プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「キャッチーなプログレ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

今週のカケレコFBのテーマは「キャッチーなプログレ」でした。

4月になり新年度が幕を開けたということで、こんな時期にふさわしいスカッと爽やか、かつ力強く壮大なサウンドをご紹介してまいりますよ!

Facebook

4月8日(月):STYX / CRYSTAL BALL

最初にご紹介するのはKANSASと並ぶアメリカン・プログレ・ハードの代表格、STYXによる76年作『CRYSTAL BALL』。ギタリストのトミー・ショウが加入し、バンドの人気を一気に押し上げた出世作ですね。

初期よりキャッチーでヌケの良いアメリカン・ハード・ロックに英国プログレ的な叙情性を導入することを試みていた彼らSTYX。
本作では後の作品でより顕著になってゆく洗練されたポップ・テイストも現れてはいますが、それでいてkey奏者デニス・デ・ヤングの持ち味である叙情的なオルガンやクラシカルなピアノもフィーチャーし、キャッチーな明るさとプログレの繊細さがバランス良く配された心地良い聴き心地に仕上がっています。

YESを彷彿とさせるドライヴ感&巧みなコーラス・ワークを聴かせる「Put Me On」、加入したばかりのショウが作曲&ヴォーカルを務めた愛らしい「Mademoiselle」などなどどの曲もメロディが美しく、英国プログレ・ファンも気に入る事間違いなしの名盤です。(増田)

試聴 Click!

4月9日(火):FRUUPP / PRINCE OF HEAVEN’S EYES

今日はアイルランドより、フループ(FRUUPP)の74年作3rdアルバム『Prince of Heaven’s Eyes』をご紹介します。

次作4thを元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドがプロデュースしたことでも知られる彼らですが、「愛すべき」という表現がぴったりなキャッチーな音作りでは本作が一番かもしれません。

ややバタバタしてはいますが、歯切れよくドライヴ感に溢れたアンサンブルはイエスを彷彿させます。

ただし緊張感はほとんどなく、ジャケのイメージ通り、終始温かみがあってほのぼのとした雰囲気に包まれているのがなんとも個性的。

一方で、1曲目を筆頭に、クラシカルに波打つピアノやジョワーと湧き上がるストリングシンセを伴って、優雅でロマンチックなサウンドを繰り広げる楽曲も素晴らしく、ちょっと泣けます。

どこまでも愛らしく親しみやすい稀有なプログレ作品であると同時に、いつまでも大切に仕舞っていたくもなるような珠玉の名作です。(佐藤)

試聴 Click!

4月10日(水):NEKTAR / RECYCLED

今日ピックアップするのは、プログレ/メロディアス・ハード・グループ、NEKTARの75年作。

彼らの作品中最もカラフルなシンフォニック・ロックの名盤となった本作は、PETER GABRIELのサポートでも知られる米国の鍵盤奏者、ラリー・ファストが参加しており、流麗で美しいシンセサイザーが効いています。

アメリカン・プログレ・ハードに通じるようなメロディが、シンセサイザーやドライヴ感あるギター、イエス風コーラス等複雑でスリリングなアンサンブルに載せて高速で畳み掛けてきます。キャッチー且つダイナミックな名作です。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

4月11日(木):FORMULA 3 / LA GRANDE CASA

今日は、イタリアからFORMULA 3(フォルムラ・トレ)の最終作となった73年作『La Grande Casa』を取り上げます!

伊ロック・シーン屈指のギタリストAlberto Radius、そのRadiusと後にIl Voloを結成するkey奏者Gabriele Lorenzi、そして74年の名1stを皮切りにソロで成功するドラマーTony Cicco。才能溢れる3人により結成されたFORMULA 3は、国民的ミュージシャンLucio Battistiのバックアップを受けデビューします。

初期はサイケデリックな質感が強い作風でしたが、3rdアルバムでは複数の組曲で構成されたプログレらしい作風に舵を切ります。

そして最終作となったこの4th、前作を引き継ぐプログレ要素と、イタリア独自のジャンルである「カンタゥトーレ」(歌い手の意)に通じる哀愁をたっぷり帯びた「歌」の魅力が素晴らしく調和したサウンドを聴かせてくれるんです。

一曲目冒頭、寂しげに鳴らされるアコースティックギターが徐々に熱を帯びていき、一気にシンフォニックな全体演奏へとなだれ込む劇的なオープニングにはいつも唸ってしまいます。

最終曲もまた良くって、素朴でひたむきな歌の素晴らしさに思わずホロリと来てしまいそう。(フループといい泣いてばかりですが…)

言葉にするのは難しいのですが、まるで音楽ってものの原初の素晴らしさに触れたような感動が湧き上がってくる、生涯の一枚です。(佐藤)

試聴 Click!

試聴 Click!


プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!

【関連記事】

プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!

「イタリアン・ロック?プログレ聴かないしな~。」 そんなあなたにオススメしたい『プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!』


イタリアン・ロック特集

【関連記事】

イタリアン・ロック特集

イタリアン・ロックを「プログレ」という視点ではなく、西洋文化の中心地イタリアで育まれたロック・ミュージックとしてとらえなおすと?

4月12日(金):KAYAK / SEE SEE THE SUN

最後にご紹介するのはオランダの名ポップ・プログレ・グループ、KAYAKによる1973年デビュー作『SEE SEE THE SUN』です。

彼らのサウンドを一言で表すとずばり「イエスやジェントル・ジャイアント+ELOやパイロット」。

コロコロとリリカルに転がるピアノにイエスを思わせる軽快なギターやドライヴ感のあるベース、鮮やかなコーラス・ワークに煌びやかなキーボード。

ジェントル・ジャイアントのようなテクニカルな変拍子をそこかしこに散りばめつつも愛らしいメロディでキャッチーに聴かせ、なおかつクラシカルな格調高さも自然と滲み出てくるようなアンサンブルは実に個性的ですよね。

後々の作品はメロディアス色が強くなってしまうためやや好みが分かれる所ですが、この1stや次作は英国プログレやプログレ・ポップのファンには是非聴いていただきたい逸品です。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ


「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


ダッチ・プログレ特集 ~ 商業の合理主義とプロテスタンティズムの敬虔主義とが息づく【オランダ】生まれのプログレ名品セレクション

【関連記事】

ダッチ・プログレ特集 ~ 商業の合理主義とプロテスタンティズムの敬虔主義とが息づく【オランダ】生まれのプログレ名品セレクション

オランダならではの端正でいて素朴な人情味にも溢れたメロディアスなプログレッシヴ・ロック名作をセレクトいたしましょう。フォーカスの他にも愛すべきグループがたくさん居ますね。

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

STYXの在庫

「STYXの在庫」をもっと見る

FRUUPPの在庫

  • FRUUPP / FUTURE LEGENDS

    ファンタスティックなアイルランドの名バンド、邦題「知られざる伝説」

    アイルランドのプログレバンド、73年1st。室内楽調のクラシカルな楽曲で幕を開ける本作ですが、本編のサウンドはそれとは対照的に無骨なハードロックを軸にしたワイルドな作風となっています。そんなハードなバンド・アンサンブルをシンフォニック・ロックに消化しているのはストリングスの効果的な使用とキーボード・サウンドであり、非常に危ういバランスで両者を同居させることに成功している他、ハード・ロック然としていながらどこか儚なげで線の細いファンタジックさも持ち合わせ、メロディアスな楽曲にはブリティッシュ・ロック的な湿り気と品格を感じさせます。オーボエとピアノで落ち着いて聴かせるシンフォニック然としたパートからDEEP PURPLE的とすら言えるダイナミックなパートまで触れ幅に恵まれた個性的な作品であり、次作でシンフォニック・ロック・バンドとして洗練されていく前のサウンドのせめぎ合いが素晴らしい1枚です。

  • FRUUPP / PRINCE OF HEAVEN’S EYES

    クラシカルかつファンタスティックなアイルランドの名バンド、74年発表の傑作3rd

    アイルランドのプログレバンド、74年3rd。その内容は「太陽の王子」を主人公に展開されるファンタジックなコンセプトアルバムであり、甘くポップセンスに溢れたメロディーとドラマチックなトータル性が素晴らしい好盤となっています。シンフォニックロックバンドとして大きく成長を遂げ、壮大なバロックサウンドを描いた前作と比べると、ずいぶん親しみやすい音へとシフトしておりキャッチーなパートが目立つようになったほか、そのコンセプト性もあってか、リズミカルで軽快な曲調を中心に収録。前2作で彼らのトレードマークの1つであったストリングスセクションはシンセサイザーに置き換えられており、そのことが楽曲の持っているポップな魅力をより一層強固なものにしています。また、演劇性にも富んでおり、御伽噺のような英国然とした世界観でファンタジックに聴かせる1枚となっています。

  • FRUUPP / SEVEN SECRETS

    アイルランドの名プログレ・バンド、74年作

    アイルランドのプログレバンド、74年2nd。その内容はチェンバロとオーボエによるバロック調のアンサンブルで幕を開け、ヘンデルなどのモチーフを取り入れながらシンフォニックロック的に盛り上げていく傑作。前作ではまだ消化しきれていなかったシンフォニックロックのアプローチが完成され、GRYPHONのような牧歌的、中世的なサウンドメイクが光ります。そして、かなりラウドな音使いだった前作からバンド全体が洗練され、アコースティックな部分に比重を置きながらキーボードがファンタジックな世界を描く素晴らしいシンフォニックロックバンドへと成長しています。ロマンチックな雰囲気とファンタジックな楽曲を多く収録した彼らの代表作との呼び声も多い1枚であり、「he Prince Of Heaven’s Eyes」とあわせてシンフォニックファンには間違いなくオススメできる名盤。

「FRUUPPの在庫」をもっと見る

NEKTARの在庫

  • NEKTAR / A TAB IN THE OCEAN

    英国人メンバーによりドイツで結成された名バンド、イエス影響下の72年作

    ジャーマン・メロディアス・ハード・ロックを代表するバンド、ネクターが72年に発表した2ndアルバム。1曲目の16分を越すタイトル・トラックから、泣きのメロディーとドラマティックなアンサンブルが洪水状態で、美しく壮大なオルガンとヘヴィで重厚なギターが絶妙に絡み合うサウンドはたいへん感動的。71年のファーストとあわせて、シンフォ・ファン必聴。

    • IECP10053

      紙ジャケット仕様、06年デジタル・リマスター、オリジナル英盤仕様、定価2625

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      若干帯中央部分に色褪せあり

  • NEKTAR / REMEMBER THE FUTURE

    英国人メンバーによってドイツで結成されたプログレ・グループ、米チャートで19位という大ヒットを記録した73年発表の出世作!

    イギリス人のミュージシャンたちがドイツで出会い、ドイツにて結成されたバンドであり、初期はPINK FLOYD系のサイケデリック・ロックを得意としながら徐々にその作風を変化させ、コンセプト性の導入と大作主義、そしてシンフォニック・ロック的なマイルドさと彩りを加味していったプログレッシブ・ロックグループの73年作。彼らの代表作の1枚である本作は、へヴィーなサイケデリック・ロック路線からの脱却を図り、2曲の大曲で聴かせるプログレッシブ・ロック然としたアプローチが魅力です。マイルドでファンタジックな音像を構築しており、イギリス人らしい翳りとドイツ産の深みが内包された名作と言えるでしょう。

  • NEKTAR / LIVE IN NEW YORK

    全米19位を記録した4th/33位の5thを引っさげ行われた74年NY公演を収録!

    彼らの全盛期である74年のライヴ音源。全120分。

    • IECP20013/4

      紙ジャケット仕様、2枚組、06年デジタル・リマスター、オリジナルドイツ盤仕様、定価3675

      盤質:無傷/小傷

      状態:

      帯有

      1枚は盤に傷あり、紙ジャケに圧痕あり、帯中央部分に色褪せあり

    • IECP20013/4

      紙ジャケット仕様、2枚組、06年デジタル・リマスター、オリジナルドイツ盤仕様、定価3675

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      帯中央部分に若干色褪せあり、紙ジャケに若干圧痕あり

  • NEKTAR / SUNDAY NIGHT LIVE AT THE LONDON ROUDHOUSE

    ドイツを拠点としたブリティッシュ・プログレ・グループ、最盛期と言える73年11月のパフォーマンスを収録したライヴ作

    ジャーマン・メロディアス・ハード・ロックを代表するグループ。名作「REMEMBER THE FUTURE」発表直後の73年のライヴを収録した作品。代表曲「King Of Twillight」「Remember The Future Part 1/2」など、アルバム以上にアグレッシヴでタイトな演奏は圧巻の一言。音質も抜群です。

  • NEKTAR / RECYCLED

    ドイツを拠点とするバンドながら英国人メンバーで構成されるプログレ・グループ、プログレ・ファンから絶大な支持を集める75年作

    イギリス人のミュージシャンたちがドイツで出会い、ドイツにて結成されたバンドであり、初期はPINK FLOYD系のサイケデリック・ロックを得意としながら徐々にその作風を変化させ、コンセプト性の導入と大作主義、そしてシンフォニック・ロック的なマイルドさと彩りを加味していったプログレッシブ・ロックグループの75年作。各種シンセサイザーで彩られた、彼らの作品中最もカラフルなシンフォニック・ロックの名盤となった本作は、アメリカン・プログレ・ハードに通じるようなキャッチーなメロディーを持ちながらダイナミックで荘厳なシンフォニック・ロックが堪能できる傑作です。

  • NEKTAR / NEKTAR

    英国人メンバーによって結成されドイツを拠点に活動するプログレ・グループ、76年リリースのコンピレーション

  • NEKTAR / DREAM NEBULA: BEST OF 1971-1975

    英国人メンバーによって結成、ドイツを拠点に活動するプログレ・グループ、70年代前半の作品からのベスト、全21曲

「NEKTARの在庫」をもっと見る

FORMULA 3の在庫

  • FORMULA 3 / DIES IRAE

    イタリアン・ロックを代表するバンドの一つ、70年デビュー作

    現行イタリアン・ポップスの礎を築いたLucio Battistiのバック・バンドとしてその歩みを始め、彼のプロデュースでデビュー。サイケデリックな質感を残したへヴィー・ロック・サウンドを放ち、シンフォニック・ロック、メロディアスなボーカルを中心にした普遍的ロックの境地へとシフトして行ったグループの70年デビュー作。Lucio BattistiとMogolというゴールデン・コンビのペンによる楽曲とカヴァー曲から成るその内容は、重々しいギターとオルガンが中心となったワイルドなサイケデリアを描くへヴィー・ロックであり、混沌としたサウンドの中にも彼ららしいポップセンスを持ったメロディーと聴きやすさがあるのが個性的な名盤です。

  • FORMULA 3 / SOGNANDO E RISOGNANDO

    イタリアン・プログレを代表するバンドの一つ、プログレ然とした内容を持つ名作コンセプト・アルバム、72年作

    現行イタリアン・ポップスの礎を築いたLucio Battistiのバック・バンドとしてその歩みを始め、彼のプロデュースでデビュー。サイケデリックな質感を残したへヴィー・ロック・サウンドを放ち、シンフォニック・ロック、メロディアスなボーカルを中心にした普遍的ロックの境地へとシフトして行ったグループの72年3rd。Lucio BattistiとMogolからの親離れが伺える本作は楽曲の半分をグループが作曲しており、前作までのサイケデリック・へヴィー・ロックから路線を変え、熱情だけに頼らないキャッチーで精密な音作りを提示しています。インストゥルメンタル・セクションの充実などプログレッシブ・ロック的な旨みにも溢れていますが、元々ポップな感性を持ったバンドであったことを物語るように、普遍的なロックの魅力が引き出された名盤となっています。

「FORMULA 3の在庫」をもっと見る

KAYAKの在庫

  • KAYAK / MERLIN – BARD OF THE UNSEEN

    オランダを代表するシンフォニック・ロック/ポップ・ロック・グループ、83年の名作『MERLIN』の続編に当たる03年作

  • KAYAK / NOSTRADAMUS : THE FATE OF MAN

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、05年作

  • KAYAK / SEE SEE THE SUN

    オランダの名プログレ・グループ、73年デビュー作、イエスやジェントル・ジャイアント+ELOやパイロットと言える名作!

    オランダの名プログレ・グループ、73年のデビュー作。コロコロとクラシカルでリリカルなピアノ、透明感のあるトーンの伸びやかなキーボードを軸に、性急なギターやゴリゴリとアグレッシヴなベースなどイエス譲りのダイナミズムを盛り込んだサウンドが印象的。ELOやPILOTあたりの英ポップに通ずるキャッチーなメロディも魅力的で、イエス『危機』ばりのハイ・トーンのコーラス・ワークも見事。1曲目からイングランドやドゥルイドあたりの英プログレ・ファンにはたまらないサウンドで、中間部では、ジェネシスばりの幻想的なギター・ソロまで飛び出して、胸が熱くなります。2曲目以降もジェントル・ジャイアントばりに変拍子でキメまくるスリリングなアンサンブルやP.F.M.ばりに格調高いアンサンブルなど、めくるめくドラマティックかつメロディアスな展開で畳みかけます。イエスやジェントル・ジャイアントやグリーンスレイドあたりのファンは必聴!

  • KAYAK / KAYAK

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、74年作2nd、イエスやジェントル・ジャイアント+ELOやパイロットと言える名作!

    オランダの名プログレ・グループ、74年作の2nd。前年リリースのデビュー作の延長線上にあるサウンドで、イエスやジェネシス meets ELOやパイロットと言えるキャッチーかつドラマティックなプログレが印象的。オープニング・ナンバーから超絶キャッチーな名曲で、イエス譲りのゴリゴリ・ベース、鋭角に切れ込むメロディアスなギターが疾走する中、ハイ・トーンのヴォーカルが美しいメロディを歌い、コーラスがどこまでもクリアに広がります。ジェントル・ジャイアントばりの器楽的アンサンブルからXTCもびっくりなビートリッシュな楽曲まで、とにかくメロディ、アンサンブルともにキレ味抜群。イエスやグリーンスレイドあたりのファンは間違いなくグッときっぱなしでしょう。名作です。

  • KAYAK / ROYAL BED BOUNCER

    オランダの名グループ、75年作3rd、イエスやジェントル・ジャイアント+ELOやパイロットと言える名作!

    オランダの名プログレ・グループ、英HARVESTからもリリースされた75年作の3rd。オープニング・ナンバーから、初期イエス譲りのゴリゴリ・ベースが疾走し、コロコロとしたタッチのピアノやハープシコードがファンタスティックなフレーズを奏で、ツンと尖ったギターが歌心いっぱいかつハード・エッジにアンサンブルのギアを上げ、ハイ・トーンのヌケの良いヴォーカルが流れるように美しいメロディを歌い上げる!1st〜2ndの流れを受け継いだハードでキャッチーなプログレで、パイロットやELOやXTCばりのビートリッシュなポップ・センスにジェネシスやジェントル・ジャイアント的なエッジとクラシカルな気品を加え、イエスばりのスピード感を注入したようなサウンドは、英ロック・ファンが歓喜すること間違いなしでしょう。2曲目のピアノのバラードも良いし、ポップ職人ぶり120%発揮の3曲目など、とめどなくキャッチーなメロディとキレのあるアンサンブルが続きます。もっともっと高評価されるべき、ユーロ・ロック屈指の名グループ!

  • KAYAK / LAST ENCORE

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、76年4th

  • KAYAK / STARLIGHT DANCER

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、77年作

  • KAYAK / STARLIGHT DANCER and PHANTOM OF THE NIGHT and PERISCOPE LIFE

    オランダを代表するプログレポップ・ロック・バンド、『STARLIGHT DANCER』77年作 『PHANTOM OF THE NIGHT』79年作 『PERISCOPE LIFE』80年作を収録

  • KAYAK / PHANTOM OF THE NIGHT

    78年作

  • KAYAK / MERLIN

    オランダを代表するシンフォニック・ロック・グループ、82年リリースの人気作

  • KAYAK / GOLDEN YEARS OF DUTCH POP MUSIC

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、全42曲入り編集盤。

  • KAYAK / KAYAK

    ダッチ・プログレ代表格、17曲収録のコンピ、70分収録

  • KAYAK / SEVENTEEN

    名実ともにオランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループによる17年作、1曲でアンディ・ラティマーが参加

    名実ともにオランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループとして、世界中にファンを持つ彼らの4年ぶりとなる17年作。結成以来バンドを率いるkey奏者Ton Scherpenzeel以外のメンバーが入れ替わり、Pain Of SalvationやNeal Morse Bandなどの在籍経験を持つ実力派メンバーらを迎えて制作されています。メンバーは大きく変化しましたが、クラシカルな気品たっぷりの端正かつキャッチーなメロディアス・プログレは、まさに従来のKAYAKそのもの!スケールいっぱいのサウンドを支える安定感あるリズム・セクション、甘く雄大に美メロを紡ぐギター、柔らかくもよく通る歌声の適任と言えるヴォーカル、そしてアンサンブルをドラマチックに盛りたてる厚みあるシンセとピアノ。オランダのバンドらしい垢抜けたポップさが全編に散りばめられていて、宝石のような輝きを放ちます。注目は6曲目で、CAMELのAndy Latimer御大が参加。粛々とメランコリックに紡ぐ冒頭のアコースティックギター、そしてCAMELでのプレイそのままの彼方まで響くようなエモーショナルなエレキギターと、名演を披露していて感動の一言。デビューから44年。なおこのフレッシュな聴き心地を約束してくれるKAYAKというバンドの偉大さを改めて実感する作品です。

「KAYAKの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。