プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

滲み出る叙情と哀愁。黄昏のブリティッシュ・ロック選

こんにちは。スタッフ増田です。

ここ最近は過ごしやすい日が続いていますね。とはいえ徐々に落ち葉も舞い始め、冬への移り変わりが感じられるこの季節。

今回はそんな時期にぜひ味わっていただきたい、黄昏色のブリティッシュ・ロック作品をセレクトいたしました。

ウィッシュボーン・アッシュ/百眼の巨人アーガス

まずは王道中の王道。叙情、哀愁・・・と言えばウィッシュボーン・アッシュの『アーガス』。2本のギターが紡ぐ英国的な陰影に包まれたリリカルなフレーズが、丁寧に折り重なるように交差して美しいハーモニーを奏でる。英国ロック史上最上の瞬間の一つですね。

試聴 Click!

PROCOL HARUM/PROCOL’S NINTH

さらに外せないのがプロコル・ハルム。秋から冬にかけてのこの時期には、ゲイリー・ブルッカーのソウルフルかつ憂い滲む歌声が実に合います。ビートルズ「エイト・デイズ・ア・ウィーク」の秀逸なカヴァーを含む後期の代表作。

試聴 Click!

KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT/KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

哀愁ほとばしる泣きのギターと言えばポール・コゾフ。FREEも良いのですが、ここでは彼がFREE解散後に組んだグループをピックアップいたしましょう。key奏者ラビットがもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーさと、コゾフのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリング&メロウネス。繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品です。

試聴 Click!

PETER BARDENS(PETE BARDENS)/ANSWER

泣きのギターと言えば、こちらも良いですよ。CAMELのKey奏者がバンド結成前にリリースしていたソロなのですが、なんとギターを弾いているのはFLEETWOOD MACでおなじみのピーター・グリーン。リリシズム滲むオルガンとブルージーなギターの熱いバトルが素晴らしい・・・。

試聴 Click!

TEAR GAS/PIGGY GO GETTER

もう一つ、英国叙情たっぷりのギターが堪能できる作品をご紹介いたしましょう。マイナーながら、パトゥのオリー・ハルソールやニュークリアスのクリス・スペディングに通じるいぶし銀のギター名手、ザル・クレミンソン擁するグループ。繊細な牧歌性とエッジの利いた重厚さが交わった英ハード名作!

試聴 Click!

BRIAN DAVISON’S EVERY WHICH WAY/EVERY WHICH WAY

こちらは元NICEのドラマーBrian Davison率いるグループの70年作。音の隙間からフツフツと溢れ出る叙情性がスッと胸に染み入ります。FREEに迫る芳醇さを持つ、英国ロックの深い森の奥で静かに佇む逸品。

試聴 Click!

SKIN ALLEY/TO PAGHAM AND BEYOND

黄昏色のジャケ通り、ブリティッシュな哀愁香り立つアンサンブルが堪りません。ラテン・テイストも取り入れ、時に涼やかで時に熱気溢れるジャズ・ロック・サウンドを聴かせる70年作。

試聴 Click!

ANNO DOMINI/ON THIS NEW DAY

こちらのジャケも黄昏感たっぷり〜。なんと後に英プログレの名バンドJONESYを結成するJones兄弟在籍のグループ。といっても本作で聴けるのはBYRDSあたりの米国憧憬に満ちたフォーク・ロックなのですが、その中にも英国的繊細さがたっぷりと滲んでいて良いなあ。

試聴 Click!

JELLYBREAD/FIRST SLICE

こんな秋らしい枯葉ジャケもいかがでしょう。ポール・マッカートニーのバックでも演奏した名ピアニストPete Wingfield率いるグループなのですが、コクたっぷりのピアノは勿論、熱気と哀愁ほとばしるソウルフルな歌唱が凄い!もっと評価されるべきミュージシャンです。ちなみにプロデュースはブルース・ロック界の立役者マイク・ヴァーノン。

試聴 Click!

MIKE VERNON/BRING IT BACK HOME

そんなマイク・ヴァーノンのソロ作品もご紹介。洒脱で軽快かつひしひしと繊細さ滲み出るような、渋いサウンドが堪りませんね。ロリー・ギャラガーやポール・コゾフもゲスト参加の71年作。

試聴 Click!

LITTLE BIG HORN/LITTLE BIG HORN

イギリスのグループなのに、ドイツのみでリリースされて、ジャケは星条旗ってなんじゃそれ!? しかし内容は英国臭と米国臭がブレンドされた、芳醇なスワンピー・ハード・ロックの逸品なのです。

試聴 Click!

RO RO/MEET AT THE WATER

米憧憬と言えばこちらもオススメです。米ルーツのコクを取り入れつつも、流れるようなリズムや叙情的なストリングスはどこまでもブリティッシュ!アルバムのどこを切っても英国叙情こぼれ落ちる、ブリティッシュ・スワンプの愛すべき名作。

試聴 Click!

ROSS/ROSS

そんなRO ROのAlan RossがINDIAN SUMMERのkey奏者と結成したグループもご紹介。ファンク・ロックをベースとしつつ、メロウな哀愁がひしひしと滲み出るサウンドは英ロック・ファンにもドンピシャでしょう。それにしてもこのAlan Ross氏、どうやら今年の6月にお亡くなりになったそうです。ご冥福をお祈りします…。

試聴 Click!

INDIAN SUMMER/INDIAN SUMMER

最後はそんなINDIAN SUMMERでお別れいたしましょう。ちなみにインディアン・サマーとは、秋から初冬にかけての暖かく穏やかな日和の事。ぜひ落ち葉舞い落ちる景色を眺めながら、哀愁いっぱいのブリティッシュ・ロックに黄昏てみて下さい。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • WISHBONE ASH / ARGUS

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

    丁寧に折り重なるようにメロディが交差するツイン・リード・ギターがトレード・マークのグループ。彼らの最高傑作である72年作。叙情性溢れる英国的なメロディも絶品。

  • INDIAN SUMMER / INDIAN SUMMER

    叙情性溢れるブリティッシュ・ロックの名盤、71年作、激渋ジャケットはキーフ

    71年Neonレーベルに残した彼ら唯一のアルバム。ハモンド・オルガンの重厚な響きと英国らしい叙情的なギターが素晴らしいブリティッシュ・ロックの名盤。

  • TEAR GAS / PIGGY GO GETTER

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

    英国はグラスゴー出身。後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。70年作の1st。前半は、アコースティック・ギターのバッキングを活かした英国的な牧歌性も感じさせるサウンドで、後半はツェッペリンも意識したハード・エッジなサウンドへとシフト・チェンジ。聴き所は、なんといってもZal Cleminsonのギター。コシのある歪みで、タメの効いたリフ、鋭角に畳みかけるスリリングなリードともに懐深く弾いていて、パトゥのオリー・ハルソールあたりにも通じる、ブリティッシュならではの陰影に富んだいぶし銀のフレージングが光っています。リズム隊も特筆で、特にベースのChris Glenは、後にMSGにも参加する名手。クリームのジンジャー・ベイカーにも負けないセンス抜群のベースを響かせています。2ndはハード・ロック化しますが、本作は、深い森に迷い込んでしまったような幻想性や陰影が感じられるのが特徴。渋くメロウなスルメ名盤です。

  • KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT / KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

    フリー解散後のポール・コゾフとサイモン・カークがベーシスト山内テツ&Key奏者ラビットと結成したグループ、71年唯一作

    70年のFREE解散の後、Paul KossoffとSimon Kirkeが、後にFACESでも活躍する日本人ベーシストの山内テツと米国人Key奏者RABBITを迎えて結成したグループ。71年の唯一作。RABBITことJohn Bundrickが10曲中5曲の作曲を担当。RABBITがもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーな哀愁とPaul Kossoffのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリングとメロウネス。繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品。音と音との「間」の雄弁さはさすが。専任ヴォーカリストの不在が弱点として言われますが、RABBITやSimon Kirkeの誠実な歌声がメロディの繊細な魅力を見事に引き出しています。

  • BRIAN DAVISON’S EVERY WHICH WAY / EVERY WHICH WAY

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ。ゆったりしたテンポの中、ムーディーなサックスやフルート、エモーショナルなGraham Bellのヴォーカルが枯れた哀愁を放つメロウなフォーク・ロック。音の隙間からフツフツと溢れ出る叙情性がスッと胸に染み入ります。本当に味わい深く素晴らしすぎるメロディ。フルートの静謐な響きは、クリムゾンの「風に語りて」や「Cadence And Cascade」を想わせます。名作。

  • PROCOL HARUM / PROCOL’S NINTH

    ビートルズ「エイト・デイズ・ア・ウィーク」の秀逸なカヴァーを含む後期の代表作、75年リリース

  • MIKE VERNON / BRING IT BACK HOME

    英ブルース・ロック・シーンを支えた名プロデューサー/ミュージシャン、71年作、ロリー・ギャラガー/ポール・コゾフが参加

    Fleetwood MacやChicken Shackなどを輩出した英ブルース・ロックの名門レーベルBlue Horizonの創始者であるMike Vernonによるソロ。バックはJELLYBREAD。71年作。跳ねるビートを刻むギターに柔らかく響くペダル・スティール・ギター、軽やかでご機嫌なピアノ、そしてマイクのボーカル。ブルース・ロックの立役者であるマイクですが、その歌声は「ブルージー」というよりは、まるでイアン・マシューズのような英国然とした繊細さがあります。その優美なボーカルで歌われる軽快なブルース・ロックは、耳ざわりが良く洗練された、妙に心地よい響き。マイク作の「Mississippi Joe」などは、その上品なサウンドからミシシッピ川よりもテムズ川が浮かんでしまいます。彼のプロデュースした英ブルース・ロックとは全く違った、英国人ならではの「ブルージー」な一枚です。

  • LITTLE BIG HORN / LITTLE BIG HORN

    ブリティッシュ・ロック・バンド、ドイツのみで71年にリリースされた唯一作、憂いに溢れたスワンピーなハード・ロック

    ブリティッシュ・ロック・グループ。71年にドイツのみでリリースされた作品。レーベルは、BELLAPHON。中域寄りにバキっと歪んだコシのあるスワンピー&メロウなギター、サザン・ロックに通ずる豪快なリズム、郷愁を誘うメロディアスなオルガン&エレピ、哀愁いっぱいでグッとくるメロディと分厚いコーラス・ワークが印象的な土臭いハード・ロック。旧A面はアメリカナイズされたサウンドですが、B面はグッと英国臭がまし、泣きのツイン・ギターや憂いに溢れたメロディがたまりません。特に『Just Aint Fair』は、PROCOL HARUMばりの土臭くも叙情あるメロディがこれでもかと溢れる名曲。全体的に演奏には厚みとキレがあり、メロディ・センスも抜群。英国でリリースされなかったのが不思議なほどの逸品。

  • ROSS / ROSS

    元Ro Roのアラン・ロスが、元インディアン・サマーのボブ・ジャクソンらと結成したブリティッシュ・ロック・バンド、74年作1st

    ジョン・エントウィッスルのソロ作や、英スワンプ・デュオのロ・ロで活動したアラン・ロスと、インディアン・サマーのキーボーディスト、ボブ・ジャクソン等が組んだバンド、74年作。ハード・ロックとフォーク・タッチの組み合わせがWISHBONE ASH『ARGUS』の雰囲気に近く、アラン・ロスのハイトーンのボーカルと表情豊かなギターが楽しめる一枚です。英国ロック・ファンなら疾走感溢れるオープニング「Alright By Me」で即ノックアウトでしょう。ワウの効いたギターが靄のように漂い、キーボードやパーカッションが微かに煌めくオープニング。ベースが入ると一気にギアが入り、ギターがファンキーなカッティングでリズムを刻み、分厚いメロトロンのような音色でキーボードが被さります。ブルースやR&Bをベースとした黒っぽくファンキーなグルーヴを根っこに持ちつつ、タイトにカチッとまとまったアンサンブルやくぐもった質感の音もまさに英国でしか出ないものでしょう。英国ロック・ファンは必携の一枚です。

  • ANNO DOMINI / ON THIS NEW DAY

    のちにJONESYを結成するJones兄弟在籍のバンド、71年唯一作

    71年にDERAMレーベルより発表された彼ら唯一の作品。いきなりBYRDSの「SO YOU WANT TO BE A ROCK N ROLL STAR」のカヴァーを持ってくるあたり、アメリカン・フォーク・ロックへの思い入れが伝わってきますが、2曲目からのオリジナル曲もBYRDSそのままのようなハーモニーを活かしたフォーク・ロックでびっくり。オリジナリティという点では今ひとつですが、英国然とした叙情的なメロディー・ラインの美しさや抜群のコーラス・ワークなど、曲の完成度だけを取れば本家を凌ぐ瞬間もあるような素晴らしい出来栄え。

  • PETER BARDENS(PETE BARDENS) / ANSWER

    CAMEL結成以前の70年発表1stソロ作、どこを切っても英国の叙情が溢れ出るブルージーなブリティッシュ・ロック

    言わずと知れたCAMELのKey奏者。CAMELの結成前の2枚のソロ作のうちの1枚で、70年の1stソロ。Linda Lewisや、後にQUIVERやMOONRIDERなど英パブ・ロック・シーンで活躍するベーシストBruce Thomasが参加。クレジットはありませんが、Peter Green(g)がゲスト参加しているようです。いかにもブリティッシュ的な憂いに富んだメロディ、陰影に富んだグッとくるヴォーカル、すすり泣くようにブルージー&メロウなギター、くすんだトーンのハモンド。ブルージーでいかにも英国的な叙情に溢れたブリティッシュ・ロック。後のCAMELとは異なる音楽ですし、派手さはありませんが、聴けば聴くほどに味わいが増す逸品。どこを切っても溢れ出る英国の旨味!好盤です。

  • RO RO / MEET AT THE WATER

    72年唯一作、アルバムのどこを切っても英国叙情がこぼれ落ちるブリティッシュ・スワンプの愛すべき名作

    英スワンプ・ロック・デュオ。リーガル・ゾノフォンより72年にリリースされた唯一作。米ロック憧憬サウンドが基本ですが、米ロックのような粘りはなく、叙情的で流れるようなリズムはいかにもブリティッシュ。ピアノにも憂いと陰影が溢れてますし、ちょっと線が細く、高音のいっぱいいっぱいさに哀愁が滲み出るヴォーカル、流麗なストリングスもブリティッシュならではの味わい。なんとも煮え切らない感じがたまりません。アルバムのどこを切っても英国叙情がこぼれ落ちるブリティッシュ・スワンプの愛すべき名作。

  • JELLYBREAD / FIRST SLICE

    英ブルース・ロック・シーンの立役者マイク・ヴァーノン・プロデュースの名盤、R&Bフィーリング溢れるブリティッシュ・ブルース・ロック、69年作

    ピアノ兼シンガーのPete Wingfield率いる英ブルース・ロック・グループ。69年作1st。R&Bフィーリング溢れる流麗なピアノを中心にホーンやストリング・アンサンブルが絡むサウンドは聴き応え十分。渋く枯れたヴォーカルも良いです。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事