プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.50】まるで古代ローマの情景が眼前に広がるかのよう…荘厳なイタリアン・シンフォ「ROME PRO(G)JECT / EXEGI MONVMENTUM AERE PERENNIUS」

スタッフ佐藤です。

KAKERECO DISC GUIDE、今回はイタリアの新鋭シンフォ・ユニットROME PRO(G)JECTによる17年作『EXEGI MONVMENTUM AERE PERENNIUS』を取り上げます。

1962年生まれ、80年代よりTV音楽/映画音楽の分野で活動してきたイタリアのキーボーディスト/コンポーザーVincenzo Riccaによって立ち上げられたのが、このROME PRO(G)JECT

ちなみにプロジェクト発足以前にはこんな音楽を作っていました。さすがサウンドトラック制作を本職としていただけに、映像喚起的でドラマチックな音作りが素敵ですよね。

試聴 Click!

ROME PRO(G)JECTは、12年にデビュー作『ROME PRO(G)JECT』をリリース。スティーヴ・ハケット、デヴィッド・ジャクソン(ex.VDGG)、リチャード・シンクレア、デヴィッド・クロス、フランチェスコ・ディ・ジャコモ(ex.BANCO)など、豪華ゲスト・ミュージシャンの参加で話題となりましたが、そのサウンドのクオリティの高さも驚くべきもので、一躍イタリアの注目プログレ・バンドに躍り出たのでした。

試聴 Click!

続く2ndは4年を経た16年にリリース。前作にも参加したスティーヴ・ハケット、デヴィッド・ジャクソンらに加え、YESのビリー・シャーウッドも参加。Vincenzoによるレ・オルメばりの重厚なキーボードワークに、ゲスト・ミュージシャンの入魂のプレイが絡んでいく、聴き応えたっぷりのシンフォニック・ロックは前作を上回る完成度を見せていて、4年待ったファンも納得の出来栄えだったと言えるでしょう。

試聴 Click!

そして2018年、遂にリリースされた3部作の最終章となる3rdが本作『EXEGI MONVMENTUM AERE PERENNIUS』。

3作を通じて参加のSteve Hackett、David Jacksonをはじめ、John Hackett、David Cross、Nick Magnusら英国プログレ勢に加え、RANESTRANEやTAPROBANといった現イタリアの実力派バンドからも多数がゲスト参加。

何と言ってもこの古代ローマの情景が眼前に広がるかのような荘厳でスケール溢れるシンフォ・アンサンブルの素晴らしいことっ!

Vincenzoが操るクラシカルなオルガンと雄大に立ち上がる輝かしいムーグを中心とする堂々たるキーボードのプレイに、ハケット兄弟によるリリカルかつ妖艶に舞うフルートと持ち味のエモーション溢れるギターが絡んでいく、冒頭2曲からあまりに劇的な展開の連続にシンフォ・ファンなら息をのんで聴き入っているはず。

David Jacksonのサックスが活躍するナンバーでは、OSANNAやIL BALLETTO DI BRONZOを想起させる邪悪さ滲むヘヴィ・シンフォが疾走。鈍い光沢を放つ重々しいサックスと厳粛なキーボード・コラールがスリリングに渦を巻くアンサンブルがカッコよすぎます。

さらにDavid Crossも悠久を紡ぐように格調高いヴァイオリンを披露しており、従来作に増して往年の名手達のプレイが存在感を発揮している印象です。

そして特筆なのが、エッジの立ったモダンな音を完全に排し、古代ローマを描いた作品世界への没入感を高めている点。サウンドトラック制作で培われたのであろう映像喚起的なサウンドメイキングが最も効果的に発揮されていると言えるでしょう。

まさに3部作のラストを飾るに相応しい壮大さとドラマチックさを誇る傑作に仕上がっています!

試聴 Click!

ROME PRO(G)JECTの在庫

  • ROME PRO(G)JECT / ROME PRO(G)JECT

    伊新鋭シンフォ、ハケット、リチャード・シンクレア、デヴィッド・ジャクソンなど豪華ゲストを迎えた12年フル・アルバム!

    イタリアの新鋭シンフォ・バンド、STEVE HACKETT、JOHN HACKETT、DAVID CROSS、DAVID JACKSON、RICHARD SINCLAIR、NICK MAGNUS、バンコのFRANCESCO DI GIACOMOなど、豪華なゲスト・ミュージシャンが参加する12年フル・アルバム。ジェネシス直系のファンタスティックさとELPのテクニカルな疾走感を合わせ待つキーボード・サウンドを中心としたシンフォ・アンサンブルが素晴らしい逸品!

  • ROME PRO(G)JECT / II: OF FATE AND GLORY

    スティーヴ・ハケット、デヴィッド・ジャクソンなどが参加する豪華プロジェクトよる2016年リリース第二弾!

    イタリア国営放送のサウンドトラック制作などで活動していたイタリア人ミュージシャン&コンポーザーのVincenzo Riccaを中心とするプロジェクトの16年リリースの第二弾。前作に引き続き参加するスティーヴ・ハケットをはじめ、相変わらずメンバーが豪華で、VDGGのデヴィッド・ジャクソン(Sax)、イエスでお馴染みのビリー・シャーウッドの他、イタリアの新鋭プログレ・バンドのメンバーが参加して制作されています。イタリアらしくそそり立つように鳴り響くムーグやハモンド・オルガンなどキーボード群の重厚さと荘厳さはまるでレ・オルメ。飛翔するようなハケットのギター、クラシカルな中に荒々しい躍動感を生むジャクソンのサックスなど、名手たちの演奏の存在感も特筆。ドラマティックなキーボード・シンフォニック・ロックの逸品です。

  • ROME PRO(G)JECT / EXEGI MONVMENTUM AERE PERENNIUS

    イタリアのキーボーディストによるシンフォ・プロジェクト、スティーヴ・ハケットやデヴィッド・ジャクソン他豪華ゲストのプレイも素晴らしい17年作3rd!

    80年代よりTV音楽/映画音楽の分野で活動してきたイタリアのキーボーディストVincenzo Riccaによるシンフォ・プロジェクト、3部作の最終章となる18年作3rd。3作を通じて参加するSteve Hackett、David Jacksonをはじめ、John Hackett、David Cross、Nick Magnusら英国プログレ勢に加え、RANESTRANEやTAPROBANといった現イタリアの実力派バンドからも多数がゲスト参加。何と言ってもこの古代ローマの情景が眼前に広がるかのような荘厳でスケール溢れるシンフォ・アンサンブルの素晴らしいことっ!クラシカルなオルガンと雄大に立ち上がる輝かしいムーグを中心とする堂々たるキーボードに、ハケット兄弟によるリリカルかつ妖艶に舞うフルートと持ち味のエモーション溢れるギターが絡んでいく、冒頭2曲からあまりに劇的な展開の連続にシンフォ・ファンなら息をのんで聴き入っているはず。David Jacksonのサックスが活躍するナンバーでは、OSANNAやIL BALLETTO DI BRONZOを想起させる邪悪さ滲むヘヴィ・シンフォが疾走。鈍い光沢を放つ重々しいサックスと厳粛なキーボード・コラールがスリリングに渦を巻くアンサンブルがカッコよすぎます。David Crossも悠久を紡ぐように格調高いヴァイオリンを披露しており、従来作に増して往年の名手達のプレイが存在感を発揮している印象です。エッジの立ったモダンな音を完全に排し、古代ローマを描いた作品世界への没入感を高めているのも特筆すべき点でしょう。まさに3部作のラストを飾るに相応しい壮大さとドラマチックさ。これはシンフォ・ファンなら必聴の一枚!

「ROME PRO(G)JECTの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。