プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ピンク・フロイドのメランコリーを受け継ぐノルウェーの新鋭メロディアス・プログレAIRBAGを特集!

今回は、ノルウェーのプログレ新鋭グループAIRBAGにフォーカスしてまいりたいと思います。

AIRBAGはノルウェーの首都オスロの出身。学校のクラスメートだったミュージシャンによって04年に結成されます。

自主制作で06年に1stEP『Come On In』、同年に2ndEP『Sounds That I Hear』、08年に3rdEP『Safetree』をバンドのサイト上にフリーで公開したところ、何十万回ものダウンロードを記録するなど、世界各国のプログレファンから注目を集めます。

09年のはじめにノルウェーのKARISMAレーベルと契約し、同年リリースされたメジャーデビュー作が『Identity』です。

09年作1st『Identity』

柔らかく幻想的にたなびくキーボード、繊細なタッチで夢想的にゆったりと伸びやかに奏でられるリード・ギター、エモーショナルかつ透明感ある美しい歌声、そしてメランコリックな詩情溢れるメロディ。

ピンク・フロイドに通じるどこまでも映像喚起的でメロディアスなアンサンブルを、北欧らしい透き通ったサウンド・プロダクションで仕立てたサウンドはデビュー作とは思えない圧倒的な完成度。

まるでキャメルが描く幻想世界にギルモアのギターがとめどなく鳴り響き、ポーキュパイン・ツリーのスティーヴ・ウィルソンがモダンな音響センスを加えた感じ。

本当に気持ちよすぎるサウンドです。

試聴 Click!

メジャーデビュー後はライヴ活動も勢力的に行い、MARILLION、RIVERSIDE、RPWL、GAZPACHOらとツアーを共にします。

1stからシングル・カットされた「Colours」は、ポーランドのラジオチャートでトップ3に入るなどヒットします。

「Colours」

試聴 Click!

デビュー作から2年後の2011年、2nd『All Rights Removed』をリリース。

2011年作2nd『All Rights Removed』

17分を超える大曲「Homesick(I-III)」で聴けるように、デビュー作のピンク・フロイド直系のメロウなサウンドはそのままに、エッジの立ったギターが無機的かつエモーショナルに炸裂したり、艶やかなストリングスが伸びやかに旋回したり、ムーグ・シンセが夢想的にたゆたったり、鮮やかな音像が次々と描かれる、よりスケールを増したサウンドが印象的。

各音が心地よくも目の覚めるようなキレ味とともに体中を駆け抜けていく深淵かつ爽快な傑作!

試聴 Click!

そして、2013年にリリースされた3rdアルバムが『Greatest Show On Earth』。

2013年作3rd『Greatest Show On Earth』

デビューからの持ち味である幻想的にたゆたうようなメランコリックな音像とともに、よりヘヴィネスを増したギターとよりエモーショナルを増した力強いヴォーカルによるアグレッシヴなパートも巧みに配し、ひと際、スケールとダイナミズムを増した構成が印象的。

音が現れては虚空へと消えていくような儚さとともに、ロック的ダイナミズムも併せ持つアンサンブルのスケールは、本家ピンク・フロイドに比肩すると言っても過言ではないでしょう。

これはまさにグレイテスト!

試聴 Click!

前作より3年を経た16年に、4thアルバム『DISCONNECTED』をリリース。

AIRBAG/DISCONNECTED


エコーに包まれたリズムギターや幻想的に広がっていくシンセによる音響感覚豊かなアンサンブルはますます冴え渡っています。

デビュー以来の魅力である、フロイドからの影響にポーキュパイン・ツリーあたりのモダンな感覚を織り交ぜたサウンドはそのままに、今まで以上にしっとりと艶やかな叙情美が増したメロディが胸に切なく響き渡る佳曲ぞろい!

『炎』『アニマルズ』『ウォール』あたりの叙情的なナンバーが好きならグッとくること間違いなしの、ずばり彼らの最高傑作。

試聴 Click!

翌17年には、ギタリストのBjorn Riisが2014年以来となる2ndソロをリリース。これがまた素晴らしい!!

BJORN RIIS/FOREVER COMES TO AN END


ギルモア直系のエモーションはそのままに、ブルース色をなくし透明度高く幻想的にしたようなギターサウンドを駆使した、雪深い北欧の自然世界が眼前に映し出されるかのような映像喚起的な魅力を持つ一枚に仕上がっています。

まさに北欧からしか生まれ得ない音世界を構築した名品と言えるでしょう。

試聴 Click!


ピンク・フロイドのDNAを受け継ぐ00年代のプログレ特集!

【関連記事】

ピンク・フロイドのDNAを受け継ぐ00年代のプログレ特集!

00年代に入って世界各国から芽吹くフロイドのDNAを特集!

AIRBAGの在庫

  • AIRBAG / IDENTITY

    ノルウェーの新鋭ロックバンド、ゆったりと夢想的につむがれるキーボードとギターが描くメランコリックな音世界が心地よい09年デビュー作

    2004年に結成され、06年と08年に自主制作EPをサイト上にフリーで公開するや、23万ダウンロードされるなど世界各国のプログレファンから注目を集めたノルウェーの期待の新鋭プログレ・バンド。待望の09年デビュー作。柔らかくたなびくようなキーボード、繊細なタッチで夢想的にゆったりと奏でられるリード・ギター、幻想美いっぱいのハート・ウォームな歌声と流麗なメロディ。優美な音響感覚とメロディ・センスとが描くメランコリックな歌世界が心地よい逸品です。ピンク・フロイドのメロディアスな曲、ギルモアのギターが好きな方も一聴是非。まるでキャメルが描く幻想世界にギルモアのギターがとめどなく鳴り響くようで、本当に気持ちよすぎるサウンドです。

  • AIRBAG / ALL RIGHTS REMOVED

    ノルウェーの新鋭ロックバンド、ゆったりと夢想的につむがれるキーボードとギターが描くメランコリックな音世界が心地よい11年作2nd

    90年代に結成されたノルウェーの新鋭プログレ・バンド、09年デビュー作につづく11年作2nd。キャメルが描く幻想世界にギルモアのギターがとめどなく鳴り響くような映像喚起的なデビュー作の延長線上にあるサウンド。メランコリックかつ北欧的な透明感も感じる美声のヴォーカル、ゆったりとメロウに紡がれるギルモア直系のギター、透き通ったトーンで視界がパッと開けたように気持ちよく広がるキーボード。そんな『狂気』以降のフロイドのサウンドを彷彿させる幻想的なパートを軸にしつつ、エッジの立ったギターが無機的かつエモーショナルに炸裂したり、艶やかなストリングスが伸びやかに旋回したり、次々と鮮やかな音像を描きます。各音が心地よくも目の覚めるようなキレ味とともに体中を駆け抜けていく深淵かつ爽快な作品。デビュー作からさらにスケールを増した傑作です。

  • AIRBAG / GREATEST SHOW ON EARTH

    ノルウェーの新鋭ロックバンド、ゆったりと夢想的につむがれるキーボードとギターが描くメランコリックな音世界が心地よい13年作3rd

    90年代に結成され、09年にデビューしたノルウェーの新鋭プログレ・バンド、13年作3rd。デビュー作からピンク・フロイドやポーキュパイン・ツリーに通ずる映像喚起的かつメランコリックなサウンドが持ち味でしたが、本作でも広がり豊かで幻想的なサウンドが際立っています。エッジが立ったトーンながら残像のように揺れるギター、空間をダイナミックに広げるキーボード。たゆたうギターとキーボードと対照的に、重心を低くたもつタイトなリズム隊。そして、エモーショナルかつ陰影たっぷりのヴォーカル。音が現れては虚空へと消えていくような儚さとともに、ロック的ダイナミズムももったアンサンブルは、『狂気』以降のピンク・フロイドのファンにはたまらないでしょう。幾重にも重なった音が心地良すぎる名作。

  • AIRBAG / DISCONNECTED

    ノルウェーの新鋭プログレ・バンド、2016年作4th、叙情的な美メロとフロイド直系の音響的なアンサンブルが切なく響く名作

    90年代に結成され、09年にデビューしたノルウェーの新鋭プログレ・バンド、2016年作4thアルバム。エコーに包まれたリズム・ギターや幻想的に広がっていくシンセによる音響感覚豊かなアンサンブル。デヴィッド・ギルモア直系ながらブルース色を無くし、透明度と浮遊感を上げていったと言えるギター・ソロ、メランコリックなアコギのストローク、スタイリッシュかつエモーショナルな男性ヴォーカルも魅力的です。デビュー以来の魅力である、フロイドからの影響にポーキュパイン・ツリーあたりのモダンな感覚を織り交ぜたサウンドはそのままに、今まで以上にしっとりと艶やかな叙情美が増したメロディが胸に切なく響き渡る佳曲ぞろい。『炎』『アニマルズ』『ウォール』あたりの叙情的なナンバーが好きならグッとくること間違いなしでしょう。

「AIRBAGの在庫」をもっと見る

BJORN RIISの在庫

  • BJORN RIIS / FOREVER COMES TO AN END

    ノルウェー、AIRBAGのギタリストによる17年ソロ作、北欧の雪深い自然風景がありありと広がるかのような、息を飲むほどの繊細な音世界が繰り広げられる傑作

    ノルウェーの新鋭プログレ・グループAIRBAGのギタリストによる17年ソロ作。自身による幻想的に織り重なるギタープレイと切なく鳴らされるピアノ、淡く静謐に広がるシンセサイザーを軸に描き出されるこのあまりに繊細な音世界。これぞ北欧シンフォニック・ロックと言える透明感と哀感に溢れる音像はただただ溜息が出る美しさに満ちています。粛々と胸を打つ、フロイド憧憬の仄暗くメランコリックなメロディラインがこれ以上無いというほどサウンドにマッチ。そして持ち味と言っていいギルモア譲りのブルージーなタッチを交えエモーショナルに高まっていくギターソロも、寂寥感溢れるサウンドにドラマチックさを加えていて素晴らしい。一語一語を大切に情感を込めて歌うヴォーカルも実に感動的。雪深い北欧の自然世界が眼前に映し出されるかのような、映像喚起的な魅力を持つ作品です。これは傑作。

「BJORN RIISの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。