プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

果物が美味しい季節なので、フルーツジャケ探求!



スタッフ佐藤です。

「フルーツジャケに外れなし!」かどうかは全然知りませんが、何となく画が華やかになって購買意欲をそそる気がしないでもありません。

ちょうど果物が美味しい時期になってまいりましたので、今回はフルーツジャケを探求してまいりましょう~🍎

STRAWBS / LAY DOWN WITH THE STRAWBS

さすがバンド名に冠されているだけあって、美味しそうなイチゴをあしらったジャケットが多いストローブス。

こちらは2006年のライヴを収めた映像作品となっています。

元メンバーでハドソン=フォードとしても活躍したJohn Fordのゲスト参加が嬉しい!

試聴 Click!

APPLE/AN APPLE A DAY

当時の英国でアップルと言えばビートルズが連想されますが、無関係ながらこちらも実に素晴らしい一枚。

英国印のポップでカラフルな胸キュン・サウンドのオンパレードに思わずウキウキしてきます。

英国レイト60sサイケ・ポップ珠玉の名盤!

試聴 Click!

グレープフルーツ/アラウンド・グレープフルーツ

一方こちらはジョン・レノンがグループ名の名付け親という意味でも、ビートルズとの関わりが深いグループ。

中心メンバーであるジョージ・アレキサンダーは、AC/DCのヤング兄弟の長兄アレックス・ヤングですね。

名前の通り、中期ビートルズをさらに爽やかフレッシュにしたような溌溂としたサウンドが魅力的!

試聴 Click!

PROCOL HARUM/EXOTIC BIRDS AND FRUIT

タイトルが示す通り、南国で採れそうなフルーツがたっぷり描かれたジャケットが印象的。

大名盤『GRAND HOTEL』の次作ということでやや影の薄さはありますが、こちらもなかなか充実の作品ではないでしょうか。

Chrysalisレーベルへの不満をパンキッシュに歌った楽曲なんかもありつつ、滲み出る気品と哀愁と華やかさが実に彼ららしいですね。

試聴 Click!

JUICY LUCY/JUICY LUCY

インパクトあるフルーツジャケならこちらは外せませんよね。

まさにVertigoのレーベル・マークの如くサウンドがグルグルと渦巻く、エネルギーいっぱい、エグさいっぱい、スワンプもソウルも混ぜ込んだ濃厚アングラ英ロック!

試聴 Click!

ELECTRIC BANANA/COMPLETE DE WOLFE SESSIONS

PRETTY THINGSの変名バンド、「ELECTRIC BANANA」を君は知っているか!

唸りをあげる紫煙のファズ・ギター、ドタバタと叩きまくりのドラムに、よれたサイケ・ポップ感覚が満載!

試聴 Click!

バナナジャケならめちゃくちゃ有名な作品がアメリカにありますね!

VELVET UNDERGROUND & NICO / VELVET UNDERGROUND AND NICO

世界一有名なフルーツジャケで間違いないですね…。

今でこそ歴史的な名盤として知られていますが、発売当初はなんとビルボードチャート171位が最高。

Lou ReedとJohn Caleという偉大なる才能がぶつかり合うことで誕生した、時代の先を行き過ぎた傑作。

試聴 Click!

MOBY GRAPE / WOW

東がバナナジャケなら、西海岸側のフルーツジャケはこれでしょう。

シスコ・サイケの実力派による68年作2nd!

Buffalo Springfieldあたりに通ずるリリカルなフォーク・ロック、ファズ・ギターが炸裂するサイケ・ロック、むせび泣くブラスをフィーチャーしたR&Bロック、まどろみサイケ・フォークなど、多彩に展開する完成度の高いサウンドに驚きます。

試聴 Click!

ALLMAN BROTHERS BAND / EAT A PEACH

ラストは南部ジョージア州からこの名盤をピックアップしちゃいましょう。

でっかいブドウに続いては、でっかい桃。アメリカの人はとにかくでっかいのが好きですね!

青空のように明るいのに、泣きたくなるように切ない……生前のスタジオ録音を含む、デュアン・オールマン追悼盤。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
果物には虫が付きもの…ということで虫ジャケ探求記事もございます☆


春ですね・・・「虫ジャケ」特集!

【関連記事】

春ですね・・・「虫ジャケ」特集!

昆虫がジャケットに登場する作品をピックアップ☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • ALLMAN BROTHERS BAND / EAT A PEACH

    サザン・ロックの雄、72年の出世作!

    急逝したデュアン・オールマンを含む布陣によるスタジオ音源と、フィルモア・イーストで収録されたライヴ音源で構成。トップ10ヒットとなった72年の出世作。

  • PROCOL HARUM / EXOTIC BIRDS AND FRUIT

    前作『GRAND HOTEL』に続き、華やかでダイナミックなサウンドを聴かせる74年作7th

    1974年リリース、名作『グランド・ホテル』に続く7枚目のスタジオ・アルバム。前作同様、ピアノやストリングスによる荘厳で華やかなアレンジを施した重厚なサウンドが特徴。プロコル・ハルムらしい哀愁の歌メロも存分に聴かせつつ、よりダイナミズムに富んだ賑やかなサウンド・メイクで楽しませてくれます。B面では同時期のロキシー・ミュージックなどを彷彿とさせるポップでパンキッシュな曲調も披露。当時の所属レーベルChrysalisへの不満を歌った「Butterfly Boys」など毒のあるナンバーもありつつ、その中にどこか隠し切れない気品が滲み出ているのが大変彼ららしい、愛すべき一枚です。

  • APPLE / AN APPLE A DAY

    英サイケ・ポップ珠玉の名作、69年作

    ウェールズはカーディフ出身のサイケ・ポップ・バンド。ラリー・ペイジのPage Oneより69年にリリースされた唯一作。ほとんど売れずにこの一枚のみで解散となったようですが、サイケ全盛の67年にリリースされていれば!少なくともあと一年早く68年にリリースされていれば、評価は全く違ったことでしょう。サイケ・ポップとしてのクオリティは素晴らしい!キレのあるドライヴ感あるリズム隊、ピート・タウンゼントばりに炸裂するエッジの立ったエレキ・ギター、疾走するベース、弾むキーボード。そして、フックに富んだメロディ、エコーに包むられたコーラス・ワーク。エネルギッシュなビートから、一転してまどろんだパートへと展開するなど、アレンジも見事です。ザ・フーやキンクス直系のビートが効いた曲から、マイナー調にクラクラするゾンビーズばりの気品あるサイケ・ポップまで聴きどころたっぷり。サイケ・ポップのファンは必聴の快作です。

    • CRSEG079

      デジパック仕様、ボーナス・トラック4曲、デジタル・リマスター

      レーベル管理上、デジパックに小さい角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

    • CRSEG079

      デジパック仕様、ボーナス・トラック4曲、デジタル・リマスター

      盤質:傷あり

      状態:良好

      若干圧痕あり、側面部に若干折れあり

  • JUICY LUCY / JUICY LUCY

    69年にVertigoレーベルよりリリースされたデビュー作、エグみたっぷりのアンダーグラウンド・ブリティッシュ・ロック名作!

    英サイケ/ガレージ・グループMISUNDERSTOODの残党が結成したグループ。69年にVERTIGOレーベルよりリリースされたデビュー作。アメリカ人ギタリストGlenn Ross Campbellによるブルージー&スワンピー&ハードなギター、そして黒人ヴォーカリストRay Owenの強烈なアクを放つフリーキーなヴォーカル。そこにサックスが地を這うように絡みつく!Vertigoのレーベル・マークのごとくにサウンドがグルグルと渦巻きます。ジャケットの雰囲気通りのオリジナリティいっぱい、エネルギーいっぱい、エグさいっぱいのサウンド!アンダーグラウンド・ブリティッシュ・ロックの名作!

  • ELECTRIC BANANA / COMPLETE DE WOLFE SESSIONS

    PRETTY THINGSの別名義、DE WOLFEレーベルよりリリースした67-78年の全スタジオ作を収録!

    PRETTY THINGSのメンバーによる別名義グループ。彼らがDE WOLFEレーベルに残した『ELECTRIC BANANA (1967)』『MORE ELECTRIC BANANA (1968)』『EVEN MORE ELECTRIC BANANA (1969)』『HOT LICKS (1973)』『RETURN OF THE ELECTRIC BANANA (1978)』の全5タイトルを収録した3枚組アンソロジー。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

None Found

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。