プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

旧チェコ・スロヴァキアのハイレベルなプログレをピックアップ!

こんにちは。スタッフ増田です。

千葉の方では未だ台風による停電が続いているそうですね……一刻も早い復旧をお祈りいたします。

さて、ただいまカケレコでは東欧プログレの入荷が熱い!

今回はその中から旧チェコ・スロヴァキアが生んだハイレベルなバンド達をご紹介してまいりましょう。

PROGRES 2/DIALOG S VESMIREM

まずはいかにも「東欧の秘宝」という感じのジャケもたまらないこちらのバンドの80年作1stから。

目まぐるしくテクニカルな旋律を奏でるギターにシンセ。変拍子を多用して嵐のごとくヘヴィに畳みかける展開は、伊ヘヴィ・シンフォのファンも痺れること間違いなし!

東欧はチェコが誇るプログレ名作!

試聴 Click!

FERMATA/DUNAJSKA LEGENDA

ポーランドのSBBと並ぶ東欧屈指のハイレベルなジャズ・ロック・バンドと言えばFERMATA。

こちらの80年作4thでは流麗&ファンキーなジャズ/フュージョンと荘厳なシンフォ・プログレが融合を遂げた、たいへんハイレベルなサウンドを聴かせてくれます。

ジャズ・ロック・ファン、シンフォ・ファンどちらも要チェック!

試聴 Click!

SYNKOPY & OLDRICH VESELY/KRIDLENI

MODRY EFEKTと双璧を成す旧チェコスロヴァキアの名プログレ・グループ!ツイン・キーボードを擁した分厚く荘厳なアンサンブルと男らしいヴォーカルの組み合わせが、前作に劣らず魅力的。

試聴 Click!

COLLEGIUM MUSICUM/MARIAN VARGA/COLLEGIUM MUSICUM and STALE TIE DNI

THE NICEやEL&P、TRACEあたりが好きだったら絶対にチェックして頂きたいのが旧スロヴァキアのCOLLEGIUM MUSICUM!

クラシックの素養を感じさせる格調高いオルガンがこれでもかと躍動するナンバーはキーボード・ロック・ファンなら垂涎必至。東欧プログレ黎明期の驚くべき傑作!

試聴 Click!

PAVOL HAMMEL & MARIAN VARGA/VSETKO JE INAK

こちらはそんなCOLLEGIUM MUSICUMを率いたMARIAN VARGAと旧スロヴァキアの名ミュージシャンPAVOL HAMMELという鬼才二人がタッグを組んだ超強力盤!

コロコロと鳴るアヴァンギャルドなピアノを軸に、雑多な音が入り混じる毒気満載音世界。なんじゃこりゃ……。旧チェコ・スロヴァキア・プログレ、凄まじいです。

試聴 Click!

NARAJAMA/CONCURRERE

こちらは近年の作品ですが、結成はチェコ・スロヴァキア分裂前の91年という事でご紹介。

民族楽器ツィンバロムの典雅で綺羅びやかな音色がエキゾチズムを演出する、妖艶かつ知的なサウンド。

切々とエモーショナルな女性ヴォーカルも素晴らしいし、このセンスは脱帽モノ。チェコのベテラン・バンドによる17年の傑作!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


旧チェコスロヴァキア・プログレ特集!

【関連記事】

旧チェコスロヴァキア・プログレ特集!

70年代より、ユーロ諸国や南米/アジアなどの辺境には、英米の名バンドたちにも負けないハイレベルなプログレ・バンドが数多く存在しました。
今回は、そんな中から東欧は旧チェコスロヴァキアのプログレ・グループたちを一挙ご紹介いたしましょう。


知られざる東欧ジャズ・ロック・シーンのつわもの達を特集!

【関連記事】

知られざる東欧ジャズ・ロック・シーンのつわもの達を特集!

知られざる東欧ジャズ・ロック・シーンの名バンドたちをご紹介!


聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • FERMATA / DUNAJSKA LEGENDA

    スロヴァキア出身、東欧屈指のプログレ/ジャズ・ロック・グループ、80年作

    ベーシストが交代し、再び4人編成に戻っての1980年作4th。シンセサイザー類を中心とした、4人編成とは思えない重厚なアンサンブルのテクニカル・ジャズ・ロックを基調に、シンフォニックなテイストも加味してプログレッシヴ・ジャズ・ロックの秀作と呼ぶにふさわしい洗練された一枚。(国内盤帯より)

  • NARAJAMA / CONCURRERE

    チェコ出身新鋭バンド17年作、民族楽器ツィンバロムの妖艶な音色が印象深い知性溢れるプログレ、ずばり傑作!

    女性ヴォーカルを擁したチェコ出身の新鋭プログレ・バンドによる17年作。変拍子リズムを鮮やかに叩き出す技巧派リズム・セクションを土台に、フリップ影響下と思われる緊張感あるギターワーク、ジャズの素養とコズミックな音響感を持ち合わせたキーボードらが躍動する、ポスト・ロック色もある知的なプログレッシヴ・ロックを展開。さらにこのバンドを一際個性的にしているのが、全編に用いられた中東欧で広く演奏される打弦楽器ツィンバロムの音色。その典雅かつ綺羅びやかな響きがとめどないエキゾチズムを加えておりあまりに素晴らしい。東欧というよりは中央アジア〜アラビックなエキゾチズムを感じさせますが、鋭角的でインテリジェントなバンド・アンサンブルと違和感なく融合していてそのセンスは驚くべきものがあります。こちらもアラビックな雰囲気をたたえた妖艶な女性ヴォーカルも必殺です。民族音楽をここまで巧みにプログレへと導入している新鋭バンドはそうはないでしょう。96年から活動するベテラン・バンドらしく、隙のない完成度のサウンドを聴かせる傑作です。これは凄い!

  • PAVOL HAMMEL & MARIAN VARGA / VSETKO JE INAK

    旧チェコを代表するミュージシャン2人による連名作、ベテラン2人の奇才ぶりがただごとではない名作

    60年代から活躍する旧チェコを代表するミュージシャンの一人Pavol Hammelと、COLLEGIUM MUSICUMのリーダーである天才Key奏者Marian Vargaによるプロジェクト、89年作。深遠なるスペーシーなシンセ、万華鏡の中の世界のようなピアノ、東洋的なエキゾチズムも感じさせるムーグ、まるで別世界の楽器のように浮遊するギター&ベース。崇高な演奏をバックに、アシッド臭というか浮遊感というか淡々としてるというか、なんとも温度が捉えずらいヴォーカルもまた魅力的。60年代から活躍する東欧を代表するミュージシャン2人の奇才ぶりがただ事ではない名作。

  • COLLEGIUM MUSICUM/MARIAN VARGA / COLLEGIUM MUSICUM and STALE TIE DNI

    東欧のキース・エマーソン、Marian Varga率いるクラシカル・キーボード・プログレ・バンドの70年デビュー作とMarian Vargaの84年作ソロとをカップリング

    東欧のキース・エマーソンと言えるKey奏者、Marian Varga率いる旧チェコスロバキアを代表するグループによる70年デビュー作とMarian Vargaの84年作ソロとをカップリング。1stは、13分ほどの大曲3曲の構成。1曲目は、ブイブイと吹かれるブラス隊とキース・エマーソンばりの攻撃的なオルガンが塊となって突き進む東欧版ブラス・ロック。でもソリッド&シャープなリズム隊は「ブラス・ロック」というにはかなり屈強ですし、中盤ではノイズまじりに暗黒へと破天荒に突っ走るし、1st/2ndの頃のマグマにも比肩する凄まじいテンション。2曲目は、クラシック、R&B、ジャズのゴッタ煮で、ずばり「プロコル・ハルムをEL&Pばりにテクニカルにすると?」。3曲目は、ハイドンの曲で、目の覚めるように艶やかな弦楽器、コロコロとファンタスティックなキーボードとが躍動するクラシカル・ロックの逸品。ナイスやトレースのファンは悶絶必至でしょう。ソロ作の方は、変調されたシンセ音がダイナミックに飛び交う実験精神豊かな作風で、ロックというより、ロックを経た「84年」という時に鳴らした現代クラシック音楽と位置づけられるような一枚。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。