プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「速弾きギタリスト」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。3月に入りました。

カケレコのある埼玉北端の寄居町では、ちらほらと梅の花が咲いています。

さて今週は、「速弾きギタリスト」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

どうぞご覧ください。

Facebook

2月25日(月):TEN YEARS AFTER / UNDEAD

月曜日の今日は、アルヴィン・リーです。

ウッドストック・フェスティヴァルでの圧倒的な速弾きギター・プレイが有名ですね。

アルバムはテン・イヤーズ・アフターの68年作をピックアップ。2作目にしてライヴ盤ということで、よっぽどライヴの評価が高かったことが伺えます。

音楽好きの両親の影響から、幼いころからジャズやブルースを聴いて育ったアルヴィン・リー。

ジャズの奏法を取り入れた猛烈なピッキングが、ライヴ盤ならではの臨場感たっぷりに味わえます。

それにしてもよくこんなに指が動きますね…。つらないのだろうかと心配になってしまいます。(みなと)

試聴 Click!

2月26日(火):JEFF BECK / BLOW BY BLOW

本日ご紹介するのは皆様ご存知三大ロック・ギタリストのひとり、ジェフ・ベック。

彼を「速弾きギタリスト」と呼ぶかどうかは正直賛否の分かれる所ではありますが、少なくともその後の数多の「速弾きギタリスト」の誕生に多大なる影響を与えたことは間違いないでしょう。

中でも名盤と呼ばれるのが全曲インストで構成された75年作『BLOW BY BLOW』。

マハヴィシュヌ・オーケストラのジョン・マクラフリンに影響され、当時人気が高まっていたフュージョン路線にシフトした本作。

中でも速弾きが印象的な楽曲といえば「Scatterbrain」ですが、複雑でテクニカルなリフを繰り返しつつも決して無機質になることなく、華やかで多彩な表情を見せるギター・プレイが本当に素晴らしいですよね…。

かのジミー・ペイジに「ギタリストの教科書」と言わしめたのも納得の歴史的名盤です。(増田)

試聴 Click!

2月27日(水):AL DI MEOLA / ELEGANT GYPSY

3人目は、弱冠20才にしてリターン・トゥ・フォーエヴァーに抜擢された押しも押されもせぬギターヒーロー、アル・ディ・メオラ。彼の77年作2nd『ELEGANT GYPSY』をピックアップしましょう。

フルピッキングによってまるでマシンガンのように弾き飛ばす豪快な速弾きが持ち味で、メインフィールドはジャズ/フュージョンながら当時のロック・シーンに与えた影響は計り知れません。

そんな驚愕の速弾きが聴けるのが代表曲でもある「Race with Devil on a Spanish Highway」。

ラテン・フレイヴァー漂う官能的なフュージョン・パートと、歪んだ音で息つく暇もなくスリリングな速弾きを繰り出すギターに耳を奪われる、ほぼハード・ロックなパートが強烈に対比される名曲です。

そんなギターと難なくユニゾンするバリー・マイルズのキーボード捌きもまた超絶ですね。
サンタナ・ファンにも響くものがありそう。

しかし更に驚くべきは、フラメンコ・ギターの名匠パコ・デ・ルシアと共演する「Mediterranean Sundance」かもしれません。

アコギでこの速さ、もう笑うしかありません。(佐藤)

試聴 Click!

試聴 Click!

2月28日(木):BRAND X / UNORTHODOX BEHAVIOUR

本日は英国のテクニカル・ジャズ・ロック・バンドBRAND Xの超絶ギタリスト、ジョン・グッドソルをご紹介いたしましょう。

英国ジャズ・ロック界が誇る速弾きギタリストと言えばSOFT MACHINEのジョン・エサリッジ、同じくソフツに在籍したアラン・ホールズワース等が有名ですが、このジョン・グッドソルもそんな二人に劣らぬ技巧の持ち主。

ジャコ・パストリアスにも匹敵するフレットレス・ベースの使い手パーシー・ジョーンズ、そして当時GENESISと掛け持ちしていたとは微塵も思えぬフィル・コリンズによる目が回りそうなほど凄まじいリズム隊…。

そこにグッドソルのギターもスピーディーに絡んでくるのですが、しかし決してゴリゴリと前のめりに畳み掛けるのではなく、ファンキーなカッティングやなめらかなフレージングを駆使してアンサンブル全体にスッと馴染むようなプレイをしているのが印象的。

このどこか「奥ゆかしさ」すら感じる職人気質なギター・プレイ、これこそ英国的な味わいと言えるのではないでしょうか。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

3月1日(金):DIXIE DREGS / INDUSTRY STANDARD

最後にご紹介するのが、アメリカ出身のギタリスト、スティーヴ・モーズ!

現ディープ・パープルのメンバーとして活躍していることで、今や多くのロック・ファンに知られる存在となった彼ですが、キャリア初期の70年代よりディキシー・ドレッグス(ドレッグス)というプログレ/フュージョン・バンドで活動しています。

圧倒的な演奏テクニックを生かして、ジャズ/カントリー/ハードロックを織り交ぜた多彩なプレイを聴かせる名手で、どんなサウンドにも対応可能なオールラウンダー。

もちろん速弾きも得意としており、フレーズセンスの良さも相まった「華麗」という言葉がぴったり来る見事な速弾きに耳を釘付けにされます。

特にこの81年作『Industry Standard』は、彼の素晴らしい速弾きがたくさん聴けて堪りませんぞ!(佐藤)

試聴 Click!


カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

TEN YEARS AFTERの在庫

  • TEN YEARS AFTER / TEN YEARS AFTER

    元祖速弾きギタリストAlvin Lee率いる英ブルース・ハード・バンド、67年デビュー作

    ALVIN LEEが率いたブリティッシュ・ブルース・ロック・バンド、TEN YEARS AFTERの67年発表のデビュー・アルバム。デラム・レーベルからリリースされた今作は、グループが当時ステージで取り上げていたレパートーリーをそのままスタジオに入って、レコーディングしたような内容です。デッカのオーディションに落ち、BBCのラジオ・オーディションにも落ちていた彼等でしたが、ロンドンで行われたオールナイト・コンサートでJEFF BECK GROUPと競演した際に、あのラジオ・ワンの名DJ、JOHN PEELの目に留まることになったのです。 これからたった2年後に、かのウッドストック・フェスティバルに出演したことで一躍ヒーローの座を獲得した若き英雄ALVIN LEE。このファーストでは、まだまだサイケデリックな雰囲気も残したサウンドながら、後のブルース色強いライヴ・バンドの片鱗が見え隠れしています。

  • TEN YEARS AFTER / STONEDHENGE

    元祖速弾きギタリストAlvin Lee率いる英ブルース・ハード・グループ、69年作3rd

    早弾きで知られるギタリストAlvin Lee率いるグループ、69年作3rd。初期のヘヴィなブルース・ロックを軸に、サイケ、ジャズ、フォークなどのエッセンスを取り入れてグッと進化。機関銃のように乱れ打ちされるパーカッション、初期フロイドにも通ずるサイケデリックなオルガンによるスケールの大きな楽曲や、グルーヴィーなオルガンにAlvinの芳醇なジャズ・ギターが絡む楽曲など雰囲気抜群。もちろん、Alvinのギターが火を吹くブルース・ロック・ナンバーも健在。TEN YEARS AFTERというとウッドストックでの強烈な早弾きで知られていますが、ブリティッシュ・ロックらしいコクのあるサウンドもまた魅力です。ブルース・ロックを新たなる地平へと進化させた傑作。

  • TEN YEARS AFTER / RECORDED LIVE

    73年ライヴ

    天才ギタリスト、アルヴィン・リー率いる英ブルース・ロック・グループ。73年リリースの名ライヴ盤。

  • TEN YEARS AFTER / POSITIVE VIBRATIONS

    元祖速弾きギタリストAlvin Lee率いる英ブルース・ハードの雄、74年作

  • TEN YEARS AFTER / BRITISH LIVE PERFORMANCE SERIES

    90年ライヴ盤、12曲入り

「TEN YEARS AFTERの在庫」をもっと見る

JEFF BECKの在庫

  • JEFF BECK / YOU HAD IT COMING

    01年作

  • JEFF BECK / JEFF

    03年作

  • JEFF BECK / PERFORMING THIS WEEK…LIVE AT RONNIE SCOTTS

    07年ライヴ

  • JEFF BECK / EMOTION & COMMOTION

    10年作

  • JEFF BECK / LIVE+

    14年8月の米ツアー音源を収録、全16曲

    • WPCR16491

      初回プレス限定特典(フォトカード、ピック)付仕様、ボーナス・トラック1曲、定価2500

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯無

      帯無、ピックなし

      1190円

      952円
      (税込1028円)

      257円お得!


      CD詳細ページへ

  • JEFF BECK / LOUD HAILER

    16年作

  • JEFF BECK / TRUTH

    天才ジェフ・ベックがロッド・スチュワート、ロン・ウッドらと組んだ「元祖スーパーグループ」!68年発表の名盤

  • JEFF BECK / BLOW BY BLOW

    75年発表、ギター・インストゥルメンタルの金字塔!

    75年作、BECK BOGERT & APPICE解散後に発表された全編インストゥルメンタルで構成された初のソロ・アルバム。変則リズムにカッティング・ギターがファンキーに絡む「You Know What I Mean」、トーキング・モジュレーターを通したギターが引っ張るレゲエ調BEATLESナンバー「She’s A Woman」、George Martinによる優美なオーケストレーションと絡み合う奔放な早弾きギターがかっこいい「Scatterbrain」等々、ヴォーカル不在を感じさせない華々しく表情豊かなJEFF BECKのギターは、Jimmy Pageに「ギタリストの教科書」と言わしめたほど。軽快なリズムを弾き出すMax Middletonによるフェンダー・ローズ・ピアノや、Richard Bailyによる切れ味鋭いドラミングも強力、スリリングなアンサンブルが楽しめます。最も著名なギター・アルバムにして、全ロック・ファン必携の名盤。

  • JEFF BECK / WIRED

    スリリングなギタープレイに磨きがかかった76年作、ヤン・ハマー/ナラダ・マイケル・ウォルデンら参加

  • JEFF BECK / LIVE WIRE

    77年リリース、76年10-11月のライヴ音源

    77年リリースのライヴ・アルバム。ヤン・ハマー・グループとの76年10、11月のライヴからセレクトされた曲で構成されており、「ワイアード」でのヤン・ハマーとの炎のセッションが、ここではライヴで再び燃え上がる。スタジオ・アルバムよりもフリー・フォームでワイルドなジェフのギターが聴けるのがうれしい。ジェフのキャリア中、日本のみ発売の「BBA ライヴ・イン・ジャパン」を除くと唯一のフル・ライヴ・アルバムであり、「ワイアード」リリースすぐ後のライヴ音源ということもあって、今では貴重な記録と言うことができるだろう。ヤン・ハマー・グループの好演(特にスティーヴ・キンドラーのヴァイオリンは素晴らしい)も光っており、もっと評価されるべきライヴ・アルバムだ。

  • JEFF BECK / GUITAR SHOP

    「第2のWIRED」と称される全曲インスト作、89年リリース

  • JEFF BECK / BEST OF

    14曲収録

  • JEFF BECK / WHO ELSE !

    現代のデジタル・サウンドを貪欲に取り込んだ99年作

「JEFF BECKの在庫」をもっと見る

AL DI MEOLAの在庫

「AL DI MEOLAの在庫」をもっと見る

BRAND Xの在庫

  • BRAND X / UNORTHODOX BEHAVIOUR

    英国シーン最高の技巧派メンバーが集結したスーパー・ジャズ・ロック・グループ、76年1st

    イギリスを代表する存在であり、GENESISのドラマーPhil Collinsが参加していたことでも有名なジャズ・ロック、クロスオーヴァー・フュージョングループの76年デビュー作。その内容は技巧的な演奏の連続が素晴らしいスリリングなテクニカル・ジャズ・ロック作品であり、Phil CollinsのせわしないドラムとPercy Jonesの技巧的なフレットレス・ベースによるリズム・セクションの躍動感をベースにし、各メンバーのいぶし銀のプレイが光る名盤です。アメリカナイズされたクロスオーヴァー・フュージョンのフォーマットは用いつつも、やはり英国的な音の深みと陰影を感じさせるサウンドは彼らならではの個性と言えるでしょう。

  • BRAND X / MOROCCAN ROLL

    元SUN TREADERの超絶パーカッショニスト、モーリス・パートを迎えた5人編成による77年2nd、名盤

    イギリスを代表する存在であり、GENESISのドラマーPhil Collinsが参加していたことでも有名なジャズ・ロック、クロスオーヴァー・フュージョングループの77年2nd。デビュー作のメンバーに加えてSUN TREADERのMorris Pertがパーカッションで加入した本作は、前作を上回るテクニカルなサウンドで魅了する1枚であり、Percy Jonesのフレットレス・ベースをはじめ、やはり各人の技巧的なプレイが光りますが、Phil Collinsのボーカル曲で幕を開け、中東風のエスノ・フレーバーをまぶしつつスペーシーに進行するなど楽曲に豊かなバラエティーと個性的な質感が生まれており、グループの最高傑作との評価も高い名作となっています。

  • BRAND X / MASQUES

    英国ジャズ・ロック・シーンを代表する技巧派バンド、78年作

    技巧派ミュージシャンが集まって結成したジャズ・ロック・バンド、ブランドXの3rdアルバム。

  • BRAND X / X COMMUNICATION

    92年作

  • BRAND X / TIMELINE

    77年シカゴ公演&93年NY公演を収録、全19曲

  • BRAND X / LIVE AT THE ROXY LA

    英国が誇る技巧派ジャズ・ロック・バンド、79年にLAのROXY THEATREにて録音されたライヴ音源

    英ジャズ・ロック・シーンを代表する技巧派バンド、79年にLAのROXY THEATREにて録音されたライヴ音源。メンバーはPHIL COLLINS(dr)、ROBIN LUMLEY(key)、JOHN GOODSALL(gt)、PERCY JONES(bs)、PETER ROBINSON(key)。

「BRAND Xの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。