プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

SATIN WHALEの2ndやKIN PING MEHデビュー作など、ECLIPSEレーベルよりジャーマン・プログレ/ハードが一挙リイシュー!

ECLIPSEというレーベルより70年代のジャーマン・プログレ/ハードの作品が一挙リイシューされたのでピックアップいたしましょう。

どの作品もブリティッシュ・ロックからの影響が強くて、VERTIGOやHARVESTあたりからリリースされてもおかしくない感じ。

ブリティッシュ・ロックのファンは要チェックです。試聴是非!

SATIN WHALE/LOST MANKIND

クレシダとバークレイ・ジェームス・ハーヴェストを足してニで割ったようなサウンドは実に哀愁たっぷりでドラマティック。

ドイツ西部はケルンにて71年に結成、ギター兼サックス/フルート奏者とKey奏者を擁する4人組。75年作の2ndアルバム。

試聴 Click!

KIN PING MEH/KIN PING MEH

70年にドイツ南西部にある都市マンハイムで結成されたジャーマン・ハード・バンド。71年のデビュー作。

ブルージー&メロウかつサイケデリックな陶酔感も併せ持つギター、淡いトーンで陰影たっぷりに鳴るハモンド・オルガンを中心とするオルガン・ハード・サウンドは、ユーライア・ヒープやスプーキー・トゥースあたりのファンにはたまらないはず。

ジャーマン・ハード屈指の名作です。

試聴 Click!

TOMORROW’S GIFT/TOMORROWS GIFT

女性ヴォーカル、フルート奏者を要するジャーマン・ロック・バンド。オリジナルは2枚組でリリースされた70年のデビュー作。

ギター、オルガン、唾飛ばしフルートが渾然一体となって狂おしく畳み掛けるアンサンブルの熱気の凄まじいこと!一歩も引かない女性ヴォーカルも圧巻だし、このバンド、ずばりアフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

試聴 Click!

GILA/GILA

3rd『ホシアナ・マントラ』よりポポル・ヴーに加入して活躍するギタリストConny Veitが率いるジャーマン・ロック・バンド。71年のデビュー作。

ジミヘンやペイジからの影響を軸に陶酔のフレーズへと昇華させたギターが実にカッコよし。

サイケだけど混沌とした感じはなく、非常に尖った音は、70年代初期の音とは思えないほどオルタナティブ。踊れるサイケ・ハード!

さすがドイツと唸る傑作です。

試聴 Click!

TWENTY SIXTY SIX & THEN/REFLECTIONS !

ディープ・パープル、ヴァニラ・ファッジ、アイアン・バタフライ、ナイス、ジェスロ・タルを詰め込んだ感じ!?

英国人ヴォーカリストのソウルフルな歌もカッコ良いし、こりゃジャーマン・プログレ/ハード屈指の名盤。

試聴 Click!

IKARUS/IKARUS

クレシダやスティル・ライフなどヴァーティゴ系のオルガン・ロックをベースに、ソフツやカーンあたりのカンタベリーのエッセンスをまぶした感じ。

サックス&フルート奏者在籍のジャーマン・ロック・バンド、71年の唯一作。

試聴 Click!

GURU GURU/KAN-GURU

Uli Trepte最後の参加作となった72年作3rd。

トロ~ンとしたギターの音色に顕著な、沈み込むような、浮かび上がるような、奇妙な酩酊感に身を翻弄されるジャーマン・サイケの真髄極まる傑作!

試聴 Click!

関連カテゴリー

ECLIPSEレーベル発のジャーマン・プログレ/ハードのリイシュー盤

  • TWENTY SIXTY SIX & THEN / REFLECTIONS !

    実力者揃いのジャーマン・プログレ・ハード・グループ、72年唯一作

    英国人ヴォーカリストのGeff Harrison、KIN PING MEHでも活躍するギタリストGagey Mrozekを中心に、ツイン・キーボード編成で結成されたジャーマン・プログレ・ハード・バンド。72年の唯一作。レーベル・インフォには、ディープ・パープル、ヴァニラ・ファッジ、アイアン・バタフライ、ナイス、ジェスロ・タルを詰め込んだ感じ、と書いてありますが、なるほどその通り。シャープ&スピーディーに連打するアグレッシヴなドラム、エッジの立った太くゴリっとしたトーンでリズムを刻むギター、ワイルドに鳴り響くオルガン、幻想的なメロトロン、そして、淡くむせび泣くフルート。英国人ヴォーカリストのソウルフルなヴォーカルもカッコ良すぎ!引きずるようなヘヴィなパートから、オルガンが流麗なフレーズで疾走するクラシカルなパートへのスイッチなど、テクニック&アレンジも見事です。これはジャーマン・プログレ/ハード屈指の名盤といえるでしょう。おすすめです!

  • IKARUS / IKARUS

    ジャーマン・プログレ、CRESSIDAなどの英国オルガン・ロックやCARAVAN/SOFT MACHINEなどカンタベリー系に通じるサウンド、71年作唯一作

    サックス&フルート奏者在籍のジャーマン・ロック・バンド、71年の唯一作。手数多く走るドラムとよく動くベースによる安定感あるリズム隊を土台に、ブルージー&ハードで引きずるようなギター・リフ、淡くむせぶハモンド・オルガンを中心として、時に叙情的に、時に熱気ムンムンに畳み掛けるアンサンブルは、クレシダやスティル・ライフなどヴァーティゴ系のオルガン・ロックに通じる質感が印象的です。フルートやサックスがリード楽器としてフィーチャーされているのも特筆で、ジャズのエッセンスが感じられ、初期ソフト・マシーンやカーンのようなカンタベリーな味わいすら感じます。4曲の大曲主義で駆け抜ける構成も実に巧み。これはブリティッシュ・ロック・ファンにもたまらない名作です。

  • KIN PING MEH / KIN PING MEH

    ブリティッシュ・ロックからの影響が強いジャーマン・ハード・グループ、71年デビュー作

    70年にドイツ南西部にある都市マンハイムで結成されたジャーマン・ハード・バンド。71年のデビュー作。ブルージー&メロウかつサイケデリックな陶酔感も併せ持つギター、淡いトーンで陰影たっぷりに鳴るハモンド・オルガンを中心とするオルガン・ハードが持ち味。気だるさとソウルフルさのバランスが絶妙な男性ヴォーカル(英詩)も魅力的だし、ここぞで手数多くアグレッシヴに走るリズム隊も強力だし、ユーライア・ヒープやスプーキー・トゥースや初期ディープ・パープルなどのアート・ロックのファンはたまらないでしょう。ジャーマン・ハード屈指の名作です。

  • GILA / GILA

    後にPOPOL VUHで活躍するギタリストConny Veit率いるジャーマン・ロック・バンド、71年発表の傑作

    3rd『ホシアナ・マントラ』よりポポル・ヴーに加入して活躍するギタリストConny Veitが率いるジャーマン・ロック・バンド。71年のデビュー作。グルーヴ感のあるリズム、明瞭なトーンで空間を広げるハモンド・オルガン、ジミ・ヘンドリックスやジミー・ペイジからの影響を軸に陶酔のフレーズへと昇華させたエレクトリック・ギター。サイケデリックながら混沌とした感じはなく、非常に尖った「踊れる」サイケ・ハード・サウンドが印象的です。初期ピンク・フロイド的な瞑想ロックもクールだし、70年代初期のサウンドとは思えないほどオルタナティブ。これは傑作です。

  • TOMORROW’S GIFT / TOMORROWS GIFT

    ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作と言える70年デビュー作、アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

    女性ヴォーカル、フルート奏者を要するジャーマン・ロック・バンド。オリジナルは2枚組でリリースされた70年のデビュー作。オープニングの「Riddle In A Swamp」から痺れまくり!アグレッシヴに疾走するキレ味抜群のリズム隊、叩きつけるように鳴らされるリズムと「狂おしい」というキーワードぴったりに弾きまくられるリードともにまるでパンクのように初期衝動のエネルギーがつまったエレキ・ギター、宗教的な荘厳さとともにそそり立つオルガン、激しく吹かれるフルート。いやはや凄まじい熱気。アンサンブルに応える女性ヴォーカルも圧巻で、英国アフィニティのリンダ・ホイルを彷彿させます。ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作です。アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

  • SATIN WHALE / LOST MANKIND

    BJHの前座も務めたジャーマン・ハード/プログレ・バンド、75年作

    ドイツ西部はケルンにて71年に結成、ギター兼サックス/フルート奏者とKey奏者を擁する4人組。75年作の2ndアルバム。淡いトーンのハモンド・オルガン、クラシカルなピアノ、中域寄りのトーンの歪みとタメの効いたブルージー&メロウなフーレジングがカッコ良すぎるギターを中心とする、英クレシダを彷彿させる気品あるオルガン・ロックはデビュー作から相変わらず魅力的。憂いたっぷりの男性ヴォーカルと流れるような英詩のメロディも胸に切々と響きます。ギターとハモンドのクラシカルなツイン・リードも実にドラマティック。新機軸として曲によってファンキーなエッセンスが加わっており、軽快に跳ねるドラム、粘着質のワウワウ・ギター、うねるハモンドによるエネルギッシュなパートも聴きどころです。オルガン・プログレとしてマイナーながら優れた逸品。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。