プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

3月の特集「ジャパニーズ・プログレ特集」

  • 今年の冬も寒かったけど、ようやく春の気配がしてきたなぁ。
  • こんにちは、カケレコ君。2019年も音楽ライフを満喫しているかい?
  • 芹澤さん、どうもです!以前南米プログレを紹介してもらってから英米以外のプログレもいいなぁと思って。どこかオススメの国ってありますか?
  • そうだねぇ…。もうすぐ春。春といえば桜。桜といえば日本。灯台下暗しってわけじゃないけど、今回はジャパニーズ・プログレに注目してみるのはどうかな?
  • けっこう強引に来ましたねっ!でも、そう言えば自分の国なのに日本のプログレってあまり意識したことなかったかも知れません。
  • それじゃあ、時代を追ってジャパニーズ・プログレの重要な作品10タイトルをピックアップしていくよ。
  • よろしくおねがいしますっ!
  • 四人囃子/一触即発(1974)

    試聴 Click!

  • まず日本のプログレッシヴ・ロック史において外せない重要バンドが、ギタリスト森園勝敏を擁した四人囃子だね。ピンク・フロイドから強く影響を受けた浮遊感のあるサウンドにユニークな日本語詞を乗せたプログレッシヴ・ロックは、今でもジャパニーズ・プログレの代表作として高い人気を誇っているよ。
  • 最初の「空と雲」って曲、友達の家に遊びに行くだけですか!?プログレの歌詞ってもっと壮大で奥深いイメージを持ちますけど…でもこの歌詞でちゃんとプログレしてる…。
  • コスモス・ファクトリー/トランシルヴァニアの古城(1973)

    試聴 Click!

  • そして、ピンク・フロイド影響下のバンドとして四人囃子と双璧と言えるのが、コスモス・ファクトリー。四人囃子によるメジャーデビュー作に先んじてリリースされた1stで、メロトロンを伴ってこれでもかとドラマチックに迫ってくるサウンドは、日本プログレ黎明期とは思えない完成度だね。
  • すごい…。本場英国のプログレと比べても遜色ないサウンドじゃないですか!?
  • ファー・イースト・ファミリー・バンド/多元宇宙への旅(1976)

    試聴 Click!

  • グラミー賞にも輝いたシンセサイザー奏者の喜多郎は知ってるよね。彼がソロ活動前に在籍していたこのファー・イースト・ファミリー・バンドも忘れてはならない重要なグループと言える。本作はシンセサイザー・ミュージックの巨匠クラウス・シュルツェがプロデュースを務めていて、彼との出会いは喜多郎がシンセサイザー奏者を志すきっかけにもなったんだ。
  • タイトルどおりの宇宙的な広がりあるサウンドと日本っぽい「和」が融合してますね。壮大だなぁ…。
  • 新●月/新●月(1979)

    試聴 Click!

  • ジェネシスから影響を受けたジャパニーズ・プログレの傑作として名高いのが新●月の79年1st。ジェネシス特有のデリケートさや演劇性を日本的情緒へと落とし込んだアプローチが秀逸だね。和製ジェネシスを体現した名曲「鬼」を聴いてみよう。
  • 和テイストを重視したサウンドなのに、不思議とジェネシスを強く感じます!この雰囲気、好きだなぁ。

  • ここからは、ちょうど2019年にLPレコードで再発もされた、80年代の代表的名盤を中心に紹介していくよ。

  • ジャパニーズ・プログレLPを見る!

    アイン・ソフ/妖精の森(1980)

    試聴 Click!

  • 70年代には層の薄かった日本のジャズ・ロック・シーンに彗星のごとく登場したのが、このアイン・ソフだね。BRAND Xにも比肩するテクニカルなジャズ・ロック・パートと日本的情緒を感じるアコースティックな幻想パートを巧みに行き来して織り上げる、攻撃性と奥ゆかしさを併せ持ったサウンドが魅力となっているんだ。
  • 70年代にも技巧的なバンドはいましたけど、なんだか一段レベルが跳ね上がった印象ですね。壮絶…。
  • ノヴェラ/魅惑劇(1980)

    試聴 Click!

  • ノヴェラは、ジャパニーズ・シンフォニック・ロックの代表格として真っ先に名前が上がるグループと言えるだろう。シンセサイザーやオルガン、泣きのギターが彩る孤高の美意識を湛えたサウンドが素晴らしいんだ。Angie(五十嵐久勝)のハイトーンVoもノヴェラの世界観を特徴づける重要な要素だね。
  • たしかノヴェラ系という一派が生まれたほど影響力を持っていたんですよね。様式美を感じます。
  • ジェラルド/ジェラルド(1984)

    試聴 Click!

  • そのノヴェラでキーボーディスとを務めた永川敏郎によるこのグループも紹介しておこう。多彩でスケールの大きなキーボードを軸とするシンフォ要素とハード・ロック的な緊張感を絶妙にバランスさせた、ドラマチックなサウンドを聴かせてくれるよ。
  • ノヴェラよりハード・ロックの重量感が増した感じですね。ハード・ロックも好きな僕には堪らないサウンドです!
  • 美狂乱/美狂乱(1984)

    試聴 Click!

  • 美狂乱はキング・クリムゾン・フォロワーの筆頭バンドとしてその名を刻むグループだね。『太陽と戦慄』~『レッド』期クリムゾンを彷彿させる緊張感MAXの変拍子アンサンブルが全編で炸裂する名盤となっているよ。
  • まんまな部分もありますが、まんま演奏できる事がそもそも驚異的ですよね。このバンドもそこはかとなく「和」の空気が漂ってるなぁ。
  • ケンソー/夢の丘(1991)

    試聴 Click!

  • 結成は70年代まで遡るKENSOは、世界的知名度を持つジャパニーズ・プログレ・バンドの一つだね。ギタリスト清水義央を中心とする高度な演奏テクニックはもちろん、荘厳さと繊細な叙情性を織り込んだ起伏に富んだ楽曲センスにも優れているんだ。現在進行系のジャパニーズ・プログレとして最高峰に位置するグループと言えるだろう。
  • 確かに少し聴いただけで、世界で勝負できるだけの凄みを感じます。
  • ミスターシリウス/ダージ(1990)

    試聴 Click!

  • 「日本のPFM」の異名を取ったこのグループもシンフォ・ファンには抑えておいてほしいところだね。ギターやフルートがテクニカルに躍動するメリハリの効いたアンサンブル、スタイリッシュな楽曲、そして艷やかで張りのある女性ヴォーカルと、シンフォ・ファンのツボを突きまくる内容となっているよ。
  • 女性ヴォーカルというのもあるけど、何というかサウンドに「華」がありますね!

  • だいぶ端折って紹介しちゃったけど、ジャパニーズ・プログレの魅力を多少でも感じてもらえたかな?
  • はい!当たり前ですけど、一言にジャパニーズ・プログレと言っても多種多様なサウンドがあって、俄然探求意欲が湧いてきました!
  • それは良かった。ちなみに00年代以降のジャパニーズ・プログレについては以下のページで紹介しているから、ぜひチェックしてみて欲しい。それでは良き音楽ライフを!

  • ワールドクラスの実力派揃い!日本が誇る新鋭プログレ特集!

    【関連記事】

    ワールドクラスの実力派揃い!日本が誇る新鋭プログレ特集!

    イタリアや北欧などヨーロッパのシーンに注目が集まりがちな現在のプログレ・シーンですが、それはまさに「灯台下暗し」。

    我が国日本にも、ワールドクラスのプログレ・グループたちが続々と登場してきているのです…!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • ケンソー(KENSO) / 夢の丘(YUME NO OKA)

    日本産テクニカル・プログレの最高峰、91年作

    ヒトは誰でも夢の丘を持っている。幻想と理性が交錯する、あまりにも強力な音楽が今・・・
    “ケンソー”の「心」「技」「体」が究極の高みで融合、有機的に結実した最高傑作!!ドラマティック且つ洗練されたコンセプト・アルバム!!(レーベル解説より)

  • 美狂乱(BI KYO RAN) / 美狂乱(BI KYO RAN)

    クリムゾン憧憬のジャパニーズ・プログレ・グループ、82年デビュー作

    ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロック界において常に孤高の存在として君臨した伝説のバンド“美狂乱”衝撃のファースト・アルバム!!
    “静と動”緊張感漲る独創的世界観、鬼気迫る凄まじいプレイの連続にただただ驚愕するのみ!!(レーベル解説より)

  • アイン・ソフ(AIN SOPH) / 妖精の森(A STORY OF MYSTERIOUS FOREST)

    80年デビュー作、テクニカルかつ叙情性に富んだジャパニーズ・プログレの金字塔!

    日本を代表する世界基準のプログレッシヴ・ロック・バンド“アイン・ソフ”のデビュー・アルバムにして最高傑作!!
    一触即発とも云える緊張感の中で難産の末に生み出された史上空前の完璧サウンドは幻想的且つ崇高な音絵巻だ!(レーベル解説より)

  • ノヴェラ(NOVELA) / 魅惑劇(LA SONGERIE)

    ジャパニーズ・シンフォニック・ロックの雄、記念すべき80年デビュー作

    ノヴェラの偉大なる歴史的原点はここにあり!!日本を代表するプログレッシヴ・ロック・バンド“ノヴェラ”の記念すべきデビュー・アルバム!!
    圧倒的なスケールで放たれるシンフォニックな音魂が織り成す華麗なる美と戦慄の世界!(レーベル解説より)

  • MR.SIRIUS / DIRGE

    日本のPFMと呼ばれた名シンフォ・グループ、90年作、大傑作!

  • ジェラルド(GERARD) / ジェラルド(GERARD)

    永川敏郎(NOVELA)率いるシンフォ・グループ、84年作

    “永川敏郎”率いる“ジェラルド”伝説はここから始まった!!記念すべき1stアルバム誕生!!
    哀愁感漂う叙情的なメロディ、キーボード群の艶やかな調べに包まれたシンフォニック且つドラマティックなサウンドはまさに美の極致!!(レーベル解説より)

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。