プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カーヴド・エア『エア・コンディショニング』から出発、クラシカルなヴァイオリンが彩るプログレ探求

スタッフ佐藤です。

他ジャンルと融合して新たな音楽を作り上げようとする試みる「開拓精神」は、プログレの大きな特徴の一つですよね。

そんな中でもクラシックとの融合においてそれを象徴づける楽器と言えるのがヴァイオリンです。

今回は、そんなクラシカルなヴァイオリンがたっぷりフィーチャーされたプログレを探求してまいりたいと思います。

まずは、ヴァイオリンが主導権を握るプログレの代表バンドである彼らのデビュー作からスタート☆

CURVED AIR/AIR CONDITIONING

妖艶な女性ヴォーカル、ソーニャ・クリスティーナと、ヴァイオリン奏者ダリル・ウェイを軸とする英国プログレ・バンド。

王立音楽院で学んだダリル・ウェイによる超絶ヴァイオリン炸裂する「Vivaldi」をはじめ、粗削りながらも初期衝動に満ちたアンサンブルが堪能できるインパクト抜群のデビュー作!

ここでは、もちろん「VIVALDI」をお聴きいただきます☆

試聴 Click!

弦楽プログレと言えば思い出すのが多国籍なメンバーによって構成された人気バンド、エスペラント。そのリーダーによるソロをご紹介♪

RAYMOND VINCENT/METRONOMICS

あの多国籍プログレ・バンドESPERANTOのリーダーは知ってる?

彼がESPERANTO以前に残したこのソロ、優雅にもエネルギッシュにも自在なヴァイオリンが大活躍の名作!

こんな素晴らしい作品が、当時は酒造会社の特典盤として作られた非売品だったとは驚きです。

試聴 Click!

直近で入荷した、現ロシアン・プログレ代表格による新作もヴァイオリンを堪能したいならこれ以上ない快作です!

LOST WORLD BAND(LOST WORLD)/LOST WORLD 1992

ロシアのみならず現プログレ・シーンを代表する人気グループが、デビュー以前の録音をリメイクした21年作!

母国の舞曲も連想させる華やかなクラシカル・シンフォを聴かせる今の作風とは趣を異にする、70s英ロック影響下の端正かつ叙情豊かなサウンドを聴かせてくれます。

「エピタフ」や「エグザイルズ」あたりの叙情的なクリムゾン・ナンバーの他、ちとマイナーですが英ヴァイオリン・ロック・バンド、アスガードの唯一作あたりも想起させるクラシカルな詩情が堪りません…。

試聴 Click!

おまけで、ちょうど中古在庫があったアスガードもピックアップ。英国ヴァイオリン・ロックの隠れ名盤に間違いなし!

ASGARD/IN THE REALM OF ASGARD

霧の向こうから聴こえてくるようなヴォーカル&コーラス。これぞ英ロックの陰影と叙情美に溢れてますね。タメのきいたメロウなギターや悲哀を帯びたヴァイオリンの音色もたまらないなぁ。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


ヴァイオリンをフィーチャーした世界のプログレ選!

【関連記事】

ヴァイオリンをフィーチャーした世界のプログレ選!

カケレコ棚より、美しく気品あふれるヴァイオリンをフィーチャーしたプログレをピックアップ!


【タイトル追加】世界のヴァイオリン・プログレ新鋭特集!

【関連記事】

【タイトル追加】世界のヴァイオリン・プログレ新鋭特集!

時に優雅に時にエネルギッシュに舞うヴァイオリンをフィーチャーした世界の新鋭プログレを特集!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CURVED AIR / AIR CONDITIONING

    クラシカルなヴァイオリン、フォーキーな女性ヴォーカルがダイナミックなロック・サウンドに同居、初期衝動が詰まった70年作1st!

    英国出身、女性ヴォーカルSonja KristinaとヴァイオリニストDarryl Wayを擁するロック・グループによる70年作1st。ロックに弦楽器であるヴァイオリンを全面的に採用した初めてのグループ。本作は初期に残した3枚の中で最もヴァイオリンが活躍、クラシカル・ロック度が高い内容です。オープニング曲「It Happened Today」は焦燥感を掻き立てるギター・リフに妖しくも艶やかな女性ヴォーカルが映えるパワフルな導入から、一転清楚なヴァイオリン・パートへと変貌するドラマティックなナンバー。「Vivaldi」では超絶テクを披露するクラシカルなヴァイオリンが時に優雅に、時にノイジーに弾きまくり、目まぐるしく表情を変えるスリリングなインストゥルメンタルを展開。上記2曲を始め「完全に溶け合わないからこそ」の破天荒なクラシカル・ロックが楽しめる楽曲が目白押しです。初期衝動がこれでもか、と伝わるインパクト抜群の一枚。

  • LOST WORLD BAND(LOST WORLD) / LOST WORLD 1992

    現ロシアを代表するプログレ・グループ、1stアルバム以前の92年に残していたテープ音源を元に完全新録した21年作!

    今やロシアを代表するプログレ・グループとして人気を確立した彼らが、1stアルバム以前の92年に残していたテープ音源を元に完全新録した21年作!ヴァイオリンやフルートが格調高く舞い踊るクラシカルなナンバーの素晴らしさは近年の作風に通じますが、武骨なリズムが導くヴォーカル・ナンバーでは、70年代のブリティッシュ・ロックのようなソリッドかつ哀愁溢れるアンサンブルを聴かせていて驚き。そこに「Epitaph」のダークな叙情から「Discipline」のクセのあるリズムセンスまでを散りばめたクリムゾン譲りのエッセンスが効いていて、思わずニンマリしてしまいます。叙情的な曲での心ここにあらずといった趣の冷たく浮遊感あるメロディもいかにもロシア的で印象的。ブリティッシュ・ロック影響下の高品質なロシアン・ロック作品として素晴らしい出来栄えであると共に、怒涛のテクニカル・シンフォを聴かせてきた彼らの原点に触れることができる点でも興味深い一枚です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。