プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LAYLA AND OTHER ASSORTED LOVE SONGS

DEREK & THE DOMINOS

B001535402(POLYDOR

評価:50 1件のレビュー

名曲「Layla」で感動のフィナーレを迎えたと思うと、静かに始まる「Thorn Tree In The Garden」。これがまた切なくも味わい深くって素敵なんですよね〜。何気に本作中一番好きだったり!

クラプトンがデュアン・オールマンやデラニー&ボニー&フレンズのメンバーらと結成したバンドによる70年唯一作、ロック史に名を刻む不朽の名盤!

エリック・クラプトンがデラニー&ボニーのツアーを通して知り合った米南部系ミュージシャンと結成したグループ。70年リリースのバンド唯一作であり、ロック史上に残る傑作。ジョージの『All Things Must Pass』に通ずるような泥臭くもメロディアスな「I Looked Away」「Bell Bettom Blues」(クラプトン屈指の美メロ)「Keep On Growing」(抜群のグルーヴ)と続き、魂のブルース「だれも知らない」、静謐なフォーク・ロック「I Am Yours」、クラプトンのギターとデュアン・オールマンのスライド・ギターが火をふく「ハイウェイの関門」、メロウかつ粘っこい絶品スワンプ・ロック「Tell The Truth」、クラプトン屈指の名演「愛の経験」、感情ほとばしるジミへの追悼曲「Little Wing」、そして極めつけが「いとしのレイラ」、フォーキーな最終曲「庭の木」も絶品。もう「いとしのレイラ」が霞むぐらいの名曲の数々。僕は正直、好きな順でいけば、「いとしのレイラ」は下の方です。それぐらいの充実作。ロック史上に残る金字塔です。

YouTube動画

試聴 Click!

試聴 Click!

テーマでカケハす。

『LAスワンプ〜英スワンプ』コネクション

まとめて試聴する

エンジニア/プロデューサー選 トム・ダウド(Tom Dowd)

まとめて試聴する

英スワンプ・ロック選 〜 米ルーツ・ミュージックの芳醇さ meets 英国叙情

まとめて試聴する

米ブルース/サザン・ロックの天才ギタリスト、デュアン・オールマン参加作品セレクション

まとめて試聴する

レココレ増刊号『ジョージ・ハリスン スワンプ・ロック時代』連動【米国アーティストのスワンプ・ロック名盤】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • いとしのレイラ

    デレク&ザ・ドミノス

    UICY93701(ユニバーサル

    紙ジャケット仕様、SHM-CD、97年マスター採用、定価2667+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    クラプトンがデュアン・オールマンやデラニー&ボニー&フレンズのメンバーらと結成したバンドによる70年唯一作、ロック史に名を刻む不朽の名盤!

    名曲「Layla」で感動のフィナーレを迎えたと思うと、静かに始まる「Thorn Tree In The Garden」。これがまた切なくも味わい深くって素敵なんですよね〜。何気に本作中一番好きだったり!

  • いとしのレイラ

    デレク&ザ・ドミノス

    UICY77736

    廃盤、紙ジャケット仕様、SHM-CD、13年デジタル・リマスター、復刻巻帯付き仕様、定価2593+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    クラプトンがデュアン・オールマンやデラニー&ボニー&フレンズのメンバーらと結成したバンドによる70年唯一作、ロック史に名を刻む不朽の名盤!

    名曲「Layla」で感動のフィナーレを迎えたと思うと、静かに始まる「Thorn Tree In The Garden」。これがまた切なくも味わい深くって素敵なんですよね〜。何気に本作中一番好きだったり!

  • イン・コンサート

    デレク&ザ・ドミノス

    UICY77737/8

    紙ジャケット仕様、2枚組、SHM-CD、2009年マスター、復刻巻き帯付き仕様、定価3472+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    『いとしのレイラ』リリース直前の70年10月、フィルモア・イーストでの名演を収録!

    名盤「いとしのレイラ」発売直前の70年10月、フィルモア・イーストでのライヴ録音。

  • レイラ・セッションズ

    デレク&ザ・ドミノス

    POCP1057/9

    3枚組ボックス(LPサイズ)、帯・解説付仕様、定価5,777+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ボックスに傷みあり、カビ・ケースツメ跡あり、黄ばみあり、間仕切りのクッションはありません

    73年作『いとしのレイラ』制作の合間に録音されたジャム・セッションやオルタネイト・テイク等を収録!

    発売20周年を記念して発表された、名作「いとしのレイラ」のレコーディング・セッションの間に録音された貴重な別ヴァージョンを含む3枚組ボックス・セット。

  • レイラ・セッションズ

    デレク&ザ・ドミノス

    POCP1057/9

    3枚組ボックス(LPサイズ)、帯・解説付仕様、定価5,777+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    仕切りのスポンジ劣化しています、ボックス縁に破れあり、ケースツメ跡あり

    73年作『いとしのレイラ』制作の合間に録音されたジャム・セッションやオルタネイト・テイク等を収録!

    発売20周年を記念して発表された、名作「いとしのレイラ」のレコーディング・セッションの間に録音された貴重な別ヴァージョンを含む3枚組ボックス・セット。

  • LIVE AT THE FILLMORE

    DEREK & THE DOMINOS

    3145216822(POLYDOR

    三方背ケース・ブックレット付仕様、2枚組

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ブックレットにホチキス錆あり、スリップケースに若干圧痕あり

    70年10月23日&24日のライヴを収録、全13曲

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケース不良、ケースにヒビあり、帯はケースに貼ってある仕様です(いたみあり)、ケースツメ跡あり

    70年10月23日&24日のライヴを収録、全13曲

    790円

    632円
    (税込695円)

    174円お得!

    CD詳細ページへ

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケース不良、帯無、ケースにヒビあり

    70年10月23日&24日のライヴを収録、全13曲

    890円

    712円
    (税込783円)

    196円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 情念の人、クラプトン(6 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

エリック・クラプトンは面白い人で、十分ギターが上手いのに自分より偉大なギタリストを探し求めて「師」としてあがめて活動するところがあります。まず、ジミ・ヘンドリックス、次にデュエイン・オールマン。デラニー・アンド・ボニーのツアーに帯同していた、カール・レイドルほか腕利きのメンバー三人を引き抜き、デュエインまでおいで願ってバンドを作ってしまうのだから、この頃の彼は何かにすがらざるを得ないほど追いつめられていたのだと思います。(原因は不倫とジャック・ブルースだと思います。クリームでは大人と子どもぐらい意見が合わなかったでしょうから。)

この作品の全部の曲が好きな人ってどれぐらいいらっしゃるでしょうか。クラプトンって全部の曲の出来がいいわけではないと思います。ただ、時々音楽の神が下りてきた、としか思えない曲をつくることがありまして、それが魅力なんです。この作品の前半部は、わたし実はあまり聞いていません。なんか、無理やりスワンプに逃げ込んでいるような気がするから。ところが、曲を聞き進むうちに予定調和の南部世界は破たんしてくるのです。「Tell The Truth」以降、どんどん切ない世界になっていきます。「女を愛したことがあるかい?」と見栄をきったと思いきや、「リトル・ウイング」まで演ってしまう。この切迫感こそが「ロック」です。

もし、この作品をこれから求めて聞こうとする方がいらっしゃるなら、休み休みしながら聞いてみてください。わたしの知り合いでも、これを「通し」で聞いている人はあまりいません。最後のつぶやきのような曲が、また物悲しくて、この曲が終わったときに、大きな空洞が心にできたような気がします。こんな構成は、情念の人、クラプトンでなくてはできません。

ナイスレビューですね!