プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

厳選!ポーランド産女性ヴォーカル・プログレ名盤セレクション♪

スタッフ佐藤です。

プログレ・ファンが入っていると嬉しい要素っていくつかありますよね。

メロトロン、変拍子、組曲、etc.

そして何と言っても「女性ヴォーカル」ではないでしょうか。

現在のプログレ・シーンを見てみると、圧倒的に女性ヴォーカル・プログレのシェアを占めているのがポーランド

同国プログレの中核を担うLYNXレーベルを中心にして、質の高い女性ヴォーカル・プログレ作品が量産されているんです。

今回は、そんなポーランドの素晴らしき女性ヴォーカル・プログレの数々を厳選してご紹介できればと思います。

まずは、ポーランドの女性ヴォーカル・プログレを象徴する一枚と言える名盤からまいりましょう♪

QUIDAM/QUIDAM

現在に続くポーランドの女性ヴォーカル・プログレの源流に位置するのが本作。

これがもはや90年代のポーランド、というより、90年代ユーロ・プログレを代表すると言ってもよさそうなシンフォ大傑作なんですよね。

GenesisとRenaissanceの遺伝子を理想的に受け継いで東欧らしいメランコリーで包み込んだようなサウンドはデビュー作にしてすでに完成されていて見事。

特に1曲目「SANKTUARIUM」は絶品で、泣きのギター、幻想的にたなびくシンセ、そしてフルートやオーボエら管楽器らが繊細に音を重ねて織り上げていくシンフォニックなアンサンブル、そして美声で切々と祈るように歌い上げるヴォーカルが静かな感動を呼びます。

試聴 Click!

そのQUIDAMと共に同国女性ヴォーカル・プログレの潮流を作り出したこのバンドも重要ですね。

ALBION/REMAKE

QUIDAMと並ぶポーランド女性ヴォーカル・プログレの名バンドと言えばこちら。

力強く壮麗に溢れ出すシンセと可憐な女性ヴォーカルが織り成す、ポーランド産美麗シンフォニック・ロック・バンドによる1stと2ndを収録!

この2作をリリース後、10年に及ぶブランクを経て復帰、再編を挟みながらも現在まで活動を続ける人気グループですよね。

試聴 Click!

現時点の最新作がこちら!

ALBION/YOU’LL BE MINE

分裂を経て、ギタリストを中心にメンバーが再編された18年作ですが、それでこの完成度は驚き。

ひたすら泣きのフレーズを紡ぎ続けるギター、復帰したオリジナル女性ヴォーカルのエモーション溢れだす歌唱に心奪われます…。

試聴 Click!

ALBIONから分裂したメンバーたちも素晴らしい女性ヴォーカル作品を残しています。

NOIBLA/HESITATION

ポーランドの実力派ALBIONから脱退した女性Voやkey奏者が新たに結成したシンフォ・グループ。

抑制の効いたしっとりと叙情的な演奏によって、女性ヴォーカルの深みある表現力をより際立たせた素晴らしき一枚です。

試聴 Click!

QUIDAM直系のサウンドを聴かせたこちらも外せない好バンド!

ANAMOR/ZA WITRAZEM

ポーランド語によるミステリアスかつ哀愁を感じる女性ヴォーカルと、ロングトーンを多用しながら止めどなく泣きのフレーズを紡ぐギターを中心に展開される流麗なサウンドは、ずばり初期QUIDAM直系シンフォの筆頭格!

15年ぶりの作品とは思わせない完成度の18年作。

試聴 Click!

そして、現ポーランドで最も注目すべき女性ヴォーカル・プログレ・バンドと言えるバンドがこちら!

LOONYPARK/EGOIST

ジャケには少しビビりますが、中身はしっとり翳りのある女性ヴォーカルをフィーチャーした雄大かつどこまでも気品高いシンフォニック・サウンドが堪能できる名盤。

最近の女性ヴォーカル・プログレでどれを聴けばいいんだろう…という方には、ジャケには目をつぶっていただいてこれをオススメしたいところ!

試聴 Click!

キャッチーさを加えた最新の21年作も良かったなぁ~。

LOONYPARK/7TH DEW

初代女性voが復帰し、ハードかつキャッチーな力強いサウンドへと舵を切った21年作6th。

疾走感抜群のプログレ・ハードにトニー・バンクス風の華麗なシンセソロを入れるこのセンス、素晴らしいなぁ。

試聴 Click!

まだまだ、素晴らしい完成度を持つ女性ヴォーカル・プログレ作品を厳選ピックアップ☆

UISTITI/UISTITI

この民謡的な「揺らぎ」が感じられる本格派女性ヴォーカルはちょっとすごいです!

そのヴォーカルと渾然一体となってダークなシンフォニック・ロックを展開する演奏陣もレベル高いなぁ。

単発なのが惜しまれるポテンシャルを持った名品ですね。

試聴 Click!

STARLESS/MISSING YOU

生ピアノとヴォーカルを基本に、ヴァイオリンとチェロも参加する、完全アコースティック編成で劇的に紡がれるクラシカル・ロックは、息をのむほどに美麗かつ重厚。

美声ながらどこか哀愁味を感じさせる女性ヴォーカルもドラマチックで素晴らしい!

試聴 Click!

RYSZARD KRAMARSKI PROJECT/MUSIC INSPIRED BY THE LITTLE PRINCE

ポーランド産シンフォ・バンドMILLENNIUMのkey奏者による17年ソロ作。

「星の王子さま」をコンセプトに展開されるのは、『狂気』フロイドへの憧憬に満ちた深遠でドラマチックなシンフォニック・ロック。

女性ヴォーカルは清楚さよりは艶があってややアヴァンギャルドな表情も滲ませる実力派で聴き応えたっぷり。

試聴 Click!

KAYANIS/MUNDANE

艷やかなトーンのシンセを中心とする各種キーボードとエレクトロニクスを重ね合わせて作り上げられた、このクリアかつ深遠な音世界…いかにもポーランドって感じでいいなぁ。

愛らしさとミステリアスさを備えた女性ヴォーカルも絶品だし。

試聴 Click!

CORRAL/REVENANT

幻想的にたなびくキーボードとヘヴィかつヌケの良いギター、そしてそこに映えるメランコリックな美声女性ヴォーカル!

ドイツのRPWLのサポートを務めたことも納得のイマジネーション豊かなポーランドの新鋭、2014年デビュー作!

試聴 Click!

ポーランドの女性ヴォーカル・プログレの魅力、味わっていただけましたでしょうか。

同国は他にも多くの女性ヴォーカル・プログレ作品があり、また毎月のように新作が届いておりますので、是非ご注目いただければ嬉しいです!

ポーランド・プログレ新鋭の在庫一覧へGo!


【新作追加】新世代ポーランド・プログレの総本山 LYNXレーベル特集!

【関連記事】

【新作追加】新世代ポーランド・プログレの総本山 LYNXレーベル特集!

現在のポーランド・プログレを支えるレーベルLYNX MUSICを大特集します!


【新作追加】女性ヴォーカルが活躍する新鋭プログレ注目作品をタイプ別に探求☆

【関連記事】

【新作追加】女性ヴォーカルが活躍する新鋭プログレ注目作品をタイプ別に探求☆

女性ヴォーカルが活躍する注目のプログレ新鋭アルバムをタイプ別に厳選してピックアップ☆


【新作追加】現ポーランド屈指の人気プログレ・グループ LOONYPARK特集!

【関連記事】

【新作追加】現ポーランド屈指の人気プログレ・グループ LOONYPARK特集!

2000年代以降のポーランド屈指のプログレ新鋭LOONYPARKを特集!メンバーのソロワークも含めた軌跡を辿ります。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • LOONYPARK / EGOIST

    女性ヴォーカルを擁するポーランドのシンフォ・グループ、荘厳かつメランコリックな08年傑作デビュー作!

    ポーランド出身、女性ヴォーカルを擁するシンフォニック・ロック・グループ、08年のデビュー作。深く沈み込むように鳴らされるキーボード、ロング・トーンでゆったりと紡がれるメロディアスなギターを中心とする静謐でいて荘厳なアンサンブル。時に風のように柔らかに鳴らされるアコースティック・ギターのバッキング、ここぞで嵐のように轟くヘヴィなギター・リフ、オーケストラのように目の覚めるようなキーボードなど、映像喚起的なアレンジも特筆です。そして、しっとりと翳りのあるヴォーカルとメランコリックなメロディが静かにドラマを描いていきます。ポーランドらしいウェットな質感と流麗さで終始メロディアスに綴られる雄大な傑作。

  • STARLESS / MISSING YOU

    ポーランド新鋭、アコースティック編成による女性ヴォーカル・クラシカル・ロック、21年デビュー作

    ポーランドのプログレ・メタル・バンドALHENAの女性ヴォーカルMarta BejmaとキーボーディストPiotr Prykaが結成したユニットの21年1st。生ピアノとヴォーカルを基本に、ヴァイオリンとチェロも参加する、完全アコースティック編成で劇的に紡がれるクラシカル・ロックは、息をのむほどに美麗かつ重厚。クラシックの高い素養を生かした力強くも表現力豊かなタッチで音を紡ぐピアノ、そこに乗る女性ヴォーカルは美声ながらどこか哀愁を感じさせる切ない声で歌い上げます。ここぞで悲哀を帯びた音色を響かせるヴァイオリンとチェロも素晴らしい。アコースティック・アンサンブルと聞いて想起される軽やかさや涼やかさはなく、このどこまでも重々しくドラマチックな聴きごたえはさすがポーランドです。メロディアスな歌ものチェンバー・ロックとしても秀逸な一枚!

    • LM195CDLYNX

      1曲目にノイズのような音が入りますが、アーティストが意図的に挿入したものになります

      レーベル管理上、盤面にキズある場合や背ジャケにヨレがある場合ございます。予めご了承ください。

  • ALBION / REMAKE

    ポーランド産、透き通った女性ヴォーカルをフィーチャーしたドラマティックなシンフォ、94年1stと95年2ndを新規リマスターで収録した2枚組

    ポーランド出身のシンフォニック・ロックバンドALBIONの94年発表の1stと95年発表の2ndを収録した2枚組。同郷のCOLLAGEにも通ずるあふれ出る壮麗なシンセサイザーや力強いビートを刻むドラム、叙情的なフレーズを流麗に綴るギターが織りなすドラマティックなシンフォニック・サウンドに、時に可憐に時にパワフルに歌声を響かせる情感豊かな女性ヴォーカルが乗るスタイルが特徴。特に、荘厳に響き渡るシンセをバックにギターがひたすらむせび泣く2nd終盤の展開などはシンフォ・ファンなら胸を熱くすること間違いなし。内省的なアコギの響きに東欧らしい翳りを感じさせるメランコリックなアンサンブルも随所で登場し、作品に見事な陰影を与えています。1st、2nd共に東欧シンフォの隠れた傑作と呼んでよい高い完成度を持った作品です。

  • UISTITI / UISTITI

    ポーランド、圧倒的な存在感を放つ女性ヴォーカルが魅力のシンフォニック・ロック、09年作

    ポーランドのシンフォニック・ロックグループ、09年デビュー作。細かく刻むジャズ・ロック調のドラムスとメランコリックな中にも叙情美を感じさせるギターを中心としたアンサンブルに乗って、しなやかさと力強さを併せ持つ女性ヴォーカルが素晴らしい歌唱を聴かせるシンフォニック・ロック。東欧特有のうす暗さが漂うシリアスな楽曲から軽快なリズムと瑞々しいアコギが爽やかに駆け抜ける楽曲まで、演奏陣が多彩なアンサンブルを繰り広げる中、それらに見事に歌声を乗せていくヴォーカルは存在感抜群。民族音楽的歌唱に根ざした独特のゆらぎを随所に感じさせる実力派で、内面をさらけだすような生々しい歌唱には思わず息をのみます。テクニカルで緩急自在の演奏と吸い込まれるような魅力を持つ女性ヴォーカルの歌声が印象的な傑作です。

  • RYSZARD KRAMARSKI PROJECT / MUSIC INSPIRED BY THE LITTLE PRINCE

    ポーランド、MILLENNIUMのキーボード奏者によるソロ・プロジェクト17年作、「星の王子さま」をコンセプトに据えフロイド直系のドラマチックなシンフォを聴かせる秀作!

    現ポーランドを代表するシンフォ・グループMILLENNIUMのキーボード奏者Ryszard Kramarskiによるソロ・プロジェクト17年作。タイトルが示すとおり『星の王子さま』をコンセプトに据えた作品となっており、そのサウンドはMILLENNIUMと同様ピンク・フロイド、特に『DARK SIDE OF THE MOON』を強く意識したメロディアスかつ劇的なシンフォニック・ロック。リック・ライトのプレイを思い出さずにはおれないセンシティヴな美しさと微かな陰鬱さが漂うシンセから、壮麗に流れゆくキーボード・ストリングスまで、音作りの要を担う自身のキーボードワークはさすがの素晴らしさ。ただ決して前には出過ぎずアンサンブルの中で有機的に音を紡いでいる姿勢がまた好印象です。一方メインでソロを取るMOONRISEのギタリストMarcin Kruczekによるギターも特筆で、ギルモアのプレイを忠実に再現したブルージーな泣きをたっぷり含んだ極上のソロを聴かせていて感動を禁じえません。女性ヴォーカルは清楚さよりは艶があってややアヴァンギャルドな表情も滲ませる実力派。フロイド憧憬のサウンドに深遠な奥深さを与えています。往年のフロイド憧憬を見せつつもそこに違和感なくエレクトロニクスを挿入してくるモダンなセンスも冴え渡ります。フロイド好きならこれはたまらないメロディアス・シンフォの好盤!

    • LM194CDDGLYNX

      デジパック仕様、2枚組、disc1に女性ヴォーカル版/disc2に男性ヴォーカル版を収録

      レーベル管理上、デジパックに若干角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

  • ALBION / YOU’LL BE MINE

    ポーランドの新鋭シンフォ・バンド、これでもかと泣きのフレーズを紡ぎ続けるギター、復帰したオリジナル女性ヴォーカルによるエモーション溢れる歌唱が素晴らしい18年作!

    ポーランドの新鋭シンフォ・グループ、18年作。前作までのキーボーディストらが別グループNOIBLAとして独立し、残ったギタリストJerzy Georgius Antczakを中心に前作や過去作にも参加していたベーシストとドラマー、そして復帰した初期の女性ヴォーカリストAnna Batkoという再編された4人編成となっています。以前までの広がりある幻想的でメランコリックな作風は残しつつも、プログラミングも散りばめたモダンでスタイリッシュなサウンドへと変化を遂げているのが特徴。キーボードはギタリストが兼任しているものの、やはりギターの存在感がアップしており、これでもかとドラマチックな泣きのフレーズを延々紡ぎ続けるギターが圧巻です。さらに復帰したオリジナル・ヴォーカリストがまた素晴らしい!前々作まで在籍した女性ヴォーカルのしっとりめの歌唱も良かったですが、時にシアトリカルとも言える表現力でエモーショナルに歌いこむ、コケットな魅力を秘めた歌唱に心奪われます。プログラミングによる装飾音も絡めつつ安定感抜群のプレイで2人を支えるリズム隊の仕事も特筆です。大きな再編を経たとは思えない完成度の高い音世界で聴かせる傑作!

  • LOONYPARK / 7TH DEW

    ポーランド屈指の人気シンフォ・グループ、初代女性voが復帰、ハードかつキャッチーな力強いサウンドへと舵を切った21年作6th

    実力派がひしめく現ポーランドでも屈指の人気シンフォ・グループによる、2年ぶりとなった21年6thアルバム。本作、何より前々作まで不動の女性ヴォーカルだったSabina Godulaが復帰し、あの低音寄りで朗々と歌う個性的な歌唱を再び聴かせているのが嬉しいところ。プログレ・ハード的な疾走感でパワフルに畳みかける新境地の1曲目から、このヴォーカルが抜群に映えます。性急なリズムを刻むドラム&ベースに乗ってギター&オルガンがスリリングなユニゾンを決めるアンサンブルに、姉御系の力強い女性ヴォーカルがエモーショナルに歌い上げるスタイルがとにかくカッコいいです。このハードなサウンドにトニー・バンクス風の華麗なシンセソロを合わせるセンスも見事。2曲目以降も、リズム隊とギターが従来以上にハードに迫りつつ、メロディはよりキャッチーになった印象があります。キーボードが担うシンフォニックな美麗さは随所に残しながらも、重量感たっぷりの鋭角的なサウンドとキャッチーなメロディラインを押し出した新たなスタイルを提示する意欲作です。

  • CORRAL / REVENANT

    ドイツのRPWLのサポートも務めたポーランドの実力派新鋭、美声女性ヴォーカルをフィーチャーした2014年デビュー作

    ポーランドのメロディアス・ロック・バンド、2014年のデビュー作。影のあるメランコリックな美声女性ヴォーカル、幻想的に広がるキーボード、ヘヴィかつヌケの良いトーンによるバッキングからディレイ音やエコーをまぶした浮遊感のあるモダンなオブリガードまで表情豊かなギター、沈み込むようなタイトなリズム隊。ポーランドらしいイマジネーション豊かなゆったりとメロウなアンサンブルと美しいメロディ・センスを持ったモダン・プログレ・サウンドからはセンスが溢れていて、ドイツの実力派RPWLのサポートを務めたことも納得。これは快作です。

  • NOIBLA / HESITATION

    ポーランド、人気バンドALBIONを脱退したkey奏者や女性ヴォーカルによるシンフォ・バンド、18年デビュー作

    ポーランドの新鋭グループによる18年作1st。同国の人気シンフォ・グループALBIONが分裂し、脱退したキーボーディストや女性ヴォーカリストが新たに結成したのがこのグループ。ハードな面も交えつつ厚みあるバンド・アンサンブルで聴かせていたALBIONに比べ、シンセ/ピアノをメインとするややダークでつややかな叙情性を帯びた落ち着きあるアンサンブルが印象的。そこに瑞々しい響きの女性ヴォーカルが乗り、仄暗くもスタイリッシュに洗練されたプログレを繰り広げます。ALBION時よりもしっとりと情緒豊かに歌うシンガーKatarzynaの表現力は聴き惚れるほどに見事。一般に美声といわれる女性シンガー達より少し低めの声域なのですが、感情の揺らぎのようなものを表出させるスタイルに惹き込まれます。ここぞでメロディアスに飛翔する叙情フレーズ満載のギター、枯れた哀愁を添えるソプラノ・サックスらもメランコリックな作風に映えていて、実にいい仕事です。派手に盛り上がるパートを排し、しっかりと抑制の効いた演奏によって、女性ヴォーカルの魅力を際立たせたアプローチが素晴らしい傑作。

  • ANAMOR / ZA WITRAZEM

    ポーランドのQUIDAM系メロディック・シンフォ・バンド、15年ぶりとなった18年作2nd!

    03年に1stアルバム『IMAGINACJE』をリリースしたポーランドのメロディック・シンフォ・グループが、15年を経て放った18年作2nd。母国語によるミステリアスかつ哀愁を感じる女性ヴォーカルとロングトーンを多用しながら止めどなく泣きのフレーズを紡ぐギターを中心に展開される流麗なサウンドは、前作同様に初期QUIDAMを思わせる息を呑むような気品高さに溢れています。厳粛に響きわたるシンセワークにも注目です。ポーランドらしい翳りを帯びたドラマチックなサウンドメイクが光る逸品!

  • KAYANIS / MUNDANE

    TANGERINE DREAMやVANGELISに影響を受けたポーランド出身のコンポーザー、18年作

    ポーランド出身、10歳から本格的な音楽教育を受け94年にデビューしたKAYANISことLubomir Jedrasikによるプロジェクトの通算6作目となる18年作。艷やかなトーンのシンセサイザーを中心とする各種キーボードとエレクトロニクスを重ね合わせたモダンなサウンドメイクに、男女の英語ヴォーカルが繊細な歌声を乗せる、クリアかつ深遠な音世界を繰り広げます。特にメインで歌う女性ヴォーカルは素晴らしく、デリケートに鳴らされるピアノと相性抜群の愛らしさとミステリアスさを備えた歌唱に心奪われること必至。メロトロンも随所に用いながら静謐に織り上げていく独自の美意識が貫かれたサウンドは特筆ものの素晴らしさです。ポーランドらしい終始闇の中で鳴らされるようなゾクリとする美しさが印象的な作品となっています。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。