかのような熱い競り合いに終始耳を釘づけにされます。小技を利かせつつゴキゲンなグルーヴを刻みつづけるR&Bフィーリングたっぷりのリズム・セクションもナイスすぎます。そんなド派手なプレイで聴かせる「Get Back」「Hey Jude」は、数あるカバーの中でもかなりの完成度で聴き所。マイナーながら、69年という時期ならでは熱気を見事に切り取った快作です!

  • GIANT CRAB / COOL IT…HELIOS

    西海岸サイケとR&B〜ソウルの洗練との豊かな出会い、レイト60s米西海岸の逸品!

    カリフォルニアのポップ・グループ、69年の2nd。デビュー作のガレージ感&サイケ感が渦巻く米西海岸サイケ・ポップと比べて、荒々しさはなくなり、だいぶ洗練された印象。スティーヴ・マリオットをソフトにしたようなヴォーカル、バブルガムなゴージャスさの中にR&Bの陰影が滲むホーン・セクション、ベースがブイブイと動き回るグルーヴ感いっぱいのリズム隊。西海岸サイケとR&B〜ソウルの洗練との豊かな出会い。これは素晴らしい作品です。オススメ!

  • RATIONALS / RATIONALS

    ミシガン州アナーバーのガレージ・バンド、70年唯一作。ソウルフルなヴォーカルが光るガレージ・サイケの好作!

    ミシガン州アナーバーで結成されたガレージ・バンドRATIONALSの70年唯一作。メンバー作のハードなガレージ・ナンバーとR&B/ソウルのカヴァーが半々で収録されています。後にMC5のフレッド・スミス率いるソニックス・ランデヴー・バンドに加入するスコット・モーガンのヴォーカルが特筆で、ガレージ・バンドならではの荒々しさと、ソウル・フィーリングたっぷりのヴォーカルが絶妙に融合しています。中でもエタ・ジェイムス「Something’s Got A Hold On Me」のカヴァーが最高にかっこよい!グルーヴィーなリズムにのりのびのびと駆け巡るファンキーなヴォーカル、高音のシャウトも決まっています。絶妙な合いの手を入れるメンバーのバック・コーラスも良いし最初から最後まで痺れっぱなし。米ガレージ好きのみならず、スモール・フェイスあたりが好きな人におすすめしたいガレージ・サイケの好作です!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。