プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

名盤誕生日!『CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL / COSMO’S FACTORY』

こんにちは、スタッフ佐藤です。

誕生日を迎えるロック名盤を取り上げてご紹介していく「名盤誕生日」。

7月16日はCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)による名盤『COSMO’S FACTORY(コスモズ・ファクトリー)』の誕生日です。

CCRは、アメリカ西海岸のサンフランシスコで67年に結成されたロック・グループ。
67年から72年のわずか5年間で活動を終えたグループですが、その間アメリカ国内で絶大な支持を集めました。

キャリアを通じて彼らの音楽性の特徴と言えたのが、西海岸出身バンドながらも、カントリー、ブルース、ヒルビリーなど南部的なサウンドを大きく取り入れた泥臭く骨太なロック・サウンド。

デビューした68年のサンフランシスコは、ヒッピー・カルチャーの中心地としてサイケデリック・ムーブメントが最盛期を迎えており、グレイトフル・デッドやジェファーソン・エアプレインといったバンドが熱狂的な人気を博していた時期です。

そんなサイケデリック・ロックが主流だったシスコシーンに登場した当時のCCRは、南部的泥臭さとサイケデリック色が共存するスタイルを持ち、デビュー・シングル「スージーQ」は大ヒットを記録。一躍シスコシーンの代表格バンドへと躍り出ます。

しかし作品を出すごとに南部ロックを志向したサウンドの比率が強まっていき、最終的には南部出身ミュージシャンも顔負けのアーシーなロック・サウンドを完成させます。
シスコ出身バンドとしては異色の存在と言われますが、以降もシングルヒットを連発、解散まで相変わらずの高い人気を誇りました。


さて、本作『COSMO’S FACTORY』は、そんなCCRが1970年に発表した5作目のアルバム。
最高傑作と評されることも多い一枚で、南部音楽への憧れを反映させてきたCCRサウンドの完成形を楽しめる作品となっているんです。

数曲をご紹介してまいりましょう!

Ramble Tamble

冒頭から7分を超える長尺ナンバーが炸裂。カントリー・フレイヴァーたっぷりの演奏にジョン・フォガティの吠えるような野性味あるヴォーカルが映える前半、そしておよそ4分続く中間部の緊張感あるインストパート、最後は再びカントリータッチでスピーディーに駆け抜けていく、見事な構成で聴かせる名曲です。この曲を聴くだけで彼らの特異性が伝わってきますよね。

試聴 Click!

Run Through The Jungle

彼らの真髄と言える濃厚な南部志向のサウンドが味わえるのがこの曲。
グルーヴィーな演奏と歌声に、フォガティによる極上のブルースハープもフィーチャーされます。
タイトル通り、高温多湿のジャングルを汗を滴らせて走り抜けるイメージが浮かんでくるようです。

試聴 Click!

Who’ll Stop The Rain

ここまでのコクたっぷりのアーシーなサウンドから一転、ここでは爽やかなフォーク・ロックで涼風を運びます。
こういう曲を聴くと、彼らが西海岸出身バンドであることを思い出します。

試聴 Click!

I Heard It Through The Grapevine

グラディス・ナイト&ザ・ピップスが67年に発表した曲のカバーで、邦題は「悲しいうわさ」。マーヴィン・ゲイのバージョンも知られますね。
3分弱の原曲をなんと11分にも拡大しているのですが、ヴォーカルパートは原曲通りほぼ3分で、残りはフォガティ渾身のギタープレイが8分にわたって繰り広げられます。完全に自分たちの楽曲として作り上げてしまってますよね。

試聴 Click!


CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (CCR)の在庫

  • CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (CCR) / WILLY AND THE POOR BOYS

    西海岸シスコ出身ながら南部音楽を真摯に志向した名バンド、架空のバンドに扮した69年のコンセプト・アルバム

    架空のバンド、「WILLY AND THE POOR BOYS」を演じた彼らが、米国南部音楽を真摯に志向した、C.C.R.のピュアな立脚点が改めて光る名盤(69年作)です。前作『GREEN RIVER』、次作『COSMOS FACTORY』という、ヒット・ポテンシャルの高いアルバムに挟まれた形になる今作ですが、前半後半にそれぞれREADBELLYの曲をカヴァーしていたり、綿花プランテーションでの生活を歌った「POORBOY SHUFFLE」、サン・レコードのロカビリー風な「DON’T LOOK NOW」等、南部音楽にその夢を見続けた彼らの非南部人による、C.C.R.最初で最後のコンセプチュアル・アルバムとも言えるでしょう。

  • CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (CCR) / COSMO’S FACTORY

    西海岸シスコ出身ながらサザン・ロック的なアプローチを持ち味とした名バンド、70年作

  • CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (CCR) / COLLECTED

    全50曲収録

「CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (CCR)の在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。