プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック2/20:繊細さと哀愁に満ちたマイナー英国ロックをピックアップ。

こんにちは。スタッフ増田です。

英国ロックの魅力と言えば繊細な叙情性、そして滲み出る枯れた哀愁。

本日はちょっぴりマイナーながら、そんな英国的な旨味がたっぷり詰まったブリティッシュ・ロックの好盤をご紹介いたします。

BRIAN DAVISON’S EVERY WHICH WAY/EVERY WHICH WAY

まずは今年リイシューとなった、NICEのドラマーBrian Davison率いるバンドの70年作。ムーディーなサックスやフルート、エモーショナルなヴォーカルが放つ枯れた哀愁!フリーに迫る芳醇さを持つ、英国ロックの深い森の奥で静かに佇む逸品。

試聴 Click!

ALAN PRICE/BETWEEN TODAY AND YESTERDAY

こちらは昨年リイシュー。元ANIMALSのSSWによる、74年の自叙伝的コンセプト・アルバム。古き良き英国にタイムスリップしたかのようなA面、年老いて穏やかに昔を振り返るようなB面、どちらも郷愁に満ちた繊細なサウンドがたまらない…。

試聴 Click!

HARD MEAT/THROUGH A WINDOW

バーミンガム出身フォーク・ロック・トリオ、70年作2nd。スワンピーなアンサンブルの中に立ち込める繊細さと仄暗さ、そしてメランコリックな哀愁。「これぞ英国」なアンサンブルが楽しめる一枚です。

試聴 Click!

ブラック・ウィドウ/ブラック・ウィドウ

黒魔術バンドとしてブラック・サバスと比較される英国のグループですが、そのサウンドは非常に繊細でリリシズムたっぷり。フルートにサックスなど多彩な音も魅力的なブリティッシュ・ロック好盤。

試聴 Click!

ANDY ROBERTS/HOME GROWN and NINA AND THE DREAM TREE

最後はグリムズやプレインソングで活躍した英いぶし銀SSW/ギタリストによる71年の2作。繊細に一音一音を綴るギター、優しく落ち着いた歌声・・・どこを切っても心にじんわり染み込んでくるような、枯れた味わい深さでいっぱい。ブリティッシュな旨味たっぷりの2in1CD!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ。

関連カテゴリー

関連在庫

  • BRIAN DAVISON’S EVERY WHICH WAY / EVERY WHICH WAY

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ。ゆったりしたテンポの中、ムーディーなサックスやフルート、エモーショナルなGraham Bellのヴォーカルが枯れた哀愁を放つメロウなフォーク・ロック。音の隙間からフツフツと溢れ出る叙情性がスッと胸に染み入ります。本当に味わい深く素晴らしすぎるメロディ。フルートの静謐な響きは、クリムゾンの「風に語りて」や「Cadence And Cascade」を想わせます。名作。

  • BLACK WIDOW / BLACK WIDOW

    黒魔術をコンセプトとするグループとしてサバスと比較される英ロック・バンド、70年2nd

    70年作2nd。黒魔術バンドとして知られるグループですが、実際のサウンドは、比較的オーソドックスな英ハード・ロック。淡い音色のハモンド・オルガン、ジャジーなタッチのサックス&フルート、哀愁溢れるメロディー&コーラスが印象的。ジャケットから受ける印象ほどヘヴィさは無く、リリカルなアコギやピアノなどをフィーチャーしたメロウなアンサンブルが持ち味。ロック、ポップ、フォーク、ジャズ、R&Bなど、多彩な音楽性が感じられる好グループ。黒魔術バンドとして聴くのではなく、GRAVY TRAINあたりと同列で聴けば、正当な評価が得られるグループだと思います。

  • HARD MEAT / THROUGH A WINDOW

    バーミンガム出身、 サイケ〜フォーク・ロック〜スワンプ・ロックにメロウな繊細さを散りばめた70年作2nd、名作!

    バーミンガム出身の兄弟、Mick Dolan(ギター)とSteve Dolan(ベース)を中心とするフォーク・ロック・トリオ、1stと同年の70年にリリースされた2ndにして最終作。前作同様サイケ色のあるフォーク・ロックをベースとしつつ、本作ではTRAFFICなどを彷彿とさせるスワンピーなテイストやグルーヴィーなオルガン、気品のあるフルートなど多彩な音を取り入れ、洒脱で洗練されたサウンドを聴かせています。曲調はアコギをフィーチャーしたフォーキーなナンバーから哀愁漂うスワンプ・ロック、ワウ・ギターが浮遊感醸し出すサイケ・ジャムなど振り幅がありますが、全体を通して充満するのはどこか仄暗い静謐さとメロウネス。流麗なアコギにWISHBONE ASHも思わせる湿っぽいエレキ・ギター、メランコリックなヴォーカル・・・それらが繊細に絡み合う、英国的な気品と叙情性に満ちたアンサンブルには心を鷲掴みにされること必須です。名作。

  • ANDY ROBERTS / HOME GROWN and NINA AND THE DREAM TREE

    グリムズやプレインソングで活躍した英いぶし銀SSW/ギタリスト、71年発表の2作品を収録

    英国の誇るいぶし銀ギタリスト/SSW、アンディ・ロバーツ。イアン・マシューズらと結成したPLAINSONGや自身のグループEVERYONE、さらにはGREENSLADEの3rdアルバムやPINK FLOYD『WALL』ツアーへの参加など、フォーク・ロックからプログレまで幅広い範囲で活躍した彼による71年の記念すべき1stソロ&同年の2ndソロを収録。サウンドもまさしく「いぶし銀」といった趣で、アメリカンなカントリー・テイストを取り入れつつもセンシティブな叙情性に満ち溢れた実に英国らしいフォーク・ロックを聴かせています。繊細に一音一音を綴るギター、優しく落ち着いた歌声、芳醇でメロディアスながらも決して主張しすぎないピアノやオルガン……どこを切っても心にじんわり染み込んでくるような、枯れた味わい深さでいっぱい。2ndではムーディーなサックス、ゴスペル調の女性コーラス、優雅で気品溢れる弦楽器など多彩な音色を取り入れ、よりドラマチックなアレンジを施していますが、優しく哀愁に満ちた空気感は相変わらず。英国的な旨味がギッシリと詰まった、ブリティッシュ・ファンにはたまらない2in1となっています。

  • ALAN PRICE / BETWEEN TODAY AND YESTERDAY

    元アニマルズ、自叙伝的コンセプト作、74年発表

    アニマルズのオリジナル・キーボーディストとしても知られる英SSW、アラン・プライスによる74年ソロ作。彼自身の自叙伝的コンセプトアルバムとなっており、A面では「Yesterday」をテーマに英国のミュージック・ホール文化を思わせるノスタルジックな楽曲を、B面では「Today」をテーマにモダンで洗練された楽曲を聴かせています。どちらのサイドも彼の繊細で柔らかな歌声と郷愁に満ちたメロディが存分に堪能でき、気品ある管弦アレンジも絶品。KINKSやPROCOL HARUMなど、英国的哀愁に満ちたロック好きは必聴の一枚です。

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。