プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

SPOOKY TOOTHにフォーカスして、メンバーのソロ&参加作をピックアップ!

こんにちは。葉の先が紅葉しはじめて秋が深まっていくのを感じます。
今日は、叙情性溢れるブリティッシュ・ハード・ロックの名グループ、SPOOKY TOOTHに注目して、メンバーのソロ&参加作をご紹介してまいります♪

まずは、SPOOKY TOOTHの前身バンドからまいりましょう☆

ART/SUPERNATURAL FAIRY TALES

SPOOKY TOOTHの前身グループはご存知? アメリカン・ルーツ・ロックへの憧れとサイケデリックな時代の空気が融合したサウンドは、同時代のTRAFFICやSMALL FACESと同傾向のアプローチ!オススメです!

試聴 Click!

SPOOKY TOOTH/IT’S ALL ABOUT

次は、ARTにKey兼VoのGary Wrightが加わり結成されたSPOOKY TOOTHの68年デビュー作!同じくKey兼VoのMike Harrisonとによるいかにも英国的な叙情性溢れるキーボード・ワークと重厚なヴォーカル・ワークが聴き所!

試聴 Click!

SPOOKY TOOTH/LAST PUFF

中心メンバーGary Wrightが脱退し、名手Henry McCullochら元グリース・バンドのメンバーが加入した70年リリースの通算4作目。アコギの泥臭いカッティング、粘っこく歪んだエレキ、メロウなオルガンにゴスペル・フィーリングに満ちた女性コーラス。これぞ「いぶし銀」の名ブリティッシュ・ハードの傑作!

試聴 Click!

続いてメンバーのソロ作にまいりましょう!

MIKE HARRISON/MIKE HARRISON

SPOOKY TOOTHのヴォーカル、Mike Harrisonのソロ1st71年作。スプーキー・トゥース結成以前から付き合いのある面々がバックを務めていて、バンドとの一体感を感じる作品です。陰影に満ちたスワンプ/フォーク・ロックの傑作!

試聴 Click!

LUTHER GROSVENOR / UNDER OPEN SKIES

SPOOKY TOOTHのオリジナルメンバーで、後にMOTT THE HOOPLEに参加する英ギタリストの71年ソロ1st。盟友、ドラマーMike Kellieが全面参加していています。内容はアーシーなサウンドとハード・ロックが融合した英国ロック。ルーズなロックンロールを聴かせる1曲目「Ride On」にはTRAFFICのJim Capaldi、MOTT THE HOOPLEのMick Ralphsがバック・コーラスで参加!

試聴 Click!

続いてはメンバーの参加をご紹介!

THOMAS F.BROWNE/WEDNESDAY’S CHILD

イギリスのSSW、71年にヴァーティゴ・レーベルよりリリースされた唯一作。SPOOKY TOOTHのGary Wrightが参加しています。ヴァーティゴ・レーベルって、こんなアーシーな英SSW作も出してたんですね!米ルーツの旨味と英国的叙情が溶け合ったサウンドは絶品の味わいです。

試聴 Click!

STEVE MARRIOTT / MARRIOTT

元SPOOKY TOOTH~HUMBLE PIEのベーシストGreg Ridleyが参加。HUMBLE PIEの活動停止後、Steve Marriottが76年に発表した1stソロ作。このハイトーンのソウルフルなシャウト、たまらないっ。ロバート・プラントが夢中になったのも納得のカリスマ性がみなぎってますね。ドラムは元クリムゾンのイアン・ウォーレス!

試聴 Click!

こちらの記事も合わせてご覧ください!


ジョージ・ハリスンの仲間たち Vol.1 ~ ゲイリー・ライトに注目!

【関連記事】

ジョージ・ハリスンの仲間たち Vol.1 ~ ゲイリー・ライトに注目!

ジョージ・ハリスンを支えた名ミュージシャンたちを連載形式でピックアップ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • THOMAS F.BROWNE / WEDNESDAY’S CHILD

    英国的叙情性と米ルーツの旨味や渋みが溶け合った逸品、71年にVertigoよりリリースの唯一作

    イギリスのSSW。71年にヴァーティゴ・レーベルよりリリースされた唯一作。ジャケットのイメージ通りの英国的な陰影と幻想性を軸に、カントリー、ゴスペル、ブルースなど、ルーツ色が滲むアンサンブルが渋みと旨味を加える芳醇なサウンドが持ち味。土臭さや骨太さはそれほど感じず、翳りのあるメロウな歌声、エコーで包んだサウンド・プロダクションのせいか、いかにも英国的といえる叙情性に溢れています。SPOOKY TOOTHのGary Wright、FOTHERINGAY〜FAIRPORT CONVENTIONで活躍したギタリストJerry Donahueなどがバックを担当。メロウなSSWやスワンプ・ロックのファン、Miller Andersonあたりのファンにはかなりオススメの逸品。

  • ART / SUPERNATURAL FAIRY TALES

    SPOOKY TOOTHの前身グループ、67年作、アーシーかつサイケデリックな懐深い逸品!

    SPOOKY TOOTHの前身として知られるグループ。67年唯一作。Mike HarrisonによるR&Bが根っこにあるアーシーなヴォーカルは、Steve Winwwodを彷彿とさせる存在感。Luther Grosvenorのブルージーかつスリリングなギター、霧の向こうから音が立ち上がるようなアグレッシヴかつ混沌としたドラム、テープ逆回転などのサイケデリックなエフェクトも印象的。アメリカン・ルーツ・ロックへの憧れとサイケデリックな時代の空気が融合したサウンドは、同時代のTRAFFICやSMALL FACESと同傾向のアプローチ。それほど有名な作品ではありませんが、数ある67年の名作にも引けを取らない逸品。ジャケットにピンと来たら是非!

  • LUTHER GROSVENOR / UNDER OPEN SKIES

    スプーキー・トゥースのオリジナルメンバーで、後にモット・ザ・フープルに参加する英ギタリストの71年ソロ1st。

    スプーキー・トゥースのオリジナルメンバーで、後にモット・ザ・フープルに参加する英ギタリストの71年ソロ1st。スプーキー・トゥースのドラマーMike Kellieが全面参加していています。内容はアーシーなサウンドとハード・ロックが融合した英国ロック。ルーズなロックンロールを聴かせる1曲目「Ride On」にはトラフィックのJim Capaldi、モット・ザ・フープルのMick Ralphsがバック・コーラスで参加。5曲目「Under Open Skies」では、のびやかに駆け回るギターと爽やかなコーラスが気持ち良いサザン・ロック風のサウンドを聴かせます。Luther Grosvenorのヴォーカルがちょっと頼りない感じがありますが、そこも含めて愛すべき英国ロックの作品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。