プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

優しいメロディが染みるプログレをカケレコ棚からセレクト♪

スタッフ佐藤です。

12月に入りましたね。寒さが一段と厳しくなってくるこの時期は、心にスッと染み入るような優しいメロディのプログレを聴きたくなります。

今日はカケレコ棚からそんな優しいメロディが収められたプログレをご紹介してまいりましょう。

PABLO EL ENTERRADOR/PABLO EL ENTERRADOR

優しいメロディの宝庫と言えるアルゼンチン・プログレからは、この名盤をチョイス!天上からひらひらと降りてくるようなセンチメンタルなメロディと、繊細なハイトーンで歌うスペイン語ヴォーカル。一方演奏はリリカルな表情から変拍子バリバリのテクニカルな攻めのスタイルまで自在に展開します。非の打ち所がない一枚ですね。

試聴 Click!

MOON SAFARI/A DOORWAY TO SUMMER

3rd『LOVERS END』でブレイクを果たした彼らですが、陽だまりを感じさせる温もりあるメロディを楽しむならこのデビュー作かな?そんな温もりはありつつも、北欧らしいクリアでひんやりした手触りも伝わってきて素晴らしいです。

試聴 Click!

LOOKING-GLASS LANTERN/CANDLELIGHT AND EMPIRE

バークレイ・ジェームス・ハーヴェストとイングランドの遺伝子を合わせ持ったような英国マルチ・ミュージシャンだとっ!薫り高き英国叙情をこれでもかと含んだサウンドが堪らない注目新鋭!ハートフルなメロディが次々と溢れ出すメロディメイカーとしての才能も抜群!

試聴 Click!

TUNED TONE/TUNED TONE

SHESHET、NO NAMES、KAVERETというイスラエルが誇る名グループのメンバーが結成したスーパートリオですね。全員が優れたコンポーザーなので、まばゆいイスラエル・ロック名品群の中でも特に美メロ満載!

試聴 Click!

ウォーリー/ウォーリー

リック・ウェイクマンがそのサウンドに惚れ込みプロデュースを買って出たというエピソードも有名な英シンフォ・バンドと言えば?溢れ出る珠玉のメロディと、演奏をクラシカルに彩るヴァイオリンが出色です!

試聴 Click!

ANYONE’S DAUGHTER/ANYONE’S DAUGHTER

前作1stや次作のライヴ盤が人気ですが、このキャッチーなサウンドの2ndも必聴。ポップさも織り込んだ哀愁のメロディ、表現力に長けた演奏から滴り落ちるリリシズム。ジャケ通りのファンタスティックな世界が広がります。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。こちらの記事もあわせてどうぞ!


世界の「泣けるプログレ」探求!

【関連記事】

世界の「泣けるプログレ」探求!

珠玉の「泣けるプログレ」を各国よりご紹介していきたいと思います!

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PABLO EL ENTERRADOR / PABLO EL ENTERRADOR

    アルゼンチン出身グループ83年1st、ジェネシス/キャメルのファンには是非ともオススメしたい、南米シンフォニック・ロックの頂点に君臨する大傑作!

    アルゼンチン・プログレの最高峰として知られる83年の大傑作。東欧プログレなどにも通ずる、どこか謎めいていて奥ゆかしいトーンのキーボード。これぞアルゼンチン!と言える「詩情」が溢れ出てもう洪水状態のメロディ。引き締まったリズム隊が躍動するダイナミックでドラマティックな構成。GENESISにも比肩する圧倒的な叙情美と構築美にシンフォ・ファンは涙がとまらない傑作。南米にとどまらず、ワールド・ワイドに見ても圧倒的な完成度と言える傑作。

  • MOON SAFARI / A DOORWAY TO SUMMER

    05年リリースの1stアルバム、これでもかと叙情性溢れるファンタスティックでメロディアスな北欧シンフォ、これは名作!

    スウェーデンのメロディアス・シンフォ・グループ。05年のデビュー作。FLOWER KINGSのTomas Bodinによるプロデュース。アコギのアルペジオをバックに、キーボード、フルート、ピアノ、エレキが控えめながらリリカルなフレーズを奏でるファンタスティックなアンサンブルがなんとも素晴らしい。夢見心地の優美なメロディも絶品に一言。1音1音の響きを確かめるように丁寧に編み上げた精緻でいて暖かみ溢れるアンサンブル。アルバム全編を貫く叙情性。メロディ好きにはたまらない逸品です!

  • ANYONE’S DAUGHTER / ANYONE’S DAUGHTER

    叙情派ジャーマン・シンフォの名グループ、キャッチーかつ優美なメロディーメイクが光る80年リリース2nd

    72年にシュトゥットガルトで結成されたジャーマン・シンフォ・グループ。79年のデビュー作に続く、80年作2nd。幻想的に鳴り響くムーグ・シンセやハモンド・オルガン、泣きまくるハード&メロウなギター、ゴリゴリとよく動くベースとタイトなドラムによる安定感あるリズム隊、そして、叙情みなぎるメロディと豊かなハーモニー。ジェネシスとキャメルからの影響たっぷりなキーボードとリズム隊を軸に、ハード・ロック的なエッジと劇的さのあるギターが織りなす、鉄壁と言える泣きのシンフォニック・ロックが印象的です。それにしても、アンサンブルと歌メロからこれでもかと滴り落ちるリリシズムは圧巻。ユーロ・ロック屈指の名盤です。

  • WALLY / WALLY

    リック・ウェイクマンのプロデュースによる74年デビュー作、英クラシカル・フォーク・ロックの名作、溢れ出る珠玉のメロディは絶品の一言!

    Rick Wakemanのプロデュースで知られる74年作1st。とにかく1曲目「THE MARTYR」に尽きます。リリカルなピアノと流麗なヴァイオリンによる悶絶もののイントロの後には、優美なメロディが柔らかに流れてきます。ハーモニーも絶品。そして、曲の終盤に向かってのギターとヴァイオリンによる泣きのリード・バトル。最後には、ハープシコードとヴァイオリンがクラシカルな美旋律を奏で、静かに名曲の幕を閉じますます。ただただ素晴らしい。曲を引き締めるタイトでメリハリの効いたリズム隊も特筆もの。その他の曲も、英国的な叙情いっぱいのメロディが溢れる佳曲揃い。名作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事