プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

読者が選んだ70年より後のニール・ヤングTOP10ソング -米音楽サイトROLLING STONE発表

米音楽サイトROLLING STONEが、70年代以降にリリースされたニール・ヤングの曲から、読者投票によって選ばれたTOP10を発表しているのでご紹介いたしましょう。

10位:「Ordinary People」 From 『CHROME DREAMS II』(2007)

試聴 Click!

9位:「From Hank to Hendrix」 From 『HARVEST MOON』(1992)

試聴 Click!

8位:「Philadelphia」 From 『PHILADELPHIA(SOUNDTRACK)』(1993)

試聴 Click!

7位:「Change Your Mind」 From 『SLEEPS WITH ANGELS』(1994)

試聴 Click!

6位:「Crime in the City」 From 『FREEDOM』(1989)

試聴 Click!

5位:「Fuckin’ Up」 From 『RAGGED GLORY』(1990)

試聴 Click!

4位:「Unknown Legend」 From 『HARVEST MOON』(1992)

試聴 Click!

3位:「I’m the Ocean」 From 『MIRROR BALL』(1995)

試聴 Click!

2位:「Harvest Moon」 From 『HARVEST MOON』(1992)

試聴 Click!

1位:「Rockin’ in the Free World」 From 『FREEDOM』

試聴 Click!

原文はこちら
http://www.rollingstone.com/music/lists/readers-poll-the-10-best-post-1970s-neil-young-songs-20160309

こちらの記事もぜひ合わせてご覧ください!


ニール・ヤングのアルバム TOP10

【関連記事】

ニール・ヤングのアルバム TOP10

米音楽サイトSTEREOGUMが「ニール・ヤングの楽曲 From Worst To Best」を発表しました。その中から、上位10枚をご紹介いたしましょう。

NEIL YOUNGの在庫

  • NEIL YOUNG / ROAD ROCK V1

    00年リリース、円熟のライヴ作!

  • NEIL YOUNG / GREENDALE(映像)

    ニール・ヤング本人の監督による、03年作『GREENDALE』の映画化作品、04年リリース

  • NEIL YOUNG / FORK IN THE ROAD

    09年作

  • NEIL YOUNG / SHAKESPEARE

    71年1月22日、コネチカット州ストラトフォードのシェイクスピア・シアターでのライヴ、全12曲、21年リリース

  • NEIL YOUNG / AFTER THE GOLD RUSH

    70年の3rdソロ、ニール・ヤングを代表する作品であり、米SSWアルバムの大傑作

    CSN&Y『デジャ・ヴ』と同年の70年にリリースされた3rdソロ。いきなりニールのアコースティック・サイドを代表する名曲「Tell Me Why」で幕開け。ニールらしいアタック感のあるアコギ・バッキングと、対照的に憂いに溢れたメロディが胸に迫ります。リリカルなピアノをバックに切々と歌われる2曲目のタイトル・トラック、CSN&Yを思わせるハーモニーが美しい3曲目、スティーヴン・スティルスとの火を吹くギターバトルに痺れるエレクトリック・サイドを代表する名曲である4曲目「Southern Man」と畳みかけます。最後にうららかな小曲でしめるA面はニールの数ある名作中でも屈指の素晴らしさ。B面も格調高くも憂いに溢れた佳曲ぞろい。次の作品『ハーヴェスト』と並び、ニール・ヤングの代表作であり、70s米ロック屈指の傑作です。

  • NEIL YOUNG / HARVEST

    北米SSWを代表する歴史的傑作、72年作

    72年作の4th。全米No1ヒットの「Heart Of Gold」を含む代表作と評される一枚。都会的な憂いに満ちたメロウな前作に比べ、広大な大地をそこに差し込む陽光が目に浮かぶリリカルなナンバーが印象的。ペダル・スティールが枯れた哀愁を奏でます。「Heart Of Gold」には、ジェイムス・テイラーやリンダ・ロンシュタットが参加。他にCS&Nも数曲に参加しています。米ロック史上に残る傑作。

  • NEIL YOUNG / TONIGHT’S THE NIGHT

    75年作、沈鬱な雰囲気の中にもニールらしいリリシズムが溢れる佳曲揃いの名作

    75年作。ドラッグの過剰摂取で死去した元クレイジー・ホースのダニー・ウィットンに捧げられた追悼作。メンバー全員がアルコールでベロベロに泥酔した状態で一発録りされた作品。全体的に沈鬱な雰囲気に包まれていますが、メロディや歌声にはニールらしいリリシズムが溢れています。個人的には『After The Gold Rush』に通じる雰囲気を持っている印象で、メロウな佳曲揃い。特に2曲目「Speakin Out」は出色で、ニルス・ロフグレンの繊細さが光るメロディアスなギター・ソロは白眉。味わい深く奥行き豊かな楽曲がそろった一生ものと言える名作。

  • NEIL YOUNG / DECADE

    77年リリース、35曲収録ベスト。

  • NEIL YOUNG / LIVE RUST

    79年リリースのライヴ作

「NEIL YOUNGの在庫」をもっと見る

NEIL YOUNG & CRAZY HORSEの在庫

「NEIL YOUNG & CRAZY HORSEの在庫」をもっと見る

NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSEの在庫

「NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。