プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ザ・フラワー・キングス来日公演1日目@クラブチッタ川崎 ライヴレポート

スタッフ佐藤です。

1月25日と26日に行われたザ・フラワー・キングス来日公演。その1日目を観てまいりました!

TFKと言えば、90年代以降のプログレッシヴ・ロック・シーンを牽引してきた、もはや説明不要のビッグネームですよね。

70年代にスウェーデンの名グループKAIPAで活躍したギタリストRoine Stoltを中心に1994年に結成。四半世紀にわたり第一線を走ってきたその足跡は下記リンク先の特集記事にまとめてありますので、ぜひチェックいただければ幸いです。


【祝・新譜リリース&来日】プログレシーンの最重要人物ロイネ・ストルト&ザ・フラワー・キングス特集!

【関連記事】

【祝・新譜リリース&来日】プログレシーンの最重要人物ロイネ・ストルト&ザ・フラワー・キングス特集!

新作リリース&来日決定を記念して、スウェーデンの大御所バンドTHE FLOWER KINGSを率いる才人ロイネ・ストルトに迫ってまいりたいと思います!

99年の初来日から4回目、2019年11月にリリースされたばかりの最新作『WAITING FOR MIRACLES』を引っ提げて行われた今回の来日公演。メンバーはこの5人です。

Roine Stolt – GUITAR
Hasse Froberg – VOCAL/GUITAR/PARCUSSION
Jonas Reingold – BASS
Zack Kamins – KEYBOARD
Mirkko DeMaio – DRUMS

2015年に、20年にわたり不動のキーボーディストだったTomas Bodin、そしてドラマーFelix Lehrmannが脱退。2019年に新キーボーディストとドラマーを迎えており、その手腕を観ることができる意味でも注目の公演でした。

メンバーがステージに登場すると、まず目に飛び込んでくるのは、いつもながら派手だけどどこか上品さが漂うロイネの着こなし。ライティングの関係で正確な色は分かりませんでしたが、コントラストの効いた縦ストライプ柄のジャケットに濃い紫(?)のパンツを見事に着こなしギターを構える立ち姿のなんと様になること。音楽シーンを見渡しても、ここまであのファッションが決まる63歳はそうそういないでしょう。

イントロダクションを経ての1曲目は、最新作から「Black Flag」。

シャラーンとギターを鳴らしながらロイネがあの味のある渋い声で歌い出すと、シンセやオルガン・サウンドが優しく包み込むように鳴らされTFKの音世界が立ち上がってくる冒頭で、早くも感動が込み上げてきます。

ハッセの熱いヴォーカルが映える中盤も聴き所。拳を握り長髪を振り乱して力強く歌い上げる姿は、ロッカー然とした圧倒的なカッコよさを放っており、悠然と構えるロイネとは「静」と「動」の関係という感じです。

ちなみにギターはロイネが通常の右利きの構えで、ハッセが逆の左利きの構え(本来は右利きらしいです)。その2人がフロントに立つと、ステージがビシッと画になっていて、これがまた痺れるんです!

そして満を持してのロイネによるギターソロ!艶のあるトーンで鳴らされるブルージーさも織り込んだメロディアスなプレイは、間違いなくプログレ界最高峰の気持ちよさを誇っています。これまで3回彼らのライブに足を運んでいますが、毎回いつまでも聴いていたいと思わせてくれる魔力が宿っているんですよね。



久々(?)の単独公演というのもあって、いつも以上に曲間のMCがたっぷりだったのも嬉しかったなぁ。(言語能力の問題であまり聞き取れませんでしたが…)

ロイネと新キーボーディストのザックが、「確かTFKのアルバムで初めて聴いたのが『RETROPOLIS』だったんだよね?」「そうだよ!」みたいなやり取りをしたあと(多分…)、「There Is More To This World」がスタート。

ここではシンセ、オルガン、ピアノが次々と奏でられ神々しく幻想的な世界を描く序盤のキーボードを見事にこなすザックの華麗なプレイが素晴らしい!ロイネも心地よく宙を舞うようなギターで応じます。

さらにリズム・セクションが前に出た曲なので、イタリア人ドラマー、ミルコのドシドシとダイナミックに迫りくるドラミングが俄然冴えわたります。

ロイネのバックで短いスライドギターを弾いた後、すぐにタンバリンでリズムを取り始めたりと、ハッセのマルチプレイも演奏に彩りを加えていました。

『RETROPOLIS』は特に好きなアルバムなので、聴けて嬉しかった~。


続いて新作からのポップな「Miracles For America」、02年作『UNFOLD THE FUTURE』収録の「The Truth Will Set You Free」と披露されます。

この間のMCだったか、メンバーによると”日本通”らしいヨナスが唐突に「ウチマタ」「ケサガタメ」と柔道技を呟き、観客を湧かせていました。柔道ファンなのかな?

演奏面でも安定感および存在感のあるプレイはさすがで、超絶ベースソロ曲も堪能できました。

次は再び『RETROPOLIS』より、タイトルナンバー「Retropolis」が登場!

おそらく過去の公演でもあまり披露されていなかったこのアルバムから2曲聴けるとは思わなかったので興奮しました。ワイルドに唸りを上げるオルガンとロイネのハードなギターが絡むオリジナル通りの展開が鳥肌モノでしたね!

そして「Life In Motion」「We were Always Here」と続き、ラストは待ってましたの名曲「Stardust We Are」!

ハッセによる魂のこもった熱唱にはいつもながら目頭を熱くしてしまいました。この曲と、今回は演りませんでしたが『Banks Of Eden』の「Rising the imperial」は、ライヴで聴くと毎回泣かされちゃうんですよね。


アンコールは、00年作『Rainmaker』よりハードでドラマチックな「Last Minute On Earth」、『PARADOX HOTEL』の「What If God Is Alone」をプレイした後、まさかのビートルズ『Hey Jude』!

ハッセが力強くも丁寧に歌うメインパートを経て、最後は観客も巻き込んでの大合唱という実にライヴを締めくくるに相応しいフィナーレでした。


発足から25年という歳月が過ぎたTFKですが、こうして生でその演奏を聴くと、やはり彼らこそまだまだプログレ・シーンの最高峰だと確信できる、そんな堂々たる貫禄と瑞々しい感性をあわせ持つパフォーマンスでした。やっぱりフラキンって最高!

FLOWER KINGSの在庫

  • FLOWER KINGS / SPACE REVOLVER

    00年作

  • FLOWER KINGS / BANKS OF EDEN

    北欧プログレの重鎮グループ12年作、北欧然とした幻想性も帯びた傑作

    北欧プログレ界を牽引する重鎮バンドFLOWER KINGSの12年作。今作も北欧らしいひんやりとした叙情を漂わせながらも、時にメロウに時に爽やかに吹き抜ける流麗なメロディが美しい楽曲が揃いますが、それぞれの曲展開の中には新たな要素がいくつも感じ取れます。冒頭の25分超の大曲は、緊張感みなぎる展開というよりは全体にリラックスした印象が強く、各楽器が幻想的に交錯する美的なアンサンブルを楽しめる一曲となっています。その後の6〜7分台の楽曲では、これまでの彼らにはあまりないロック的な骨太さを強調したゴツゴツとしたアンサンブルが聴かれるなど、その音楽性はますます広がってきている印象を受けます。しかしそのすべてがやはりFLOWER KINGS以外ではありえないと思わせる点がこのグループの凄みでしょう。大仰に展開せずじっくりと情感豊かなアンサンブルを聴かせる貫禄たっぷりの充実作となっています。

  • FLOWER KINGS / WAITING FOR MIRACLES

    現プログレ・シーンの王者と呼ぶべき、Roine Stolt率いる人気グループ、6年ぶりとなる19年作!

    ご存じ現プログレ・シーンの王者と呼ぶべき人気グループによる6年ぶりとなる19年作。2015年にキーボードのTomas BodinとドラムのFelix Lehrmannが脱退して以来初のスタジオ作となっており、新メンバーにはZach Kamins(key/g)とMirkko DeMaio(dr)を迎えています。特筆はキーボードの活躍。冒頭からピアノとメロトロンがリリカルに舞うインスト小曲で幕を開けると、力強く溢れ出すヴィンテージ・トーンのオルガンでTFKサウンドに厚みをもたらします。前任者T.BodinよりはKAIPAのkey奏者Hans Lundinに近い柔らかくも芯のあるタッチのプレイが印象的です。メロトロンも随所で北欧プログレらしい透明感を描き出していて、全体のサウンド的にもKAIPA的なファンタスティックさが従来よりも強めかもしれません。もちろんRoine Stoltによるエモーションをたっぷり湛えた入魂のギター、Hasse Frobergの熱く歌い上げるハスキー・ヴォーカル、ズシリとパワフルに迫るリズム・セクションと、TFK印の風格に満ちた演奏は健在。キーボードのカラーの変化を原動力にして軽やかなファンタジーが全編を覆うさすがの力作です!

  • FLOWER KINGS / SCANNING THE GREENHOUSE

    北欧シーンを代表するプログレ・グループ、98年リリース、初のベスト盤

  • FLOWER KINGS / ALIVE ON PLANET EARTH

    「LAMB LIES DOWN ON BROADWAY」のカバーを含む99年ライヴ作

「FLOWER KINGSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。