プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「お月見アルバム」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。

9月に入り、段々と秋らしくなってまいりました。

ここ埼玉の北部、寄居では、夜になると鈴虫などの鳴き声があちこちから聴こえてきます。夏の蝉並みに、虫たちがリンリンと大合唱しています。

さて秋と言えば、お月見ですね。今年の中秋の名月は9月24日だそうですので、それに備えて今週は「お月見アルバム」というテーマでfacebookに投稿してまいりました。

ぜひご覧ください。

Facebook

9月10日(月):NEIL YOUNG / HARVEST MOON

まず最初にご紹介するのは中秋の名月(=Harvest Moon)をタイトルに冠したニール・ヤングの92年作、『ハーヴェスト・ムーン』です。

題名からも分かる通り、彼の代表作である72年の名盤『ハーヴェスト』の続編となる本作。

90年代前後のクレイジー・ホース名義で聴けるキレッキレのエレキギターは鳴りを潜めているものの、繊細なアコギと憂いのある歌声によって紡がれる哀愁あふれるナンバーの数々は70年代と全く変わらぬ素晴らしさ。

特にこの表題曲「Harvest Moon」が良いんですよ・・・こんなバラードを聴きながら秋の美しい月を見上げたら、若かりし頃、過去の恋人との日々を思い出してセンチメンタルな気分になってしまうこと間違いなしです(!?)。(増田)

試聴 Click!

9月11日(火):KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLD / SHOOTING AT THE MOON

今日取り上げるのは、ケヴィン・エアーズの70年作『月に撃つ』です。

「ケヴィン・エアーズ&ザ・ホール・ワールド」としてリリースされた今作。

アヴァンギャルドな志向を持ったメンバーの演奏と、ケヴィン・エアーズの捉えどころの無い魅力的なテナー・ボイスが合わさって、時にフリーキーに、時にフォーキーに、絶妙なバランスで展開していきます。

ブリジット・セント・ジョンが参加して、ウララ~♪とコーラスする「カキとトビウオ」も、のどかでたまらなく良い曲。

聴き惚れていると知らぬ間に月に連れていかれそうな、不思議なムードを持った作品です。(みなと)

試聴 Click!

試聴 Click!

9月12日(水):KAREN BETH / NEW MOON RISING

今日はアメリカのSSW、カレン・ベスの75年作『NEW MOON RISING』です。

木管楽器のような軽やかなボーカルと、熟練ミュージシャンによる味わい深い演奏が本当に素晴らしい作品です。

ニューヨーク出身のカレン・ベスは、60年代中頃からグリニッジ・ヴィレッジのフォーク・シーンで活動していました。

1st、2ndではアシッド・フォーク寄りの繊細な作風でしたが、3rdの今作ではジョン・サイモンにプロデュースを依頼し、ウッドストックのベアズヴィル・スタジオで録音。

ハーヴェイ・ブルックスやビル・キース、ジョン・ホール、ジョン・ハートフォード等といったウッドストック系のベテラン達がバックを固め、カレンのアコースティック・ギターを軸にした、豊穣で味わい深いサウンドとなっています。

聴くと自然と心が弾むようなメロディも抜群で、何度聴いても、その度毎に「いいなあ」と思える作品です。

ロングヘアをバッサリ切って佇む、月をモチーフにしたジャケットも素敵です。(みなと)

試聴 Click!

9月13日(木):COLD SUN / DARK SHADOWS

本日ご紹介するのは隠れたUSサイケの傑作、COLD SUNによる70年唯一作『DARK SHADOWS』です。

満月をあしらったインパクト大のジャケも格好いいですが、中身もジャケに劣らず幻想性たっぷり。

ゆらりゆらりと鳴らされるファズ・ギター、メルヘンチックでいてどこか不安定なハーモニーを奏でるオートハープ、歌心あふれるドリーミーなヴォーカル。

霞がかったようなサウンドがメロウで心地よくも、どこか仄暗い怪しさも湛えていて、まさにちょっぴり不思議なことが起こりそうな満月の夜を彷彿とさせます。

余談ですがマイケル・ジャクソンの「This Is It」が発売された際このCOLD SUNのジャケが思い浮かんだのですが、よくよく見たらあまり似ていませんでした・・・。(増田)

試聴 Click!

9月14日(金):ANYONE’S DAUGHTER / ANYONE’S DAUGHTER

ラストの一枚は、ドイツのシンフォニック・ロック・グループANYONE’S DAUGHTERの80年作2nd『Anyone’s Daughter』です!

巨大な満月(?)が物憂げな女性の姿を照らすファンタジックなジャケットがとても素敵ですよね。(どう見てもロジャー・ディーンなバンドロゴはご愛嬌^^;)

内容もまさにジャケット通りと言えるもので、タイトに引き締まったリズムに乗って、きらびやかなシンセサイザー、テクニカルに疾走するギター、そして口ずさみたくなるキャッチーなメロディーがファンタスティックに躍動する、CAMELタイプの幻想的でメロディアスなサウンドを楽しませてくれます。

美しいシンセサイザーの音色が彩るこの2曲目のバラードなんてため息が出るほどロマンティックで、ジャケットの世界観と完全に一致。

個人的に人生の10枚に入る名品です(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

NEIL YOUNGの在庫

  • NEIL YOUNG / GREENDALE(映像)

    ニール・ヤング本人の監督による、03年作『GREENDALE』の映画化作品、04年リリース

  • NEIL YOUNG / FORK IN THE ROAD

    09年作

  • NEIL YOUNG / TIMES

    20年リリースのEP、全7曲

  • NEIL YOUNG / SHAKESPEARE

    71年1月22日、コネチカット州ストラトフォードのシェイクスピア・シアターでのライヴ、全12曲、21年リリース

  • NEIL YOUNG / AFTER THE GOLD RUSH

    70年の3rdソロ、ニール・ヤングを代表する作品であり、米SSWアルバムの大傑作

    CSN&Y『デジャ・ヴ』と同年の70年にリリースされた3rdソロ。いきなりニールのアコースティック・サイドを代表する名曲「Tell Me Why」で幕開け。ニールらしいアタック感のあるアコギ・バッキングと、対照的に憂いに溢れたメロディが胸に迫ります。リリカルなピアノをバックに切々と歌われる2曲目のタイトル・トラック、CSN&Yを思わせるハーモニーが美しい3曲目、スティーヴン・スティルスとの火を吹くギターバトルに痺れるエレクトリック・サイドを代表する名曲である4曲目「Southern Man」と畳みかけます。最後にうららかな小曲でしめるA面はニールの数ある名作中でも屈指の素晴らしさ。B面も格調高くも憂いに溢れた佳曲ぞろい。次の作品『ハーヴェスト』と並び、ニール・ヤングの代表作であり、70s米ロック屈指の傑作です。

  • NEIL YOUNG / HARVEST

    北米SSWを代表する歴史的傑作、72年作

    72年作の4th。全米No1ヒットの「Heart Of Gold」を含む代表作と評される一枚。都会的な憂いに満ちたメロウな前作に比べ、広大な大地をそこに差し込む陽光が目に浮かぶリリカルなナンバーが印象的。ペダル・スティールが枯れた哀愁を奏でます。「Heart Of Gold」には、ジェイムス・テイラーやリンダ・ロンシュタットが参加。他にCS&Nも数曲に参加しています。米ロック史上に残る傑作。

  • NEIL YOUNG / TONIGHT’S THE NIGHT

    75年作、沈鬱な雰囲気の中にもニールらしいリリシズムが溢れる佳曲揃いの名作

    75年作。ドラッグの過剰摂取で死去した元クレイジー・ホースのダニー・ウィットンに捧げられた追悼作。メンバー全員がアルコールでベロベロに泥酔した状態で一発録りされた作品。全体的に沈鬱な雰囲気に包まれていますが、メロディや歌声にはニールらしいリリシズムが溢れています。個人的には『After The Gold Rush』に通じる雰囲気を持っている印象で、メロウな佳曲揃い。特に2曲目「Speakin Out」は出色で、ニルス・ロフグレンの繊細さが光るメロディアスなギター・ソロは白眉。味わい深く奥行き豊かな楽曲がそろった一生ものと言える名作。

  • NEIL YOUNG / DECADE

    77年リリース、35曲収録ベスト。

  • NEIL YOUNG / LIVE RUST

    79年リリースのライヴ作

「NEIL YOUNGの在庫」をもっと見る

KEVIN AYERSの在庫

  • KEVIN AYERS / JOY OF A TOY

    持ち前のストレンジな感性が全開!記念すべきソロデビュー作、69年発表

    ソフト・マシーンを脱退後、69年にリリースした1stソロ。全曲でドラムを叩いているのは、ワイアット。ラトリッジ、ヒュー・ホッパーも参加しています。「永遠のボヘミアン」ケヴィン節全開で、全編に流れる緩やかなムードと一つ所に収まらないユーモア感覚溢れるアレンジがたいへん心地良い作品。優しくささやくようなテナーボイスもたまりません。代表曲「LADY RACHEL」収録の名作。

  • KEVIN AYERS / SINGING THE BRUISE

    70-72年のBBC音源、全12曲

  • KEVIN AYERS / BANANAMOUR

    73年作

    73年発表の4thアルバム。「BANANA FOLLIES」というミュージカル用に書かれた作品を収録した作品。ワイアット、ラトリッジも参加。

  • KEVIN AYERS / SWEET DECEIVER

    エルトン・ジョンがゲスト参加した75年作

    ジョン・ケイルやイーノらとの「JUNE 1 1973」を挟み、前作にも参加したオリー・ハルソールを共同プロデューサーに迎えて制作された6作目。75年作。ロック、バラードからボサノヴァ、トロピカルな曲まで、シンガー・ソングライターとしてのケヴィンの魅力に溢れるポップな一枚。エルトン・ジョンがゲスト参加。

  • KEVIN AYERS / BBC RADIO 1 LIVE IN CONCERT

    72年のBBC音源、全9曲

  • KEVIN AYERS / BANANA PRODUCTIONS: BEST OF

    69-78年期のベスト、全19曲

「KEVIN AYERSの在庫」をもっと見る

ANYONE’S DAUGHTERの在庫

  • ANYONE’S DAUGHTER / WRONG

    ジャーマン・シンフォの名バンド、再編後の04年作、黒人ヴォーカリストを迎えたソウルフルかつメロディアスな力作

  • ANYONE’S DAUGHTER / ADONIS

    叙情派ジャーマン・シンフォの最高峰、79年の傑作デビュー作

    プログレッシブ・ロックが衰退し死滅しかけていた79年に彗星のごとくデビューを果たし、甘く深みを持ったファンタジックなサウンドとジェントルな歌声、そしてジャーマン・シンフォニック・ロックらしいロマンを兼ね備えたドイツを代表するシンフォニック・ロックバンドの作品。79年デビュー作である本作は、20分を超える大曲を備えANYONE’S DAUGHTERの売りであるメロディアスな甘みのあるサウンドと、タイトなリズム隊でシンフォニックに盛り上げる名盤であり、CAMELばりのまろやかさと、ドイツというお国柄の成せる叙情が素晴らしい大傑作となっています。

    • SPV79082CDSPV

      ドイツBRAIN盤のジャケット仕様、77年のライヴ音源(20分近く)をボーナス・トラックとして加え、さらに78年のライヴ映像を収録したエンハンスドCD仕様、プラケース仕様

    • MAR101737

      スリップケース・ポスター付き仕様、エンハンスドCD仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価3000円

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      スリップケース・ポスターなし、帯に折れあり

    • SPV79082CDSPV

      ドイツBRAIN盤のジャケット仕様、77年のライヴ音源(20分近く)をボーナス・トラックとして加え、さらに78年のライヴ映像を収録したエンハンスドCD仕様、プラケース仕様

      盤質:傷あり

      状態:良好

  • ANYONE’S DAUGHTER / ANYONE’S DAUGHTER

    叙情派ジャーマン・シンフォの名グループ、キャッチーかつ優美なメロディーメイクが光る80年リリース2nd

    72年にシュトゥットガルトで結成されたジャーマン・シンフォ・グループ。79年のデビュー作に続く、80年作2nd。幻想的に鳴り響くムーグ・シンセやハモンド・オルガン、泣きまくるハード&メロウなギター、ゴリゴリとよく動くベースとタイトなドラムによる安定感あるリズム隊、そして、叙情みなぎるメロディと豊かなハーモニー。ジェネシスとキャメルからの影響たっぷりなキーボードとリズム隊を軸に、ハード・ロック的なエッジと劇的さのあるギターが織りなす、鉄壁と言える泣きのシンフォニック・ロックが印象的です。それにしても、アンサンブルと歌メロからこれでもかと滴り落ちるリリシズムは圧巻。ユーロ・ロック屈指の名盤です。

  • ANYONE’S DAUGHTER / PIKTOR’S VERWANDLUNGEN

    81年作、ヘッセの短編をテーマに綴られるリリシズムとロマンティシズム溢れるジャーマン・シンフォ、文句なしの傑作です!

    プログレッシブ・ロックが衰退し死滅しかけていた79年に彗星のごとくデビューを果たし、甘く深みを持ったファンタジックなサウンドとジェントルな歌声、そしてジャーマン・シンフォニック・ロックらしいロマンを兼ね備えたドイツを代表するシンフォニック・ロックバンド。81年作の3rd。ヘルマン・ヘッセの小説「ピクトルの変身」をコンセプトに製作された本作は、演奏終了後に聴衆の歓声が聴こえるまでライブ盤とは気付かないほどのクオリティーを持った名演であり、甘いキーボードをバックにヘルマン・ヘッセの作品が朗読され、耳によく馴染むフレーズ、シンフォニックな楽曲群で叙情的に盛り上げていきます。同じく小説をコンセプトにしたという意味においてはCAMELの「Snow Goose」に勝るとも劣らない名盤と言えるでしょう。

  • ANYONE’S DAUGHTER / IN BLAU

    ロマンティックなジャーマン・プログレ・グループ、アコースティカルで幻想的、落ち着いた作風の82年作

  • ANYONE’S DAUGHTER / NEUE STERNE

    ジャーマン・シンフォの好バンド、ポップでメロディアスな作風の83年5th

    79年のデビュー作以来、リリカルでファンタスティックなメロディーラインと躍動感溢れる演奏で数々の名盤を生み出したジャーマン・シンフォ・バンド、83年作のスタジオラスト作となった5th。キャメルやジェネシスを受け継ぐ叙情性はそのままに、キーボードのトーンがきらびやかになり、全体にヌケが良くポップになった印象。歯切れ良くキャッチーな演奏と持ち前の卓越したメロディーセンスが存分に発揮されたプログレ・ハードの逸品です。

「ANYONE’S DAUGHTERの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。