プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

清涼感ある女性ヴォーカルが光る英フォーク作をピックアップ!

今日は3月3日ひな祭りという事で、女性ヴォーカルをピックアップしてまいります。ひな人形も様々で、親しみある丸顔だったり、昔ながらのすまし顔だったり、最近では目がぱっちりのプリンセス風などもあるそうです。
同じく女性ヴォーカルも様々ですが、今回は清涼感溢れるのびやかな女性ヴォーカルの作品に注目してまいります。

DAYLIGHT/DAYLIGHT

71年にRCAよりリリースされた唯一作。「冬の朝の静けさ」が目に浮かぶような英国フォークですね。清涼感ある女性ヴォーカルと穏やかな男性ヴォーカル。透明感溢れるメロディー、気品あるフルート。ジャケはヒプノシスが担当。

試聴 Click!

GALLERY/WIND THAT SHAKES THE BARLEY

ポコラ本掲載の激レア英フォーク盤。凛とした歌声の気品ある女性Vo、ズシリと重みのある男性Vo。この兄妹の歌唱、細やかな空気の震えが伝わってくるようでただただ絶品。

試聴 Click!

PAULINE FILBY/SHOW ME A RAINBOW

後にNARNIAで活躍するに参加するフィメールSSWによる69年のソロ唯一作。ちょっぴり霧がかったようなハイ・トーンと優雅な歌いまわし、美しく流麗なメロディは「崇高」とも言えるほどだし、Gordon Giltrapのサポートもさすが。

試聴 Click!

BELLE GONZALEZ/BELLE

サンディ・デニーにちょっぴり透明感を加えたような歌声、そしてジョニ・ミッチェルゆずりのまばゆいソングライティング。ジャケも雰囲気たっぷりな英女性SSW、72年唯一作!

試聴 Click!

こちらの記事も合わせてご覧ください!

関連ジュークボックス

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • DAYLIGHT / DAYLIGHT

    「冬の朝の静けさ」をイメージさせる格調高い英フォーク、71年作

    71年にRCAよりリリースされた唯一作。清涼感ある女性ヴォーカルと穏やかな男性ヴォーカルとによるコーラス・ワークが素晴らしい英フォーク・グループ。繊細に爪弾かれるアコギ・アルペジオと透明感溢れるメロディーが絶品の格調高い英フォーク、流麗なメロディと男女ヴォーカルの穏やかなハーモニーが素晴らしいフォーク・ポップなど、どの曲も印象的なメロディと品のあるアンサンブルを持った佳曲揃い。「冬の朝の静けさ」をイメージさせる雰囲気は、Trader Horneに通ずるものを感じます。名作。

  • BELLE GONZALEZ / BELLE

    サンディ・デニーやジョニ・ミッチェルを彷彿させる英フィメールSSW、72年唯一作

    Lesley DuncanやLinda Lewisのプロデュースや、Ronnie Lane『スリム・チャンス』でのストリングス・アレンジなど有名なプロデューサー&アレンジャーのJimmy Horowitzが手がけた英女性SSW。72年のソロ唯一作。サンディ・デニーにちょっぴり透明感や可愛らしさを加えたような歌声、うっとりするほどに美しいメロディ、リリカルなピアノや艶やかなストリングスが彩るアレンジ。雰囲気たっぷりのジャケに負けない、鮮やかな歌世界が広がります。コンテンポラリーな英フィメール・フォークとして一級と言える名品でしょう。アコギの爪弾きや色彩感ある奔放なメロディラインはジョニ・ミッチェルからの影響も。これはオススメです。

  • GALLERY / WIND THAT SHAKES THE BARLEY

    凛とした男女ヴォーカルに艶やかなフィドルが絡む絶品英トラッド・フォーク、72年デビュー作

    Seabourne兄妹を中心とする英トラッド・フォーク・グループ。原盤は激レアでポコラ本にも掲載されている72年のデビュー作。ズシリと重みのある格調高い歌声の男性ヴォーカル、凛とした歌声の気品ある女性ヴォーカルというSeabourne兄妹による細やかな空気の震えが伝わってくるような歌唱。そして特筆なのはフィドル奏者がメンバーに居ることで、物悲しい旋律を艶やかな音色で奏でるフィドルにはただただ感情が揺さぶられます。マイナーな作品ながら、英トラッド・フォークのファンは必聴と言える名品。

  • PAULINE FILBY / SHOW ME A RAINBOW

    後にNARNIAで活躍する歌姫が残した69年ソロ唯一作、名ギタリストGordon Giltrapが参加

    後にライオンジャケの74年作でおなじみのバンドNARNIAに参加するフィメールSSWによる69年のソロ唯一作。ちょっぴり霧がかったようなハイ・トーンと優雅な歌いまわしが魅力のヴォーカル、そして、美しく流麗なメロディ。Gordon Giltrapが参加しているのも特筆で、気品あるギターと静かに鳴らされるクラシカルな管弦楽器によるアンサンブルも絶品です。クリスチャン・フォーク作品ということで、「崇高さ」とともに、ジャケットに映る彼女の写真から受ける印象の通りの清楚な「可愛らしさ」とが絶妙にバランスしたフィメール・フォーク・ファン必聴の好作品。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。