プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【作品追加】スナックのママみたいな、包容力と哀愁のある女性シンガー特集

こんにちは。

皆様、スナックに行かれた事はありますか?

えっ、行きつけのお店があるんですか?いいですねえ。どんなお店なのでしょうか。

スナック、それは大人の憩いの場・・・。お店を取り仕切るママは、きっと人生の酸いも甘いも嚙み分けた素敵な女性たちなのでしょうね。

そんな「スナックのママ」みたいな、包容力と哀愁のあるシンガーをピックアップいたしました。

どうぞご覧ください。

KIM JUNG MI/KIM JUNG MI

韓国の女性シンガー、キム・ジョンミ。

こぶしの効いたボーカルで熱唱するママを思わせます。

試聴 Click!

BRENDA PATTERSON/LIKE GOOD WINE

包容力のあるハスキーボイス。歌謡曲風のオーケストレーション。

まるでアメリカ片田舎の酒場で聴いてるみたいです。

ブレンダの歌声に、ただただ身を任せていたら気持ち良く酔えそうです。

試聴 Click!

CATHY YOUNG/A SPOONFUL OF CATHY YOUNG

う~ん、迫力たっぷり!やさぐれたママの深夜の咆哮のようです。

えっ、録音当時10代なんですか?いやいや、そんなこと無いですよね…

試聴 Click!

BONNIE KOLOC/AFTER ALL THIS TIME

うら寂れた路地でひっそり営業のスナックを連想させる、哀愁あるサウンドにグッときます。

ボニーの伸びやかな歌声は鳥肌もの。

試聴 Click!

KATHY McCORD/KATHY McCORD

「夜」の匂いがするので選んでみました。

円熟したママのようなドスの効いたボーカルですが、何と17歳!

試聴 Click!

KIM JUNG MI/KIM JUNG MI

韓国の女性シンガー、キム・ジョンミ。

こぶしの効いたボーカルで熱唱するママを思わせます。

TRAMP/PUT A RECORD ON

ミック・フリートウッド、ダニー・カーワン、デイヴ&ジョアン・ケリー姉弟など、英ブルース・ロック・ミュージシャンによるプロジェクト・バンド、74年作。

ジョアン・ケリーのややかすれた貫禄あるボーカルは、肝の据わった頼れるママを思わせます。

試聴 Click!

ここから先は、ポジティブな魅力に溢れたママです。

落ち込んだ時に、こんなママのいるスナックがあったらいいのになと思わせます。

JANE GETZ/NO ORDINARY CHILD

ノスタルジックなピアノ、聴く人を温かく受け入れてくれるような歌声。

情け深いスナックのママと話しているような感覚になります。

試聴 Click!

PAMELA POLLAND/PAMELA POLLAND

リンダ・ロンシュタットをパワフルにしたような、しなやかな美しい歌声が素敵です。

パメラの歌声を聴いていると、まるごと肯定されるような気持ちになります。

明るく包容力のあるママのイメージ。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでもお楽しみいただければ幸いです。

関連カテゴリー

関連在庫

  • BONNIE KOLOC / AFTER ALL THIS TIME

    シカゴはイリノイ出身の三傑の一人と評される女性SSW、ジャジーでアシッドな芳醇極まる71年デビュー作

    Steve GoodmanとJohn Prineとともにシカゴはイリノイ出身のSSWの三傑と評される女性SSW。71年のデビュー作。ジョニ・ミッチェルを彷彿する軽やかに飛翔するようなハイ・トーン、時にサンディ・デニーを思わせる中域、そしてジャニス・ジョップリンばりのソウルフルなシャウトまで、表現力豊かなで自由自在な歌唱が何より絶品。洒落たヴォイシングのアコギ、流麗なピアノ、ふくよかなリズム隊による、ちょっぴりジャジーで洒落ていつつ、夜のアシッドな香りも漂う芳醇なアンサンブルも特筆です。これは傑作です。

  • KATHY MCCORD / KATHY MCCORD

    女性版ニック・ドレイクと言いたくなるような深遠な佇まいのヴォーカルは、本当に17才!?

    アメリカの女性SSW。69年の唯一作。録音時は17才ということですが、女性版ニック・ドレイクと言いたくなるような深遠な佇まいのヴォーカルは、本当に17才!?基本はルーツ色とアシッド色のあるSSWなのですが、1曲目の変幻自在ぶりは凄い。ソロに入って突然ギターが宇宙と交信しだしたかのような怒濤のフレーズで畳みかけ、ブラスもエネルギッシュに掛け合い、リズム隊もアグレッシヴに暴走!あまりにテンション高いジャズ・ロックに聴き手は完全に置き去りにされます。いや〜驚き。陰影に富んだフルートが彩る英フォーク的な楽曲、ラグタイム調のホーンセクションが入ったルーツ色濃い楽曲、ジョニ・ミッチェルのような透明感あるハイトーンをストリングスが彩る流麗な楽曲など、17才が作曲したとはとても思えない味わい深い佳曲揃い。これは米フォーク/SSW屈指の傑作!

  • TRAMP / PUT A RECORD ON

    ミック・フリートウッド、ダニー・カーワン、デイヴ&ジョアン・ケリー姉弟など、英ブルース・ロック・ミュージシャンによるプロジェクト・バンド、74年最終作

    JOHN DUMMER BLUES BANDのデイヴ・ケリー(Vo)とその姉ジョアン・ケリー(Vo)、FLEETWOOD MACのミック・フリートウッド(Dr)&ダニー・カーワン(Gt)&ボブ・ブラニング(Ba)らによる英ブルース・ロック・プロジェクト、74年2ndにして最終作。溌剌と転がるピアノ、ブイブイむせぶサックス、ギターの軽快なカッティングに洒脱なヴォーカル。1曲目から小洒落たジャケットそのままのゴキゲンなR&Rチューンが飛び出してもう最高!硬派な真っ向ブルース・ロックを聴かせていた69年の1stよりもパブ・ロック色が強まっており、手練れのミュージシャン達がタメの効いたグルーヴの中で巧みに軽やかに楽しげに絡み合うアンサンブルにはこちらも酔っ払いそうなほど心地よくなってしまいます…!ブルース・ロック・ファンは勿論、英国パブ・ロックのファンには是非聴いていただきたい名盤です!

  • JANE GETZ / NO ORDINARY CHILD

    大物とも共演する名ジャズ・ピアニストであり、ジョン・レノンなどの作品にも参加するスタジオ女性ミュージシャン、72年のソロ2nd

    チャーリー・ミンガス、スタン・ゲッツ、ローランド・カークなどとも共演するジャズ・ピアニストであり、LAのスタジオ・ミュージシャンとして、ジョン・レノンやリンゴ・スターやビー・ジーズの作品にも参加するなど、ロック・フィールドでも活躍した女性ミュージシャン。Mother Hen名義で71年に1stをリリースした翌年の72年にリリースされた2nd。流れるようなタッチのリリカルなピアノ、ペダル・スティールやストリングスによる郷愁、人情味あるコケティッシュな歌声と胸に迫る流麗なメロディ。ふらっと立ち寄ったバーでこんな歌が流れてきたら、ホロリと涙しちゃうだろうなぁ。美しくも哀愁に溢れた女性SSWの逸品です。

  • CATHY YOUNG / A SPOONFUL OF CATHY YOUNG

    カナダ出身のフィメールSSW、サイケ/アシッド・フォークの名盤、69年作!

    カナダはトロント出身のSSW,69年作。冒頭「Spoonful」の迫力たるや!元はWILLIE DIXON作、HOWLIN WOLFのヒットで有名なブルース・ナンバーのこの楽曲。かき鳴らされるアコギに歪んだギター、うねるオルガン、そして録音当時10代というのが信じられないくらい強烈にやさぐれたボーカルでカバーしています。ジャケットの通りのサイケデリックさ。残りは全てオリジナル曲で、パーカッションとピアノ、メロディアスなベースが響くジャジーなナンバー、コロコロ転がるピアノが印象的なブルース・ナンバーなど、非常にクオリティ高し。キャシーのエキセントリックで伸びやかなボーカルを軸にしながら、多彩に聴かせてくれます。キャシー・マッコードやスーザン・ピルスベリーなど、情念系女性アシッド・フォーク・シンガーがお好きな方なら大満足でしょう。

  • PAMELA POLLAND / PAMELA POLLAND

    元ジェントル・ソウルのメンバー、72年作

    ソフト・サイケ・デュオ、ジェントル・ソウルで一枚だけ作品を残し、またバーズ「タルサ・カウンティ」の作者としても知られる米カリフォルニアのSSW、72年1st。リンダ・ロンシュタットをパワフルにしたようなしなやかな美しい歌声が素晴らしく、ときにこぶしを効かせてエモーショナルに、ソウルフルに歌っています。シンプルで胸に迫る楽曲がピアノを基調としたバンド・サウンドによって大らかに響き渡ります。

  • BRENDA PATTERSON / LIKE GOOD WINE

    テネシー生まれの米フィメール・スワンパー、SNUFF GARRETTプロデュースの74年作。

    テネシー生まれの女性スワンパー、74年3rd。前作までのアーシーな作風とは打って変わって、しっとりとした哀愁たっぷりの今作。頼りになる姉御ボーカルの脇を固めるのは、ちょっと歌謡曲風のオーケストレーション。情感あるストリングスが厚みあるボーカルとぴったりはまっています。バンジョーやピアノが軽やかなカントリー・タッチの曲もあって、アメリカの片田舎の酒場で歌っているブレンダを見ているようです。このサウンドの変化は、CHERなどをプロデュースしていたSNUFF GARRETTの手によるものでしょう。パワフル且つ潤いあるブレンダの魅力を堪能出来ます。

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

 

 

 

 

 

 

 

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。