プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

日本時間9日に配信されたヴァン・モリスンの初ヴァーチャル・ライヴの様子をお伝えします♪

こんにちは。スタッフ青山です。
この週末にヴァン・モリスンの配信ライヴを観ました。変わらないソウルフルで力強いヴォーカルにこちらもパワーをもらいました。

今回のライヴは英国のリアル・ワールド・スタジオで撮影されたもので、ヴァン・モリスンにとって初の配信ライヴでした。

ライブは1時間40分ほど。3分の2は7日にリリースした新作『Latest Record Project Vol. 1』から、3分の1は過去作からという選曲でした。この新作は、ロックダウン中に書かれたもの。ツアーに出られなくなったモリソンが、ピアノ、ギター、サックスでアイデアを出しながら、曲作りをしたものだそうです。

今回のライヴは、モリスンを含め、オルガン、ピアノ、ギター、ベース、ドラム、、パーカッション、サックス、トランペット、バッキング・ヴォーカルの10人編成。長く一緒に活動している面々を中心としたベテラン揃いです。

1曲目は新作から先立って公開されていた「Only a Song」。モリソンのサックスでの幕開けでした!様になります。でも、新作だからでしょう、歌詞をチラチラ見ながら歌う様子に親近感が湧きました。

試聴 Click!

新作からは他に11曲ほどセレクトされ、中には「Why Are You On Facebook?」というタイトルの曲も。今回は歌詞が探せなかったのですが、ソーシャルメディアに関するモリソンの見解を示しているそうで、あらためて歌詞を読みながら聴きたい曲です。

試聴 Click!

この新作は、YouTubeチャンネルで全曲公開されてます。
https://www.youtube.com/channel/UCEaleBSrSBDmm3VFKgpDsgA

さて、気になるのは過去作からどの曲がセレクトされたかですよね。今回のアルバムで通算42作目ですので予想も出来なかったですが、70年代、80年代、90年代、00年代の作品からだいたい1作品づつ、その中から1曲づつというセレクトでした。

70年代のアルバムからは、72年作『Saint Dominic’s Preview』の「Saint Dominic’s Preview」。今回のライヴの中では、ギタリストはブズーキーに持ち替えての演奏で、煌めくような音が綺麗でした。

試聴 Click!

80年代のアルバムからは89年作『Avalon Sunset』の「Have I Told You Lately」。

試聴 Click!

他には次の曲やブルースのカヴァーなど。ブルースのカヴァーでは渋くパワフルな歌唱にこちらも熱くなりました!なによりブルース愛がひしひしと伝わりました。

・「Days Like This」from『Days Like This』(1995)
・「Broken Record」from『Versatile』(2017)
・「Ain’t Gonna Moan No More」『The Prophet Speaks』(2018)

「Baby Please Don’t Go」

試聴 Click!

試聴 Click!

やはり生のライヴで得られる体感には敵いませんが、普段見られないアーティストの演奏が(今回は録画でしたが)リアルタイムで観られるのは嬉しいものです。

ちなみに、この配信はチケットを購入すれば11日までいつ何度でも観られますので、気になった方はチェックしてみてください。
配信nugs.net:https://www.nugs.net/

余談ですが、私は登録してからログインが上手くいかなくなったりと、チケット購入までに紆余曲折ありました・・・。一時はあきらめかけましたが、カスタマーセンターの方と何度もやりとりをし、無事に観ることが出来たので感慨もひとしおでした。

VAN MORRISONの在庫

  • VAN MORRISON / MAGIC TIME

    05年作

  • VAN MORRISON / PAY THE DEVIL

    06年作

  • VAN MORRISON / STILL ON TOP: THE GREATEST HITS

    07年リリースのオール・タイム・ベスト、全51曲

  • VAN MORRISON / GREATEST HITS

    10曲収録ヒッツ、09年編集

  • VAN MORRISON / PLAYLIST: THE VERY BEST OF

    全14曲

  • VAN MORRISON / LIVE AT THE CAPITOL THEATRE

    79年ニュージャージー州キャピトル・シアターでのライヴ音源。全18曲

  • VAN MORRISON / DUETS: RE-WORKING THE CATALOGUE

    15年作、STEVE WINWOOD/P.J.PROBY/GEORGIE FAME/CHRIS FARLOWE/GEORGE BENSON/TAJ MAHAL/BOBBY WOMACKほか、英米の名ミュージシャンらとのデュエット作

  • VAN MORRISON / ASTRAL WEEKS

    ワーナー移籍後第一弾となる68年作、「アイリッシュ・ソウル」と言われるサウンドを確立した代表作

    イギリスに属する北アイルランドはベルファスト出身。ゼムで活動した後、渡米。67年のソロ・デビュー作の後、ワーナー・ブラザーズと契約し、68年にリリースされたのが、本作2ndです。バックにはジャズ・ミュージシャンを起用。ジャジーなダブル・ベース、ジャケのイメージ通りの神秘的なフルートやヴァイヴなど、彼らとの奔放なジャム・セッションの中で生まれた、ジャズやソウルをブレンドした芳醇なアンサンブルが印象的。アイリッシュの荒涼とした風景が目に浮かぶ繊細さと黒人のソウルとが結びついた力強くも透き通ったヴォーカルもまた魅力で、深みのある表現は、録音当時20代前半とは思えません。「アイリッシュ・ソウル」と言われるヴァンのサウンドが確立したスケールの大きな傑作。

  • VAN MORRISON / BLOWIN’ YOUR MIND

    69年ソロデビュー作

  • VAN MORRISON / MOONDANCE

    70年の3rdソロ、名曲「ムーンダンス」「キャラヴァン」を含む歴史的名作!

    イギリスに属する北アイルランドはベルファスト出身。ゼムで活動した後、渡米。67年のソロ・デビュー作の後、ワーナー・ブラザーズと契約。傑作2ndソロの『Astral Weeks』に続き、70年にリリースされたのが本作3rdソロ。とにかく旧アナログのA面が素晴らしく、特に、前作に続いてジャジーなアンサンブルにフルートが神秘性を添える「Moondance」、ジェシ・エド・デイヴィスなど数多くのアーティストにカヴァーされた名バラード「Crazy Love」、ザ・バンドに通ずる芳醇なルーツ・ロックの「Caravan」はロック史上に残る名曲。その他の曲も名曲ばかりで、ジャズ、ソウル、ブルース、ロックを融合したヴァンならではの「アイリッシュ・ソウル」が堪能できる歴史的名作。孤高の存在感と楽曲の親しみやすさとのバランスが絶妙なので、ヴァンの最初の一枚としても最適です。

    • R2536560WARNER

      ブックレット仕様、「MOONDANCE」本編(リマスター)+セッション音源など収録の3CD+「MOONDANCE」本編を収録したBlu-rayオーディオの計5枚組

      盤質:傷あり

      状態:良好

  • VAN MORRISON / IT’S TOO LATE TO STOP NOW

    73年のLA公演&ロンドン公演を収録、74年リリース

  • VAN MORRISON / VEEDON FLEECE

    米大陸横断、そして大西洋を越えてのルーツ・ミュージックが合わさった芳醇すぎる傑作、74年9th

    74年作の9thアルバム。アメリカへと渡りソロ・デビューした後、ウッドストック〜ウェストコーストと移り住みながらアメリカ音楽へと探求しながら、『アストラル・ウィークス』『ムーンダンス』『テュペロ・ハニー』という名作を産み、故郷の北アイルランドへの旅からインスピレーションを得て制作されたのが本作。1曲目の「Fair Play」など、ジャジーな点では初期ソロ作と共通していますが、英フォーク/トラッドに通ずるズシリと重い透明感があるのが印象的。東海岸・西海岸の米ルーツ・ミュージックを探求した果てのアイリッシュへの原点回帰。米大陸横断、そして大西洋を越えてのルーツ・ミュージックが合わさった芳醇すぎるサウンドと内省を極めた魂の歌唱。ルーツ・ロック/SSW屈指の傑作です。

  • VAN MORRISON / A PERIOD OF TRANSITION

    ドクター・ジョンとの共同プロデュースによる77年作10thソロ

  • VAN MORRISON / WAVELENGTH

    ジャケットそのままの洗練されたポップ・サウンドを聴かせる78年作、ザ・バンドのガース・ハドソンが参加

  • VAN MORRISON / BANG MASTERS

    未発表音源を含む91年編集コンピ、全18曲

  • VAN MORRISON / TOO LONG IN EXILE

    93年作、ジョージィ・フェイム/ジョン・リー・フッカーら参加

  • VAN MORRISON / NO RELIGION

    95年作

  • VAN MORRISON / NO RELIGION(SINGLE)

    95年シングル

  • VAN MORRISON / HEALING GAME

    97年作

  • VAN MORRISON / NEW YORK SESSIONS ’67

    97年にリリースされた67年NYでのセッション音源、全19曲

  • VAN MORRISON / PHILOSOPHERS STONE

    71~88年の未発表音源集、名曲だらけの全30曲!

「VAN MORRISONの在庫」をもっと見る

THEMの在庫

「THEMの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。