プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ニッチな国のハイレベルなハード・ロックをピックアップ!

こんにちは。スタッフ増田です。

ハード・ロックと言えばどの国がお好きですか?やっぱり英国、もしくは米国…。「ドイツやユーロ・ハードが好きだ!」という方もいらっしゃるかもしれません。

今回はそんなディープなハードロック好きでもあまり聴くことがないかもしれない?ニッチな国のハード・ロックを集めてみました。とはいえメジャー国にも引けを取らない名作揃いですよ~!

OMEGA/EJSZAKAI ORSZAGUT

まずは東欧ハンガリーの最古参ロック・グループ、OMEGA。

プログレ・ファンからも人気の高いバンドですが、この70年3rdでは英ハードからの影響も感じるアートなロックを聴かせています。それにしてもこの壮大さは東欧ならでは。

試聴 Click!

BIJELO DUGME/BITANGA I PRINCEZA

こちらは旧ユーゴを代表するトップ・グループの79年作4th。

DEEP PURPLEをさらにハイテンション&ドラマチックにしたかのようなアンサンブルが圧巻!?こちらも東欧らしく、とことん壮大なハード・ロックを聴かせてくれる傑作です。

試聴 Click!

POP MASINA/KISELINA

こちらも旧ユーゴのグループ、73年のデビュー作。

サバスばりのヘヴィネスあり、ツェッペリンばりのスピード感あり、フロイドばりのメロウネスもあったり・・・良いバンドです。

試聴 Click!

GUNNAR GRAPS & ORNAMENT/RAHATUVI

こちらは70年代エストニアの伝説的ハード・ロック・グループ。

ツェッペリンも思わせるブルージーな演奏を土台に、イタリアン・ロック彷彿のダイナミックさ、説得力あるエストニア語のヴォーカルを乗せた、哀愁ハード・ロック・ファン必聴の音源!

試聴 Click!

COLOR HUMANO/2

ここまでは「ニッチなユーロ」をご紹介してまいりましたが、次は南米へGO!

南米屈指のサイケ・フォーク名作を生んだアルゼンチンのグループALMENDRAの後身なのですが、こっちはサバスばりの呪術的なナンバーも飛び出すアングラ臭ぷんぷんのヘヴィ・サイケ!

試聴 Click!

VOX DEI/CUERO CALIENTE

こちらもアルゼンチンのグループ、72年3rd。

タメの効いたファズ・ギターに引きずるような重量級リズム隊、豪快なヴォーカル。MOUNTAINやGRAND FUNKなど米ハードのファンは間違いなく気に入るはず!

試聴 Click!

いかがでしたか!?こちらの記事もどうぞ。


蒸し蒸しするけど、あえての密林ハード・ロック特集!

【関連記事】

蒸し蒸しするけど、あえての密林ハード・ロック特集!

梅雨だけど、あえての熱気も湿度もたっぷりの南米や東南アジア産「密林ハード」をご紹介!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GUNNAR GRAPS & ORNAMENT / RAHATUVI

    エストニア・ロック・シーンの名ドラマー/ヴォーカルGunnar Grapsが70年代に率いたハード・ロック・バンド、当時の音源をまとめアルバムにした18年リリース作、これは哀愁ハード・ロック・ファン必聴です!

    エストニア・ロック・シーンの名ドラマー/ヴォーカリストGunnar Grapsが70年代に率いたギタートリオ編成のハード・ロック・バンド。70年代前半に録音された音源10曲を一枚のアルバムとして編集した18年リリース作品。変則的な内容ではあるものの、各曲にみなぎるエネルギーは並ではありません。イタリアのBIGLIETTO PER L’INFERNOを想起させる、幻想的なアコースティック・パートとゴリッとヘヴィなハード・ロック・パートで構築された1曲目から素晴らしく、イタリアン・ロック・ファンならここで早くもハートを鷲掴みにされそう。エッジの立ったスピーディなギターリフに乗ってヴォーカルがユーモラスに歌う2曲目、饒舌なギターとヴォーカルの絡みが絶品なけだるいブルース・ロックの4曲目も素晴らしく、エストニアということ忘れるほどのメインストリームな本格感が漂います。ブルースを土台に細かなニュアンスにまでこだわった高い表現力を持つギターはもちろん、テクニックに裏打たれた安定感と共にグイグイと演奏を引っ張る性急なビート感も持ち合わせたGunnarのドラミングも見事です。しかし最大の魅力と言うなら、Gunnarの全編にわたりこれでもかと哀愁たっぷりに歌い上げるエストニア語ヴォーカル。ヨレヨレのようでいて不思議な説得力を帯びた歌声には何か天性のものを感じさせます。辺境哀愁ハード・ロックとして、これは多分とんでもない発掘モノ!

  • BIJELO DUGME / BITANGA I PRINCEZA

    旧ユーゴのトップグループとして君臨したプログレ/ハード・ロック・バンド、79年作の4th

    のちに映画音楽界で活躍するギタリストGoran Bregovicを中心に、1969年に結成された旧ユーゴを代表するプログレ/ハード・ロック・グループ、代表作と評される79年作4th。ザクザクと歯切れ良いギターに叙情的に鳴り響くオルガン、力強くシャウトするヴォーカル。彼らの持ち味であるハイテンション&ドラマチックなハード・ロック・アンサンブルはそのままに、本作では洗練されたファンク・テイストや豪勢な管弦楽器を取り入れサウンドの幅が強化。レッドゾーン振り切れんばかりのテンションで駆け抜ける爆走ハード・ナンバーから、重厚なストリングスが哀愁の旋律を奏でるとてつもなく壮大な最終曲まで、英米の作品にも決して劣らぬ完成度の高いサウンドを聴かせています。とはいえこの「これでもか!」という程の大仰さ、濃厚なドラマチックさはやはり東欧ならでは。荘厳でプログレッシヴなハード・ロック好きには是非聴いていただきたい名作です。

  • POP MASINA / KISELINA

    旧ユーゴ産サイケ/ハード・ロック・グループ、73年デビュー作

    72年に結成された旧ユーゴは現セルビアのベオグラード出身のハード・ロック・トリオ。旧ユーゴ最初期のハード・ロック作品と言われる73年に国営レコード会社のPGP-RTSよりリリースされたデビュー作。左CHでエネルギッシュにかきむしられるリズムギター、右CHで爆音を轟かせてアグレッシヴに疾走するベース、中央でシャープなリズムを刻むドラム、そして気だるいヴォーカル。ソリッド&ハード・エッジなパートから一転、エコーに包まれサイケデリックなコーラスパートへと切り替わったと思うと、またもや突如ギターがキレのある早弾きで突っ走る!オープニング・ナンバーからこれは痺れます。ハードなナンバーだけでなく、アコギアルペジオに夢想的なヴォーカルが乗るピンク・フロイドばりに幻想的なナンバーも魅力的。サバスやツェッペリンのファンはもちろん、サイケ・ハードのファンにもオススメの好グループです。

  • OMEGA / EJSZAKAI ORSZAGUT

    ハンガリーを代表するグループ、70年3rd、陰影に富んだハード・ロックの逸品

    ハンガリーを代表するグループ。70年作3rd。初期OMEGAの音楽的イニシアティブを握っていたPresser Gaborが参加している最後の作品(脱退後、LOCOMOTIV GTを結成)。中域にコシのあるトーンのハードなギター、タイト&ヘヴィなリズムによるエネルギッシュなアンサンブルを軸に、オルガンとピアノが荘厳な色を加えます。ブリティッシュ・ロックに通ずる引きずるような重量感と東欧らしい哀愁が融合した、陰影に富んだハード・ロックの逸品!

  • VOX DEI / CUERO CALIENTE

    ファズ・ギターが炸裂するアルゼンチン産ハード・ロック、72年作3rd

    アルゼンチンのグループ。プログレッシヴで荘厳なサウンドを聴かせた前作『LA BIBLIA』からストレートなハード・ロックへと回帰した73年作3rd。タメの効いたファズ・ギターと、引きずるような重量級リズム隊は規格外のカッコよさを誇ります。胸を焦がす男臭い哀愁も魅力の逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。