プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ジョンとポールの国イギリスから生まれた愛すべきブリティッシュ・ポップ・デュオたち

2人のシンガーソングライターが英国の田園風景をバックに紡ぐ美しいメロディと2人の歌声が奏でる穏やかなハーモニー。



ジョンとポールの国、イギリスから生まれたそんな愛すべきデュオ達をピックアップいたしました。



英国らしいメロディとハーモニーに酔いしれることといたしましょう!

STEALERS WHEEL

試聴 Click!

スコットランドのポール・マッカートニー!? 後期ビートルズのGeorge Harrisonっぽいアルペジオ!? Gallagher & Lyleと並ぶ名コンビ!? 英国田園ポップの逸品☆

SUTHERLAND BROTHERS

試聴 Click!

ロッド・スチュワートの「セイリング」の作曲者でもあるサザーランド兄弟率いるデュオ・バンド。英国らしい流れるようで憂いたっぷりのメロディとハーモニーと干し草香るアンサンブルにグッときっぱなし。

HUDSON-FORD

試聴 Click!

VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard HudsonとJohn Fordのデュオ。ルックスもジャケもイケてなくて^^、これぞニッチ・ポップの魅力プンプンでたまらないんですよね。サウンドも期待を裏切りませんよ、というか、かなり超えちゃいます!

SPLINTER

試聴 Click!

74年のデビュー作で、ジョージ・ハリスンが設立したダーク・ホースの第一弾作品。ジョージのプロデュースで、ギタリストとしても全面参加でスライドを鳴らしていて、ゲストも豪華だし、これ、最高!

EDWARDS HAND

試聴 Click!

ジョージ・マーティンのプロデュースで、ジャケのデザインは、あの『リボルバー』で有名なKlaus Voormanだって!?

TARNEY & SPENCER

試聴 Click!

ジョージ・ハリスンとエルトン・ジョンがデュオを組んだら? そんな牧歌性と都会的洗練とが同居した英ポップ・デュオによる76年作。

TENNENT & MORRISON

試聴 Click!

ジャケットはヒプノシス。レイドバックした土臭い楽曲から英国的なメロディーを持つメロウな楽曲まで、最上級の「イギリスのアメリカ」サウンドがここに。対称的な2人のヴォーカルによるハーモニーも心に染みます。

GOTHIC HORIZON

試聴 Click!

MITEN名義でソロとしても英フォーキー・ポップの名作を残すAndy Desmonによるデュオ。英国的なリリシズムとアシッド臭とのバランスが絶妙ですね。霧の中から現れる英フォークの逸品。

ROD DEMICK & HERBIE ARMSTRONG

試聴 Click!

いぶし銀ミュージシャン2人によるデュオ。美しい木漏れ日ジャケの通りのルーラルなフォーク・ロック。米国憧憬のアーシーさの中から滲み出てくる英国らしい木漏れ日感がたまらないなぁ。

STEVE & STEVIE

試聴 Click!

オハイオ生まれ、オーストラリア育ちで、80年代にはオリヴィア・ニュートン・ジョンの代表曲「フィジカル」を提供するなど作曲家として成功するSteve Kipnerによるデュオが、英国で録音した68年作なんですが、ビリー・ニコルス『ウッド・ユー・ビリーヴ』あたりを軽く凌駕しちゃうほどにビートリッシュかつまばゆい管弦楽アレンジに彩られたマジカルな逸品!

RHEAD BROTHERS

試聴 Click!

英国の兄弟デュオ、EMIから77年にリリースされた唯一作。ジェリー・ラファティのスティーラーズ・ホイールあたりに通じる陰影豊かなハートウォームな歌声とハーモニーとAORフレイヴァーもある洗練されたサウンドがいいなぁ。

RICHMOND

試聴 Click!

マイナーなデュオ作ですが、ビートリッシュな甘さとともにルーラルな牧歌性もあって、英国的なメロディ&ハーモニーもストリングスが彩るアレンジも良いし、ポップな英フォーク・ロックとして一級の名作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • EDWARDS HAND / EDWARDS HAND

    George Martinプロデュース、70年作、ドリーミーなメロディと枯れた哀愁溢れるアンサンブルがグッとくる名作

    Rod EdwardsとRoger Handによる英サイケ・ポップ・デュオPICADILLY LINEが改名したのがEDWARDS HAND。1stに引き続き、George Martinのプロデュースにより70年に録音された2nd。John Wetton(B)やCOLOSSEUMのJimmy Litherland(G)が参加しており、ドリーミーなメロディはそのままに、フォーク・ロック度が増し、英国的な叙情性が溢れた芳醇なアンサンブルが絶品。ハートウォーミングなメロディ、リリカルなピアノ、タメの効いたふくよかなリズム、枯れた哀愁溢れるギターが印象的な2曲目など、もうグッときっぱなし。初期MALK-ALMONDあたりに通ずる雰囲気もあり。英国ポップ/フォークのファンにとっては本当に愛すべき名作。なんとジャケット・デザインは、あの「REVOLVER」で有名なKlaus Voorman!

  • GOTHIC HORIZON / TOMORROW'S ANOTHER DAY

    美しいメロディとリリカルなアンサンブルによる英フォーク・ポップ・デュオ、72年作

    ブリティッシュ・フォーク・デュオ。72年作の2ndアルバム。2人の弾き語り中心の素朴なサウンドの1stに比べ、ドラム、ストリングス、ホーン、キーボードなどをフューチャーし、フォーク・ポップとして一層魅力が増した印象。格調高くも親しみやすいメロディー、繊細なヴォーカル&ハーモニー、リリカルなアンサンブルが一体となった佳曲揃いの名作。

  • HUDSON-FORD / FREE SPIRIT

    74年2nd、キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。74年作の2nd。ハートウォーミングだった1stに比べ、ギター、ストリングス、キーボードが全面に出たヌケの良いハード・ポップに仕上がっています。叙情的なメロディ&ハーモニーは健在で、ギュッとソリッドなアンサンブルとキャッチーなメロディが気持ち良すぎる、これぞ英ハード・ポップと言えるサウンドが堪能できます。エネルギッシュな楽曲の合間に挟まれるセンシティブな小曲も聴き所。

  • RICHMOND / FRIGHTENED

    73年リリース、メランコリックな英フォーク・ロックとして一級の名作

    Steve HallとChas Sewardによるデュオ。73年の唯一作。郷愁のメロディ&ハーモニー、優しく包み込むような歌声が魅力的な英フォーク・ロック。実に英国的な憂いを帯びた重厚なストリングスも良い雰囲気。ビートリッシュな甘さとともに、繊細さや荘厳さも内包したサウンドは孤高の存在感。メランコリックなメロディはどの曲も必殺の出来映え。ジャケットの雰囲気にピンと来たら、聴いて損は絶対にありません。Colin Hare、Ian Matthews、Emitt Rhodesあたりのファンは必聴!ポップな英フォーク・ロックとして一級の名作。

  • ROD DEMICK & HERBIE ARMSTRONG / LITTLE WILLIE RAMBLE

    米国憧憬の土臭さと英国的な木漏れ日感が同居する絶品ブリティッシュ・フォーク・ロック、71年作

    80年代にストローブスにも加入するロッド・デミック、70年代半ばにアン・オデールも在籍のフォックスで活躍したり、同じベルファスト出身のヴァン・モリソンとも交流するハービー・アームストロングといういぶし銀ミュージシャン2人によるデュオ。70年作の1st。エモーショナルにチョーキングしまくってはフリーキーなフレーズも織り交ぜる単音弾きのテンション溢れるアコギ、英国らしい陰影のあるブラス、そして、2人のソウルフルかつエネルギッシュなヴォーカル。米国憧憬の土臭いフォーク・ロックながら、やはり英国的な陰影や叙情性が滲むところにニンマリ。ジャケのイメージ通りの木漏れ日感もあるメロディアスかつパブ・ロッキンな楽曲も魅力的ですし、いぶし銀のアンサンブルと英国的なメロディとハーモニーが堪能できる佳曲揃い。アンドウェラやゲイリー・ファーやテネント&モリソンあたりのファンは間違いなくグッとくるでしょう。

  • SPLINTER / PLACE I LOVE

    ジョージ・ハリスンが設立したダーク・ホース・レーベルの第一弾アーティストとして送り出された英ポップ・デュオ、74年デビュー作

    ジョージ・ハリスンが設立したダーク・ホースの第一弾として74年にリリースされた英ポップ・デュオによりデビュー作。ジョージ・ハリスンのプロデュースで、ジョージはギタリストとして演奏でも全面参加している他、ビリー・プレストン、クラウス・フォアマン、アルヴィン・リー、ゲイリー・ライト、ジム・ケルトナー、メル・コリンズなどが参加。1曲目からバッドフィンガーをゴージャスなポップに仕立てたような生きのいいロック&ポップスでスタート!ジョージのスライド、アルヴィン・リーのキレのあるギター・ソロもキマってます。ジョージのドブロから哀愁がみなぎる干し草香るフォーキー・ポップの2曲目もグッとくるし、ゲイリー・ライトのピアノとビリー・プレストンのオルガンが叙情美たっぷりでメロウ&ドリーミーな3曲目も感動的だし、その後もフォーキー・ポップな佳曲が目白押しで、こ、これは素晴らしい!ジョージは、彼らの曲をはじめて聞いた時、ソングライティングの腕前に驚いたようですが、どの曲も本当にフックに富んでいます。英ポップ・ファンは必聴の名作。

  • STEALERS WHEEL / RIGHT OR WRONG

    スコットランドのポール・マッカートニーGerry Raffertyによる英フォーク・ポップ・デュオ

    ポール直系のSSWとして知られるGerry RaffertyとJoe Eganによるポップ・フォーク・デュオ。75年作の3rdにしてラスト・アルバム。タイトなリズムと美しいストリングスをフィーチャーし、今までで最もビートリッシュな1曲目「Benediction」からもっていかれます。後期ビートルズのGeorge Harrisonっぽいアルペジオが秀逸!ビートリッシュなメロディと哀愁のハーモニーはそのままに、幾分洗練されたサウンドは、英国ポップとしてグッと完成度が増した印象。ちょっとハード・エッジなギターをフィーチャーした曲もあり、メリハリが付いた分、彼らの持つ英国田園センスがくっきりと浮かび上がっています。干し草の香り漂うフォーキーな曲の魅力も相変わらず。いや〜、このソングライターコンビは本当に良いメロディを書きます。Gallagher & Lyleと並ぶ名コンビと言っても良いでしょう。名コンビの集大成と言える名作。

  • SUTHERLAND BROTHERS (BAND) / SUTHERLAND BROTHERS BAND

    美しいメロディと枯れた風情が印象的なスコットランドのグループ、71年作

    GavinとIainのSutherland兄弟によるデュオ。ISLANDSレーベルより72年にリリースされたデビュー作。とにかく英国的な憂いいっぱいの美メロ満載なのですが、それもそのはず、ロッド・スチュワートでお馴染みの名曲「Sailling」の作曲者は、このGavin Sutherlandなのです。干し草の香り漂うアコースティック・ギターのバッキング、ふくよかなトーンの歌心いっぱいのドラムとベース、ちょっぴり鼻にかかっていてロニー・レインにも通じるグッとくるヴォーカルと、さらにグッときて泣きそうになっちゃう叙情的なハーモニー。メロディも最高だけど、それにしても、DR.STRANGELY STRANGEなどでも活躍したドラマー、Neil Hopwoodのドラム、良いなぁ。ロニー・レインやスティーラーズ・ホイールやヘロンの2ndあたりのファンや、ポール・マッカートニーが好きな方は間違いなくニンマリしてしまうはず。しっかし、どの曲も最高だなぁ。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!