プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

9月8日、80枚の中古CDが入荷いたしました!レ・オルメ『FELONA E SORONA 2016』、ロジャー・ウォーターズ17年作『IS THIS THE LIFE WE REALLY WANT?』をピックアップ☆

本日、80枚の中古CDをサイトにアップいたしました!枚数は少なめですがそこはカケレコ、充実の内容となっております♪
その中からこちらの2枚をピックアップ!

LE ORME/FELONA E SORONA 2016

イタリアン・ロックを代表する名作『フェローナとソローナ』の2016年リメイク!?いや~、そのままにしておいた方が良いよ~、と思いきや!明瞭&ダイナミックなサウンドにドラマ性が増していて感動・・・。

試聴 Click!


ROGER WATERS / IS THIS THE LIFE WE REALLY WANT?

ご存知偉大なる思想家にしてコンセプトメーカーである彼が、ツアーに合わせる形でリリースした17年作。
御年74歳ながら、相変わらずの社会に対する粛々とした怒りとシニカルな眼差しは健在。それにしてもタイトルが刺さりますね…。

試聴 Click!

彼については、フロイドでは断然ロジャー派という市川哲史氏がコラムで取り上げていますので、どうぞお楽しみください☆


「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」第四回 これは我々が本当に望んだロジャー・ウォーターズなのか? -二つのピンク・フロイド、その後【前篇】ー  文・市川哲史

【関連記事】

「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」第四回 これは我々が本当に望んだロジャー・ウォーターズなのか? -二つのピンク・フロイド、その後【前篇】ー 文・市川哲史

昨年末、話題のプログレ本『どうしてプログレを好きになってしまったんだろう』を出版した、あの市川哲史氏がカケレコでコラムを執筆!その名も「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」!!


どうぞ引き続き世界のロック探求をお楽しみください☆

中古CD新入荷リストへGo!

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

関連CD在庫

LE ORMEの在庫

  • LE ORME / L’AURORA

    ビート・バンドとして活躍していた60年代後半の音源をまとめた70年作2nd

    70年代に伊プログレの名作を次々と発表する名グループ。ビート・バンドとして活躍していた60年代後半のシングル音源をまとめたのが、本作2ndアルバム。オルガンやハープシコードを中心とする哀愁溢れるアンサンブル、そしてイタリアらしく胸を締め付けるような詩情豊かなヴォーカル・メロディ。どの曲もフックに富んだ佳曲揃いです。

  • LE ORME / COLLAGE

    イタリアのELPとも形容されるキーボード・プログレ・トリオ、71年3rd

    結成は67年までさかのぼり、ビート・ロックグループとしてデビュー後、時代の流れに対応してプログレッシブな音楽性へと変化。以降、EL&P系のキーボード・ロックバンドとして知名度を上げ、活動を続けるグループの71年3rd。フィリップスからリリースされたプログレッシブ・ロックバンドとしての彼らのスタート作であり、彼らの個性である冷ややかなオルガン・ロックをメインに収録していますが、一般的なキーボード・ロックグループのような超絶技巧で聴かせるパートはほとんどなく、クラシカルなモチーフを取り入れたセクションと、Aldo Tagliapietraによるイタリア叙情を強く感じさせるボーカルパートのコントラストで聴かせる作品となっています。

  • LE ORME / UOMO DI PEZZA

    イタリアのELPとも形容されるキーボード・プログレ・トリオ、72年作4th

    結成は67年までさかのぼり、ビート・ロックグループとしてデビュー後、時代の流れに対応してプログレッシブな音楽性へと変化。以降、EL&P系のキーボード・ロックバンドとして知名度を上げ、活動を続けるグループの72年4th。バッハの「シャコンヌ」からほの暗い幕開けが印象的な本作は、各種キーボードで埋められたイタリアンシンフォニック・ロックの典型と呼べる作風であり、前作以上にパワフルなキーボード・ロックと、Aldo Tagliapietraによる垢抜けない中にも叙情を感じさせるボーカルパートの対比が明確なコントラストを描いた傑作です。

  • LE ORME / FELONA E SORONA

    73年5th、イタリアン・シンフォニック・ロック屈指の名盤!

    結成は67年までさかのぼり、ビート・ロックグループとしてデビュー後、時代の流れに対応してプログレッシブな音楽性へと変化。以降、EL&P系のキーボード・ロックバンドとして知名度を上げ、活動を続けるグループの73年5th。イタリアンシンフォニック・ロックの名盤として有名な作品であり、「フェローナとソローナ」をテーマにした、組曲形式で聴かせるコンセプトアルバムとなっています。全編で溢れるイタリア然とした叙情とメランコリックな肌触りは特筆すべきものであり、オルガンを中心にした攻撃性のあるキーボード・ロックとAldo Tagliapietraの儚げなボーカル曲との対比がやはり素晴らしく、ジャケットのような気品漂うサウンドを作り上げています。

  • LE ORME / CLASSICORME

    イタリアン・ロックの代表的グループ、弦楽アンサンブルと共演、バンド過去曲のアレンジやクラシック古典楽曲などから構成される17年作

    イタリアン・ロックの代表的グループとして知られる彼らの17年作。今作は弦楽アンサンブルと共演、バンド過去曲のアレンジやクラシック古典楽曲などから構成される、P.F.Mの13年作『DA MOZART A CELEBRATION』と同様のアプローチで聴かせる作品となっています。組曲に仕立てられた72年作『UOMO DI PEZZA』のナンバーを中心とする過去の名曲に加え、新曲、バッハやヴェルディなど古典クラシックも演奏。元々クラシカルな魅力に溢れるレ・オルメのナンバーが、格調高い弦楽の調べを得て一層ドラマチックさを増していて素晴らしいです。注目は1曲のみながら参加するSAGRADOのヴァイオリニストMarcus Viana。天を駆けるような美麗なプレイは一聴して彼とわかります。企画盤的作品ではあるものの、鮮やかによみがえった過去曲の数々に改めてレ・オルメの楽曲の持つ美しさを実感できる、充実度の高い一枚に仕上がっています。

「LE ORMEの在庫」をもっと見る

ROGER WATERSの在庫

  • ROGER WATERS / IN THE FLESH – LIVE(DVD)

    00年ツアーの映像を収録、フロイド・ナンバーも多数披露!

  • ROGER WATERS / RADIO K.A.O.S

    87年ソロ第2作、刺激的なサラウンド・ドキュメント

    87年作品。ソロ第二弾となる今作はLAの架空ラジオ局”K.A.O.S”を舞台に描かれる現代社会への警鐘がテーマ。主人公のビリーは身体障害者だが、肉体が電波と交信可能という超能力を持つことを知り、ラジオのDJのジムとともに、電波を支配してマインドコントロールしようとする権力と戦い、核戦争をシュミレートして、核の廃絶をも実行しようとする。文学的かつ痛烈な世相批判の言葉がちりばめられ、非常にシニカルではあるが「ザ・ウォール」と同じようなコンセプトを持つ壮大なストーリーが繰り広げられ、1冊の本のような印象を受ける大作。

    • MHCP692

      廃盤、紙ジャケット仕様、1987年オリジナル・マスター音源、「ポスター・オリジナルLPレーベル面レプリカ2枚」付き仕様、 定価1890

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

      情報シール付き、盤無音部に傷あり、紙ジャケに圧痕あり

  • ROGER WATERS / AMUSED TO DEATH

    ジェフ・ベックが参加した92年発表のコンセプト作

「ROGER WATERSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。