プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

COLLOSEUMが好きなら、こちらも是非!ディープに広がるブリティッシュ・ジャズ・ロックの世界

こんにちは。スタッフ増田です。

ジャズ由来のテクニカルなアンサンブルとロックの熱量がぶつかり合った、華麗なるブリティッシュ・ジャズ・ロック。

その元祖と言えば69年の名作『VALENTYNE SUITE』を生んだCOLOSSEUMですが、彼ら以外にも英国らしい叙情がたっぷり詰まったジャズ・ロック・バンドがまだまだ居ますよ。

SOFT MACHINEをはじめとするカンタベリー・ロックについては以下の記事などで度々紹介しておりますので、今回はカンタベリー以外のディープでニッチなバンドをご紹介してまいりましょう!


カンタベリー・ミュージック特集

【関連記事】

カンタベリー・ミュージック特集

英国はカンタベリー地方のミュージシャン達によって生み出されたジャジーで実験精神に溢れつつ、英国ならではの叙情性を感じさせる魅惑のカンタベリー・ミュージックを特集!

ブリティッシュ・ジャズ・ロックの誕生について詳しく知りたいと言う方はこちらも是非↓


ブリティッシュ・ジャズ・ロック特集

【関連記事】

ブリティッシュ・ジャズ・ロック特集

【イギリスからのマイルスへの回答〜叙情性溢れるブリティッシュ・ジャズ・ロック】と題して、英国に巻き起こったジャズ・ロック潮流を紹介いたします。

COLOSSEUM/LIVE

まずはジョン・ハイズマン、デイヴ・クレムソン、デイヴ・グリーンスレイドらによって結成されたジャズ・ロックの代表的バンド、解散間際の71年に録音されたライヴ盤。重量級のドラムにむせぶサックス、ソウルフルなヴォーカル・・・すさまじい一体感とダイナミズム。当時の英国で屈指と言える彼らの実力が堪能できる傑作!

試聴 Click!

NUCLEUS(IAN CARR NUCLEUS)/TORRID ZONE THE VERTIGO RECORDINGS 1970-1975

ロック・サイドからスリリングに楽器陣が火花散らすジャズへと接近したCOLOSSEUMに対して、ブリティッシュ・モダン・ジャズの領域にロックの手法を取り入れていったのがトランペット奏者Ian Carr率いるNUCLEUS。そんな彼らが70~75年にVertigoよりリリースした全スタジオ作を網羅した6枚組ボックスセットが先日入荷いたしました!

試聴 Click!

さて、そんな英ジャズ・ロックの名手COLOSSEUMとNUCLEUSを輩出したのが名アンダーグラウンド・レーベルVertigo。という訳で次はVertigo発のブリティッシュ・ジャズ・ロック盤をご紹介いたしましょう。

MANFRED MANN CHAPTER THREE/VOLUME TWO

不気味なキーフジャケ、ヘヴィさと淡い叙情性が共存したブラスとオルガンのアンサンブル…。名key奏者マンフレッド・マンが放つ、「これぞVertigo」な怪しい香りを放つ70年の英国ジャズ・ロック名盤!

試聴 Click!

ベン/ベン

ジャケは秘宝感漂ってますが、初期ソフツを思わせるアヴァンギャルドさと流麗なスピード感を併せ持つサウンドは文句なしにクール!英Vertigo屈指のレア・ジャズ・ロック、71年作。

試聴 Click!

Vertigoレーベルの名作についてはこちらもチェック!

その他にも、忘れてはならない英ジャズ・ロックの名バンドがこちら!

IF/IF and IF 2

COLOSSEUMやNUCLEUSに比べると影は薄いけど、実力は劣らぬ名グループがIF!グルーヴィー&ソウルフルなアンサンブルのそこかしこからしたたり落ちる、英国らしい陰影と叙情美。まさにシカゴやBS&Tに対する英国からの回答!

試聴 Click!

WARM DUST/PEACE FOR OUR TIME + WARM DUST

ヒロシマ~、ナガサ~キ~のポエトリー・リーディングではじまる英ジャズ・ロックと言えば? 早いパッセージのシャープなリズム隊、英国らしく淡くむせぶ管楽器。演奏の強度、叙情性ともにハイ・レベル!

試聴 Click!

知名度はちょっと落ちるけど、英国ジャズ・ロック・ファンなら要チェックの作品もご紹介してまいりましょう。

タイタス・グローン/タイタス・グローン

キレのあるサックス、歪んだギターやフルートが粘っこく重厚~に絡み合うサウンドがいいなあ。ハード・ロック、ジャズ、フォーク、R&Bをごった煮にしたハード&メロウな味わい深い英国ジャズ・ロック、70年唯一作。

試聴 Click!

MOGUL THRASH/MOGUL THRASH

プロデビュー翌年のジョン・ウェットンが、早くもベースをブイブイ言わせてるブラス・ロック・バンドと言えば?ギターは元コロシアムのJ.リザーランド。アグレッシヴな演奏とポップでキャッチーなメロディがたまらない71年唯一作!

試聴 Click!

BACK DOOR/8TH STREET NITES

ギターレスながら、ギター並に主張激しく演奏をリードするベースの物凄いこと!攻撃的なサックスや渋いフルート、ブルージーなヴォーカルとのアンサンブルも最高だし、この英国ジャズ・ロック・トリオは痺れます…。73年作。

試聴 Click!

RIFF RAFF/ORIGINAL MAN

エネルギッシュでアグレッシヴなジャズ・ロックもいいけど、メロウでムーディーな大人のジャズ・ロックを聴かせるバンドもいいですよね。Mark-Almondで活躍したkey奏者らが結成したグループ、74年作2nd。英国的な淡い陰影が滲むエレピ、太く存在感あるギター、熱くブロウするサックス・・・職人的と言うべきセンスと技巧に唸らされる名品。

試聴 Click!

JOHNNY ALMOND MUSIC MACHINE/PATENT PENDING

こちらは後にMark-Almondで活躍するサックス奏者による69年の初リーダー作。プロデュースは英国ブルース・ロックの立役者としておなじみのマイク・ヴァーノン。ふくよかでグルーヴィーなリズム隊、くすんだ色合いのフルート、ブイブイと逞しく鳴り響くホーン。か、かっこいい・・・。

試聴 Click!

BOTH HANDS FREE/BOTH HANDS FREE

50年代レトロSF映画のパッケージ風のダサジャケットがマイナー・プログレ・ファンの心をくすぐる76年の英ジャズ・ロック作。ほう、マンダラバンドの2ndに参加するサックス奏者によるバンドなのかぁ。クールなサックスのプレイを軸とするイギリスらしい幻想感と憂いを帯びたサウンドが◎!

試聴 Click!

SUPPLY DEMAND & CURVE/SUPPLY DEMAND AND CURVE

こちらも76年作。無名も無名だけど、カンタベリー・ロックやジェントル・ジャイアントを彷彿させる捻りあるセンスと圧倒的なテクニックで展開する技ありジャズ・ロック盤。どの曲も緻密に組み上げられた手工芸品のような完成度を誇っていて、こりゃ素晴らし~!

試聴 Click!

SKYWHALE/WORLD AT MINDS END

アルティ・エ・メスティエリ彷彿のスピードとテクニック、そしてカンタベリー・ロックに通じる柔らかくしなやかな音色使い…。両者が完璧に調和したこんな凄いジャズ・ロックが77年のイギリスに存在したなんて!ずばり全ジャズ・ロック・ファン必聴作。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • COLOSSEUM / LIVE

    解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

    71年リリースのライヴ盤で、通算で4枚目となるラスト・アルバム。スタジオ盤でのダイナミズムがさらに増幅された演奏はただただ圧巻。ジョン・ハイズマンの超重量級でいてシャープな怒涛のドラム、ディック・ヘクストール=スミスの熱すぎるサックス、デイヴ・クレムソンの渾身のブルース・ギター、デイヴ・グリーンスレイドの淡くむせぶハモンド・オルガン、そして、クリス・ファーロウのソウルフルなヴォーカル。すさまじい一体感とダイナミズム。間違いなく当時の英国で屈指と言える実力派だったことでしょう。傑作です。

  • RIFF RAFF / ORIGINAL MAN

    名キーボーディストTommy Eyreを中心とするジャズ・ロック・バンド74年作2nd、Mark-Almondに通じるウェットな哀愁を帯びた絶品ジャズ・ロック

    Grease BandやAynsley Dunbar Retaliation、Mark-Almondなど名だたるバンドに在籍していた名キーボーディストTommy Eyreが、Mark-Almondで活動を共にしたベーシストRoger Suttonらと結成したバンドの74年作2nd。ズシリと重みある打音でタイトに刻むリズムに支えられ、英国的な淡い陰影が滲むエレピ、太く存在感あるトーンのエネルギッシュなギター、ブラス・ロック風に熱くブロウするサックスらが紡ぐ、MARK-ALMONDに通じるウェットな哀愁を帯びたジャズ・ロックが絶品。ややソウル色を含んだヴォーカルも、大人のジャズ・ロックと言った風情の激渋アンサンブルと相性抜群です。テクニシャンたちが本領発揮する超絶技巧インストも随所で炸裂していて、緩急自在の演奏は見事と言う他ありません。職人的と言うべきセンスと技巧に唸らされるジャズ・ロック名品です。

  • SKYWHALE / WORLD AT MINDS END

    このサウンド、ずばり「アルティ・エ・メスティエリ meets カンタベリー・ロック」!77年リリース、驚くほどハイレベルな英ジャズ・ロックの名作!

    1974年に英ブリストルで結成、2人の管楽器奏者を擁する7人組ジャズ・ロック・バンドによる77年の唯一作。このサウンド、ずばり「アルティ・エ・メスティエリ meets カンタベリー・ロック」!手数多くも精密に刻む技巧的なドラミング&ベースが作り出すタイトかつスピーディなリズムに乗って、流れるように快速フレーズを繰り出すギター、ふわりとファンタジックな音色を紡ぐエレピ&シンセ、そして艶のあるしなやかな音色で駆け抜けるフルート&サックスが躍動。アルティばりのスピードとテクニックでひた走るテクニカル・ジャズ・ロックに、カンタベリー風の優雅で芳醇な管楽器群を重ねたこのアンサンブル、ジャズ・ロック然とした強度と、柔らかく軽やかなタッチが見事に一体となっていて、もうとにかく素晴らしすぎます。アルバム後半で聴けるアコースティック・ギターをメインとする地中海的エキゾチズム薫るアンサンブルも極上。こんな大変な傑作がまだイギリスにあったなんて!と驚かずにはいられない逸品です。

  • TITUS GROAN / TITUS GROAN

    英ジャズ・ロック、70年唯一作

    70年にDawnレーベルよりリリースされた唯一作。サックス、オーボエ、フルートなど管楽器をフィーチャー。ハード・ロック、ジャズ、フォーク、R&Bをごった煮にしたハード&メロウな味わい深いジャズ・ロックを聴かせています。哀愁のメロディー&ハーモニーも印象的。名作。

  • BEN / BEN

    Vertigoレーベル屈指のレア盤として知られた英ジャズ・ロック名作、71年発表

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた唯一作。サックス、フルートの軽やかなタッチの演奏が心地よい、洗練されたジャズ・ロック。Vertigoレーベルというと、けだるいサウンドが特徴のグループが多いですが、そういった雰囲気は無く、クールななサウンドが持ち味。

  • WARM DUST / PEACE FOR OUR TIME + WARM DUST

    骨太なアンサンブルに英国叙情の管楽器が絡む英ジャズ・ロック、ティモシー・リアリー著「POLITICS OF ECSTASY」にインスパイアされた71年のコンセプト作

    71年発表の2ndと72年発表の3rdをあわせた2in1CD。2ndは、ティモシー・リアリー著書の「POLITICS OF ECSTASY」にインスパイアされ、戦争と平和を表現したコンセプト・アルバム。基本的には前作の延長線上にあるサウンドながら、よりジャズ・ロック度を強めたテンション溢れる演奏が絶品。コンセプト作品らしく曲間にポエトリー・リーディングを取り入れるなど、アルバム全体の構成もまた素晴らしい傑作です。3rdもまるで失速することのない演奏のテンションが凄まじい好盤。おすすめです。

  • MOGUL THRASH / MOGUL THRASH

    元コロシアムのギタリスト、J.リザーランドを中心に結成、ジョン・ウェットン在籍のジャズ・ロック・グループ、71年唯一作

    元コロシアムのギタリスト、ジェイムズ・リザーランドを中心として結成。ジョン・ウェットンが参加していたことで知られるグループ。71年作の唯一作。サウンドは、ウェットンのゴリゴリとしたベースが印象的な骨太な演奏にブラスが乗った力強いジャズ・ロック。ポップなメロディー・ラインはキャラヴァンを想わせます。好盤。

  • MANFRED MANN CHAPTER THREE / VOLUME TWO

    重厚なブラス・セクションとオルガンが絡みあう英国ジャズ・ロックの名盤、70年作2nd

    ビート・グループから発展した英国のロック・バンド、ヴァーティゴよりリリースされた70年作2nd。ギターレス編成でブラス・セクションを前面に押し出した自由度の高いジャズ・ロックが特徴。時に重厚に、時にヒステリックに唸りを上げるブラス・セクションを先頭に、強い打撃が印象的なドラム、変幻自在なベースライン、焦燥感を煽るスペーシーなオルガンが一体となり、テンション溢れるアンサンブルを奏でます。ダークな雰囲気を湛えたヴォーカルも素晴らしい。ジェントリーなメロディも随所に取り入れており、緊張感の高い作品でありながら取っ付きにくさはありません。英ジャズ・ロックを代表する名盤。

  • IF / IF and IF 2

    英国ジャズ・ロックの名グループ

    英国ジャズ・ロックの名グループ。70年作1stと71年作2ndをカップリングした2in1CD。

  • SUPPLY DEMAND & CURVE / SUPPLY DEMAND AND CURVE

    アイルランド出身のプログレ/ジャズ・ロック・バンドによる76年唯一作、カンタベリー・ロックやジェントル・ジャイアントを彷彿させる捻りあるセンスと圧倒的なテクニックで聴かせる名盤!

    アイルランド出身、ギター、キーボード、ベース、ドラムの4人からなるプログレ/ジャズ・ロック・グループ、76年の唯一作。安定感あるリズムと流れるようなタッチのギター&エレピが紡ぐ端正なジャズ・ロックがベースとなっていますが、その音楽性は実に多彩。77年に唯一作を残した美声女性SSW、Rosemarie Taylorをフィーチャーしたカンタベリー・ロックに通じる柔らかくロマンチックな3曲目、GGのケリー・ミネアの作風を思わせる浮遊感あるプログレ・ナンバー、バグパイプ風のキーボードのプレイがカッコいいアイリッシュ風味香るテクニカル・ジャズ・ロックなど、バラエティに富みつつもどの曲も緻密に組み上げられた手工芸品のような完成度を誇っており実に素晴らしいです。ラストは初期GGのアルバムに入っていてもおかしくないほどの凝りに凝った展開とコーラスに彩られたナンバーでハイライトの一つ。底知れぬ技巧と捻りあるユニークな音楽センスを備えたグループによる名盤です。

  • BOTH HANDS FREE / BOTH HANDS FREE

    後にマンダラバンドに参加するサックス奏者が在籍する英ジャズ・ロック・バンド、76年唯一作

    マンダラバンドの2ndに参加するサックス奏者Phil Chapmanや、後にセッション・ミュージシャンとして数多くの名ジャズ・プレイヤーと共演するドラム/パーカッション奏者のDave Hassellが在籍したイギリスのプログレ・バンド。76年唯一作。時にパーカッションをフリーフォームに叩いては空間を埋め、時にタイト&シャープなドラミングでアンサンブルを引き締めるリズムを土台に、スペーシーかつメロディアスなエレピのバッキングが色彩を放ち、その上でサックスが流麗なリードを次々にキメていくスタイルのジャズ・ロックが持ち味。サックスとキーボードがミニマルなキメのフレーズを炸裂するところは、ソフト・マシーン『6th』あたりのサウンドも彷彿させます。

  • NUCLEUS(IAN CARR NUCLEUS) / TORRID ZONE THE VERTIGO RECORDINGS 1970-1975

    Ian Carr率いるブリティッシュ・ジャズ・ロックの名グループ、70年〜75年のVertigo在籍期9作品をまとめた6枚組ボックス

    Ian Carrを中心とするブリティッシュ・ジャズ・ロックの代表的バンドNUCLEUS。彼らがVertigoよりリリースした71年作『ELASTIC ROCK』から75年作『ALLEY CAT』に至る8スタジオ作品(IAN CARR WITH NUCLEUS名義を含む)にIan Carrの72年ソロ作『BELLADONNA』を加えた9作品を収録。英国ジャズ・ロック・シーンに多大な影響を及ぼした彼らの軌跡を知るにはうってつけの一枚です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。