プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【中古棚探検隊】FOCUSの元ネタが聴ける『SOLUTION / DIVERGENCY』

スタッフ佐藤です。

中古棚にひっそり佇んでいる「これは!」という一枚を見つけ出してご紹介。

今日は、オランダのプログレ・グループSOLUTIONの2ndアルバム『DIVERGENCY』を発見しましたので、ピックアップ!

1970年に結成され、83年の解散までにライヴ盤を含む7作品を残した実力派ダッチ・プログレ・バンドが彼ら。

聴いて欲しいのは72年2ndに収録されているこのタイトルナンバー!

試聴 Click!

この哀愁いっぱいでロマンチックすぎるメロディ、どこかで聴いたことないでしょうか?
そうコチラ。

FOCUS / IRUPTION

試聴 Click!

FOCUSによる大作「IRUPTION」。その6分過ぎにヤン・アッカーマンがエモーショナルに奏でるあのメロディなんですよねぇ。

収録されているFOCUSの『MOVING WAVES(FOCUS II)』が71年と先のリリースのためFOCUSがオリジナルと言えるのですが、作曲者はSOLUTIONの管楽器奏者Tom Barlageなので、SOLUTIONのバージョンは提供曲のセルフカバーと言っていいかもしれません。

ヤンのギターがこれでもかと泣くFOCUSバージョンは言わずもがな極上だけれど、よりジャジーで憂いあるサックスがいぶし銀に歌うSOLUTIONバージョンもまた甲乙つけがたい魅力を放っています。

アルバムとしても、ヴォーカルを軸に据えた渋くも情緒豊かなジャズ・ロック作品でかなりの逸品ですよ~☆

試聴 Click!


カンサス『永遠の序曲』から出発、スケール大きくアグレッシヴなヴァイオリン・プログレ探求!

【関連記事】

カンサス『永遠の序曲』から出発、スケール大きくアグレッシヴなヴァイオリン・プログレ探求!

カンサス『永遠の序曲』を起点にして、アグレッシヴでスケール大きなヴァイオリン・プログレを探求します!!

SOLUTIONの在庫

  • SOLUTION / DIVERGENCE

    FOCUSとも親交の深いオランダのジャズ・ロック・グループ72年2nd、叙情味あふれる名盤!

    同郷FOCUSとも親交を持つオランダのグループによる72年作2nd。叙情溢れるピアノに導かれて始まる繊細で美しい演奏からして名曲であることがひしひしと伝わってくる導入部。徐々にピアノが熱いフレーズを聴かせるようになると、こちらもまた熱気みなぎるサックスが登場。フルートもエレガントにメロディをなぞります。最終的にはスピーディーなサックスがリードしての抜群にカッコいいジャズ・ロック・アンサンブルへと発展。これは一曲目から問答無用のプログレッシヴ名曲。作品全体を見ても、前作での混沌としたマイナープログレ感はなくなり、堂に入ったジャジーなアンサンブルが見事に存在感を示しています。アンサンブルにほんのりと香るカンタベリー風味もまたたまりません。サックスが同郷の名バンドFOCUSでお馴染みのフレーズをメロディアスに歌い上げる場面はプログレ・ファンなら思わずニヤリですが、実は彼らがオリジナル。演奏面/アレンジ面に前作からの確実な進化が感じられる名作です。

  • SOLUTION / GOLDEN YEARS OF DUTCH POP MUSIC

    FOCUSとも親交の深いオランダのジャズ・ロック・グループ、シングルA/B面集、全29曲

「SOLUTIONの在庫」をもっと見る

FOCUSの在庫

  • FOCUS / BEST OF FOCUS HOCUS POCUS

    01年編集ベスト、全16曲

  • FOCUS / 8

    Thijs Van Leerを中心に再編、24年ぶりとなる02年作

  • FOCUS / FOCUS 9/NEW SKIN

    言わずと知れたオランダの名バンド、06年作

  • FOCUS / X

    12年リリースの10th

  • FOCUS / HOCUS POCUS BOX

    オランダが世界に誇るプログレッシヴ・ロック・バンドFOCUSのデビューから現在までの作品を網羅したコンプリートボックスセット!

    オランダが世界に誇るプログレッシヴ・ロック・バンドFOCUSの、70年デビュー作〜12年作とライヴ盤やベスト盤、未発表音源集に加え、長らく廃盤だったJAN AKKERMAN & THIJS VAN LEER名義『FOCUS(青い旅路)』も網羅した、全13枚組ボックス。貴重な写真が載ったブックレット付。

  • FOCUS / IN AND OUT OF FOCUS

    英国ロック風の淡く端正なサウンド、ヴォーカル曲メインの70年デビュー作!

    70年発表の記念すべきデビュー作!FOCUSは68年にキーボード&フルートのタイス・ヴァン・リアが結成。70年に元Brainbox(これも名バンド!)のギタリストであったJan Akkermanが加入して本作をレコーディングしました。内容的には全体的にまだ地味であり、一番最後に聞くべきアルバムかもしれません。全8曲のうち3曲がインスト、5曲がボーカル入りです。インストの3曲、Anonymus、House of The King、Focus の3曲は、ベスト盤にも収録されている文句なしの名曲、デビュー作ですでにベテランの風格さえ感じさせてくれます。Jan Akkermanのギターがジャズ、ブルース、クラシックのテイストを取り混ぜながら、強烈な存在感でせまってきます。 一方、なかなかに面白いのがボーカル曲の数々。おそらく、Jan Akkermanは、出来に相当不満は感じていたのでしょうが、これがなかなかの名曲揃いだと思います。サウンドは、60年代後半の英国ビートポップに近いとは思いますが、メロディーが実に美しい。FOCUSが世界的な人気を得たのは、テクニックだけではなく、後のJanisやSylvia などの珠玉のメロディーがあればこそだったわけで、この曲想は本作でもその片鱗が見えています。 確かに、ヴォーカルそのものには、やや弱い面があるとは言え、ギターソロ等では、しっかりFOCUSの音が出来上がっていますし、重厚なキーボード・ワークもビートポップバンドの比ではありません。 彼らとしては、異色な作品ですが、叙情派プログレの傑作として、MOODY BLUES、CARAVAN、CAMEL等が好きな私には、たまらない作品と言えるでしょう!

  • FOCUS / MOVING WAVES

    バカテクギター&変てこヨーデル風スキャットが炸裂する怪曲「HOCUS POCUS」収録、71年2nd!

    オランダのプログレッシヴ・ロックバンドFocusの2作目です。キーボーディスト兼ヴォーカリストのThijs Van LeerとギタリストのJan Akkermanがバンドの顔なわけですが、ヨーデルを取り込んだ一種形容できないLeerのスタイルと、カミソリの様に硬質でありながら最高にキャッチーなAkkermanのギタープレイが絡み合って不思議な高揚感が独自のハード・ジャズ・ロックでありながらそれ一辺倒にはならずに、優雅でメロウな曲も創作でき る何とも稀有な存在!一度嵌ったら、抜け出せない魔的な魅力を放った作品です。1曲目の「Hocus Pocus」は、ハードでキャッチーなギターリフと変てこなヨーデル風スキャットが炸裂しています。2曲目以降は打って変わって叙情的な作品が続きます。ヨーロッパの香り漂う佳品ぞろいです。 そして最後に23分の組曲「Eruption」で締めくくりとなりますが、これはもう鳥肌ものの名曲。まだフュージョンというジャンルが世に出る前からロック、ジャズ、クラシックを融合したクロスオーヴァー・サウンドを作り出していたのは特筆に価します。

  • FOCUS / FOCUS III

    愛すべきメロディアスな佳曲「SYLVIA」、ロマンティックかつ優雅な「FOCUS III」、圧巻のテクニックを見せつける大曲「ANONYMUS II」など代表曲を多数収録した72年作

    オランダのみならずユーロを代表するプログレ・バンド、72年作3rd。変拍子を織り交ぜた切れ味鋭いリズムを土台に、フルートが躍動感いっぱいにエネルギッシュに吹き飛ばし、ハモンド・オルガンとギターが怒涛のソロを繰り広げる奔放なパートの次の瞬間、宮廷音楽のように気品いっぱいでロマンティク溢れるメロディが鳴り響く。彼らを世界的なバンドへと押し上げた「テクニカルさと親しみやすさとの巧みなバランス」が1曲目から光り輝いています。演奏面で特筆なのは、世界的な名手と言えるヤン・アッカーマンのギター。ジャジーな速弾きからコロコロと転がるような親しみやすくメロディアスなフレーズ、静謐でロマンティックなフレーズまで表現力たくみなソロはもちろん、エッジが立ったグルーヴ感いっぱいでいながら歌心にも溢れたリズム・ギターも魅力的です。イエスやジェントル・ジャイアントにも負けないテクニカルさ、キャメルにも匹敵する叙情美、そして、ジャズ、クラシック、ラテン音楽などのエッセンスを巧みに組み合わせるアレンジ・センス。とてつもなく愛らしい名曲「Sylvia」と怒涛の即興ソロで畳み掛ける「Anonymous Two」の両方を奏でられるバンドは、プログレ・シーンにおいても稀有でしょう。オランダが世界に誇る、まさに「プログレッシヴ」な大傑作です。

  • FOCUS / AT THE RAINBOW

    73年作、プログレ史上屈指の傑作ライヴ・アルバム!

    ロンドンのレインボー・シアターにおける伝説のライヴを収録したフォーカス唯一のライヴ・アルバム。73年作。

  • FOCUS / HAMBURGER CONCERTO

    バロック音楽の要素を前面に出した風格あるサウンドを聴かせる74年作

    オランダが生んだ世界的グループ、フォーカスによる74年作4th。アルバムのハイライトは20分に及ぶタイトル曲の「ハンバーガー・コンチェルト」。華やかなブラームスの主題でクラシカルに幕を開けつつ、中間部ではジリジリと温度が上がっていくような重厚なテンポの中、躍動感のあるフルートや、鋭い切れ味と繊細なジャズ・タッチを巧みに使い分けるギターの息を呑むソロ・パートで緊張感を高めます。突如賛美歌のような荘厳なコーラスが現れたかと思えば、彼らの名曲「シルヴィア」を思わせるような輝かしいギターのフレーズによって迎える雄大なフィナーレは、イエスの『危機』にも劣らぬドラマチックさ。アルバムを通して穏やかなミドルテンポの曲調が多く、過去作のような荒々しさは少なくなったものの、教会音楽のようにおごそかな「ストラスブルグの聖堂」に象徴されるクラシカル/バロック調や、流麗なフルートと伸び伸びとしたギターが鮮やかなソロを繰り広げる「バース」など、おおらかさと優雅な気品を併せ持ったアンサンブルに磨きがかかり、よりサウンドのスケール感を増しています。おなじみの奇天烈ヨーデルなどの独特なユーモアも程よいバランスでサウンドに染み込み、非常に円熟した魅力を放つ、彼らの集大成的作品です。

  • FOCUS / MOTHER FOCUS

    ヤン・アッカーマン在籍時最後のアルバム、75年作

    ヤン・アッカーマンの脱退直前にリリースされた、タイス・ヴァン・レアとの強力コンビ最後のアルバム。75年作。

  • FOCUS / SHIP OF MEMORIES

    76年リリース、アウトテイク集ながらオリジナル・アルバム並みのクオリティを誇る好盤!

    ヤン・アッカーマン脱退後に発表されたフォーカスのアウトテイク集。コンパクトな作品が多いが、どの曲にもフォーカスらしさがつまった名盤。76年作。

  • FOCUS / BEST OF

    83年編集ベスト、全14曲

  • FOCUS / HOCUS POCUS

    93年編集ベスト、全16曲

  • FOCUS / 50 YEARS: ANTHOLOGY 1970-1976

    オランダが世界に誇る名プログレ・バンド、結成50周年を記念した20年BOXセット、アッカーマン時代を網羅した9CD+2DVD!

    ご存じ名実ともにオランダを代表するプログレッシヴ・ロック・バンド、結成50周年を記念したBOXセットがリリース!デビュー作『IN AND OUT OF FOCUS』〜76年作『SHIP OF MEMORIES』までのヤン・アッカーマン在籍期7作品。BBCラジオ放送用録音の73年ロンドン公演を収録のdisc8、71年母国でのNEWPORT JAZZ FESTVAL出演時の音源/74年大阪公演/75年東京公演を収めたdisc9。そして2枚のDVDには、70〜76年の各国でのライヴ映像や97年制作のドキュメンタリー映像作品を収録。まさにアッカーマン期FOCUSの決定版と呼ぶべき充実の内容を誇る豪華ボックスとなっております。

「FOCUSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。