プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック:売れ筋タイトルを中心に世界の新旧ジャズ・ロックを探求!

こんにちは。
スタッフ佐藤です。

新品CDをメインに直近で入荷した注目のタイトル、売れ筋の人気タイトルの中からスタッフおすすめの作品をピックアップするコーナー「日々是ロック」。

カケレコが厳選して入荷している世界のロック/プログレの新品CDを通して、魅惑の音楽探求をお楽しみください☆


昨日はカケレコで先行発売させていただいている、ピアニスト北川とわさん率いるグループTRUSSONICの新作にご注目をいただきました。
そんなわけで、売れ筋タイトルを中心に世界の新旧ジャズ・ロックを探求してまいりたいと思います☆

まずはただいま話題のこちらから!

TRUSSONIC~TOWA KITAGAWA TRIO~/ECHOES FOREVER

気鋭女性ピアニスト率いるプログレッシヴ・ジャズ・トリオ、圧巻の技巧と表現力を備えたピアノが描く、情熱的かつ幻想的な音世界が魅力の20年作4th。27分の組曲にも注目です!

試聴 Click!

試聴 Click!

ありがたいことに、カケレコ国内盤でご購入いただいたこちらも、珠玉のビートルズ・カバーにして素晴らしきジャズ・ロック・アルバムです。

ピータ―・ロアー&ラッキー・グリ/ウィー・アー・ディギング・ザ・ビートルズ

これは痺れました!スペイン・ジャズ・ロックの重鎮たちが72年に産み落とした全曲ビートルズのカバー・アルバム。イージーリスニングな感じは微塵もなく強烈な躍動感とキラメキ!カケレコが自信を持ってオススメします!!

試聴 Click!

軽やかで洗練されたサウンドよりも、無骨で濃密なジャズ・ロックが聴きたい?ならこのイタリア新鋭はもってこい!

OZONE PARK/FUSION REBIRTH

イタリアはサルデーニャ島出身の新鋭グループ。サックスとキーボードを軸とするギラギラと野心的なジャズ・ロックが実にカッコ良し!

試聴 Click!

こちらはデンマークのジャズ・ロック・グループ。2020年に発掘された幻の5thアルバムです。

SECRET OYSTER/STRIPTEASE

70年代デンマークを代表するジャズ・ロック・バンドによる、当時お蔵入りとなってしまった幻の5thアルバムが2020年発掘リリース!相変わらず隙のない職人的技巧と音楽センスを味わえる逸品で、これが未発表になったことにビックリの完成度!

最後も初CD化された注目ジャズ・ロック盤。ドイツものなのにカンタベリー・ファン必聴だって!?

TORTILLA FLAT/FUR EIN 3/4 STUNDCHEN

ジャーマンというよりはカンタベリーやイタリアものに通ずる、テクニカルでいてたおやかなジャズ・ロック・サウンドが絶品。優美なフルートやエレピをフィーチャーした独ジャズ・ロック74年作!

試聴 Click!

いかがでしたか?
よろしければこちらの記事もどうぞ♪


世界の00年代~新鋭ジャズ・ロック探求!

【関連記事】

世界の00年代~新鋭ジャズ・ロック探求!

00年代以降に登場した良質な新鋭ジャズ・ロック・グループを選りすぐってご紹介してまいります!



60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PETER ROAR / LUCKY GURI / CHARLES BENAVENT / MAX SUNYER / SALVADOR FONT / WE ARE DIGGING THE BEATLES

    [カケレコ国内盤リリース中] 後にスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンで名を残す重鎮たちが70年代初期に産み落とした最高にカッコ良いビートルズ・カバー作

    後にBARCELONA TRACTION〜MUSICA URBANAとスパニッシュ・ジャズ・ロックを代表するグループで活躍する名Key奏者Lucky Guriと70年代初期のスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンを代表するグループMAQUINA!のサックス奏者Peter Roarを中心に、言わずとしれたICEBERGの名ギタリストMax Sunyerや、MAQUINA!のリズム隊が参加したスーパー・グループ。72年作の全曲ビートルズ・カバー・アルバム。もう、このレビュー書きながら、興奮しています!2曲目の「Strawberry Fields Forever」で泣きそうです。イージーリスニングな感じは微塵もなく、サイケ・ポップのカラフル感を残しつつ、ロック的シャープさとオシャレな洗練とが同居した最高にカッコ良くワクワク感溢れるサウンドを聴かせています。シャープでタイトな音色と手数多いフレージングがカッコ良すぎるドラムを中心に、ピアノとサックスが時にどっしりと時に軽やかに躍動し、NUCLEUS時代のChris Speddingを彷彿とさせるセンス溢れるMax Sunyerが脇を固めます。このキラメキが伝わるでしょうか。カケレコが自信を持ってオススメする大傑作!ビートルズ・ファンもサイケ・ポップ・ファンもニッチ・ポップ・ファンもジャズ・ロック・ファンもカンタベリー・ファンも全員必聴!

  • TRUSSONIC〜TOWA KITAGAWA TRIO〜 / ECHOES FOREVER

    女性ピアニスト北川とわ率いるプログレッシヴ・ジャズ・トリオ、圧巻の技巧で描く情熱的かつ幻想的な音世界が魅力の20年作4th、27分の組曲を収録!

    2013年より活動する女性ピアニスト、北川とわ率いるプログレッシヴ・ジャズ・トリオ。27分に及ぶ組曲を配したよりプログレッシヴなスタイルで聴かせる2020年作4thアルバム。スピーディーな音運びで畳みかける緊張感あるタッチと、息をのむように柔らかくしなやかなタッチが自在に入れ替わり、情熱的かつ幻想的な音世界を描き出すピアノが何より圧巻。変拍子をたっぷり織り込んだ複雑な楽曲においても、一貫して流麗に紡がれていくプレイはあまりに見事です。そんなピアノを絶妙な呼吸で支えるリズム・セクションも特筆。ベースはPRISMの岡田治郎、ドラムは山内陽一朗/岩瀬立飛/橋本学という3人のドラマーが各曲でプレイしており、それぞれの持ち味が出た演奏によってアンサンブル全体が豊かに表情を変えていきます。ハイライトは、暗い森に迷い込んだ主人公を描いた7部構成の組曲『Suite forest in the dark』。ピアノが静謐なタッチで暗い森の情景を映し出す「静」のパートと、猛烈なテクニックで疾走するアヴァンギャルドなジャズ・ロックへとなだれ込む「動」のパートが劇的に対比し一気に聴かせる、聴き応え抜群の大作となっています。今作もプログレ・ファン、ジャズ・ロック・ファンなら是非聴いてほしい傑作!

  • OZONE PARK / FUSION REBIRTH

    イタリアはサルデーニャ島出身の新鋭ジャズ・ロック・グループ17年デビュー作、サックスとキーボードを軸とするギラギラと野心的なジャズ・ロックがカッコ良し!

    キーボード/サックス/ドラムス/パーカッションという変則編成、イタリアはサルデーニャ島出身の新鋭ジャズ・ロック・グループによる17年デビュー作。手数多くスリリングながらグルーヴ感覚にも富むリズム隊、パワフルで熱気あるサックスとキーボードらによる、ギラギラした野心的なジャズ・ロックが実にカッコ良し。ギターレスながらそれを感じさせない迫力満点に押し寄せる演奏は圧巻です。ラテン・テイストたっぷりの熱いティンバレス乱打から地中海を想起させるリリカルなヴィブラフォンまで、専任パーカッショニストの活躍も見事です。「濃い」ジャズ・ロックをお求めなら是非。

  • TORTILLA FLAT / FUR EIN 3/4 STUNDCHEN

    優雅なフルートやエレピをフィーチャーしたカンタベリー・テイストのジャーマン・ジャズ・ロック、74年唯一作

    71年から74年にかけて活動したドイツのプログレ/ジャズ・ロック・バンド、自主制作でリリースされた74年作。いやはや、これは良いです!優雅で叙情的なフルート、カンタベリー・テイストも感じさせる甘く丸みを帯びたエレピ、粛々としつつほんの少しサイケデリックな浮遊感を醸し出すギター。テクニカルながらも全編を通して淡く穏やかな雰囲気に包まれた、軽やかなフュージョン・タッチのジャズ・ロック・サウンドが絶品。時折歪んだギターや激しいパーカッションも交えて複雑なインプロビゼーションを展開するパートもありつつ、優しげなフルートやエレピの音色のおかげで攻撃的ではなくどこまでも気品に富んだ仕上がりとなっています。カンタベリー・ファンやイタリア、イスラエルのたおやかなジャズ・ロック好きには是非オススメしたい一枚です。

  • SECRET OYSTER / STRIPTEASE

    70年代デンマークを代表するジャズ・ロック・バンドによる当時お蔵入りとなってしまった幻の5thアルバム、19年発掘リリース!

    70年代デンマークを代表するジャズ・ロック・バンド、最終作となった4th『STRAIGHT TO THE KRANKENHAUS』発表より2年後の76年に発表予定だったもののお蔵入りとなってしまった幻の5thアルバムが、19年発掘リリース!初期からのパワフルなテクニカル・ジャズ・ロックにファンタジックなシンフォ・テイストを加味し表情豊かで奥深いサウンドを聴かせるようになったのが前作でしたが、本作もその延長線上にある哀愁と熱気が入り混じる独自のジャズ・ロックを繰り広げます。シンフォニックに広がるシンセと泣きのフレーズを歌うように紡ぐギター、そして落ち着いたパートでエレガントかつ陰影を帯びたメロディをつややかに奏でるサックス。ところどころで実験的なパートを挟みつつも、全体としてはキャッチ―で明快な流れがあり、ストレートなドラマ性が胸を打ちます。当時の4作品、特に後半2枚が愛聴盤という方なら本作もまず間違いなし!職人的な隙のない技巧と音楽センスを味わえる逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。