プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

オランダ産プログレ新鋭特集!~優美でメロディアスな新世代プログレをセレクト!

70年代のオランダのプログレと言えば、フォーカスやトレースやカヤックなど、いかにもプロテスタントの国らしい「働きものの真面目」な国民性が音楽の中にも息づいた端正でいて素朴な人情味にも溢れたメロディアスなプログレッシヴ・ロック・バンドが誕生しました。

00年代に入っても脈々と流れるそんな国民性と70年代の往年の名バンド達の遺伝子。

今やスウェーデン、イタリアに継ぐプログレ大国となりつつあるオランダの00年代プログレ・シーンを特集いたしましょう。

SILHOUETTE/THE WORLD IS FLAT (AND OTHER ALTERNATIVE FACTS)

現オランダのシンフォ・シーンをリードする人気バンドと言えば彼らですね。

この17年作、どこを切ってもため息が出るような美し過ぎるサウンドが溢れ出してきて至福…。
フルート、ヴァイオリン、オーボエ、フレンチホルンなど管弦楽器も素晴らしい仕事してるなぁ。

ある種の神々しさすら感じられる凄まじい完成度で聴かせる会心作!
JADISやSOLSTICEなどの気品ある英シンフォがお好きなら間違いありません☆

試聴 Click!

PBII/ROCKET! THE DREAMS OF WUBBO OCKELS

08年結成、70~80年代より活動するベテラン・ミュージシャンを含むオランダ出身シンフォ・バンドによる、3作目となる17年作。

ジェネシスとイエスを合わせたようなファンタジックな音楽性にストリングスがドラマチックに絡み、ヴォーカルがジョン・アンダーソン風に歌い上げ、そこにオランダ出身らしいハイセンスなポップ・エッセンスを贅沢に注入!

このオランダのバンド、凄いっす…。

試聴 Click!

FLAMBOROUGH HEAD/SHREDS OF EVIDENCE

00年代以降のオランダ・シンフォ・シーンの中核として活躍する実力派バンドが彼ら。

デビューした1998年から2015年までのアルバム未収録音源をまとめた作品なのですが、17年という長期間の選曲にもかかわらず、オリジナル・アルバムのように統一された楽曲と演奏で聴かせます。

彼らの貴重なオランダ語ヴォーカル曲も収録♪

試聴 Click!

CHRIS/DAYS OF SUMMER GONE

オランダのマルチ・ミュージシャンChristian Bruinによる一人プロジェクト。クリスマス・アルバムの前作から1年も経たずにリリースされた2013年作。

才能ほとばしる映像喚起的でファンタスティックなサウンドと、オランダならではの柔らかなポップ・フィーリングがマジカルすぎ。

これは、傑作ですよ~。

試聴 Click!

SKY ARCHITECT/NOMAD

そのCHRISがドラマーとして在籍するテクニカル・バンド、17年作。ギターとシンセを軸にゴリゴリと熱量高く展開する変拍子アンサンブル演奏強度の高いモダン・プログレが痛快!CHRISも印象的なリズムパターンの構築などに才能を発揮しています。

試聴 Click!

GOLDEN CAVES/COLLISION

モーストリー・オータムやマジェンタら英シンフォに通じるドラマ性と透明感あるアンサンブル。

そこにオール・アバウト・イヴのジュリアンヌを彷彿させる美声Voが乗りスケール大きく展開していく、「美麗」という言葉がぴったりなオランダ新鋭シンフォ!

本作にもCHRISが関わっていて、プロデュースを担当。本当に多彩なミュージシャンですよね。

試聴 Click!

そんなCHRISへのインタビュー記事も合わせてお楽しみください☆


【アーティスト・インタビュー】 オランダのシンフォ新鋭プロジェクトCHRISのブレーンChristiaan Bruin

【関連記事】

【アーティスト・インタビュー】 オランダのシンフォ新鋭プロジェクトCHRISのブレーンChristiaan Bruin

注目のプログレ新鋭の魅力に迫る「アーティスト・インタビュー」企画。近年続々とメロディアスな名作がリリースされているオランダのプログレ・シーンの中でも特にその才能に注目が集まるコンポーザー&マルチ・インストゥルメンタル奏者のCHRISことChristiaan Bruinにインタビュー。

SILHOUETTE/BEYOND THE SEVENTH WAVE

07年にデビューしたオランダのシンフォニック・ロック・バンド、2014年作4thアルバム。

前作で極めたキャメル系シンフォ・サウンドに、モダンなエッジとダイナミズムが加わり、ドラマティックさを増したダッチ・シンフォ快作!

試聴 Click!

MINOR GIANT/ON THE ROAD

清涼感いっぱいに広がる多彩なキーボード・ワーク、そして、オランダらしい柔和で温かみあるハイ・トーンのヴォーカルとフックに富んだ伸びやかなメロディ。

充実の2014年デビュー作!

試聴 Click!

LEAP DAY/FROM THE DAYS OF DEUCALION: CHAPTER 1

TRION、KING EIDER、NICE BEAVERなどオランダのキャメル系シンフォ・グループのメンバーたちが一堂に会した現ダッチ・シンフォのスーパー・グループ、13年2nd。

メリハリの効いた構築性、キャッチーに歌い上げるフィル・コリンズ系統のハイトーンVoは、ジェネシスやキャメルのファンはたまらないはず。

試聴 Click!

LIFE LINE PROJECT/DISTORTED MEMORIES

キーボード奏者Erik De Beerが女性シンガーAnja Dirkzwagerと結成し、94年にデビューしたグループ。2010年作。

流麗なヴァイオリン、ファンタスティックなフルート、泣きの叙情性に溢れたギター、透明感のあるハイ・トーンが魅力の女性ヴォーカルが楽曲を瑞々しく彩る佳曲ぞろい。

試聴 Click!

TRION / FANFARE FANTASY

FLAMBOROUGH HEADとODYSSICEのメンバーによって結成されたグループ、13年作。

これはもうずばり蘇るキャメル『ムーンマッドネス』!A.ラティマーがゲスト参加?と一瞬思ってしまうほどの再現度を誇るキャメル愛が溢れるハイクオリティな一枚。

試聴 Click!

FLAMBOROUGH HEAD / LOST IN TIME

オランダの新鋭シンフォ・バンド、13年作。

アンディ・ラティマーを受け継ぐ甘くメロディアスなギターを中心としたキャメル直系の泣きの叙情シンフォを、メロトロンと派手に鳴り響くオルガン&シンセがよりスケール感溢れるサウンドへと飛翔させる感動的なシンフォニック・ロック。

試聴 Click!

ODYSSICE / IMPRESSION

00年デビュー作。アンディ・ラティマーを彷彿とさせる泣きのメロディアス・ギターとシンフォニックな広がりを見せるシンセ・ワークから、ピアノによる純クラシカルなフレージングをも聴かせるキーボードとによる、まさしく正統派のシンフォニック・ロック。

試聴 Click!

MODEST MIDGET / CRYSIS

アルゼンチン生まれで、オランダはユトレヒト音楽院で8年間に渡りクラシックの作曲を学びつつ、ジャズ・ギターも習得したというミュージシャンLionel Ziblat率いるオランダ在住ミュージシャンによるプロジェクト。2014年作の2ndアルバム。

ジェリーフィッシュと北欧サムラが合体してジャンゴ・ラインハルトが飛び入りしたような、脅威の無国籍プログレ!

試聴 Click!

NINE STONES CLOSE / ONE EYE ON THE SUNRISE

08年結成のメロディアス・プログレ・グループ、12年作。

北欧プログレを思わせるセンシティブな静謐さが印象深い演奏と、メランコリックな哀切に満ちたメロディラインが、他のオランダのグループにはないドラマティックさを醸し出す好作品。

試聴 Click!

UNKH / TRAVELLER

90年代はじめに結成されたオランダのベテラン新鋭バンド。

70年代英国プログレ + 80年代エレ・ポップ + 90年代ギターロック!?と言える個性的なサウンドが魅力の2014年デビュー作。

試聴 Click!

関連カテゴリー

オランダ産プログレ新鋭特集!

  • FLAMBOROUGH HEAD / LOST IN TIME

    オランダの新鋭シンフォ・グループ13年作、キャメル直系の泣きの叙情シンフォをよりスケール感いっぱいに仕立てあげた一枚

    オランダの新鋭シンフォ・バンド、13年作。アンディ・ラティマーを受け継ぐ甘くメロディアスなギターを中心としたキャメル直系の泣きの叙情シンフォを、メロトロンと派手に鳴り響くオルガン&シンセがよりスケール感溢れるサウンドへと飛翔させる感動的なシンフォニック・ロック。女性ヴォーカルが叙情的に歌い上げるメロディも絶品で、ひたすらロマンティックな音の流れに身を任せるような極上の心地よさが味わえるアンサンブルが素晴らしい!そうかと思うと、キャメル的な優美さはそのままに演奏をよりハードにしたようなキレの良いスピーディーな演奏も現れ、ヴィンテージな優しい音使いと現代的なエッジの効いたサウンドとのバランスの良さを感じさせます。キャメル式のファンタジーをより壮大に仕立てあげた、溢ればかりのロマンティシズムを湛えた一枚です。

  • GOLDEN CAVES / COLLISION

    美声女性ヴォーカルを擁するオランダの新鋭シンフォ・バンド17年作、プロデュースはあのCHRISが担当

    オランダの新鋭シンフォ・バンド、16年にリリースされたEPに続く1stフルアルバム。プロデュースはChristiaan De BruinことCHRISが担当。ヘヴィな表情にも独特のリリシズムが滲む品のあるギタープレイとオルガン&ピアノ主体のキーボードを軸とする、MOSTLY AUTUMNやMAGENTAといった英シンフォに通じるドラマチックさと透明感のあるアンサンブル。そこにALL ABOUT EVEにおけるJulianne Reganを彷彿させる、艶のある女性ヴォーカルが乗りスケール大きく展開していく、「美麗」という言葉がぴったりなシンフォニック・ロックはとにかく息をのむほどの素晴らしさ。ヴォーカルを支える女声コーラスも特筆で、添え物的ではなく曲によってはヴォーカルと同等の存在感を持っており、楽曲を劇的に盛り上げる役割を担っています。4〜5分台の比較的コンパクトなナンバーで構成されていますが、一曲の中でもダイナミックに展開していくサウンドに不足感は微塵も感じません。数ある女性ヴォーカル・シンフォものでも、ヴォーカルを筆頭に胸を揺さぶるような情感豊かさではトップクラスと言える傑作。

  • LEAP DAY / FROM THE DAYS OF DEUCALION: CHAPTER 1

    FLAMBOROUGH HEADやTRIONのメンバーらによるシンフォ・プロジェクト13年作3rd、オランダのキャメル系シンフォの粋を集めたようなシンフォ力作!

    FLAMBOROUGH HEADのドラマー、TRIONのギタリストを始め、キャメルタイプのオランダ新鋭バンドからのメンバーが集結したシンフォ・プロジェクト・バンド、13年作3rd。ファンタジックかつ優美な広がりを持つダブル・キーボード、アンディ・ラティマー直系のエモーショナルなギターなど、初期キャメルの音楽性を継承した叙情派シンフォを軸としますが、リズムがアグレッシヴに走りだすと、途端にギターはヘヴィーに、キーボードはシンセ/メロトロン全開で、ダイナミズムいっぱいに駆け抜けます。このメリハリの効いた構築性は見事の一言。ピーター・ガブリエル/フィル・コリンズ系統の鼻にかかったハイトーンヴォーカルが歌う、抜けの良いキャッチーさを持つメロディラインもジェネシスやマリリオンなどを彷彿させる高い完成度を感じさせます。これはずはりオランダのキャメル系シンフォの粋を集めたサウンドと言うべきシンフォ力作!

  • PBII / ROCKET! THE DREAMS OF WUBBO OCKELS

    08年結成のオランダ出身シンフォ・バンド17年作3rd、ジェネシスとイエスを合わせたようなサウンドにストリングスを全面的にフィーチャーした、壮大なシンフォニック・ロック感動作!

    08年結成、70〜80年代より活動するベテラン・ミュージシャンを含むオランダ出身シンフォ・バンドによる3作目となる17年作。以前よりオーケストラとの共演による壮大なシンフォを聴かせていたグループですが、今作でも生ストリングスを全面的にフィーチャー。ハケットを思わせるデリケートなトーンでドラマチックに歌うギター、豊かに広がるシンセ、そしてやや低めの声域ながらジョン・アンダーソン風に歌い上げるヴォーカルが紡ぎ出す、ジェネシスとイエスを合わせたような気品があって雄大なファンタジーを宿したサウンド。そこにストリングスが流麗に絡んでいきます。それにしてもこのストリングスとバンド演奏との融合具合いは特筆。ぶつかり合うことなくバンドのダイナミズムと弦楽の艷やかな美しさが一体となって感動的なシンフォニック・ロックを織り上げているのが見事。ただヴィンテージ一辺倒ということはなく、オランダ出身らしいハイセンスなポップ・エッセンスもたっぷりと注入されており、聴きやすさも抜群。1曲でハケット・バンドのヴォーカリストNad Sylvanを迎えており、切ないリリシズムを湛えた名曲を彩っています。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。