プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ON TOUR WITH ERIC CLAPTON

DELANEY & BONNIE AND FRIENDS

333262(ATCO) 【2000年発売CD】

評価:50 1件のレビュー

この夫婦が居なければ、デレク&ザ・ドミノス『レイラ』もジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』もデイヴ・メイスン『アローン・トゥゲザー』も生まれていなかった!

この夫婦が居なければ、デレク&ザ・ドミノス『レイラ』もジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』もデイヴ・メイスン『アローン・トゥゲザー』も生まれていなかった!70年にリリースされた歴史的一枚!

エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスン、デイヴ・メイスンを夢中にさせ、アメリカ南部音楽へと向かわせたのがこの夫婦デュオ!ブラインド・フェイスを辞めてまで、クラプトンはこの夫婦のサポート・ギタリストとしてツアーに同行。その70年にリリースされた音源が、英米スワンプ・ロックの最重要な一枚と言えるこの作品。リズム隊は、カール・レイドル(ベース)、ジム・ゴードン(ドラム)という後にデレクとなるメンバー。リタ・クーリッジやデイヴ・メイスンも参加。1曲目から強烈なグルーヴで熱くメロウなシャウトを炸裂させ、クラプトンのギターも炸裂!スワンプ・ロック・ムーヴメントの起点となったロック史上に残る傑作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / TRILOGY の商品詳細へ

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)/TRILOGY

壮大な傑作組曲「ENDLESS ENIGMA」、コープランドをアレンジした華やかな「HOEDOWN」、ファンタジックな表題曲「TRILOGY」などバラエティに富んだサウンドを展開する72年作4th

990円(税込1,089円)

ERIC CLAPTON / 461 OCEAN BOULEVARD の商品詳細へ

ERIC CLAPTON/461 OCEAN BOULEVARD

71年発表、ドラッグ中毒からの劇的なカムバック作!キャリアを代表するエネルギーとメロディに溢れる名作、ボブ・マ―リーのカバー「I Shot the Sheriff」収録

790円(税込869円)

BUFFALO SPRINGFIELD / AGAIN の商品詳細へ

BUFFALO SPRINGFIELD/AGAIN

米フォーク・ロックの礎を築いた、スティーヴン・スティルス/ニール・ヤング/リッチー・フューレイ/ジム・メッシーナによる名グループ、67年の傑作2nd

290円(税込319円)

DAN PENN / NOBODY'S FOOL の商品詳細へ

DAN PENN/NOBODY'S FOOL

米SSW/スワンプ・ロック・ファンは避けては通れない、DAN PENNの73年1stソロ作!

2,390円(税込2,629円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

『LAスワンプ〜英スワンプ』コネクション

まとめて試聴する

英スワンプ・ロック選 〜 米ルーツ・ミュージックの芳醇さ meets 英国叙情

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    サザン・ロック/スワンプ・シーンを牽引した夫婦デュオ、レオン・ラッセルや後のD&Dの面々が参加した71年作!

    サザン・ロック/スワンプ・シーンを牽引した夫婦デュオ、レオン・ラッセルや後のD&Dの面々が参加した71年作!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 白人グループと思えないグルーブ感(5 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

デラニー・ブラムレットとボニー・ブラムレットの夫婦を中心とした大所帯バンドの英国ツアーを収録。二人の伸びのあるゴスペル・フレーバーのボーカルがまず素晴らしい。プラス、足腰の強いリズムは、カール・レイドル(bs)、ジム・ゴードン(ds)。キーボードのボビー・ウィットロックを合わせての三人がデレク・アンド・ドミノズのメンバーになります。グループ感は、ちょっと聞いて白人グループとは思えないものです。

メンバーは11人。ギターにデイブ・メイスンやクラプトンがいて、デラニーと合わせてトリプルです。バッキングをリタ・クーリッジがやっている豪華さ。この頃巷で話題のテデスキ・トラックスのメンバーも11人で、不思議な奇遇を感じます。さて、内容はどの曲も楽しさと激しさが堪能できる演奏です。特にアンコールのリトル・リチャードのメドレー。ベースが冷静なだけで、残りのメンバーは曲の進行なんか見ていません。これだけ無茶になれるライブも珍しいです。

ナイスレビューですね!