プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

あの名バンドの知られざる前身グループ&後身グループを探求☆

スタッフ佐藤です。

今回は、ロックの歴史に名を刻むバンドたちの「前身&後身にあたるグループ」の数々をご紹介していきたいと思います。

元バンドとの音楽性に違いなどに注目してお楽しみいただければ嬉しいです!

A BAND CALLED O/O

いきなりメジャーとは言えないグループで恐縮ですが、19年にめでたくリイシューされたのでまずはこちらをご紹介。

リリカルな英ロック名盤を残したパーラー・バンドの後身グループで、パーラー・バンドとは打って変わって、ファンク・テイストを大胆に導入したグルーヴィ―かつゴキゲンなロック・チューンが満載の74年1st。

でも終盤は前身バンドに通じる英国叙情も姿を見せて、やっぱり堪りませぬ☆

試聴 Click!

ART/SUPERNATURAL FAIRY TALES

いぶし銀の名ブリティッシュ・ロック・バンドSPOOKY TOOTHの前身グループはご存知かな?

アメリカン・ルーツ・ロックへの憧れとサイケデリックな時代の空気が融合したサウンドは、当時で言えばTRAFFICやSMALL FACESと同傾向のアプローチ!

オススメです!

試聴 Click!

EARTH & FLYING HAT BAND/COMING OF THE HEAVY LORDS

なんと、ブラック・サバスの前身バンドEARTH(メンバーは同じ!)と、プリースト結成前のグレン・ティプトン参加バンドFLYING HAT BANDの音源を収録したスプリット盤。

聴き所は何と言ってもEARTHで、この「Rebel」なんてそのまんま初期サバスがサイケ・ポップをやったって感じのナイスな一曲!

オジーはもうオジーだし、曲調に対してやけに重々しいギターもさすがとしか言いよう無し!

試聴 Click!


大御所ミュージシャンたちの知られざる下積み時代の作品をピックアップ!

【関連記事】

大御所ミュージシャンたちの知られざる下積み時代の作品をピックアップ!

どんな有名ミュージシャンにも無名だった時代がありますよね。というわけで今回は、大御所ミュージシャンたちの下積み時代の作品に注目!

KRAZY KAT/TROUBLED AIR and CHINA SEAS

ヒプノシスの唇ジャケで有名なキャパビリティ・ブラウンの主力メンバーによるグループですが、これが美メロ&ハーモニー満載の英モダン・ポップの傑作!

これはPILOTや10ccやQUEENのファンなら歓喜すること間違いなし~!

試聴 Click!


MEET THE SONGS 第54回 KRAZY KATの76年1st『CHINA SEAS』  

【関連記事】

MEET THE SONGS 第54回 KRAZY KATの76年1st『CHINA SEAS』  

70’s英ロックの名バンドCAPABILITY BROWNの後身バンドとして知られるKRAZY KATによる76年1st『CHINA SEAS』をピックアップ!

DADA/DADA

英国ブラス・ロック最果ての一枚!

熱くむせぶホーン・セクションとエルキー・ブルックスの力強いフィメール・ヴォーカルが発するエネルギーが凄すぎる…!

なるほど、あのVINEGER JOEの前身グループなのか!納得!

試聴 Click!


ロック魂あふれる世界の熱唱系ヴォーカル大集合!

【関連記事】

ロック魂あふれる世界の熱唱系ヴォーカル大集合!

世界の熱唱系ロックを集めます!

GOOD EARTH/IT’S HARD ROCK & ALL THAT

MUNGO JERRYのヴォーカルRay Dorsetが在籍した、事実上の前身グループ!

MUNGO JERRYからは想像できない初期ROLLING STONES影響下のワイルドなサウンドがカッコ良し。

尖ったRayのヴォーカルも聴き所!

試聴 Click!

AMERICAN BLUES/DO THEIR THING

後にZZ TOPで強靭なリズム・セクションを担うDusty Hill(B)とFrank Beard(Dr)の2人が在籍した、ZZ TOPの前身バンドの一つがこのバンド。

そのサウンドは、切れ味鋭いブルース・ギターを擁したテキサン・ヘヴィ・サイケ・ブルース。

この時点ですでに図抜けた存在感で迫りくるリズムワークに圧倒されますねぇ。
Dustyの兄で、のちにテキサス・ブルースの名手となるギタリストRocky Hillによるアグレッシヴなギターも特筆もののすばらしさです。

試聴 Click!

MISSISSIPPI/MISSISSIPPI

バンド名はミシシッピだけどオーストラリアのグループです。

抜群のコーラス・ワークと、ちょっといなたいごった煮サウンドは、サイケがかったCSN&Yと言えそうでとてもいい感じ。

このMISSISSIPPIが渡英時に、多国籍プログレ・バンドESPERANTOに在籍していたヴォーカル/ギターのGlenn Shorrockと意気投合して結成したのが、LITTLE RIVER BAND。

数作品をジョージ・マーティンがプロデュースしたことでも知られる人気グループですね。

試聴 Click!



英語圏を離れ、ここからは世界各国のシーンを見てまいります☆

CHERRY FIVE/CHERRY FIVE

PFMと並ぶ世界的イタリアン・ロック・バンドGOBLINの前身が、このバンド。

YESをイタリアならではの熱情でさらに加速させた、といった感じのアンサンブルから溢れんばかりのエネルギー!

キース・エマーソンとスティーヴ・ハウとジョン・ウェットンがぶつかりあった感じとも言える!

試聴 Click!

FESTA MOBILE/DIARIO DI VIAGGIO DELLA FESTA MOBILE

IL BARICENTROも素晴らしいけど、前身バンドによる73年唯一作も実に見事な一枚。

超技巧派ピアノがダイナミックに舞い飛び、リズムがズシズシと迫り来て、ヴォーカルが哀愁たっぷりに歌い上げる。

ロマンあふれるメロディのすばらしさにも注目の、極上イタリアン・ジャズ・ロック!

試聴 Click!

RAINBOW BAND/RAINBOW BAND

ロジャーディーンのアートワークで知られるデンマークのバンドMIDNIGHT SUN。

その前身となったバンドなのですが、これがサイケ、ジャズ、クラシックを融合し洗練された演奏で聴かせる個性派ポップ。

60年代デンマークにこんな実力派がいたとは!

試聴 Click!

NIEMEN/LIVE IN HELSINKI 1973

「ポーランド・ロックの父」とも謳われる名シンガー/オルガン奏者の全盛期パフォーマンスを収めた、73年ヘルシンキ公演。

バックメンバーは翌年にデビューを果たすSBBの3人!

すでに圧巻のテクニックを駆使したスリリングで熱気ある好演を披露しています。

GRUPA NEPOCIN/SVIJET PO KOJEM GAZIM

旧ユーゴまで来ると前身とか後身とか言われてもピンとこないかなぁ。でも構わず続けちゃいます!

旧ユーゴの有力バンドだったDRUGI NACINの中心メンバーにより結成された後継グループが彼らです。

リッチー・ブラックモア直系のギター、イアン・アンダーソンばりのフルートが活躍しますが、陰影を帯びたドラマチック&ヘヴィなアンサンブルは、「東欧のユーライア・ヒープ」と呼べる素晴らしさ。

ジャケも雰囲気あるっ!

試聴 Click!


辺境地オルガン・ロック探求☆

【関連記事】

辺境地オルガン・ロック探求☆

あるときはクラシカルに格調高く、あるときはジャジーかつ芳醇に、あるときはグルーヴィーで熱量たっぷりに…。辺境地で鳴らされた個性豊かなオルガン・ロックの数々をピックアップしてまいりたいと思います。

SHARK MOVE/CHEDE CHOKRA’S

最後はインドネシア!

70年代インドネシアを代表するプログレ・バンドGIANT STEPの前身にあたるグループによる70年録音作品。

牙を剥くように凶暴なファズギター、しゃがれ気味のハイトーンVo、フルートらが渦巻く、この高温多湿な濃厚サウンド。
辺境臭が匂い立ってくるかのよう!

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • KRAZY KAT / TROUBLED AIR and CHINA SEAS

    元CAPABILITY BROWNの主力メンバーによるグループ、ブリティッシュ・ポップの逸品!

    ヴォーカルやギターなどCAPABILITY BROWNの主力メンバーにより結成されたグループ。76年作1stと77年作2ndとをカップリングした2in1CD。美しいツイン・リード・ギターとドラマティックなコーラス・ワークによるポップ・プログレ、ヌケの良いギター・リフとキャッチーなメロディ&ハーモニーによるハード・ポップ、粘っこいファンキー・ロック、英国らしい憂いのあるメロディと流れるようなアンサンブルが胸にしみるフォーク・ロックなど、どの曲も印象的なメロディと味わい深いアンサンブルが絶妙な佳曲ぞろい。CAPABILITY BROWNのファンはもちろん、PILOTや10ccやBADFINGERやQUEENなどブリティッシュ・ポップのファン、ニッチ・ポップのファンはかなりグッとくるグループです。おすすめ

  • FESTA MOBILE / DIARIO DI VIAGGIO DELLA FESTA MOBILE

    IL BARICENTROの前身バンドによる73年唯一作、ピアノをフィーチャーしたイタリアン・ロックとして最高峰の逸品!

    後にIL BARICENTROへと発展することになるイタリアン・ジャズ・ロックバンドの唯一作。その内容は旅行記に沿って描かれるコンセプト・アルバムであり、技巧的なピアノやハープシコードなどのキーボードとパワフルで手数の多いリズム・セクション、よく伸びるギターにイタリア然としたボーカルが絶妙に絡み合い、緊張感のあるジャズ・ロック・サウンドを放ちます。IL BARICENTROほど垢抜けて聴こえないのは、やはりロック的なボトムの重厚感とダイナミズムを有しているためですが、ボーカルのハーモニーでポップなイタリア・ロマンを伝える緩やかなセクションも見られ、インストゥルメンタル・グループとなったIL BARICENTROとはまた違った魅力を持っています。

  • ART / SUPERNATURAL FAIRY TALES

    SPOOKY TOOTHの前身グループ、67年作、アーシーかつサイケデリックな懐深い逸品!

    SPOOKY TOOTHの前身として知られるグループ。67年唯一作。Mike HarrisonによるR&Bが根っこにあるアーシーなヴォーカルは、Steve Winwwodを彷彿とさせる存在感。Luther Grosvenorのブルージーかつスリリングなギター、霧の向こうから音が立ち上がるようなアグレッシヴかつ混沌としたドラム、テープ逆回転などのサイケデリックなエフェクトも印象的。アメリカン・ルーツ・ロックへの憧れとサイケデリックな時代の空気が融合したサウンドは、同時代のTRAFFICやSMALL FACESと同傾向のアプローチ。それほど有名な作品ではありませんが、数ある67年の名作にも引けを取らない逸品。ジャケットにピンと来たら是非!

  • EARTH & FLYING HAT BAND / COMING OF THE HEAVY LORDS

    サバスの前身バンドEARTHと、プリースト結成前のグレン・ティプトン参加バンドFLYING HAT BANDの音源集

    ブラック・サバスの前身バンドEARTHの音源と、ジューダス・プリースト結成前にグレン・ティプトンが参加していたバンドFLYING HAT BANDの音源をカップリングしたスプリット盤。EARTHは、同名バンドが居た、ということでブラック・サバスと改名する直前のバンド名で、サバスと全く同じ4人のメンバー。レーベルへのアピールのために68年に録音された音源を収録。「Rebel」なんて初々しいサイケ・ポップでびっくりですが、声はまさしくオジー。FLYING HAT BANDは、アルバムは残さなかったもののライヴは高く評価されていたようで、ディープ・パープルのサポート・アクトとしてヨーロッパも回ったようです。73年のデモ音源を収録。

  • A BAND CALLED O / O

    72年に名盤を残したPARLOUR BANDの後身グループ、74年1st、ファンク・テイストを大胆に取り入れた高品質なブリティッシュ・ロックの逸品!

    イギリスはジャージー島で結成され陰影溢れるブリティッシュ・ロック名盤の72年唯一作を残したPARLOUR BAND。彼らがドラマー変更に伴いバンド名を”A BAND CALLED O”と改め制作した74年作。英国叙情が匂い立つようなリリカルな作風だったPARLOUR BANDから一転、ファンク・テイストを大胆に取り入れたグルーヴィ―かつゴキゲンなロック・チューンが並びます。前任者よりソリッドで勢いのあるドラミングを土台に、ワウを効果的に用いたエッジの立ったカッティングが印象的なギターと、その合間を縫うようにエレピ&クラヴィネットでクールに音を刻むキーボード、そしてS.マリオット彷彿のR&Bなコクを含んだヴォーカルらがタイトにアンサンブルを組上げており、職人的ともいえる隙のない演奏は見事です。マリオットっぽいヴォーカルが映えるHUMBLE PIEカバー「RED LIGHT MAMA RED HOT!」を皮切りにファンキーなアレンジが中心ですが、華やかなコーラスワークが彩るCAPABILITY BROWNの後進KRAZY KATやROCOCOあたりに通じるモダン・ポップ、終盤に現れる前身PARLOUR BAND直系の憂いを帯びたブリティッシュ・ロックなども大いに聴き所となっています。R&B/ファンク・テイストあるロック・サウンドがお好みの方はもちろん、上記モダン・ポップ・ファンにもオススメしたい、高品質なブリティッシュ・ロックの逸品!

  • DADA / DADA

    エルキー・ブルックス在籍、VINEGAR JOEの前身バンド、粘っこいブルース・ロックがいなたさ抜群の傑作70年作!

    VINEGAR JOEの前身バンド、粘っこいブルース・ロックがいなたさ抜群の傑作70年作!ファンキーなウネリのあるバンド・サウンドに、クールなフィメール・ソウル・ヴォーカルを披露するのは、バンドのギタリストPETE GAGEの奥さんであるELKIE BROOKS!そして躍動感溢れる、ブラス・セクションと、畳み掛けるよなキーボード・オルガンにブリブリのベース・ラインと、楽曲のどこをどのように切っても最高のファンキー・ブルース・ブラス・ロックを大展開!このバンド、後にROBERT PALMERが加わり、あのVINEGAR JOEが誕生するわけですが、既にこの時点で、他の追随を許さない独自の力強いサウンドを構築していることは、特筆すべきことでしょう!STONESのカヴァー、「THE LAST TIME」もかなーりカッコイイですよ!

  • SHARK MOVE / CHEDE CHOKRA’S

    GIANT STEPの前身バンド、知る人ぞ知るインドネシアの5人組サイケ・プログレ・バンド、70年録音作

    インドネシアを代表するプログレッシヴ・ロック・バンド=GIANT STEPの前身として知る人ぞ知る、5人組サイケ/プログレ・バンド。70年録音作。凶暴な牙を剥くファズ、しゃがれ気味のハイトーン・ヴォーカル、神妙なキーボードとフルートが濃密に絡みあうプログレッシヴな楽曲群。独特の粘っこいコーラスも相まり、欧米とも中南米とも異なる東南アジア特有の情緒とまとわりつくような高温多湿のロックを響かせています。傑作。

  • GRUPA NEPOCIN / SVIJET PO KOJEM GAZIM

    旧ユーゴ屈指の名グループDRUGI NACINの後継バンド、東欧のヒープと言える完成度を誇る77年作

    旧ユーゴはクロアチアのザグレブ出身、DRUGI NACINのメンバーを中心に結成されたプログレ・グループ。PGP-RTBレーベルから77年にリリースされた実質2ndと言える作品。リッチー・ブラックモアからの影響を感じさせるスリリングかつブルージーなタメも効いたギター、手数多くもタイトで安定感あるリズム隊、熱気あるギター&リズム隊と対象的に冷たいトーンで鳴るシンフォニックなシンセ、ここぞでジェスロ・タルばりにフィーチャーされるフルート、そして、大きく揺れるビブラートが魅力のエモーショナルなヴォーカル。東欧のユーライア・ヒープとでも言えるような、ドラマティック&ヘヴィなアンサンブル、東欧らしい陰影、熱気溢れるヴォーカルが印象的です。テクニック、アレンジ、メロディ・センスともにハイレベルな旧ユーゴの名作。

  • AMERICAN BLUES / DO THEIR THING

    ZZ TOPの前身バンドとして知られるテキサス産ブルース/ガレージ・サイケ・バンドの69年作2nd。

    テキサス出身の4人組ブルース/ガレージ・ロック・バンドによる69年作2nd。注目は、後にZZ TOPのリズム隊となるDustyHill(B)とFrank Beard(Dr)の2人が在籍しているところで、手数多くパワフルに畳み掛けるドラムとよく動いては存在感を放つベースによるリズム隊は実に強力です。Dustyの兄であるギタリストRockyHillのアグレッシヴなブルース・ギターも特筆。さすがは80年代にVirginからソロ・アルバムをリリースする等、テキサス・ブルースの名手となるギタリストで、M5後半では、ジミ・ヘンを明らかに意識した切れ味鋭い長尺ソロで聴き手に襲いかかります。ヘヴィ&サイケ&ブルージーな演奏に耳がいきますが、ヴォーカルとメロディも実に魅力的。ヴォーカルは湿り気のある端正な歌声で、ヴォーカルとメロディだけを抜き出せば英国のアンダーグラウンドのサイケ・ポップ・バンドみたい。演奏、歌ともにフックのある佳曲そろいの好作品です。

  • GOOD EARTH / IT’S HARD ROCK & ALL THAT

    「イン・ザ・サマータイム」のヒットを放ったMUNGO JERRYの前身といえる英ロック・バンド、68年作。

    「イン・ザ・サマータイム」のヒットで知られるMUNGO JERRYのヴォーカルRay Dorsetが在籍した英ロック・バンドの68年作。この後、メンバー変動によるスキッフル・バンドへの転身とバンド名変更を経てあのヒットを放つことになります。まず「イン・ザ・サマータイム」とは違う尖った歌声にビックリ。演奏も荒々しく、影響を受けたという初期ROLLING STONESのようなワイルドな魅力があるバンドです。

  • NIEMEN / LIVE IN HELSINKI 1973(CD)

    ポーランドの重鎮シンガー/オルガン奏者、SBBの3人を従えた73年ヘルシンキ公演を収録

    「ポーランド・ロックの父」とも謳われる名シンガー/オルガン奏者、73年にフィンランドはヘルシンキでおこなったライヴの模様を収録。バックはあのSBBの3人が務めており、さすがのテクニカルかつキレのあるアンサンブルでNIEMENを支えています。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事