プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ヨーロピアン・ロック・フェスティヴァル VOL.2@東京国際フォーラム(4/26)ライヴレポート

4月26日、東京国際フォーラムにて開催された「ヨーロピアン・ロック・フェスティヴァル VOL.2」を観てまいりました!参加4バンドによる5時間超に及んだステージの模様をお伝えしてまいります!

参加したのはこちらの4バンド。

フラワー・キングス: 前回のフェスでもメイン・アクトを務めた、ロイネ・ストルト率いるグループ。今回が3度目の来日。
カイパ(KAIPA Da Capo):初来日。ロイネ・ストルトが17歳にして結成メンバーとして参加した、北欧プログレ黎明期を担った名バンド。
アトール(Andre Balzer ATOLL): Andre Balzer ATOLL名義では初来日(ギタリストのChristian Beyaを中心とした編成では89年に来日)。マグマと並んでフレンチ・プログレを代表するバンドとして現在でもユーロ・ロック屈指の人気を誇るグループ。
パイナップル・シーフ:初来日。99年結成、00年代以降の英国プログレッシブ・ロック/メロディック・ロック・シーンの中核を担う実力派バンドの一つ。

注目は、カイパとアトールという70年代ユーロ・ロックの中でも最高峰の実力と人気を誇る2バンドのステージ。カイパは2nd「Inget Nytt Under Solen」から、アトールは2nd「L’Araignee-Mal(組曲「夢魔」)」からの楽曲を中心に演奏されることが事前に伝えられており、フェスの目玉として期待していたファンも多かったはず。



フェスが行われたのは3階席まであるCホール。クッションの心地良い座席にゆったりと座り、開演の時を待ちます。

開演時間前に日本のバンドがステージに上がり演奏を始めます。ファンタジー・ロック・オーケストラというグループで、ミュージシャン/コンポーザーとして知られる永井ルイ氏が参加するバンド。美声の女性ヴォーカルを擁したバンドで、声量豊かに歌い上げる歌唱が非常に素晴らしかったです。個人的に日本のバンドをライヴで見る機会は殆ど無いので、その意味でも新鮮でしたね。今年デビューするプログレッシヴ・ポップ・バンドということで、プログレ・ファンにとっては今後の活動に注目したいところではないでしょうか。


そして主催のストレンジ・デイズ岩本さんによる参加バンドの紹介を経て、フェス最初の登場は英国出身の新鋭パイナップル・シーフ。CDで聴く彼らは結成の契機ともなったPORCUPINE TREEの系統に属する音響派プログレ・バンドという印象でしたが、ライヴということもあってか、よりギター・ロック的な、いい意味での荒削り感を持ったサウンドで迫力満点に迫ります。シンフォニック・ロック的な厚みのあるサウンドがもたらす高揚感とはまた違う、ロックの原初的なエネルギーを感じさせるパフォーマンスが圧倒的でした!

そこに時折挿入されるメロトロンシンセがまたセンスがいいんですよね!空間的な音響演出とヴィンテージ・キーボードを用いたキーボードワークは、彼らがプログレ・バンドであるということを思い出させます。

そして要所でフィードバックを効果的に使って演奏をヒートアップさせるフロントマンBruce Soordのカッコいいこと!プログレ的エッセンスを随所に醸しながらも、ロック・バンド本来のタフでパンチの効いたギター・サウンドで勝負する、非常にライヴ映えするパフォーマンスでしたね。フェスの導入として最高に盛り上がる演奏を披露してくれました!

試聴 Click!


続いてはカイパです。ロイネ・ストルト(g)、イングマール・ベルイマン(ds)、トマス・エリクソン(b)というkey奏者ハンス・ルンデンを除くオリジナルKAIPAの3人に、TFKのメンバーでもあったロイネの弟マイケル・ストルト(vo/g)、マックス・ロレンツ(key)の5人編成で登場!2ndと3rdからのナンバーを演奏してくれましたよ!

と演奏の前にまず目を引くのがロイネの出で立ち。赤地に黄色(?)の柄シャツに真紅のベルボトム、そしてレッドカラーのギターという、普通なら派手だな~!となるファッションなんですが、着こなしは完璧。トレードマークのウェーブのかかったブロンドと相まってそれはもう決まってるんですよね!そう言えば前回のフェスでも濃いピンクのシャツが印象的だったのを覚えています。とにかく御年58歳とはとても信じられません。

静かにギターを構えるロイネ。ボリュームペダルを操りながら丁寧に紡ぎだされる音色は、紛れも無く初期カイパで聴かせてくれた淡く端正な北欧叙情に溢れるあの音色です。初期カイパが蘇った!開始早々感動に打ちひしがれます。

そこにマックス・ロレンツのヴィンテージ感いっぱいのオルガンとシンセの音色が重なると、初期カイパ特有のエレガントかつファンタジックな世界観が会場を包み込みます。至福の時とはまさにこの瞬間のための言葉でしょう。40年近くの歳月を越えて、CDでしか聴いたことがなかったあのサウンドがこうして目の前で演奏されていることをただただ喜ばずにはいられません!

オリジナルどおりにスウェーデン語で力強く歌い上げるマイケルも貫録たっぷりだったし、オリジナル・カイパのリズム隊2人は予想していた以上にパワフルかつ躍動感に溢れるプレイを披露していました。ズンッと響くバスドラの音が現役であることを如実に伝えてくれます。

北欧的な美意識を感じさせるクラシカルで繊細なパートから、イエスばりにドライヴする白熱のインストパートまで、カイパ本来の魅力がたっぷりと詰まったステージを楽しませてくれました~。いやー幸せ!

試聴 Click!


お次はいよいよフラワー・キングスのステージです。前回のフェスでもそのあまりのスケール感とダイナミズムに終始圧倒されたフラキンでしたので、個人的にはカイパやアトール以上に楽しみにしていました。
メンバーは前回来日時と同じで、ロイネ、ハッセ・フレベリ(vo)、トマス・ボディーン(key)、ヨナス・レインゴールド(b)、フェリックス・レーマン(ds)の5人。

登場すると、まずはユニオンジャック柄を大胆にあしらったジャケットを纏うハッセに目を奪われます!赤づくめのロイネもすごいですが、こちらだって50歳。そんな出で立ちといい、長髪を振り乱して歌うロッカー然としたパフォーマンスと言い、2年前のフェスと少しも変わらない姿を見られて嬉しかったですね~。演奏をタイトかつダイナミックに躍動させる、テクニシャンのフェリックス&ヨナスも絶好調。

ボディーンも相変わらずクールな佇まいでオルガンや多彩なシンセの音色を自在に操ってフラキンのサウンドに荘厳な音の厚みを加えていきます。初期のナンバーで使われたハープシコードの音色もたまりませんでした!

13年作「DESOLATION ROSE」からのタイトルナンバーもエッジの効いたロックナンバーでライヴ映えするカッコいい演奏でしたが、個人的には前回フェスで感動的だった12年作「BANKS OF EDEN」からの「RISING THE IMPERIAL」を今回もラストで披露してくれたのが嬉しかった~。クライマックスに向けてひたすらドラマティックに歌い上げるハッセ、ブルース・フィーリングが根底に息づく天上を舞うかのごときエモーショナルなロイネのギター、このコンビネーションはやっぱり「極上」という以外に言葉がありません!

前回のフェス以降も世界中から素晴らしい新鋭バンドによる傑作が数多く登場しましたが、こうして彼らを目の前にすると、やはり彼らこそ現プログレ・シーンの最高峰だと確信できる、そんな堂々たる貫禄と瑞々しい感性をあわせ持つパフォーマンスでした。やっぱり最高ですTFK!

試聴 Click!

試聴 Click!



休憩を挟んで最後に登場したのがアトール。

「他のバンドとは全く違います」という岩本さんの意味深な前振りのあと、メンバーがステージに登場。ギター、フルート/サックス、ダブル・キーボード、ベース、ドラムスという6人による演奏が始まります。メンバーは、まだ二十歳前後のようにも見えるミュージシャンを含んだかなりの若手たち。そこにフロントマンのバルツァがオレンジと黄色の派手な装束を身に纏って登場します。

いやはや度肝を抜かれるとはまさにこのことでしょう!正直なところ全盛期メンバーがバルツァのみのアトールに若干の不安もあったのですが、本格的に演奏が始まると、そんな心配を吹き飛ばすかのごとくメンバーの超絶技巧ぶりが炸裂!特にギタリストは、クリスチャン・ベヤの快速フレーズを忠実に弾きこなしつつもロックンロールなフィーリングを加えたテクニカルかつ伸びやかなプレイが本当に素晴らしかったです!タウンゼントを思わせる風車奏法も決まってましたね~。

さて聴き所は何と言っても2ndアルバムの後半を占める「組曲「夢魔」」の再演。オリジナルよりもシアトリカルな要素をたっぷりと含んだバルツァ渾身のヴォーカル・パフォーマンスが繰り広げられます。組曲の各パートごとに衣装を変えて登場し、持ち前の美声で朗々と歌い上げたかと思うと突如絶叫をあげたり、泣き崩れるようにうずくまったり、寝転がって歌ったりと、体全体でストーリーを表現してみせる彼の姿は何かに取り憑かれたかのような鬼気迫るもので、会場中が息を呑みます。

試聴 Click!

初期GENESIS、同郷ANGEにも通じるシアトリカル・ロックの真髄を堪能させてもらった思いですね。もともとオリジナルでは決してシアトリカルな要素を押し出したサウンドではなかっただけに、まさに想像だにしていなかったステージだと言えますが、これだけのものを見せられれば拍手を送ることに何のためらいもありません!いや~素晴らしいっ!

後半は3rdアルバムからの楽曲を披露。中でも個人的に「おおっ!」となったのが「TUNNEL pt.1&2」の完全再現!ギターを中心とした最高にスリリングな変拍子アンサンブルは息つく暇もないという表現がピッタリな完成度。そこにバルツァが渾身のシャウトを響かせます。ギターがヒートアップしサックス奏者も饒舌なソロを聴かせ、演奏のテンションが最高潮に達した所で荘厳なコーラスが入って締め。オリジナル通りです!「組曲夢魔」もそうですが、まさか生でこの名曲をこの再現度で聴くことができるとは・・・!と感動もひとしおでした~。「パリは燃えているか」もやってくれましたよ!(もちろん「Tokyo!」の部分で大歓声!)

試聴 Click!

バルツァによる魂の熱唱と超絶アンサンブルとが一体となって、70年代に活躍したアトールというバンドを現在の形で見事に蘇らせていました!原曲を忠実に再現するだけでは決して味わえない、「Andre Balzer ATOLL」だからこそ生み出せるATOLLだったと感じますね。それもあの超絶技巧集団ATOLLをここまで完璧に演奏し切ってしまうメンバーの力量あってこそのもの。カイパもそうですが、発表から40年を経た作品がこれほどのミュージシャンたちによって現代に蘇るというのは本当に貴重なことだと思います。ただただその場に立ち会えたことを感謝せずにはいられません。



16時に開演したフェスですが、終了したのはなんと21時過ぎ!5時間超に及ぶ長丁場のフェスティヴァルとなりましたが、本当あっという間に過ぎてしまった印象でしたね~。時間の経過を感じさせないほどに各バンドのパフォーマンスが素晴らしかったということなのでしょう。それでは、vol.3の開催に期待を込めて!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。