プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

新品CDセール開催中!各ジャンルのイチオシ作品をご紹介します☆

スタッフ佐藤です。

本日2月19日より、カケレコでは新品CDセールを開催中しております!
世界各国のプログレ/ロックが最大50%オフのお買い得価格になっておりますよ~。
ぜひ下記リンクより探求をお楽しみください☆

https://kakereco.com/list.php?f=1&sa=sale


ここからは、「あんま時間ないし、沢山あって見るの面倒だなぁ」という方のために、セール対象作品の中からイチオシをジャンル別でご紹介してまいりましょう!

【プログレのおすすめ】

FIRST AID/NOSTRADAMUS

パンク全盛の70年代後半にこのジャケでこの音では売れなそうですが、やはり埋没してしまったのか・・・。同じ77年リリースのイングランド『ガーデンシェッド』の表裏を成すと言えそうな暗黒の英プログレ秘宝。

試聴 Click!

ALUSA FALLAX/INTORNO ALLA MIA CATTIVA EDUCAZIONE

初期PFMのファンは必ずやグッとくるはず!フルートやオーボエなど管弦楽器による重厚なサウンドとイタリアらしい情熱的なヴォーカルが胸を打つ名作!

試聴 Click!

STEP AHEAD/STEP AHEAD

キャメルやジェネシス直系のファンタジーとスティックスのような米プログレのハードポップさとが融合したサウンドはメロディの宝庫!

試聴 Click!

NAU ALETHEIA/LOS MISTERIOS DE ELEUSIS

なんと、あのアルゼンチン・ロック史上の名盤を残したBUBUのヴァイオリニストによるグループだって!?クリムゾン色濃厚なヘヴィ・プログレ・サウンドをベースとしますが、その中に息づくBUBU譲りの南米的リリシズムにも感動。

試聴 Click!

HOLY LAMB/GYROSOPHY

70年代プログレ的幻想性、80年代なエレクトリック感、モダンなヘヴィネスを混ぜつつ、クラシックや民族音楽やジャズも取り込んで、ヌケが良くポップで洗練されたアンサンブルへと仕立てちゃうセンス。恐るべしラトビア。

試聴 Click!

BROTHER APE/KARMA

バンド・アンサンブルとまばゆいプログラミング音響を絶妙に取り合わせる手法が見事なスウェーデン出身シンフォ・バンド。この17年作、バンドのテクニカルな面がよりクローズアップされていて、従来に比べ骨っぽいカッコよさが倍増。これぞ最高傑作と呼びたい快作に仕上がっています!

英プログレのセールリストへ行く!
イタリアン・プログレのセールリストへ行く!
フレンチ・プログレのセールリストへ行く!
ジャーマン・プログレのセールリストへ行く!
北欧プログレのセールリストへ行く!
東欧プログレのセールリストへ行く!
新鋭プログレのセールリストへ行く!


【ハード・ロックのおすすめ】

STRAY/LIVE AT THE MARQUEE

数年前に来日も果たしたブリティッシュ・ハードの隠れ名バンドといえば?エッジ効きまくりのギターにヘヴィなベース、スピーディーでタイトなドラムといった彼らの持ち味がライヴならではの勢いに乗って襲い掛かる!ファン必殺のライヴ・アルバム!

試聴 Click!

THUNDERHEAD/THUNDERHEAD

ジョニー・ウィンターもその腕前を認め自身のアルバムに起用したギタリストPat Rushがツインリードの片翼を担うグループ。ソリッドなツイン・ギターのリフが炸裂する、ハード・ロック・ファンなら心鷲掴みにされちゃうサウンドです。

試聴 Click!

BATTRE LYSS/TILL DEN STRANG SOM BRAST AN ATT ALDRIG SPANNA EN BAGE

北欧の名グループLIFEの中心人物が参加したプログレ・ハード・バンド。これがウィッシュボーン・アッシュばりの哀愁とキレにサバスばりのヘヴィさ、そしてピアノやフルートなど北欧らしいリリシズムも備えた見事な逸品!LIFEのファンは要チェックです!

試聴 Click!

PLUS/NO PISAR EL INFINITO

汗が吹き飛びまくり!このスピード感はまるでディープ・パープル!アルゼンチンの正統派ハード・ロック・バンドです!

試聴 Click!

英ハードのセールリストへ行く!
米ハードのセールリストへ行く!
ユーロ・ハードのセールリストへ行く!


【ジャズ・ロックのおすすめ】

POLIPHONY/POLIPHONY

これ、ジャケのセンスはちょいと微妙だけど、トントン・マクートやランニング・マンやサムライあたりのファンは、「おおっ」となっちゃうだろうな!

試聴 Click!

FRANCOIS FATON CAHEN/GREAT WINDS

マグマとウェザーリポートを掛け合わせると? マグマのピアニストとウェザーのベース、ミロスラヴ・ヴィトウスとの競演盤がもう圧倒的な完成度なのです。

試聴 Click!

PHLOX/VALI

バルト三国エストニアより現れた驚異のジャズ・ロック・バンドによるスタジオ・ライブ盤!往年のカンタベリー・ロックを鋭く尖らせて倍速にしたような、痛快極まるアンサンブルが全編で炸裂~!

試聴 Click!

SLIVOVITZ/LIVER

ヴァイオリンにハーモニカ、サックス、トランペットを交えた洒脱にしてどこまでも強靭な、ギラギラしたアヴァン・ジャズ・ロックはこれぞ痛快無比。ジャズロック期のザッパすら彷彿させるこのナポリ出身グループ、要注目です。

試聴 Click!

英ジャズ・ロックのセールリストへ行く!
米ジャズ・ロックのセールリストへ行く!
ユーロ・ジャズ・ロックのセールリストへ行く!
新鋭ジャズ・ロックのセールリストへ行く!


【サイケのおすすめ】

INDIAN PUDDIN & PIPE/INDIAN PUDDIN AND PIPE

元はWEST COAST NATURAL GASの名で活動し改名、アルバム未発表ながら70年代初頭まで活動した伝説的サイケデリック・ロック/ジャズ・ロック・バンドと言えば?彼らの現存する全音源をまとめたシスコ・ファン必携編集盤☆

試聴 Click!

ARK/VOYAGES

78年にしてポスト・ロック的な音響感覚を感じさせるゆらゆらと揺らめくファズ・ギター。これは、ドアーズやフロイドのファンから、ヨ・ラ・テンゴなどインディー・ロックのファンまでオススメしたい幻の米サイケ名作。

試聴 Click!

REINHOLD MOLITOR/REINHOLD

初期ディランをニューヨークではなく中南米の蒸し暑い空気で包んだ感じ!?ドイツ出身の若きミュージシャンがメキシコに渡り録音したメガレア・サイケ秘宝、69年作!

試聴 Click!

米サイケのセールリストへ行く!



英サイケのセールリストへ行く!


【サザン・ロック/スワンプ・ロックのおすすめ】

STEVE EASTSIDE BAND/STEVE EASTSIDE BAND

POTLIQUOR/POTLIQUOR

彼らの豪快なツイン・ギター&スライド・ギターの見事さは、ALLMAN BROTHERSにも負けません!ハイ・トーンの熱いシャウト・ヴォーカルと爽快なコーラス・ワークも魅力的な、突き抜けたサザン・ロック!

試聴 Click!

スウェーデン産のサザン・ロック・バンドだって?!ZZ TOPやサザン・ロック・ファンはもちろんのこと、80’sのアメリカン・ハード・ロックがお好きな方にもおすすめです。

試聴 Click!

BALDERDASH/BALLAD OF SHIRLEY GOODNESS & MERCY

レオン・ラッセルほどじゃないけど、これぞスワンプ・ロック声と言えるダミ声!ピアノと女性コーラスが哀愁を放つエネルギッシュかつコクのある米スワンプ・ロック傑作ですね。

試聴 Click!

MILTON CHESLEY CARROLL/MILTON CHESLEY CARROLL

ゴリゴリの骨太ベースにスティール・ギターとドブロの響き、そしてフレッド・ニールに影響を受けたブルージーな歌声。テキサスの外れのいなせなカントリー・ロック。

試聴 Click!

スワンプ・ロックのセールリストへ行く!


【フォーク/フォーク・ロックのおすすめ】

MAGNA CARTA/LORD OF THE AGES

湿り気を帯びた気品あるフォークを軸に、荘厳なクラシカル要素、ハード・ロッキンなギターなども織り交ぜた一筋縄ではいかぬサウンドが特徴。幻想的なロジャー・ディーンジャケも含めて、「英国らしさ」に満ちあふれた作品ですよね。

試聴 Click!

PAPER BUBBLE/BEHIND THE SCENERY: THE COMPLETE PAPER BUBBLE

デイヴ・カズンズ、リック・ウェイクマンほか、ストローブス人脈が全面参加した英フォーク・ロックの隠れた名作『SCENERY』に加え、未発表アルバム2作品も収録した決定版アンソロジー!

試聴 Click!

LESLEY DUNCAN/EARTH MOTHER

キャロル・キングを始めとする米SSWへの憧憬の中に滲む英国的な陰影。慈愛に満ちたフィメール・ブリティッシュSSWの大名作。

試聴 Click!

ANDY ROBINSON/PATTERNS OF REALITY

ティム・バックリーを繊細にしたようなボーカル、ジャニス・イアンプロデュースの上品なアレンジ。オルガンの効いたサイケ・サウンドと、上品なチェンバー・フォークが楽しめる1枚。

試聴 Click!

FB.WORSTER/GOD DON’T MAKE JUNK

聴き手の時間を止める深遠なる歌唱から、ジョニ・ミッチェルばりに軽やかに飛翔する歌唱まで、とにかくヴォーカルが絶品。ギター一本で会場の空気を支配するオーラに包まれた名SSW。

試聴 Click!

英フォーク/フォーク・ロックのセールリストへ行く!

米フォーク/フォーク・ロックのセールリストへ行く!


関連カテゴリー

関連CD在庫

  • STEP AHEAD / STEP AHEAD

    フランス、82年作、ファンタスティックなシンフォ・プログレ

    80年にChristian Robinを中心に結成され、YESのJon Andersonを髣髴とさせるハイトーン・ボーカルで明瞭なシンフォニック・ロックを聴かせるフランスのグループの82年唯一作。当時の音楽シーンの流れを汲んだハード・ポップな音楽性でまとめながらも、そのサウンドはポンプ・ロックへと向かっていた当時の潮流に逆行した70年代サウンドで構成されています。メジャーリリースと言うこともあってSTYXのようなアメリカン・プログレハード的な垢抜けたものを目指しつつも、零れ落ちるように、CAMELのマイルドさやSTEVE HACKETTのような叙情的ギターワークなど、70年代のサウンドの名残が感じられる名盤です。

  • THUNDERHEAD / THUNDERHEAD

    75年唯一作、ストレートでアグレッシヴでソリッドな米ハード・ロックの好盤

    米ハード・ロック・グループ、75年の唯一作。疾走感いっぱいのアグレッシヴなリズム、バキバキとエッジの立ったスリリングなギター、太くエネルギッシュなシャウト・ヴォーカルによるソリッドなハード・ロック。ブルースがベースにありますが、スピード感重視のストレートなアンサンブルが持ち味。ツイン・ギターによるキメのハモリ・リードもグッときます。

  • PHLOX / VALI

    東欧エストニアの新鋭ジャズ・ロック・バンド、13年スタジオ・ライヴ作

    エストニアのジャズ・ロック・バンド、12年スタジオ・ライヴを収録した13年作。シャープな高速変拍子リズム・セクション、野太いトーンでフリーキーに疾走するサックス、ゴリゴリと弾き倒すようなアグレッシヴなギター、そしてカンタベリー系のクールでしなやかなエレピ。デビューからのヘンリー・カウやハットフィールドのDNAを継いだテクニカルかつ流麗なジャズ・ロックをライヴ録音とは思えない精緻さとダイナミズムで一気に聴かせています。カンタベリー・ロックの音を鋭く尖らせて倍速にしたような、痛快極まるアンサンブルが全編で炸裂する傑作!

  • FIRST AID / NOSTRADAMUS

    パンク全盛の70年代後半に埋没した幻の英プログレ・グループ、ノストラダムスをモチーフにしたスケールの大きなコンセプト名作、77年リリース

    アラン・ホールズワース在籍で知られるイギンボトムのドラマーなどにより結成された英プログレ・グループ。77年にデッカからリリースされた唯一作。オーケストラ・アレンジはビートルズ「ロング・アンド・ワインディング・ロード」などで有名な名アレンジャーのリチャード・ヒューソン。ノストラダムスの予言をモチーフにしたコンセプト作で、パンク全盛の時代の作品とは思えない古色蒼然としたサウンドが印象的。力強くタイトなリズム隊、暗黒のムーグ・シンセを中心に荘厳な音世界を描くキーボード、イル・ヴォーロやアフロディテス・チャイルドあたりを彷彿させるようなクールに抑制されたアーティスティックなギター、そして、クラシックというより映画音楽のように壮大なスケールのオーケストラ。全体的には暗く沈みこむように重厚なサウンドですが、時折光りが射すようにリリカルなパートがあらわれ、叙情的なメロディも聴かせます。グレッグ・レイクばりのジェントルなヴォーカルも印象的。ジャケからして、英国というより東欧あたりの秘宝盤の香りがぷんぷんしてますが、サウンドもそんなイメージ。ハンガリーのソラリスやギリシャのアフロディテズ・チャイルドのファンは驚くでしょう。ジャケにピンと来たファンは必聴!

  • MAGNA CARTA / LORD OF THE AGES

    Chris Simpson率いる英国フォーク・ロック・バンド、73年にUKヴァーティゴからリリースされた4th、アートワークはロジャー・ディーン

    73年にUKヴァーティゴからリリースされたChris Simpson率いる英国フォーク・ロック・バンド4thアルバム。主要メンバーは、ヴォーカル・ギターのChris Simpson、スポークン・ワードにGlen Stuart、同じくヴォーカル・ギターのStan Gordonのトリオ編成。そしてスリーヴ・デザインは、ロジャー・ディーン。楽曲のプログレッシヴなアプローチも相まって、作品の雰囲気を良く捉えています。湿り気のある英国のフォーク・サウンドが粒ぞろいの楽曲に乗って心地よく風に吹かれるかのような作品。

  • FRANCOIS FATON CAHEN / GREAT WINDS

    MAGMA〜ZAOで活躍した名ピアニスト、豪華ゲスト参加の名作ソロ、78年リリース

    MAGMA〜ZAOで活躍した名ピアニストによる78年作ソロ。参加メンバーが豪華で、WEATHER REPORTのベーシストMiroslav Vitous、MILES DAVIS GROUPで活躍したドラマーJack Dejohnetteなどが参加。緻密かつスリリングな楽曲、弦楽器が彩るメランコリックな楽曲ともに圧倒的な完成度。仏ジャズ・ロックの名作。

  • POLIPHONY / POLIPHONY

    トントン・マクートやランニング・マンに通ずる73年の自主制作盤、フルートやエレピがたゆたう英国叙情に溢れたジャズ・ロック秘宝

    英国はバーミンガム出身のジャズ・ロック・グループ。73年に自主制作された唯一作。ギター、ベース、ドラム、ピアノ兼フルートの4人組で、全曲インストゥルメンタル。ちょっとバタバタとしていて英国的な哀愁に満ちたドラムとよく動くベースによるリズム隊を土台に、ファズを効かせたギターがたゆたうようにメロディアスなギターを奏で、そこに流麗なエレピや陰影に富んだフルートがからみます。洗練されているとは言えないものの、R&Bタッチの洒落たタッチと英国的な叙情性に富んだアンサンブルは愛すべき魅力いっぱい。トントン・マクートやランニング・マンやサムライあたりのファンは、「おおっ」となることでしょう。ちゃんとしたプロデューサーのもとしっかりと録音され、ネオンあたりからリリースされていれば、きっと人気作となっていたはずです。オススメの一枚。

  • BALDERDASH / BALLAD OF SHIRLEY GOODNESS & MERCY

    72年作、エネルギッシュかつコクのある米スワンプ・ロック傑作

    前年にBOONDOGGLE & BALDERDASHとしてスワンプ・ロック傑作を産み落としたデュオの片割れによる72年作ソロ。レオン・ラッセルほどではないにしろ、これぞスワンプ・ロック声と言えるダミ声で粘りのある歌唱のヴォーカル、タイト&グルーヴィーなリズム、リズミックなピアノ、ゴージャズな女性コーラスとブラス。エネルギッシュかつコクのある米スワンプ・ロックの傑作です。

  • POTLIQUOR / POTLIQUOR

    米ルイジアナ出身4人組、オールマンばりの豪快なサザン・ロックを聴かせる快作

    70年にデビューしたルイジアナのグループ。79年作の4th。初期は豪快はハード・ロックでしたが、本作は、大幅なメンバー・チェンジを行い、レーベルもCAPITOLへと移籍し、突き抜けるサザン・ロックを聴かせています。ヌケの良いギター・サウンドがゴキゲンなリフを刻み、弾むようなピアノがサポート。そして、ハイ・トーンの熱いシャウト・ヴォーカルと爽快なコーラス・ワーク。ALLMAN BROTHERSばりの豪快なツイン・ギター&スライド・ギターもたまりません。

  • MILTON CHESLEY CARROLL / MILTON CHESLEY CARROLL

    72年テキサス、ニッチなカントリー/スワンプロックSSW名盤

    テキサスの田舎町ワクサハチ出身SSW、72年デビュー作。南部出身にしてはアクの少ないまろやかなテナーボイス。時折ビブラートがかかる、このブルージーさは何だろう・・・と思ったら、フレッド・ニールに影響を受けているのですね。所謂スワンプ・ロックとは一味違ったクールさがあります。そしてその歌声に加わるのはゴリゴリと骨太なベース、温かみあるキーボード、カントリー・タッチのスティール・ギターやドブロ。軽やかでいなせな、テキサス・カントリー・ロックです。エリック・ワイズバーグ、ジェリー・フリードマン、スティーヴ・ガッド、トニー・レヴィン等参加。

  • PLUS / NO PISAR EL INFINITO

    アルゼンチン出身、ツェッペリンやディープ・パープルからの影響が色濃いスピード感いっぱいの正統派ハード・ロック、76年作

    アルゼンチンの4人組ハード・ロック・グループ、76年作1st。レッド・ツェッペリンやディープ・パープルからの影響が色濃いスピード感いっぱいの正統派ハード・ロック!エッジの立ったキレ味鋭いギター・リフ、タイト&ソリッドなリズム隊、ハイ・トーンのシャウト・ヴォーカル!アルゼンチンらしい哀愁のメロディと豊かなコーラスも魅力的。リフが引っ張るブリティッシュ・ハードのファンは間違いなく気に入るでしょう!これは名作です。

  • FB.WORSTER / GOD DON’T MAKE JUNK

    聴き手の時間を止めるオーラをまとった米女性SSW、74年の名作

    米東海岸出身の女性フォークSSW。ジョーン・バエズ、リッチー・ヘヴンス、リヴィングストン・テイラーらとともに、コーヒーハウスや大学でライヴを行いながら腕を磨き、満を持して74年にリリースされた1stアルバム。聴き手の時間を止める深遠なる歌唱からジョニ・ミッチェルばりに軽やかに飛翔する歌唱までとにかくヴォーカルが絶品。凛としたメロディも素晴らしい。ギター一本でライヴ会場の空気を支配するオーラに包まれた名SSW。これは名作です。オススメ。

  • SLIVOVITZ / LIVER

    ナポリ出身アヴァン・ジャズ・ロック・バンド、洒脱にして強靭なアンサンブルが駆け抜けるテクニカル・アヴァン・ジャズ・ロック、17年リリースのライヴアルバム!

    01年にイタリアはナポリで結成されたアヴァン・ジャズ・ロック・バンド。サックス奏者、トランペット奏者、ヴァイオリン奏者、さらにハーモニカ奏者までを含む7人組。2016年ミラノでのライヴを収録した17年作。圧巻の手数とうねるようなグルーヴ感覚を備えたジャズ・ファンク調リズム・セクション、饒舌なソロからド派手なユニゾンまで縦横無尽なサックス&トランペット、リズムワーク重視ながらクールかつ切れ味鋭いプレイを聴かせるギター、宙を舞うように高らかに響くエレキ・ヴァイオリン、そして他楽器に負けない熱気あるソロで存在感を見せるハーモニカ。洒脱にしてどこまでも強靭な、ギラギラしまくりの超絶アンサンブルは、目眩がしそうなほどの凄まじさです。管楽器&ギターが主役のテンション高いパートと気品あるヴァイオリン・パートが切り替わる瞬間や、何よりこの底なしのカッコよさはザッパの『HOT RATS』をも彷彿。これは痛快無比な傑作ライヴ盤!

  • STRAY / LIVE AT THE MARQUEE

    ブリティッシュ・ハードの隠れた名バンド、84年リリースのライヴ盤

    60年代に結成されたブリティッシュ・ハード・バンド、STRAY。77年に一度経済的問題で解散した彼らですが、その後もライヴの為にたびたび再結成。本作は83年のマーキー・クラブ公演を収録した、84年リリースにして彼ら初のライヴ・アルバム。1st〜3rdなど初期の楽曲から76年リリースの7th『HOUDINI』収録曲まで幅広く演奏しており、Del BromhamのキレのあるギターやGary Gilesのグルーヴィーなベース、Ritchie Coleのタイトなドラムが躍動感たっぷりに炸裂!ソリッドでスピーディーでキャッチーな、期待通りのSTRAYサウンドが堪能できる一枚です。

  • ANDY ROBINSON / PATTERNS OF REALITY

    米SSW、ジャニス・イアンプロデュースの68年作。

    米フィラデルフィアのSSW、68年作。基本的にフォーク・ロック・サウンドなのですが、しっかり効いてるオルガンや、ドンシャリしたリズム隊はサイケデリック・ムーヴメント色濃い68年的。ティム・バックリーを上品にしたようなジェントルなボーカルは伸びやかで、耳にとても心地よいです。ジャニス・イアンプロデュースということで、ストリングスがしっかりと効いたクラシカルな楽曲もあり、英国フォークにも通じる陰影ある美しさを感じさせてくれます。ドノヴァンなどサイケ・フォークが好きな方から、ニック・ドレイクなどチェンバー・フォークが好きな方におすすめです。

  • BATTRE LYSS / TILL DEN STRANG SOM BRAST AN ATT ALDRIG SPANNA EN BAGE

    スウェーデン出身のプログレ/サイケ・ハード・グループ、75年唯一作

    北欧プログレ・バンドLIFEで知られるマルチ奏者Anders Nordinも参加しているスウェーデンのプログレ/サイケ・ハード・バンド、75年唯一作。粘っこく歪んだギター、土臭く哀愁漂う現地語ヴォーカルを特徴とするサイケ・ハード的側面と、LIFEを彷彿とさせる気品あふれるピアノやフルートなどの管楽器が醸し出す北欧らしい幻想美が共存する個性豊かなサウンドが特色。特にしっとりとした楽曲が揃ったB面の内容が素晴らしい!切なく哀愁ほとばしるメロディはもちろんのこと、静謐なバラードにサイケなテープ逆回転が挿入されたり、サバスばりの怪しくヘヴィなギター・リフに始まったかと思えばドラマチックなピアノをバックにサックスとギターがムーディーなソロを繰り広げたり、幻想的な女性コーラスやちょっぴりピッキオ・ダル・ポッゾを思わせる柔らかな管楽器パートもあったりと、多彩で工夫に富んだアレンジが見事。LIFEなど北欧プログレ・ハードのファンは要チェックの逸品です。

  • STEVE EASTSIDE BAND / STEVE EASTSIDE BAND

    スウェーデンで、どアメリカンなサザン・ロックを奏でる5人組バンド85年リリースの唯一作

    ストックホルム発テキサス行大型トレーラー発車!スウェディッシュ・ポップの国から出現したのは、いなたいサザン・ロック、ブルース・ロックを演奏する5人組STEVE EASTSIDE BAND。メンバーはヴォーカル、ベース、ドラムスにギターがふたり。ちなみに、STEVE EASTSIDE なんてアメリカンな名前のメンバーはバンドにはおりません。バンド名もそうですが、サウンドやアティテュードもサザン・ロック・バンドのスタイルを忠実に踏襲しています。なにせトラック1の曲名からして「Tequila Madness」!スウェーデンならアクアビットかスナップスでしょうが、そのサウンドもへヴィなギター・リフと少しハスキーな骨太ヴォーカルが印象的なZZ TOP的本格ブギー・ロックに見事に仕上がっています。そのZZ TOPの「Balinese」をトラック10でカバーしていますが、本家のものがけっこうルーズなロックなのに対して、アップ・テンポでノリの良いロックンロールにアレンジし、オリジナルを凌駕するほどのドライブ感を出すことに成功しています。現在も現役で息の長い活動をしていますこのバンド、ZZ TOPやサザン・ロック・ファンはもちろんのこと、80’sのアメリカン・ハード・ロックがお好きな方にもおすすめです。北欧の良質サザン・ロック・バンド、食わず嫌いは損します。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。