プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック1/28:ヴィンテージなオルガン入りの新鋭バンドをセレクト!

こんにちは。スタッフ増田です。

スタッフが日替わりでオススメ作品をご紹介していく「日々是ロック」。

今日は70年代直系のヴィンテージなオルガンをフィーチャーしたオススメ作品をカケレコ棚からご紹介してまいります!

HUSBAND/SITUATION ROOM

まずは本日入荷したこちらの作品!米国の4人組による19年デビュー作なのですが、メンバーがSTEELY DANや英プログレ好きということで、洒脱なオルガンやエレピをフィーチャーしたグルーヴィーかつヴィンテージ感たっぷりのポップ・ロックを聴かせてくれます。ジャズ・ロック色強い楽曲は後期CARAVAN風味も。

試聴 Click!

KENTISH SPIRES/SPREZZATURA

ヴィンテージ色たっぷりと言えばこの人気作もオススメ!軽快かつ渋みあるジャズ・ロック・サウンドと荘厳な女性ヴォーカル。カンタベリーをはじめとする英国ジャズ・ロックを正当に受け継いだ英新鋭19年作2nd。

試聴 Click!

BAROCK PROJECT/SEVEN SEAS

昨年はこの新譜も素晴らしかったですね。奇才Luca Zabbini率いるイタリアの重鎮バンド。YESを思わせるハイトーン・ヴォーカル、快活なハード・ロック要素とキース・エマーソンばりの才能を炸裂させるキーボードが聴き物!

試聴 Click!

PROTOCOLLO C/PROTOCOLLO C

こちらもイタリアの19年作。ヴィンテージなオルガン・インストゥルメンタルとモダンなオルタナティヴ・ロックが融合したみたいなサウンドが個性的。

試聴 Click!

MANTRA/PROXIMO

最後は南米からご紹介。リリカルで流麗な南米プログレとヴィンテージな英国オルガン・ロックの邂逅!?ブラジルの新鋭グループによる18年作なのですが、これは往年の英ロック好きも要チェック。今なら中古もありますっ!

試聴 Click!

こちらの記事もチェック!


オルガンをフィーチャーしたプログレ新鋭特集!

【関連記事】

オルガンをフィーチャーしたプログレ新鋭特集!

ヴィンテージなハモンドの音色をめいっぱいフィーチャーしたおすすめの新鋭プログレ・グループ達をご紹介!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • KENTISH SPIRES / SPREZZATURA

    CARAVANら往年のカンタベリー・ロックを継承する英プログレ・バンド、19年作2nd

    2018年デビュー、90s英プログレ・バンドCYAN〜FYREWORKSで活動したメンバーを中心に結成されたグループによる19年作2nd。カンタベリー・ロックを継承するサウンドを自認する通り、CARAVANらカンタベリー・ロックをベースにした愛すべきサウンドを聴かせてくれた前作と同じく、70年代的ヴィンテージ・テイストたっぷりのプログレ/ジャズ・ロックを芳醇に鳴らします。味わい深く鳴るハモンド、ファンタジックに舞うムーグ、カンタベリー・テイストの叙情的なサックスらが紡ぐジャジーかつポップなアンサンブルと、力強く厳かに歌い上げる女性ヴォーカルのコンビネーションは相変わらず絶品。組曲も含む構築的な楽曲をCARAVAN的な軽やかさで駆け抜けるスタイルが魅力的な好盤です!

  • BAROCK PROJECT / SEVEN SEAS

    技巧派キーボード奏者&コンポーザーLuca Zabbini率いるイタリア新鋭、19年作6th!

    クラシック音楽やキース・エマーソンに影響を受けた技巧派キーボード奏者&コンポーザーのLuca Zabbini率いる新鋭イタリアン・プログレ・グループ、待望の19年作6th。優雅ストリングスも交えたスケール大きなクラシカル・エッセンスと、ハード・ロック的疾走感、そして突き抜けるように明快でキャッチーなメロディメイクを一体にした、今作もBAROCK PROJECTしか鳴らせないキーボード・プログレを楽しませてくれます。注目はやはりキーボードで、アグレッシヴに唸りを上げるハモンド、厳かでデリケートに鳴らされるピアノ、スピーディに躍動する色彩豊かなシンセと、各種キーボードを自在に操り演奏をリードする、まさにエマーソン譲りの才能を見せつけます。ハード・ロック的なエッジの立ったギターとの対比も鮮やかで、「静」と「動」を目まぐるしくダイナミックに行き来するスタイルは痛快そのもの。技巧とキャッチ―な聴きやすさを両立したプログレとして最高峰と言いたい快作!

  • PROTOCOLLO C / PROTOCOLLO C

    現代イタリアからまたしてもヴィンテージ感たっぷりの新鋭オルガン・ロック・バンドが登場!19年デビュー作

    STANDARTEやLONDON UNDERGROUNDに続き、またしても現代イタリアからヴィンテージ・テイスト溢れるオルガン・ロック・バンドが登場!60年代後期のサイケやモッズ・サウンドを思わせるマイルドなオルガンの暖かみあるメロディを軸に、粘っこく歪んだギターや重厚なベースが絡み合い、転調や変拍子を駆使しながら変幻自在に展開するサイケでハードでちょっぴり怪しいインストゥルメンタル・ロックが実にユニーク。ファンキーな裏打ちのリズム隊はやや好みが分かれるかもしれませんが、それも含めてヴィンテージな音色と現代的な感覚が混ざり合った、新鮮味のあるバンド・サウンドを聴かせてくれます。ハモンド好きは要チェック!

  • MANTRA / PROXIMO

    ブラジルの新鋭プログレ・グループ、たおやかな南米シンフォと70年代英国オルガン・ロック&ジャズ・ロックが出会ったようなヴィンテージ感いっぱいの逸品!

    02年にデビューしたブラジルのプログレ・グループ、18年作3rd。デビュー当時から70年代の作品と言われても疑わないアナログ感あふれるサウンドを特徴としていた彼らですが、本作でもそれは見事に健在!たおやかなフルートと涼しげなビブラフォン、流麗なギターにスペーシーでヴィンテージなムーグ・シンセ。どこか厳かな多声コーラスやチェロなどの弦楽器も交えながら、南米らしいリリカルさに満ちたシンフォニック・ロックを展開。かと思えば往年のオルガン・ハードを思わせるアグレッシヴなアンサンブルにクラシカルなピアノの様式美フレーズが炸裂するナンバー、むせぶサックスや重厚なメロトロンをフィーチャーしたスリリングなジャズ・ロック・ナンバーなど、70年代英国ハード・ロック&プログレへの憧憬も各所に散りばめられていて実に魅力的。叙情性あふれる南米シンフォのファンはもちろん、70年代ブリティッシュ・ロック・ファンにもオススメできるユニークな逸品となっています!

  • HUSBAND / SITUATION ROOM

    STEELY DANや英プログレを愛好する米国の4人組、オルガンやエレピをフィーチャーしたヴィンテージなポップ・ロックを聴かせる19年作!

    スティーリー・ダンやエルヴィス・コステロ、ブリティッシュ・プログレを愛好するメンバーによって結成された、米メリーランド州ベセスダの4人組。19年作1st。丸みを帯びたオルガンに洒脱なクラビネット、キレ良く跳ねるギターにグルーヴィーなリズム隊。ファンキーでドライヴィングでいて渋く落ち着いた色合いも持った、暖かみいっぱいの70’s直系ポップ・ロック・サウンドが実に良い感じ!流れるようなリズムに乗って穏やかなエレピやジェントルなヴォーカルが軽やかにメロディを紡ぐナンバーは後期CARAVANにも近いものを感じ、英国ジャズ・ロック・ファンもきっと気に入りそう。派手さはありませんが、70年代音楽好きの耳に心地よく響く好内容です!




聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。