プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

ニール・ヤングのアルバム TOP10

米音楽サイトSTEREOGUMが「ニール・ヤングの楽曲 From Worst To Best」を発表しました。

その中から、上位10枚をご紹介いたしましょう。

10位:HARVEST MOON

NEIL YOUNG/HARVEST MOON

92年作、リンダ・ロンシュタット/ジェームス・テイラー/ニコレット・ラーソン/ジャック・ニッチェらが参加

試聴 Click!

9位:TIME FADES AWAY

NEIL YOUNG/TIME FADES AWAY

73年作、未発表曲によるライヴ・アルバム

試聴 Click!

8位:COMES A TIME

NEIL YOUNG/COMES A TIME

ニコレット・ラーソンやJ.J.ケイルが参加した78年作

試聴 Click!

7位:HARVEST

NEIL YOUNG/HARVEST

北米SSWを代表する歴史的傑作、72年作

72年作の4th。全米No1ヒットの「Heart Of Gold」を含む代表作と評される一枚。都会的な憂いに満ちたメロウな前作に比べ、広大な大地をそこに差し込む陽光が目に浮かぶリリカルなナンバーが印象的。ペダル・スティールが枯れた哀愁を奏でます。「Heart Of Gold」には、ジェイムス・テイラーやリンダ・ロンシュタットが参加。他にCS&Nも数曲に参加しています。米ロック史上に残る傑作。

試聴 Click!

6位:ZUMA

NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE/ZUMA

「Cortez The Killer」「Don””t Cry No Tears」など名曲・佳曲満載でファンに人気が高い傑作、75年作7th

クレイジー・ホースを従えた75年作で、『今宵その夜』に続く7thアルバム。ニール・ヤングと言えば、『アフター・ザ・ゴールドラッシュ』『ハーヴェスト』が有名ですが、本作も負けず劣らずの名曲満載で、ファンには人気が高い一枚。ニールならではの指から血がしたたりおちるように切れ味鋭いギター・ソロが堪能できる「Danger Bird」「Cortez The Killer」、90年代以降のギター・ポップ・バンドにも愛されたキャッチーな「Don’t Cry No Tears」「Lookin’ for a Love」など本当に素晴らしい曲が揃っています。先にあげた代表作2枚の次に買うアルバムとしてオススメしたい傑作!

試聴 Click!

5位:EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE

NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE/EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE

69年作2nd、米フォーク・ロックの名作

69年の2nd。ダニー・ウィットン率いるクレイジー・ホースを従えたロック的ダイナミズム溢れる名作。ニール・ヤングのワイルドかつ繊細なギター・ワークが堪能できる代表曲「Cinnamon Girl」「Down By The River」「Cowgirl In The Sand」はもちろん、クレイジー・ホースによるルーズ&タイトな演奏と哀愁のコーラスが光る「Everybody Knows This is Nowhere」や、ニールの魅力であるアコースティックな「Round & Round」など、名曲がずらり。ニール・ヤングの代表作の一つといえる傑作。

試聴 Click!

4位:RUST NEVER SLEEPS

NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE/RUST NEVER SLEEPS

79年作

試聴 Click!

3位:AFTER THE GOLDRUSH

NEIL YOUNG/AFTER THE GOLD RUSH

70年の3rdソロ、ニール・ヤングを代表する作品であり、70s米ロック屈指の傑作

CSN&Y『デジャ・ヴ』と同年の70年にリリースされた3rdソロ。いきなりニールのアコースティック・サイドを代表する名曲「Tell Me Why」で幕開け。ニールらしいアタック感のあるアコギ・バッキングと、対照的に憂いに溢れたメロディが胸に迫ります。リリカルなピアノをバックに切々と歌われる2曲目のタイトル・トラック、CSN&Yを思わせるハーモニーが美しい3曲目、スティーヴン・スティルスとの火を吹くギターバトルに痺れるエレクトリック・サイドを代表する名曲である4曲目「Southern Man」と畳みかけます。最後にうららかな小曲でしめるA面はニールの数ある名作中でも屈指の素晴らしさ。B面も格調高くも憂いに溢れた佳曲ぞろい。次の作品『ハーヴェスト』と並び、ニール・ヤングの代表作であり、70s米ロック屈指の傑作です。

試聴 Click!

2位:TONIGHT’S THE NIGHT

NEIL YOUNG/TONIGHT’S THE NIGHT

75年作、沈鬱な雰囲気の中にもニールらしいリリシズムが溢れる佳曲揃いの名作

75年作。ドラッグの過剰摂取で死去した元クレイジー・ホースのダニー・ウィットンに捧げられた追悼作。メンバー全員がアルコールでベロベロに泥酔した状態で一発録りされた作品。全体的に沈鬱な雰囲気に包まれていますが、メロディや歌声にはニールらしいリリシズムが溢れています。個人的には『After The Gold Rush』に通じる雰囲気を持っている印象で、メロウな佳曲揃い。特に2曲目「Speakin Out」は出色で、ニルス・ロフグレンの繊細さが光るメロディアスなギター・ソロは白眉。味わい深く奥行き豊かな楽曲がそろった一生ものと言える名作。

試聴 Click!

1位:ON THE BEACH

NEIL YOUNG/ON THE BEACH

74年作

試聴 Click!

そうか~、1位はそうきたか~。一般的には、ニール・ヤングと言えば、『アフター・ザ・ゴールドラッシュ』と『ハーヴェスト』ですよね。

CD世代の僕にとって、『ON THE BEACH』はなかなかCD化されない一枚だったし、正直、思い入れとしては低いんです。
『渚にて』という邦題と淡いトーンのジャケは好きで、未CD化の時は、ず~っと聴きたい、と思っていたアルバムでしたが。

『今宵その夜』の2位も渋いセレクションですね~。
ニルス・ロフグレンのギターが聴くたびに胸を締め付ける、大・大・大好きなアルバムですが。

『ズマ』の上位ランキングは嬉しい!隠れ名盤ですよね!
「Don’t Cry No Tears」、「Lookin’ For A Love」の2曲は、ポップ・クリエイターとしてのニールの魅力がつまったエヴァーグリーンな名曲だと思います!

今宵は、久々に、学生の頃に友達から3倍速でダビングしてもらった、VHSのライヴ・ビデオでも見ようかな~。

関連カテゴリー

関連CD在庫

NEIL YOUNG他、関連作在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。