プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

英国&北欧のエレクトリック・トラッドを探求!

こんにちは。カケハシ・レコードです。
新しく取り扱いを開始したノルウェーのリイシュー・レーベルNORSKE ALBUMKLASSIKEREから、北欧トラッド・フォークを代表する名グループFOLQUEの各タイトルが入荷しました。

「北欧のSPRIGUNS」と呼ばれるFOLQUEの作品は、英国エレクトリック・トラッド・ファンにぜひ聴いて欲しい作品です。

そこで今回は、英国からスタートしてFOLQUEなど北欧のエレクトリック・トラッド作をご紹介していきます。

お楽しみいただければ幸いです!

FAIRPORT CONVENTION / FULL HOUSE

サンディ・デニーとアシュレー・ハッチングスはいなくなりましたが、リチャード・トンプソンを軸とするあまりに芳醇で躍動感に溢れた演奏が素晴らしすぎる傑作。トラッドらしいピリッとした荘厳さもあって、英国トラッド・フォーク・ロックの魅力が凝縮された一枚ですね!

試聴 Click!

HEDGEHOG PIE / HEDGEHOG PIE

元JACK THE LAD、DANDO SHAFTのメンバーらによるバンドってどんだけ激渋メンツ!?TREESファンからCOMUSファンまでにおすすめの英国エレクトリック・トラッド逸品!

試聴 Click!

WOODS BAND / WOODS BAND

ゲイ&テリー・ウッズを中心に結成されたウッズ・バンド唯一のアルバム。アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、ダルシマートによる広がりのあるサウンドと、タイトなリズムが重厚なバンド・アンサンブルを奏でるエレクトリック・トラッドの名盤!

試聴 Click!

MANDY MORTON & SPRIGUNS / MAGIC LADY

フィメール・ヴォーカリストMandy Mortonを中心とした英エレクトリック・トラッド・グループによる、サンディ・デニーへの追悼作3rd。哀愁極まるメロディ、むせび泣くフィドル、そして冷気漂うヴォーカル・・・。悲しくも美しいフォーク作品です。

試聴 Click!

FOLQUE / DANS DANS OLAV LILJEKRANS

北欧の小村で村人が楽しげに踊る情景に流れている音楽そのものといった風情のサウンドを聴かせる、賑々しくも哀愁たっぷりのトラッド・フォークにグッと来ちゃいます。STEELEYE SPANやDULCIMER、仏MALICORNEなどがお好きなら是非。

試聴 Click!

FOLQUE / FREDLOS

同じくFOLQUEの80年作5th。前作に比べるとロック色が強めで、牧歌的なトラッドとダイナミックなロック・サウンドとが見事に調和しています。力強いアンサンブルと芯のある女性ヴォーカル、優美ながらスリリングなヴァイオリンとでびしっと決める「Hjuringstev」がかっこいい!

試聴 Click!

KEBNEKAJSE/ KEBNEKAISE II

北欧エレクトリック・トラッドと言えばこのバンドですね。野太いリズムと心地よく歪んだギターが印象的。哀愁とユーモラスさが絶妙にバランスしたサウンドは北欧らしさ満点!

試聴 Click!

こちらの記事も合わせてご覧ください!


北欧70sロック・セレクション

【関連記事】

北欧70sロック・セレクション

ビートルズをはじめとしたブリティッシュ・ポップの影響を軸に、ザ・バンドなどルーツ色あるアメリカン・ロックも取り込みつつ、北欧伝統の舞踏曲のエッセンスも盛り込んだ、痛快かつ哀愁いっぱいの北欧ロック作品をセレクト!


KEBNEKAJSEの71年デビュー作『RESA MOT OKANT MAL』~ 北欧はスウェーデンの名プログレ・ハード・バンド - ユーロロック周遊日記

【関連記事】

KEBNEKAJSEの71年デビュー作『RESA MOT OKANT MAL』~ 北欧はスウェーデンの名プログレ・ハード・バンド – ユーロロック周遊日記

【ユーロロック周遊日記】北欧はスウェーデンの名プログレ・ハード・バンド、KEBNEKAJSEの71年デビュー作『RESA MOT OKANT MAL』


英国エレクトリック・トラッドの名作を探求!

【関連記事】

英国エレクトリック・トラッドの名作を探求!

ただいま注目を集めているマンディ・モートン&スプリガンズなど、英国エレクトリック・トラッドの名作を探求!


PENTANGLE『CRUEL SISTER』を起点に、幽玄な空気に包まれたトラッド・フォークをセレクト。

【関連記事】

PENTANGLE『CRUEL SISTER』を起点に、幽玄な空気に包まれたトラッド・フォークをセレクト。

気品に満ちつつもどこか幽玄な雰囲気に包まれたトラッド・フォークの名品をセレクト!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • MANDY MORTON & SPRIGUNS / MAGIC LADY

    フィメール・ヴォーカリストMandy Mortonを中心とした英エレクトリック・トラッド・グループ、78年最終作3rd

    英国フォークを代表するフィーメール・ヴォーカリストの一人、マンディー・モートンを中心としたエレクトリック・トラッド・グループ。「Time Will Pass」に続き、78年にリリースされた3rdアルバム。1st、2ndに比べると知名度は低いですが、情感溢れるマンディの歌唱や、演奏のダイナミズムと格調高さなど、完成度は勝るとも劣らない名作。

  • WOODS BAND / WOODS BAND

    アイルランドの伝説的バンド、スウィニーズ・メンのメンバーで、スティーライ・スパンでも活動したウッズ夫妻によるグループ、71年作

    ゲイ&テリー・ウッズを中心に結成されたウッズ・バンド唯一のアルバム。アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、ダルシマートによる広がりのあるサウンドと、タイトなリズムが重厚なバンド・アンサンブルを奏でます。トラッドを下地にした格調高く美しいメロディーも絶品。

  • FAIRPORT CONVENTION / FULL HOUSE

    彼らの作品中でも屈指の人気と完成度を誇る英エレクトリック・トラッドの傑作、70年作

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる70年5th。名盤となった前作「Liege & Lief」をリリースした後、Sandy DennyとAshley Hutchingsが脱退、Dave Peggが加入して男性グループへとシフトした作品ですが、その内容はグループのフロントであったSandy Dennyの脱退を全く感じさせないブリティッシュ・トラッド・フォークの名盤となっており、特にRichard Thompsonのギターをはじめとしたバンドの緊張感溢れるパフォーマンスは、さすが全盛期の彼らならではのものです。

  • HEDGEHOG PIE / HEDGEHOG PIE

    元JACK THE LAD、DANDO SHAFTのメンバーらによる英トラッド・フォーク・バンド、74年作

    LINDISFARNEのメンバーらと結成したバンドJACK THE LADのベース/ヴォーカルPhil Murrayや、DANDO SHAFTで活動した古楽器/弦楽器奏者Martin Jenkinsらが参加する英エレクトリック・トラッド・グループ、74年作。アタック感のあるアコギ、テクニカルな音運びのベースやスリリングに吹き鳴らすフルートらが織りなす、疾走感あるアグレッシヴなトラッド・フォークを持ち味とします。そこに乗る、豊かな低音で歌う男性ヴォーカルとかなりハイトーンの女性ヴォーカルによるコンビネーションも絶品。特に女性ヴォーカルは微かにハスキーな声質が神秘性を高めていて素晴らしいです。アコギの強いストロークとややヒステリックに歌う女性Voが緊張を煽るナンバーではCOMUSもチラつく狂気が見え隠れしますが、かと思うと次の曲では賑々しいフィドルが駆ける軽快なトラッドが鳴らされ、緩急自在なスタイルが魅力的です。TREESファンからCOMUSファンまでおすすめのトラッド・フォーク逸品!

  • FOLQUE / DANS DANS OLAV LILJEKRANS

    ノルウェー出身、北欧トラッド・フォークを代表する名グループ、FAIRPORT CONVENTIONなど英トラッド・フォークや仏MALICORNEのファンにもオススメの78年4th

    ノルウェーのトラッド・フォーク・グループ、78年の4thアルバム。男女ヴォーカル、ダルシマー/マンドリン/バンジョーを兼任するマルチ・プレイヤー、フィドル/ハーモニウム奏者を含む7人編成に、クルムホルン、ルネサンス期のダブルリード楽器コルナムーゼ、バロック期の木管楽器ランケットなど古楽器を操るゲストプレイヤーを迎えて制作されています。そんな各種の管弦楽器が賑々しく交歓する祝祭感溢れるトラッド・ミュージックがとにかく絶品。シンプルなリズムに乗って芳醇な音色で駆けるフィドル、そこにアコギとマンドリンが瑞々しいタッチで合わせ、男女ヴォーカルがハートフルなノルウェー語で表情豊かに歌います。これはまさに北欧の小村で村人が楽しげに踊る情景に流れている音楽そのものといった風情のサウンド。エレキギターもこれしかないという哀愁を帯びた味わいあるプレイでアンサンブルを支えます。最終曲で聴ける古楽器による荘厳なアンサンブルは、フランスのMALICORNEなども彷彿。FAIRPORT CONVENTIONやSTEELEYE SPAN、DULCIMERなどの英トラッド・フォーク好きの方にもオススメの一枚です!

  • FOLQUE / FREDLOS

    ノルウェー出身、北欧トラッド・フォークを代表する名グループ、前作よりロック色が強めの80年作5th!

    ノルウェー出身、北欧トラッド・フォークを代表する名グループ、80年作5th。トラッドのインスト曲を挟みながら前作に比べると全体的にロック色が強めなのが特徴。特にトラッドを土台にしたダークな雰囲気の2曲目がかっこよく、2分半ほどの短い曲ですが、力強いアンサンブルと芯のある女性ヴォーカル、優美ながらスリリングなヴァイオリンとでびしっと決めて強い印象を残します。トラッドとダイナミックなロック・サウンドとが見事に調和したエレクトリック・トラッドの好作!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。