プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

韓国BIG PINKレーベルより、ジョージのダーク・ホース発ファンク・ロックJIVAやフレンチ・ハード・ロックLES VARIATIONなどがリイシュー!

韓国BIG PINKより入荷した、今月の新作リイシューをご紹介いたしましょう。

今回はアメリカ・フランス・ドイツの5バンドの作品が、初CD化も含むリイシューとなりました。

試聴しながらお好みの作品をチェックしてみてください!

まずはアメリカの2バンドからまいりましょう~。

JIVA/JIVA

ジョージ・ハリスンのレーベルDARK HORSEから発表されたニッチな一枚。西海岸のバンドらしい青空に抜けるような解放感と爽やかさに、ソウル・ミュージック由来のコクがブレンドされたようなサウンドが抜群に心地よい!

試聴 Click!

DADDY LONGLEGS/DADDY LONGLEGS

渡英して活躍したバンドなのですが、ジャケ通りの陽気でコミカルな曲やのんびりとしたフォーク・ロックなど、さすが米出身らしいラヴ&ピースな雰囲気を感じます。BBCの名物DJジョン・ピールも太鼓判を押した好グループ!

試聴 Click!

続いてはフランスの2バンド!

LES VARIATIONS/CAFE DE PARIS

ツェッペリン影響下のハード・ロックにエキゾチックなヴァイオリンなどのユダヤ音楽要素を加えたサウンドは個性満点!アメリカでも人気を博した仏産ハード・ロック・バンドによる渾身のラスト作!

試聴 Click!

ZOO/ZOO

60年代末のフランスに、コロシアムやニュークリアスやグレアム・ボンドに対抗できるこれほどのグループが居たとは・・・。

試聴 Click!

最後はドイツ発のこの作品!

RANDY PIE/ENGLAND ENGLAND

名key奏者Kravetzによる極上のオルガンやクラビネットに、グルーヴィー&テクニカルなベースとキレのあるドラムが絡み、ソロを回し、最高潮へと昇り詰める!ジャズ・ロック好きとしてはズバリ彼らの最高傑作に挙げたい、白熱のライヴ盤!

試聴 Click!

いかがでしたか?気になる作品がみつかれば幸いです!

関連カテゴリー

関連在庫

  • ZOO / ZOO

    フランス最初期のブルース/ジャズ・ロック・グループ、69年作1st、これは素晴らしい一枚!

    フランスのブルース/ジャズ・ロック・グループ、69年の1st。聴いて驚きました。フランスにコロシアムやニュークリアスやグレアム・ボンドに対抗できるこれほどのグループが居たとは。グルーヴィーかつ時に水面を子供がジャバジャバするように無邪気で浮遊感いっぱいのハモンド、ニュークリアスばりに艶やかで陰影に富んだホーン・セクションやギター、クリス・ファーロウもびっくりのソウルフルなヴォーカル。時にヴァイオリンも入って、テンションみなぎる超絶アンサンブルも聴かせたり、これは相当に熟達のメンバーが集まったグループに違いありません。マグマやゴング以前にこんなグループが居たとは。恐るべしフレンチ・ロック。これはオススメです。

  • JIVA / JIVA

    LA出身のファンク・ロック/AORグループ、ジョージ・ハリスン主宰のダーク・ホース・レーベルより発表された75年作2nd

    アメリカはロサンゼルス出身のファンク・ロック/AORグループが、ジョージ・ハリスン主宰のダーク・ホース・レーベルより発表した75年作2ndアルバム。コシのあるベースプレイが特徴のグルーヴィなリズム隊、キレのいいカッティングで演奏をリードするギター、そして抜けの良いコーラスを伴ったソウルフルなヴォーカル。西海岸らしい青空に抜けるような解放感と爽やかさに、ソウル・ミュージックのコクがブレンドされたようなサウンドが堪らない一枚です。

  • RANDY PIE / ENGLAND ENGLAND

    ドイツのファンキー・ロック・グループ、白熱のジャズ・ロック・アンサンブルが楽しめる76年ライヴ盤!

    ドイツのファンキー・ロック・グループ、76年にLP2枚組でリリースされたライヴ盤。本作の魅力はズバリ、「本格ジャズ・ロック/フュージョン・バンド」と言って差し支えないダイナミックでスピード感溢れる演奏!前年の3rd『KITSCH』はシンセの比重も大きく、キャッチーで洗練されたディスコ系統のサウンドという印象でしたが、一方でこのライヴ盤は間違いなく「ロック」。FRUMPYにも在籍した名key奏者Kravetzによる極上のオルガンやクラビネット、黒人ばりのグルーヴ感を醸し出す技巧的なベースにキレのあるドラムがスピーディーに絡み合い、ソロを回し、最高潮へと昇り詰めていく様はファンキーなジャズ・ロック・ファンならグッと来る事間違いなし。オーディエンスの合いの手や歓声もライヴの白熱ぶりをリアルに伝えていて堪らないですっ!彼らの最高傑作と言っても過言ではない名ライヴ盤!

  • LES VARIATIONS / CAFE DE PARIS

    66年結成、モロッコ出身メンバー在籍の仏ハード・ロック・バンド、米国レーベルからリリースされた75年最終作

    1966〜77年にかけて活動、フランスで初めて米国のレーベルと契約しヒットを放ったことで知られるハード・ロック・グループ。モロッコ出身のユダヤ人メンバーが多く在籍しており、LED ZEPPELIN等からの影響にエキゾチックなユダヤ音楽要素を織り交ぜたユニークなサウンドが特色です。本作は彼らの最終作となった75年作4th。時代もあってキャッチーなグラム色も感じられつつ、ツェッペリン直系の力強いリフとエネルギッシュなヴォーカルを基調に、ヴァイオリンによる中東風フレーズなどのエキゾチック・テイストを程よく散りばめたサウンドは非常にバランス良く、ハイレベル。QUEEN好きにもオススメできそうな名作です。

  • DADDY LONGLEGS / DADDY LONGLEGS

    英の名物DJジョン・ピールも気に入ったというラヴ&ピースな雰囲気漂う米フォーク・ロック・バンド、70年作。

    67年頃に米で結成されたフォーク・ロック・グループ3人組。NYなどで活動した後、69年に渡英。BBCラジオの名物DJジョン・ピールにも気に入られ、英アングラ・シーンで人気があったようです。メンバー1人を加え70年にWARNERレーベルより本作でデビュー。陽気なでコミカルなT1やT2、少しシリアスな雰囲気でエキゾチックなギターが印象的なT7、のんびりと気持ちのいいフォーク・ロックT9など、米西海岸のラヴ&ピース漂う時代の空気が詰まった作品です。ちなみにメンバーはこの後、ベースのKURT PALOMAKIやキーボードのPETER ARNESENはジャズ・ロック・バンドのIFへ参加したり、ギターのSTEVE HAYTONは英フォーク・ロック・バンドDAYLIGHTや、英女性SSW、JULIE FELIX の作品へ参加したりと活躍しています。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。