プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』連動 来日公演を収めたプログレッシブ・ロックのライブ・アルバム Volume 5(北欧編+その他)

本記事は、netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』第48回 ONE SHOT / Live In Tokyo (France / 2011)に連動しています

プログレッシブ・ロック・アーティストによる来日公演の歴史は、1971年8月に行われたPINK FLOYDによる伝説の箱根アフロディーテから始まりました。PINK FLOYDは翌72年3月にも来日し、発表前の『Dark Side Of The Moon』を演奏。同年7月にはEMERSON, LAKE & PALMERとJETHRO TULLが来日公演を行い、73年3月には黄金期のYESが初来日しています。その後も数多くのプログレッシブ・ロック・アーティストたちが日本でのコンサートを行ってきましたが、特にプログレッシブ・ロックが復興を果たした90年代以降、その模様が記録され、ライブ・アルバムとしてリリースされる例もしばしば見受けられるようになってきました。ここでは、「来日公演を収めたプログレッシブ・ロックのライブ・アルバム」を掘り下げていきます。


ANEKDOTEN / Waking The Dead – Live In Japan 2005 (Sweden / 2005)

試聴 Click!

ANGLAGARDと共に90年代初頭のプログレッシブ・ロック復興に尽力したKING CRIMSONフォロワーANEKDOTENは複数回の来日公演を経験していますが、97年の来日公演(渋谷On Air West)の模様を収めた『Official Bootleg – Live In Japan』を98年に発表。さらにその後スタジオ・アルバムを重ね、2005年公演(東京キネマ倶楽部)ではステージに3台ものメロトロン(Mellotron M400S、Mellotron Mk VI、Novatron)を用意し、KING CRIMSONのヘヴィネスと北欧の凍てつく空気感を伝えるライブ・アルバム『Waking The Dead – Live In Japan 2005』にまとめました。

RAGNAROK / Live In Tokyo (Sweden / 2012)

試聴 Click!

スウェーデンのRAGNAROKと言えば、76年にリリースされたデビュー・アルバム『Ragnarok』がフォーキーなサウンドを聴かせるジャズ・ロック・アルバムとして高い評価を獲得しています。彼らは2008年にニュー・アルバム『Path』を発表し、2011年に来日公演(吉祥寺Silver Elephant)を行いました。派手さを持ったグループではないため全体的に控えめな印象を受けるものの、北欧のトラディショナル・フォークに根ざした素朴で味わい深いパフォーマンスは一聴の価値あるものでしょう。

ANGLAGARD / Prog Pa Svenska – Live In Japan (Sweden / 2014)

試聴 Click!

ANEKDOTENと共にプログレッシブ・ロック復興の象徴となったANGLAGARDは、順調な活動を展開するANEKDOTENと違い90年代中盤に解散。その後2000年代に入り短い再結成期間はあったものの、2012年作『Viljans Oga』まで長い沈黙を保っていました。新作と共に復活を遂げ、プログレッシブ・ロック・シーンに返り咲いた彼らは2013年、THE CRIMSON PROJEKCTと共に待望の来日公演(川崎Club Citta’)を行い、ライブ・アルバム『Prog Pa Svenska – Live In Japan』をリリースしました。ボーナス・トラックとして、リハーサル音源も収録されています。

Pekka Pohjola / Live In Japan (Finland / 1995)

試聴 Click!

フィンランドを代表するプログレッシブ・ロック・グループであるWIGWAMのベーシストとして知られ、その後、同国の国民的な音楽家へと出世を果たしていったPekka Pohjolaは、94年に来日公演を行っています。本作は一部ヘルシンキでの録音も使用しているものの東京公演(府中Flightと南青山Mandala)から過半数の音源が使用されており、Mike OldfieldやPierre Moerlenが参加したことで知られている77年作『The Mathematician’s Air Display』の表題曲なども披露。Pekka Pohjolaは2008年、プログレッシブ・ロック・シーンに数々の傑作を残し、この世を去りました。

SLAPP HAPPY / Live In Japan – May 2000 (Multi-National / 2001)

試聴 Click!

ドイツ人ヴォーカリストDagmar Krause、イギリス人キーボーディストAnthony Moore、アメリカ人ギタリストPeter Blegvadの3人によって72年に結成されたアヴァンギャルド・ポップ・グループSLAPP HAPPYは、ドイツのクラウト・ロック・グループFAUSTの協力を仰いだ72年作『Sort Of』などで知られてきましたが、2000年に初来日公演(吉祥寺Star Pine’s Cafeなど)を果たしています。オリジナル・メンバーで紡ぎ出される楽曲の数々は穏やかな印象であり、74年作『Casablanca Moon』収録の「Haiku」における松尾芭蕉の句が詠まれるパフォーマンスなど、来日公演ならではのサプライズも心憎い内容となっています。

HOLDING PATTERN / Breaking The Silence (USA / 2007)

試聴 Click!

※本作はライブ・アルバムではなく、スタジオ・アルバムです。

ギタリストTony Spadaを中心に結成され、81年に『Holding Pattern』でデビューを飾ったアメリカのプログレッシブ・ロック・グループHOLDING PATTERNは2007年、Paul Whiteheadのアートワークを採用した『Breaking The Silence』をリリースしました。本作自体はスタジオ・アルバムですが、ボーナス・トラックとして『Holding Pattern』収録のメロディアスな楽曲「Honor Before Glory」がライブ音源で収められています。これは、2005年の来日公演(吉祥寺Silver Elephant)でレコーディングされたものです。

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』第48回 ONE SHOT / Live In Tokyo (France / 2011)を読む

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • HOLDING PATTERN / BREAKING THE SILENCE

    07年復活作、圧倒的なほどにメロディアスな米シンフォの名作、これはオススメ!

    81年の名作で知られるアメリカのシンフォ・グループ。07年の復活作。1曲目を聴いて胸躍らない70sシンフォ・ファンは居ないと断言できますトニー・バンクスを彷彿とさせるファンタスティックなキーボードに導かれ、温かみ溢れるトーンのギターが叙情性溢れるメロディを奏でる。そして、ここぞのツイン・ギターとドラマティックな変拍子。あまりの素晴らしさに終始ニンマリな超一級のアンサンブルを聴かせてくれています。81年作と同じくオール・インストですが、これほどメロディに力があると何ら物足りなさはありません。圧倒的なほどに演奏にはエネルギーが溢れています。70年代の作品と言われても分からない、70年代プログレへの愛情に溢れた柔らかいサウンド・プロダクションも秀逸。シンフォ・ファンは必聴の名作。

  • ANGLAGARD / PROG PA SVENSKA

    北欧シンフォ新鋭の雄、アングラガルドの2013年クラブチッタでの来日ライヴ盤!

    2013年3月のクラブチッタでのライヴを収めた2枚組ライヴ盤。収録曲は、1.「Introvertus Fugu Part 1」、2.「Hostsejd」 from 2nd『Epilog』、3. 「Langtans Klocka」 from 3rd『Viljans Oga』、4. 「Jordrok」 from 1st『Hybris』 5. 「Sorgmantel」 from 3rd『Viljans Oga』、6. 「Kung Bore」 from 1st『Hybris』で、ボーナス・トラックとして、3月17日のライヴ前のサウンドチェック時の音源「Sista Somrar」 from 2nd『Epilog』を収録。これがライヴ音源であることを忘れてしまうほどに緻密かつ静謐なパート、そして、ライヴならではのダイナミズムで聴き手を飲み込むメロトロンが幽玄に鳴り響く荘厳かつヘヴィなパート。分離の良いクリアな音質で、ライヴ盤としても、新録のベストとしても楽しめるファンは文句なしに買いの名ライヴ盤です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。