プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

MIZUKI da Fantasia ライヴレポート(2020/1/26) @下北沢GARDEN

スタッフ佐藤です。

1月26日、下北沢GARDENで行われたMIZUKI da Fantasiaのライヴを観てまいりました!

沖縄出身のヴォーカリストMIZUKIと、ピアニストAnna Hardyの2人を中心とするプログレッシヴ・ロック・グループMIZUKI da Fantasia。
ストレンジデイズの岩本晃市郎氏がプロデュースのほか作詞・作曲・アレンジ等に全面参加していることでもプログレ・ファンの注目を集める存在です。

MIZUKI da Fantasiaは2人ユニット編成/バンド編成で何度かのライヴを行なってきましたが、今回はレコーディング・メンバーであるYUKA & CHRONOSHIPの3人とASTURIASの川越好博を迎え、MIZUKI da Fantasiaの音楽性をフルに発揮できる最強布陣でのライヴとなりました。

編成は以下の通り。

MIZUKI – ヴォーカル
Anna Hardy – ピアノ/キーボード
宮澤崇 – ギター
田口俊 – ベース
田中一光 – ドラム
川越好博 – キーボード/メロトロン

注目は何と言っても歌姫MIZUKIの熱唱。相方Annaのピアノとベテラン・ミュージシャンらによる鉄壁の演奏に乗って、曲ごとに豊かに表情を変える魂のこもったヴォーカル・パフォーマンスがたっぷりと堪能できるライヴでした。ちなみにメロトロンは実機で川越氏がプレイ。

3rdアルバムに収録の「名前のない朝」は、情感を湛えたヴォーカルにクラシカルでキレのあるオルガンと奥ゆかしいメロトロンの響きが絡む哀愁溢れる一曲で、エモーショナルなヴォーカルを受け継ぎ泣きのギターソロへと流れていく終盤はプログレ・ファンなら胸を厚くせずにはいられない展開です。生で聴きたかった曲の一つなので嬉しかった!

一方で1st収録の「マボロシノアイ」は、一声一声を絞り出すようにして歌い上げるブルージーなMIZUKIのヴォーカルに痺れるナンバー。アルバム・バージョンよりもグッと感情をこめて歌われていてとにかく迫力満点です。ラストの「すべては幻」と歌う部分はあまりの声量に、最後列だったにもかかわらず思わすのけぞってしまうほどでした。

さらに2ndのナンバー「蜃気楼の街」では、美声を生かして伸びやかに歌われるヴォーカルにただただ聴き入ります。序盤からヴォーカリストMIZUKIの魅力が凝縮されたパフォーマンスの連続に、その音世界へとグイグイ惹き込まれます!


切ないピアノの旋律と憂いを秘めたMIZUKIのヴォーカルで紡がれるドラマチックなメロディが胸を打つ「幻想の一夜 ~In memory of fantasy」や、フォーカスを思わせる中世音楽エッセンスを持つインスト・パートとエモーショナルなヴォーカル・パートで構成された「奇跡の国へようこそ」などお馴染みとなったナンバーも、ライヴではより色彩鮮やかにかつ熱量をもって観客に迫ってきます。一曲一曲で奥深い世界観を表現する楽曲の完成度の高さを改めて実感。

そして以前観た18年のライヴでも印象的だった、キャッチーなテーマが印象的な「Fly to the future : Round & Round」は非常にライヴ映えするカッコいいナンバーで俄然盛り上がりました。タイトなリズムとエッジの立った鋭いギターが唸るハード・タッチながらファンタジックで飛翔感あるアンサンブルが熱い。またイエス「シベリアン・カートゥル」の「Blue tail, tail fly, Luther, in time…」と単語を羅列するあの部分を思い起こすパートは、何度聴いてもニンマリとしてしまいます。



またプログレ・ファンとしては3rd収録の「オン・ザ・ホリデイ / エンド・オブ・ザ・ワールド」は名演と言う他ありませんでした。叙情的なピアノと和のテイストを感じさせる神秘的な旋律を歌うヴォーカルが美しい前半、そしてスリリングなインストゥルメンタルへとなだれ込む後半と劇的な構成で一気に聴かせるプログレッシヴな感性に溢れた傑作で、緊張感を孕んだメロトロンとギターがせめぎ合うパートは鳥肌ものでしたね~。

Annaのピアノをバックに歌われる珠玉のバラード「ひまわりの季節」は、慈愛溢れる暖かな歌声とオリジナル以上の力強さと神々しさで鳴り響くラストのチャーチ・オルガン風キーボードの対比が涙を誘う、大変感動的なパフォーマンスでした。



アンコールでは、MIZUKIとAnnaに加え、ライヴ本編でも1曲に参加したレコーディング・メンバーの一人であるトランペット奏者を交えた3人でハートフルな「サクラサク道」を披露。

と、まだライヴは続く中、ここで佐藤は電車の関係で泣く泣く会場を後にしたのでした…。



最後まで観れなかったのは残念ですが、これまでリリースされた3作品からのベスト選曲と言える内容で、十分すぎるほどにMDFの世界を堪能することができました!

MIZUKI da fantasiaというプロジェクトはこれをもって一旦完結を迎えるとのことです。これまでジャパニーズ・プレグレ史に残る素晴らしいサウンドを届けてくれたことに感謝!

次の展開としてはAnna Hardyがソロ活動を開始し、5月にソロアルバムのリリースとライヴを控えています。
まだまだプログレ・ファンは目が離せませんね!

MIZUKI DA FANTASIAの在庫

  • MIZUKI DA FANTASIA / IN MEMORY OF FANTASY

    女性ヴォーカリストMizukiを中心とする、70年代ロックの遺伝子を受け継いだ日本のプログレ・バンド、2017年デビュー作!

    ストレンジ・デイズの岩本晃市郎氏がプロデュースのほか作詞・作曲・アレンジ等にも全面参加している新鋭で、沖縄出身の若手女性ヴォーカリストMizukiを中心とするプログレッシヴ・ロック・グループ、17年のデビュー作。バンドのコンセプトは、「70年代のプログレと現在の音楽シーンをリンクさせる」というもの。初期クリムゾンや初期P.F.Mといった往年のプログレから影響を受けた美しいメロトロンを伴った気品高くも重厚な音作りと、カルメン・マキ&OZや四人囃子など日本のバンドへのリスペクトに溢れた哀愁を帯びたメロディと日本語ヴォーカルが合わさった、70年代ロックのスピリットを正統に受け継ぎ練り上げた見事なプログレッシヴ・ロックを聴かせています。その原動力となっているのが、主役である女性シンガーMizuki。豊かな声量と繊細かつ奥深い表現力を合わせ持った実力派で、轟々たるメロトロンにも負けることのない存在感ある歌声に心奪われます。時に演奏を力強くリードし時に優しくヴォーカルを支える、クラシックの素養を持つピアノ/キーボードのプレイも紛れもなく一級品です。一方で、現代のJ-POPに通じる日本人にとって耳馴染みの良いメロディにもいたるところで出会うことができるのが特徴で、特にラブソングやバラードナンバーでは、一般的なプログレッシヴ・ロック作品では味わうことができないハートフルなドラマ性が強く心を揺さぶります。往年のプログレ/ロック・ファンから現代日本の音楽を中心に聴く若い世代までに訴えかけるポテンシャルを持ったサウンドであると言えるでしょう。感動溢れる新世代ジャパニーズ・プログレの傑作!

  • MIZUKI DA FANTASIA / QUESTION 1969

    女性ヴォーカリストMizukiを中心とする新世代ジャパニーズ・プログレ・グループ、19年作3rd!

    ストレンジ・デイズの岩本晃市郎氏がプロデュースのほか作詞・作曲・アレンジ等に全面参加する新鋭で、沖縄出身の女性ヴォーカリストMizukiと女性ピアニスト/キーボーディストAnna Hardyを中心とするプログレッシヴ・ロック・グループ、前作から1年で届けられた19年3rdアルバム。デビュー作に顕著だった70年代ジャパニーズ・ロックから現代のJ-POPへと受け継がれる日本人の耳に馴染みのある情緒に富んだメロディライン、そして前作で大きくフィーチャーされたメロトロン/ピアノ/オルガンが作り上げる中世音楽的エレガンスを帯びたシンフォニック・ロック要素。ライナーでも語られている通り、それら過去2作品の特色を組み合わせた、MIZUKI DA FANTASIAならではの音楽性を突き詰めたサウンドとなっていてこれは見事です。上記3種のキーボードが折り重なり厳かかつ慈愛に満ちた音世界を生み出す中を、凛とした美しさにブルージーな哀愁を加えたようなヴォーカルが圧巻の表現力で歌い上げる前半は、胸打たれるバラードが満載。後半になるとムーグをはじめとするシンセサイザーが唸りを上げ、プログレ然としたスケール大きな演奏が繰り広げられます。YUKA & CHRONOSHIPで活躍するゲスト演奏陣による重量感みなぎるプレイにも注目です。ロックが最もエネルギーに満ちていた1969年から半世紀が経ち、来たる新たな時代へと向けられた作品となっています。前2作が気に入ったなら本作もマスト!

  • MIZUKI DA FANTASIA / レインボウ・チェイサーズ 虹を追う人々

    女性ヴォーカリストMizukiを中心とする新世代ジャパニーズ・プログレ・グループ、18年作2nd!

    ストレンジ・デイズの岩本晃市郎氏がプロデュースのほか作詞・作曲・アレンジ等にも全面参加している新鋭で、沖縄出身の若手女性ヴォーカリストMizukiとピアニスト/キーボーディストAnna Hardyを中心とするプログレッシヴ・ロック・グループ、17年のデビュー作に続く18年2ndアルバム。前作も70年代プログレへの憧憬を現代的なサウンドへと融合させた見事な一枚でしたが、本作はKING CRIMSONやPFMといったプログレの先人への思いはそのままに、さらに気高く洗練された世界観を提示する傑作!タイトで重みあるリズム・セクションに支えられ、深いエモーションを秘めた凛と美しいヴォーカルと、全編にわたって切ない哀感を添えるメロトロンの調べが華麗に交差するサウンドは、センチメンタルかつあまりにドラマチック。澄み渡る湖面をイメージさせるような格調高いピアノのプレイにも息を呑みます。2曲目をはじめ随所で聴けるFOCUSに通じる典雅な中世音楽エッセンスも、サウンドのイマジネーションを広げていて見事。ヘヴィでパワフルなパートも多かった前作と比べ、粛々とした抑えた表現を主とする印象ですが、それがかえって深みある叙情性を生んでいて、聴く者の胸を強く揺さぶります。シンフォニックな優美さを纏ったサウンドメイクが全編を貫いており、このプログレッシヴ・ロック・アルバムとしての完成度の高さは素晴らしいものがあります。前作以上の感動を呼び起こす、ジャパニーズ・プログレの新たな名作!

「MIZUKI DA FANTASIAの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。