プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「COLOSSEUM『ヴァレンタイン組曲』から巡る69年ジャズ・ロック」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。今週はバレンタインでしたね。

近所のコンビニにも色々なチョコレートが並んでいて、とても美味しそうでした。

寒いこの季節はついつい甘いチョコレートに手が伸びてしまいます。

さて今週は、「COLOSSEUM『ヴァレンタイン組曲』から巡る69年ジャズ・ロック」というテーマで、ちょうど50年前…1969年にリリースされた数々のジャズ・ロック名盤をご紹介してまいりました。

Facebook

2月12日(火):COLOSSEUM / VALENTYNE SUITE

69年と言えば、以前もご紹介した通りキング・クリムゾンの『宮殿』がリリースされ、クラシックやジャズなど高度な音楽を吸収した「プログレッシヴ・ロック」が目覚めを迎えた変革の年。
そんな60年代と70年代の境界において「プログレ」へと到達したもう一つの傑作が、このジャズ・ロック・グループCOLOSSEUMの2nd『バレンタイン組曲』!

サックスやドラム等のジャジーなアプローチ、オルガンやピアノによるクラシカルな要素、そしてハード・ロックに通ずる重厚さ。
様々な音楽的要素、また楽器陣のテクニカルなインタープレイを複雑に絡み合わせたアンサンブルは、間違いなく当時のロックの枠組みを超越した「プログレ」、あるいは「ジャズ・ロック」の第一歩と言えるでしょう。

冒頭の「Kettle」からもう恐るべき格好良さですが、やはりここは17分に及ぶ表題曲「Valentyne Suite」をどうぞ♪(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

2月13日(水):SOFT MACHINE / VOLUME TWO

今日はソフト・マシーンの『VOLUME TWO』です。

ケヴィン・エアーズが抜けてヒュー・ホッパーが加入したことにより、ジャズ・ロック路線への変化が見られる今作。

リズムや旋律が目まぐるしく変わる曲間無しの組曲の中で、ヒュー・ホッパーの躍動感あるファズ・ベース、ロバート・ワイアットのしなやかなドラミングとくぐもったボーカル、そしてマイク・ラトリッジのオルガンとピアノがスリリングに響き渡り、サイケデリック・ロックとジャズが高度に融合した圧倒的なサウンドを聴かせます。

変拍子と不協和音たっぷりなのに、その混沌とした様が非常に心地よいです。

トリオ編成でここまで豊かな音を鳴らせることに、驚く他ありません。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

2月14日(木):MILES DAVIS / IN A SILENT WAY

英国の作品が続きましたが本日はジャズの本場アメリカに渡り、この名盤をご紹介いたしましょう。
マイルス・デイヴィスの『イン・ア・サイレント・ウェイ』です。

マイルス・デイヴィスと言えば言わずもがなモダン・ジャズの伝説的トランぺッター。
それをなぜここで紹介するのかと言えば、この69年作は「ロックのジャズへの接近」ではなく「ジャズからのロックへの接近」により誕生した一種の”ジャズ・ロック”と言える記念碑的存在だからです。

68年作『マイルス・イン・ザ・スカイ』で従来のアコースティック・ジャズからの脱却を図り、エレクトリック楽器を導入したマイルス。

そんな「エレクトリック・マイルス」期と呼ばれる彼の音楽性は次の70年作『ビッチェズ・ブリュー』で完成を迎えるのですが、その重要な起点となったのが本作『イン・ア・サイレント・ウェイ』。

何と言っても重要なのが後にRETURN TO FOREVERを結成するチック・コリア、WEATHER REPORTを結成するウェイン・ショーター&ジョー・ザヴィヌル、そしてMAHAVISHNU ORCHESTRAを結成するジョン・マクラフリンが初めて一堂に会したこと!

3人のキーボーディストの浮遊感あるエレピの音色、そしてジョン・マクラフリンの軽やかに響くエレキ・ギター。
ジャズにロックのバンド・サウンドを持ち込みつつ、アンビエント・ミュージックを先取りしたかのような幻想的な音世界を描き出す本作は、まさしく異文化の音楽の融解…つまり「フュージョン」の先駆けとして重要な役割を果たすアルバムとなりました。

ロックにジャズを取り込んだプログレ、そしてジャズにロックを取り込んだフュージョン。それらが時期を同じくして開花したとなると、69年は異なるものを「吸収」し「進化」を遂げる年だったのだなあ…と考えられますね。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

2月15日(金):IGGINBOTTOM / IGGINBOTTOM’S WRENCH

最後は再び英国に戻って、IGGINBOTTOMが残した唯一のアルバム『Igginbottom’s Wrench』をピックアップ!

ビートルズのデビューアルバムを意識したと思われる構図が印象的なジャケットですが、左から2番目の顔だけヒョコッと出しているのが、技巧派ギタリストとして名を馳せる故アラン・ホールズワースです。

彼のファースト・レコーディングとして知られるのが本作で、ジャズそのものな楽曲も多い、かなりジャズに寄ったサウンドを聴かせています。

ホールズワースと言えば、サックス奏者のプレイを参考にしたというレガートを多用して滑らかに音が繋げた速弾きを特徴ですが、ここではまだ正統派ジャズギターといった趣で、音作りの面ではこれといって特筆すべき点はありません。

ただテクニックはこの時点で既にずば抜けており、随所で炸裂する目にも留まらぬ速弾きに、のちの片鱗を十分に感じ取れます。

ロック色が薄い分全体としてはやや地味な印象ですが、プログレを代表する個性派ギタリストの処女作という点でも、重要作であることに間違いありません。(佐藤)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

COLOSSEUMの在庫

  • COLOSSEUM / TOMORROW’S BLUES

    03年の再結成作

  • COLOSSEUM / THOSE WHO ARE ABOUT TO DIE SALUTE YOU

    R&B〜ブルース・ロックという流れの中で進化を続けジャズ・ロックというスタイルを提示した名バンド、69年作1st

    50年代末からロンドンのR&Bシーンで活躍していた管楽器奏者ディック・ヘクストール=スミスとドラマーのジョン・ハイズマンを中心に結成されたグループが69年にリリースした記念すべきデビュー作。。ブルース〜R&B〜ブルース・ロック〜ジャズ・ロックへと進化したロンドンの音楽シーンの熱気をすべて吸い込んだ、まさにブリティッシュ・ロックのDNAが凝縮された一枚。まだ荒削りな部分も多く、ジャズ・ロックとしては次作『Valentyne Suite』が完成形と言えますが、R&B/ブルース・ロック由来の黒いノリを持ったグルーヴィーなサウンドは問答無用のカッコよさを誇ります。

  • COLOSSEUM / THOSE WHO ARE ABOUT TO DIE SALUTE YOU and VALENTYNE SUITE

    69年リリースの1st&2nd

  • COLOSSEUM / VALENTYNE SUITE

    69年発表、英ジャズ・ロックのみならず、60年代英国ロックとしても屈指の傑作!

    Jon Hisemanを中心に結成されDave Greensladeらを擁したイギリスのジャズ・ロックグループの69年2nd。VERTIGOレーベルの第1作という位置付けの本作は、ブルース・ロックへの傾倒が顕著であったデビュー作から音楽的な引き出しが格段に増した名盤であり、ブリティッシュ・ロック然としたハードなロック・アンサンブルからジャジーな表情、クラシカル・ロック的なアプローチまで、テクニカルなインタープレイを交えながら拡散しつつ融合する素晴らしいものです。中でも彼らを代表する名曲となった表題曲「ヴァレンタイン組曲」は圧巻の出来であり、ブリティッシュ・ジャズ・ロック最高峰の1枚と言えるでしょう。

  • COLOSSEUM / DAUGHTER OF TIME

    スタジオ・アルバムとしては最終作となる70年発表3rd

    英ジャズ・ロックを代表するバンド、70年作3rd。クラシカル且つファンキーなオルガン、ブルージーに泣くギター、躍動感溢れるベース、激しくも緻密に制御されたドラム。そして何と言っても、一流演奏陣に引けを取らない野性味溢れるソウルフルなヴォーカルがアツイ!管弦楽によるきめ細かいアレンジに併せるようにドラマティックなアンサンブルが展開され、鋭くスイングするジャジーなドラムや荘厳な雰囲気を醸し出すオルガンなどをド迫力の声量のヴォーカルが豪快にまとめ上げる様には圧倒されます。彼らの代表作「LIVE」、「VALENTYNE SUITE」と共に聴いていただきたい名盤!

  • COLOSSEUM / LIVE

    解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

    71年リリースのライヴ盤で、通算で4枚目となるラスト・アルバム。スタジオ盤でのダイナミズムがさらに増幅された演奏はただただ圧巻。ジョン・ハイズマンの超重量級でいてシャープな怒涛のドラム、ディック・ヘクストール=スミスの熱すぎるサックス、デイヴ・クレムソンの渾身のブルース・ギター、デイヴ・グリーンスレイドの淡くむせぶハモンド・オルガン、そして、クリス・ファーロウのソウルフルなヴォーカル。すさまじい一体感とダイナミズム。間違いなく当時の英国で屈指と言える実力派だったことでしょう。傑作です。

  • COLOSSEUM / LIVE: THE REUNION CONCERTS 1994

    94年の再結成ライヴ作

  • COLOSSEUM / BREAD AND CIRCUSES

    96年/97年録音の再結成アルバム

  • COLOSSEUM / LIVES : THE REUNION CONCERTS 1994

    94年再結成ライヴ、「VALENTYNE SUITE」を含む全8曲

  • COLOSSEUM / COMPLETE REUNION CONCERT

    ドイツでの94年再結成コンサート&60年代から現在までドキュメンタリー映像を収録

  • COLOSSEUM / IDES OF MARCH

    13曲収録コンピ

  • COLOSSEUM / LIVE AT THE BOSTON THEA PARTY AUGUST 1969

    ロンドンが生んだジャズ・ロックの名バンド、『ヴァレンタイン組曲』リリース直前の熱演を収めたライヴ盤!

    英国はロンドンのR&B〜ブルース〜ジャズ・シーンの名手たちが結集した名グループ。名作『ヴァレンタイン組曲』リリース直前の69年8月、ボストン・ティー・パーティーでのライヴを収録したライヴ盤。注目はやはり24分を超える「Valentyne Suite」の熱演。アルバム録音とほぼ同時期の演奏で、ドライヴ感みなぎるエネルギッシュな演奏が繰り広げられています。音質もクリア!

  • COLOSSEUM / THOSE WHO ARE ABOUT TO DIE SALUTE YOU/VALENTYNE SUITE+GRASS IS GREENER/DAUGHTER OF TIME/LIVE

    69/69/70/71年作

    • ARC7083/7

      紙ジャケット仕様×4、特典ボックス付き、デジタル・リマスター、「ライブ」は「ライブ&ボーナス」の2枚組、定価合計12285

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

      1枚は盤に傷あり、特典ボックスに若干スレあり

「COLOSSEUMの在庫」をもっと見る

SOFT MACHINEの在庫

  • SOFT MACHINE / BREDA REACTOR

    70年オランダでのライヴ録音、3rdのメンバーに3ヶ月間のみ在籍していたサックス奏者Lyn Dobsonを加えた幻のクインテット編成、全16曲

    3rdアルバム発表前、70年1月31日オランダでのライヴ音源。ヒュー・ホッパー、マイク・ラトリッジ、ロバート・ワイアット、エルトン・ディーン、リン・ドブソンという編成。音質はクリアで、迫力あるライヴ演奏は圧巻。

  • SOFT MACHINE / HIDDEN DETAILS

    ご存知ブリティッシュ・ジャズ・ロックの重鎮グループ、『Third』収録の「Out Bloody Rageous」再演を含む18年作!

    ご存知ブリティッシュ・ジャズ・ロックの重鎮グループによる18年作。長らくSOFT MACHINE LEGACYと名乗っていた彼らが、2016年よりオリジナル名義であるSOFT MACHINEへと回帰してから初となるアルバムで、メンバーは70年代にバンドを支えたジョン・エサリッジ(g)、ジョン・マーシャル(dr)、ロイ・バビントン(b)の三人に、ロバート・フリップらとも共演するテオ・トラヴィス(sax/flu)というLEGACY時代より不動の4人編成。一曲目のタイトルナンバーからカッコ良すぎ!得意のスリリングな速弾きを交えて縦横無尽に駆け巡るギター、それにふくよかかつ重厚なブロウで応じるサックス、一打一打がシャープに決まる引き締まったドラム、そしてギターに負けじとゴリゴリと唸るベース!キング・クリムゾンすら彷彿させるヘヴィネスを内包した、大人げないこと極まりない尖りまくりのサウンドはさすがの一言です。ソフツらしい重厚なジャズ・ロックの合間には、陰影あるアコースティックギターやフルートの調べが美しいリリカルなナンバー、エサリッジのギターがメロディアスに歌うフュージョン曲、『6』『7』あたりのミニマル・タッチを引き継ぐナンバーなど、ベテランらしい多彩なアプローチが光ります。さらに『third』収録「Out Bloody Rageous」の見事な再演も聴きどころです。結成から半世紀を超えてすら進化の途上にあるバンドの姿を見せつけられる快作!

  • SOFT MACHINE / VOLUMES ONE and TWO

    カンタベリー・ロックの起爆点、68年1st&69年2nd

  • SOFT MACHINE / THIRD

    英国ジャズ・ロックの代表作であるとともに、「カンタベリー・ロック」の最重要作とも言える70年作3rd!

    CARAVANと同じWILD FLOWERSを母体にRobert Wyattらによって結成されたグループであり、サイケデリック・ロックからその音楽性を変化させカンタベリー・ジャズ・ロックの代表的存在へと飛躍していったバンドによる70年3rd。Elton Deanに加えて、Nick Evans、Lyn Dobson、Rad Spail、Jimmy Hastingsという管弦奏者を充実させた8人体勢で録音された本作は、20分に迫る大曲4曲で聴かせる意欲作であり、初期のサイケデリック・ロックの音楽性を下地にしながらも、構築されたジャズ・ロック・アンサンブルと適度なアヴァンギャルド志向が融合した傑作です。

  • SOFT MACHINE / BBC RADIO 1 LIVE IN CONCERT

    71年7月PARIS THEATREでのライヴ、全9曲

  • SOFT MACHINE / BBC RADIO 1967-1971

    67-71年にかけて録音されたBBCラジオ音源集、全15曲

    カンタベリー・シーン最重要バンドによる、67-71年にかけて録音された、BBCラジオ音源集!一曲目から、キャッチーなメロディにのって、ROBERT WYATTのヴォーカルがなんとも愛くるしい、彼らの生々しい珠玉のスタジオ・ライヴ音源の数々がこの二枚組に蘇ります!中には、後にMATCHING MOLEで演奏されることとなる音源も含みつつ、変幻自在にその表情を変えてゆく、彼らの本質がここに垣間見える基調な記録と言えるでしょう…!スタジオ・オリジナルだと5thの時期までに該当します。

  • SOFT MACHINE / FIFTH

    71年5th

    CARAVANと同じWILD FLOWERSを母体にRobert Wyattらによって結成されたグループであり、サイケデリック・ロックからその音楽性を変化させカンタベリー・ジャズ・ロックの代表的存在へと飛躍していったバンドによる71年5th。ついにRobert Wyattが脱退しMATCHING MOLEを結成へと動く中、新ドラマーにPhil Howardを迎えるも収録中に脱退、アルバムの後半はNUCLEUSのJohn Marshallがドラムを担当しています。その内容は前作までの管弦楽器を撤廃、Elton Deanのサックスのみという最小限に抑えたアンサンブルで聴かせるフリー・フォームなジャズ・ロックとなっており、剥き出しになったバンド・アンサンブルの醍醐味が堪能できる傑作となっています。

  • SOFT MACHINE / FOURTH

    71年発表、ワイアット在籍最後となる傑作4th

    CARAVANと同じWILD FLOWERSを母体にRobert Wyattらによって結成されたグループであり、サイケデリック・ロックからその音楽性を変化させカンタベリー・ジャズ・ロックの代表的存在へと飛躍していったバンドによる71年4th。前作にも参加していたElton Deanが正式にメンバーとしてバンドに加入した本作は、前作よりもアヴァンギャルド志向と即興色を打ち出した作品であり、フリー・ジャズの音楽性の色濃いものとなりました。ジャズ色を急激に進化させたバンドと音楽性が合わなくなったRobert Wyattは本作を最後に脱退、MATCHING MOLEを結成することになります。

  • SOFT MACHINE / LIVE AT THE PARADISO

    2ndアルバム発表後の69年3月、アムステルダムはパラディソでのライヴ音源。ワイアット、ラトリッジ、ホッパーによる緊張感に満ちたアンサンブルが素晴らしい全13曲

    2ndアルバム発表後の69年3月、アムステルダムはパラディソでのライヴ音源。ワイアット、ラトリッジ、ホッパーによる緊張感に満ちたアンサンブルが素晴らしい傑作。
    収録曲は、1.Hulloder 2.Dada Was Here 3.Thank You Pierrot Lunaire 4.Have You Even Bean Green? 5.Pataphysical Introduction PtII 6.As Long As He Lies Perfectly Still 7.Fire Engine Passing With Bells Clanging 8.Hibou Anemone And Bear 9.Fire Engine Passing With Bells Clanging(Reprise) 10.Pig 11.Orange Skin Food 12.A Door Opens And Closes 13.10:30 Returns To The Bedroom

  • SOFT MACHINE / SIX

    元ニュークリアスのカール・ジェンキンスを迎えて制作された73年作、オリジナルは2枚組の大作で、『3rd』にも負けないイマジネーション溢れる傑作

    カンタベリー・ミュージックのみならず、ブリティッシュ・ジャズ・ロックを代表する言わずと知れた名グループ。1枚目が新曲中心のライヴ作、2枚目がスタジオ作という2枚組でオリジナルはリリースされた73年作6thアルバム。前作でサックス奏者のエルトン・ディーンが脱退し、代わりにカール・ジェンキンス(オーボエ、Key)が加入。メンバーは、マイク・ラトリッジ(Key)、ヒュー・ホッパー(B)に、元ニュークリアス出身のカール・ジェンキンスとジョン・マーシャル(Dr)という4人となりました。ニュークリアスでも作曲センスを披露していたジェンキンスは、本作でも約半数の作曲を担っているのが特筆。ラトリッジのクールなエレピとホッパーのずしりと重いベースによるリフの反復を軸に、ジェンキンスのオーボエが涼やかなトーンで幻想的なリードを奏で、その後ろでは、マーシャルがウワモノとは対照的に手数多くシャープに疾走。『3rd』から『5th』で磨き上げた硬派でクールなフリー・ジャズ・ロックを軸に、初期ニュークリアスで聴けたミニマルな反復リフとたゆたうホーンとが織りなす幻想美が加わり、同じく1970年にリリースされた英ジャズ・ロック傑作、ソフツ『3rd』とニュークリアス『エラスティック・ロック』との融合とも言えるサウンドを聴かせています。ジェンキンスに負けじと、ラトリッジもジャズに収まりきらない独創的な楽曲を生み出していて、特に「Chloe And The Pirates」は、90年代以降のポスト・ロックと言えるような流麗かつ浮遊感たっぷりなキラメく名曲。『3rd』にも負けない、イマジネーションに満ちた英ジャズ・ロック・シーン屈指の傑作と言えるでしょう。

  • SOFT MACHINE / SEVEN

    洗練されたフュージョン的色合いが明確に現れた傑作7th、74年リリース

  • SOFT MACHINE / BRITISH TOUR ’75

    ジョン・エサリッジ在籍時の75年ライヴ、「BUNDLES」の楽曲を中心とするセットリスト、全15トラック

  • SOFT MACHINE / BUNDLES

    75年リリース、Allan Holdsworth参加、圧巻のテクニカル・フュージョン/ジャズ・ロック傑作!

    オリジナル・メンバーのKevin Ayers以来のギタリスト、Allan Holdsworthが加入し、『6』『7』と推し進めてきたフュージョン色をより強めた作品。75年作の8thアルバム。Karl JenkinsとMike Ratledgeによる叙情性と浮遊感のあるキーボード・ワーク、そしてその上をテクニカルに疾駆するHolldsworthの流麗なギター。John MarshallのドラムとRoy Babbingtonのベースによるロック的ダイナミズムに溢れたソリッドなリズム隊も特筆もの。圧巻のテクニカル・ジャズ・フュージョン・ロック!Holldsworthの唯一の参加作となった傑作。

  • SOFT MACHINE / FLOATING WORLD LIVE

    A.ホールズワース参加作「BUNDLES」リリース時の75年未発表ライヴ音源

    名手アラン・ホールズワースが加入し制作されたギター入りソフツの第一弾『BUNDLES』期の未発表ライヴ音源、13曲を収録。ホールズワースはギターの他にヴァイオリンの卓越した腕前も披露しており聴き所です。

  • SOFT MACHINE / RUBBER RIFF

    ジョン・エサリッジ在籍時、76年のスタジオ・ライヴを収録、全14曲

  • SOFT MACHINE / VIRTUALLY

    71年3月23日のライヴ、全11曲

「SOFT MACHINEの在庫」をもっと見る

MILES DAVISの在庫

「MILES DAVISの在庫」をもっと見る

IGGINBOTTOMの在庫

  • IGGINBOTTOM / IGGINBOTTOM’S WRENCH

    アラン・ホールズワース在籍のブリティッシュ・ジャズ・ロック・バンド、69年唯一作

    Allan Holdsworthが在籍していたことで知られるグループ。デラムから69年にリリースされた唯一作。R&B、サイケ、ジャズのエッセンスを煮詰めた芳醇なアンサンブルが聴き所。ホールズワースのギターがやはり特筆もので、R&Bからジャズまで飲み込んだ味わい深いフレーズがとめどなく溢れています。かなりの早弾きですがハードさは無く、ナチュラルなトーンで、印象はふくよか。それほど高く評価されたアルバムではないと思いますが、内容は文句無し。名作です。

「IGGINBOTTOMの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。