プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ロシアン・プログレの雄LITTLE TRAGEDIESストーリー&最新作『ZAPECHNYJ RAJ(PARADISE BEHIND THE STOVE)』

2019年にデジタル版、2020年にCDでもリリースされた最新タイトル『ZAPECHNYJ RAJ(PARADISE BEHIND THE STOVE)』が素晴らしかった、ロシアのプログレ・グループLITTLE TRAGEDIESを特集いたしましょう。

LOST WORLD BANDと並んで90年代~00年代のロシアン・プログレ・シーンを牽引する存在であり、ユーロ全体で見ても屈指と言える名グループですね!

結成から順番に作品を振り返ってまいりましょう。

<バンド・ストーリー>

あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成。出身地である、ロシア南西に位置するウクライナ国境付近の町クルスクを拠点に活動をスタートします。

結成から2000年まではトリオ編成で活動。

Gennady Ilyin(Key/Vo)
Yuri Skripkin(dr)
Oleg Babynin(b)

最初の録音は、97年。Gennadyがパリを訪ずれた際、インスピレーションに打たれて『PARIS SYMPHONY』を作曲。97年にモスクワのスタジオで録音します。これは当時はリリースされなかったものの、08年に仏MUSEAが発掘リリースします。

『PARIS SYMPHONY』

試聴 Click!

97年末から98年はじめの1ヶ月間、少女のクリスマスでの冒険をテーマにしたお伽噺のバレエ『MAGIC SHOP』を作曲。これは当時はライヴで何度か演奏されたのみでレコーディングはされなかったものの、10年後の08年、レコーディングを行い、公式サイトでダウンロード公開された後、バンド自主制作でリリースされます。

『MAGIC SHOP』

試聴 Click!

98年~99年には、Gennadyのソロとして『SUN OF SPIRIT』と『PORCELAIN PAVILION』を録音。この音源は、LITTLE TRAGEDIES名義で、BOHEMEレーベルより発売されます。

どちらの作品も、荘厳なストリング・シンセやチャーチ・オルガン、格調高いピアノ、コロコロとしたファンタスティックなムーグまで、多彩なキーボード・サウンドに彩られたクラシカル・プログレを展開。

ロマンティックな旋律から近現代クラシックの艶やかで煌びやかな旋律まで、さすがはクラシックを本格的に学んだGennady Ilyinのコンポーザーとしての才能がきらめいています。

ギターが一部参加している以外は、リズムも含めて全てキーボードによる多重演奏となっていますが、そうとは思えない音の躍動感と緻密なアレンジが特筆。

モダンでヘヴィなリズムセクションとギターが疾走する後の作品とは異なり、Gennadyの「私小説」と言えるプライヴェートな手触りの愛すべき作品です。

『SUN OF SPIRIT』

試聴 Click!

『PORCELAIN PAVILION』

試聴 Click!

00年、ギターとSAX奏者が加わり、5人編成となり、ソロ・プロジェクトからいよいよバンドへと飛躍を遂げます。

Alexander Malakhovsky(g)
Aleksey Bildin(sax)

03年、5人編成のバンドにて『RETURN』をレコーディング。仏MUSEA/露MALSと契約し、世界デビューを果たします。『RETURN』は、『SUN~』『PORCELAIN~』に続く、ロシアの詩人ニコライ・グミリョフの詩をモチーフにした三部作の最終章。

『RETURN』

メタリックにザクザクとリズムを刻む硬質なギターが加わり、モダンなヘヴィネスとヴィンテージなキーボードによるクラシカルなエッセンスとの対比が圧倒的な推進力を生むLITTLE TRAGEDIESサウンドが完成。

東欧ハンガリーの雄、AFTER CRYINGにも比肩するサウンドで一気にプログレ・ファンの話題をさらった出世作となりました。

試聴 Click!

06年、2枚組コンセプト作『NEW FAUST』、『SIX SENSE』、07年『CHINESE SONGS』をリリース。』

『NEW FAUST』

ゲーテの戯曲『ファウスト』の新たに解釈というコンセプトを反映した重々しく荘厳なサウンドが印象的。

前作までに特徴的だったファンファーレのように祝祭ムードに溢れた躍動感あるフレーズとともに、本作では、人間の深遠をえぐりだすような、けたたましくもダークなフレーズが満載。前作にも増して疾走感みなぎるヘヴィ・メタリックなギター&ドラムも特筆で、圧倒的な音圧とダイナミズムで駆け抜けます。

「静」と「動」のスペクタクルな対比で聴き手のエモーションをこれでもかと鷲づかみにするクラシカル・プログレ第一級の作品。

試聴 Click!

『SIX SENSE』

荘厳&ヘヴィだった前作に対し、煌びやかなトーンで高らかに鳴るシンセや流麗なピアノなどを中心とするロマンティシズムやリリシズム溢れる明るく柔らかなサウンドが印象的な作品。

切ない叙情や歌の持つドラマを際立たせる緻密なキメのアンサンブルは、『TRICK OF THE TAIL』あたりのGENESISのファンにもたまらないでしょう。

試聴 Click!

『CHINESE SONGS』

ノコライ・グミリョフなどロシアの詩人による詩をモチーフに作品を作っていた彼らが、中国の漢詩をモチーフに挑んだ作品。

それにしても、06年には、2枚組の大作に加えて、もう一枚をリリースし、さらに翌年にもう一枚をリリース・・・。
とめどないGennady Ilyinの創造の泉にはただただ圧倒されるばかり。

試聴 Click!

試聴 Click!

08年、再び、ニコライ・グミリョフの詩をモチーフにしたコンセプト作『CROSS』をリリース。

『CROSS』

豊穣なロシア近現代クラシックに根ざしたキーボード・ワークとメタリックなギター&リズム隊による対比によるダイナミックなサウンドは本作でも健在ですが、『NEW FAUST』あたりの硬質なサウンドと比べると、だいぶヴィンテージ側に振れて、マイルドに一体感溢れるサウンドとなっている印象。

イタリアのレ・オルメや東欧のソラリスあたりのユーロ・キーボード・ロックのファンが何か新鋭を聞いてみたい、という時に最適と言える、ヴィンテージ・スタイルの一枚と言えるでしょう。

試聴 Click!

11年には、09年にレコーディングしていた『OBSESSED』をリリース。

『OBSESSED』

彼らの持つロマンティシズム香るリリシズムを最大化したような陽光に包まれたファンタスティックな楽曲が魅力的。

美しい詩情をドラマティックに彩る、ここぞで炸裂するメタリックなギターとドラムによるアクセントも健在で、ファンタスティックかつ壮大な傑作!

試聴 Click!

3年ぶりのリリースとなった14年作が『AT NIGHTS』がまた素晴らしい作品でした。

『AT NIGHTS』

オープニング・ナンバーで聴ける、メタリックにザクザクとリフを刻むギターと逞しいドラムをバックに、けたたましく鳴り響くテクニカル&クラシカルなムーグ・シンセの突き抜けたリード!これは、『NEW FAUST』で印象的だった「静」と「動」の鮮烈な対比の再現!

2曲目での格調高く流麗なピアノが彩る気品いっぱいのロマンティックなヴォーカル・ナンバーも秀逸だし、その後も、ロシア的哀感たっぷりのナンバーや、オランダのトレースをHR/HMなダイナミズムで二倍速にしたようなナンバーや、タンゴも飛び出すナンバーなど、彼らの持つ魅力がこれでもかとつまった、活動20年の集大成と言える傑作と言えるでしょう。

文句なしにここまでの最高傑作!

試聴 Click!

そして5年の沈黙を経てリリースされたのが、最新タイトルとなるこちらです!

『ZAPECHNYJ RAJ(PARADISE BEHIND THE STOVE)』

彼らがたびたび題材としてきた詩作品ですが、本作も20世紀初頭に活動した自国の詩人Nikolai Alekseevich KlyuevやSergei Alexandrovichの作品をモチーフに制作されたコンセプト・アルバムです。

ダイナミックなうねりを伴い押し寄せる怒涛のシンセサイザーと輝かしい管楽器隊がスリリングに絡み合いながら突き進む演奏は、ずばりハンガリーのSOLARISにも比肩するエネルギーと迫力!

一点して女性ソプラノヴォーカルが入る静謐なパートでのオペラ作品のように荘厳で張り詰めた空気感は、いかにもロシアのバンドという感じ。

熱っぽく畳みかけるダイナミズムたっぷりのパートと物悲しく静謐に描かれるクラシカルなパートとの鮮やかな対比が見事すぎる名品です。

試聴は下記ページで可能です!
https://littletragedies.com/music/




今や四半世紀を超える活動歴を誇るベテラン・バンドとなったLITTLE TRAGEDIES。作品を重ねるごとに本格的なクラシックの素養をベースにしたその荘厳にして熱量もみなぎる孤高の音楽性はますます磨き上げられていっている印象です。

早くも次にはどんな作品を出してくるのか楽しみですね!


ロシア・プログレ新鋭特集!

【関連記事】

ロシア・プログレ新鋭特集!

LITTLE TRAGEDIESとLOST WORLDを双頭に、豊かなクラシック音楽の土壌に根ざしたダイナミックかつ格調高いプログレ・グループが続々と登場しているロシアのプログレ新鋭シーンを特集!

関連カテゴリー

LITTLE TRAGEDIES在庫

  • LITTLE TRAGEDIES(MT) / NEW FAUST

    90年代以降のロシアを牽引するキーボード・プログレ・グループ、06年作、クラシカルで美麗でいてメタリックなダイナミズムを持ったダイナミックな傑作

    ロシア南西でウクライナに近い町、クルスク出身。あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成された90年代以降のロシア・プログレ・シーンを代表するキーボード・プログレ・バンド。00年にギターとドラムが入り、5人編成で録音された前作の出生作『RETURN』に続く、06年作。キース・エマーソンばりのけたたましいフレーズ、美旋律極まるクラシカルなフレーズ、ファンファーレのように祝祭ムードに溢れたフレーズなど、表現力豊かに弾きまくるキーボードを中心に、前作にも増して疾走感みなぎるヘヴィ・メタリックなギター&ドラムがボトムを力強く支え、ロシア語の民謡調&シアトリカルなヴォーカルがテンションみなぎる演奏と見事に対比したロマンティシズムと哀感を添える。作曲は緻密でいて、演奏は圧倒的にダイナミック。メランコリックなヴォーカル・パートでは、ハープシコードや透明感あるトーンのシンセが流麗に彩るアンサンブルが出色だし、ストリングスや混声合唱は近現代ロシア音楽を受け継いでいてさすがの美麗さだし、「静」と「動」のスペクタクルな対比で聴き手のエモーションをこれでもかと鷲づかみにするクラシカル・プログレ第一級の作品。これは名作です。

  • LITTLE TRAGEDIES(MT) / CHINESE SONGS PART ONE

    ロシア産クラシカル・キーボード・シンフォ・トリオ、07年作、漢詩を元にしたコンセプト作

    ロシアのグループ、07年作。漢詩を元にしたコンセプト・アルバム。ただ中国風味は、キーボードが琴や縦笛風の音色を時々奏でる程度で、ほとんどは、クラシカルなキーボードをフィーチャーしたドラマティックなシンフォニック・ロック。演奏のダイナミズムと圧倒的な構築力は相変わらず。シンフォニック・ロック・ファンは必聴の名作です。

  • LITTLE TRAGEDIES(MT) / RETURN

    ロシアを代表する新鋭プログレ・バンド、ギターとサックスが加わり5人編成となって初の05年作で、バンドの出世作

    ロシア南西でウクライナに近い町、クルスク出身。あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成された90年代以降のロシア・プログレ・シーンを代表するキーボード・プログレ・バンド。トリオで活動をスタートし、00年にギタリストとサックス奏者が加入。5人編成で録音された初のアルバムとなった05年作。キース・エマーソン譲りのテクニカルかつアグレッシヴなキーボードはそのままに、鋭角なフレーズで畳みかけるモダンでメタリックなギターが加わり、バンドの持つ演奏の強度が今まで以上に引き出され、かなりスケールアップしています。ヘヴィなパートとの対比でクラシックそのままの優雅なパートも今まで以上に艶やかに響いて印象的。ワールドワイドにその実力を知らしめたバンドの出世作となった傑作。

  • LITTLE TRAGEDIES(MT) / OBSESSED

    ロシアの90年代プログレシーンを牽引する世界基準のキーボード・プログレ・グループ、11年作

    ロシア南西でウクライナに近い町、クルスク出身。あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成された90年代以降のロシア・プログレ・シーンを代表するキーボード・プログレ・バンド。2011年作。彼らの楽曲は大きく、ロシア近現代クラシックにHR/HMのダイナミズムを注入した鮮烈な曲と、ロマンティシズム香るリリカルな曲とに分けられますが、本作は、後者のリリカルな楽曲が多くを占めている印象。イントロから溢れだす、ギターとキーボードのユニゾンで奏でられる、まるでキャメルのような伸びやかなロング・トーンのメロディアスなフレーズ。そして、ロシア語によるシアトリカルなヴォーカルにより歌われるリリカルなメロディとそれを格調高く彩る流麗なピアノ。まるでトレースのようにコロコロとカラフルな音色のキーボードが転がるファンタスティックなパートも良いし、終始、陽光に包まれたようなアンサンブルに満ち溢れています。美しい詩情をドラマティックに彩る、ここぞで炸裂するメタリックなギターとドラムによるアクセントも印象的。ファンタスティックかつ壮大な傑作!

  • LITTLE TRAGEDIES(MT) / PARIS SYMPHONY

    現ロシアを代表するシンフォ・バンド、97年当時はお蔵入りとなった実質的なデビュー作、09年リリース

    ロシア南西でウクライナに近い町、クルスク出身。あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成された90年代以降のロシア・プログレ・シーンを代表するキーボード・プログレ・バンド。97年にGennadyがパリを訪れた際にインスピレーションに打たれて作曲&録音したバンド初録音作品ながら、当時はリリースされなかった幻の作品。当時は、ギターレスのキーボードトリオ編成で、00年にギターが加わって以降のモダンなヘヴィネスを持った作品に比べ、ヴィンテージなサウンドが特徴です。キース・エマーソンゆずりのけたたましいムーグ・シンセを中心とする、クラシカルな気品とともに暗黒の攻撃性に満ちたダイナミックなキーボード・プログレが印象的。なぜこのクオリティで、どこからも当時リリースされなかったのか・・・。実質デビュー作といえる、若きGennadyの溢れんばかりの才気がつまった名作!

  • LITTLE TRAGEDIES(MT) / CHINESE SONGS PART TWO

    07年作、ヴィンテージ・キーボードが躍動するクラシカルかつダイナミックなキーボード・プログレ、00年代以降ロシア・プログレの最高峰!

    本格的な音楽教育を受け、交響曲も書けるほどにクラシックに精通したKey奏者&コンポーザーのGennady Ilyinを中心に、ロシア南西部のウクライナ国境に近い町クルスクで結成された新鋭プログレ・グループ。『RETURN』(05年作)『NEW FAUST』(06年作)『SIXTH SENSE』(06年作)と続々と壮大かつダイナミックな名作を生み出すなど、完全に覚醒して00年代プログレシーンの最前線へと躍り出たバンドによる07年作。中国の古詞をテーマとしたコンセプトアルバムで、2部構成でリリースされたうちの「第二部」にあたるのが本作。「第一部」はこれまでの作品にないリリカルなパートが印象的でしたが、本「第二部」では、ダイナミックなパートとともに「静」と「動」が「鮮烈」と言えるまでに対比したドラマティックなシンフォニック・ロックを聴かせています。「壮麗」という言葉がぴったりのクラシカルな旋律からキース・エマーソンばりのけたたましい旋律までスケールの大きなキーボード、速弾きを織り交ぜながらメロディを伸びやかに紡ぐギター、ロシア語の早口で畳み掛けるようなヴォーカル、シャープに疾走するリズム隊。圧倒的な演奏力と構築力で聴き手を飲み込む傑作です。

  • LITTLE TRAGEDIES(MT) / ZAPECHNYJ RAJ(PARADISE BEHIND THE STOVE)

    LOST WORLD BANDと並び00年代以降のロシアを代表するシンフォニック・ロック・バンド、19年デジタルリリース作の20年CD化

    名実共に00s以降のロシアを代表するシンフォニック・ロック・バンド、19年にデジタル版のみ発表された作品の20年CDリリース版。20世紀初頭に活動した自国の詩人、Nikolai Alekseevich KlyuevやSergei Alexandrovichの作品を題材にしたコンセプト・アルバムとなっています。キーボーディストGENNADY ILYINによるダイナミックなうねりを伴って押し寄せる怒涛のシンセサイザーと輝かしい管楽器隊がスリリングに絡み合いながら突き進むアンサンブルは、ずばりハンガリーのSOLARISにも比肩するエネルギーと迫力がみなぎっています。終始クラシカルで物悲しい旋律を紡ぎ続けるギターにも注目です。一点して女性のソプラノ・ヴォーカルが入る静謐なパートでのオペラ作品のように荘厳で張り詰めた空気感はいかにもロシアのバンドという感じ。従来作と比して本作で特徴的なのが随所で民族舞曲に由来するようなトライバルな疾走感が感じられる点で、クラシカルではありつつも、スラブの血を実感させる民族的な哀感が漂っていてグッとくるんですよね。いやはや今回も期待を裏切らない貫禄の13枚目!

    試聴は下記ページで可能です!
    https://littletragedies.com/music/

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。