プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

春うららかに、夢の中・・・?ストレンジ・サイケ・ポップ/フォークをピックアップ。

スタッフ増田です。

春も近付き暖かくなってきて、近頃はついつい昼間でも猛烈な眠気に襲われてしまう…という方も多いことでしょう。

今回はそんな季節にピッタリの、心地良くも不思議な夢の中のごときストレンジ・サイケ・ポップやサイケ・フォークをピックアップしてみました。

夏もサイケ、冬もサイケ、そして春もまたサイケの季節です。

SOFT MACHINE/VOLUMES ONE and TWO

まずはカンタベリー・ロックの代表的グループ、SOFT MACHINEの68年1st/69年2ndから。

技巧的で知的なジャズ・ロックのイメージが強いですが、初期カンタベリー・ロックはストレンジなサイケ・ポップの宝庫なんですよね。

3人の才能と演奏が互いを食わんばかりにぶつかり合う衝撃作。故エアーズのユーモア溢れる感性もすでに光ってます。

試聴 Click!

ケヴィン・エアーズ/おもちゃの歓び

そんなエアーズのソロもご紹介しておきましょう。70年ソロデビュー作。

底抜けに陽気でサイケデリック、でも同時にそこはかとなく滲み出すダークな哀愁。彼独特の世界観が見事に開花した名作ですね。

試聴 Click!

フール/フール

ビートルズのアップル・ブティックのデザインや、ジミヘン、ザ・ムーブ、ISBなどのアートワークで知られるデザイン集団で、プロデュースはホリーズのグレアム・ナッシュ!?

ジャケ通りのカラフルでストレンジなサイケ・ポップ・サウンドが聴ける69年唯一作。

試聴 Click!

ジュライ/スーパー・サイケデリック・ジュライ

後にマイク・オールドフィールド『チューブラー・ベルズ』のプロデュースで名を馳せるトム・ニューマンが、「独自のサウンドを確立するために山にこもって修行した」上で録音したという一枚。

ニューマンの「音」に対する偏執狂っぷりとバンドのハイな演奏がの混ざり具合が絶妙の英アングラ・サイケ・ポップ迷盤ですね。

試聴 Click!

DANTALIAN’S CHARIOT/CHARIOT RISING

そんなジュライが好きならこちらもおすすめ。

英国モッズ・シーンの顔役、Zoot Moneyがビッグ・ロール・バンド解散後に結成したサイケ・ポップ・グループの67年作。

力強いアンサンブルにカラフルでサイケな味付けを施しつつ、どこか陰気で混沌とした雰囲気が漂っていてくせになります。

試聴 Click!

マッゴー&マクギア/マッゴー・アンド・マクギア

そんなジュライが好きならこちらもおすすめ、その2。

ポール・マッカートニーが『サージェント・ペパーズ』~『ホワイト・アルバム』で音楽的に上り詰める一方で、その実の弟マイク・マクギアは、こんな英アングラ・サイケを出していたとは・・・。

兄ポールにジミヘン、グレアム・ナッシュやスペンサー・デイヴィスなど超豪華なゲストを迎えつつ、グルグルと音像渦巻く実験精神たっぷりのサイケ・ポップを展開するこちらも迷盤。

試聴 Click!

BRAVE NEW WORLD/OH ! CALCUTTA !

英国ばかりになってしまったので、ここらでドイツのサイケ・ポップをご紹介。

華やかなホーン・アレンジ、美しいハーモニー、奇跡的なメロディ、そしてジャーマンならではの悪戯っぽい実験/ユーモアと凝った音響処理。

発禁になりそうなジャケですが、内容は驚くべき完成度の逸品!

試聴 Click!

INSECT TRUST/INSECT TRUST

最後は米国から、サイケ・フォークの奥底に沈んでいたこんな69年作をご紹介。

ルーツ色濃厚なカントリー・フォークをベースに、フリーキーなサックス等のスリリングなジャズ要素、エキゾチックな民族要素、アヴァンギャルドな実験性を織り込んで緊張感たっぷりに展開するアンサンブルは実に個性的…。

妖艶な女性ヴォーカルも相まって、どこか奇妙な世界に来てしまったかのような錯覚に陥るキケンな一枚です。

試聴 Click!

「英サイケ」の在庫をもっと見る

「北米サイケ」の在庫をもっと見る

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BRAVE NEW WORLD / OH ! CALCUTTA !

    ジャーマン・サイケの印象を覆す、上質なサイケ・ポップ作、70年発表

    72年にドイツVERTIGOからリリースされた傑作2nd『IMPRESSIONS ON READING ALDOUS HUXLEY』で知られるジャーマン・サイケ・グループ。Dicky Tarrach(ex.RATTLES)、Herb Geller(ex.CLIFFORD BROWN GROUP)といった多国籍なメンバー構成。本作は、70年にPOLYDORからリリースされた彼らのデビュー作。実験的でアヴァンギャルドな印象の強い2ndからも随所で垣間見ることのできる、彼らの非凡な「ポップ・センス」が全面に押し出されたサイケ・ポップ作。華やかなホーン・アレンジ、美しいハーモニー、奇跡的なメロディ、そしてジャーマンならではの悪戯っぽい実験/ユーモアと、凝った音響処理。時代的にはちょっと前後しますが、「英米のサイケ・ポップなんかに負けらんねえぞ」といった挑発的な姿勢が、サウンドにもジャケットにも顕れているような気がします。ジャーマン・サイケの印象を覆すとも言える、ハイクオリティなサイケ「ポップ」作。

  • KEVIN AYERS / JOY OF A TOY

    持ち前のストレンジな感性が全開!記念すべきソロデビュー作、70年発表

    ソフト・マシーンを脱退後、69年にリリースした1stソロ。全曲でドラムを叩いているのは、ワイアット。ラトリッジ、ヒュー・ホッパーも参加しています。「永遠のボヘミアン」ケヴィン節全開で、全編に流れる緩やかなムードと一つ所に収まらないユーモア感覚溢れるアレンジがたいへん心地良い作品。優しくささやくようなテナーボイスもたまりません。代表曲「LADY RACHEL」収録の名作。

  • SOFT MACHINE / VOLUMES ONE and TWO

    カンタベリー・ロックの起爆点、68年1st&69年2nd

  • DANTALIAN’S CHARIOT / CHARIOT RISING

    67年作、英国のキーボーディストZoot Money率いる英サイケ・ポップ・グループ、アンディ・サマーズ在籍

    Zoot Moneyがビッグ・ロール・バンド解散後に結成したサイケ・ポップ・グループ。67年作。シタール、テープ逆回転などでカラフルな味付けを施していますが、マニーの歪んだオルガンをはじめ、バンド演奏自体はビッグ・ロール・バンドの延長線上にある力強さ。どこか陰気で混沌としたサウンドは、Julyなどに近いかもしれません。ギターはなんと、後にポリスに参加するアンディ・サマーズ。

  • INSECT TRUST / INSECT TRUST

    ジャジーでプログレッシヴでサイケデリックかつルーツ色も含んだアメリカン・ロック・グループ、69年1st

    1967年のニューヨークにて結成されたカントリー・サイケ・フォーク/ジャズ・グループの69年作。一言で言うと、呑気なカントリー・ミュージックと洒脱なジャズ、神秘的な民族音楽、そしてサイケで実験性に満ちたアヴァンギャルド・ミュージックの狭間を綱渡りで渡っているような感じ…?アコギ、バンジョー等の楽器をフィーチャーしたリラックス感溢れるカントリー・フォークを軸に、艶っぽくセクシーな女性ヴォーカルが合わさっていい感じだなあ、なんて思っていると、突如ブイブイとサックスがむせび、ギターががむしゃらなノイズを奏でる「21世紀の精神異常者」みたいなパートに突入…。決して奇抜なだけではなく、軸となる”ルーツ・ミュージック meets サイケ・ジャズ・ロック”的アプローチは物凄くしっかりとしているのですが、そこへ突如フリーキーなサックスだったり南米の儀式のようなエキゾチックな笛とパーカッションだったりと全く予測不能な音楽的要素が飛び込んでくるのがあまりにもプログレッシヴ。「時代を先取りしすぎた」という言葉が相応しい、圧倒的な個性を放つ名盤です。

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコの中古CD買取、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事