プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

色んな国のビートルズ~ビートリッシュなニッチ・ポップ特集~

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、ビートリッシュなニッチ・ポップをピックアップいたします。

まずは定番のこちらから。

北米編

KLAATU/KLAATU and HOPE

カナダ出身、ビートルズの遺伝子を受け継いだニッチ・ポップの代表格。

PILOTなどにも通ずるパワー・ポップなバンド・アンサンブルと、メロトロンやストリングスをフィーチャーした優美なアレンジとが絶妙にブレンドしたサウンドは絶品。

試聴 Click!

TAOS/TAOS

アメリカ南西部、ニューメキシコ州のタオスのヒッピー・コミューンに集まっていた5人の若者によるグループ、70年唯一作。

豊かなコーラス・ワーク、メロディアスなベースライン。そしてたなびくスティール・ギターやバンジョー。

カントリーなビートルズ!?

試聴 Click!

SONG/SONG ALBUM

ミレニアムでお馴染みのKeith Olsen & Curt Boetcherのコンビがプロデュースを務める、サンフランシスコ出身バンドによる70年唯一作。

このバンドならではの隠し味となっているのが、数曲で聴けるビートルズ直系のメロディ。ヴォーカルの歌い方までジョン・レノンをかなり意識していて、思わずニヤリ。

試聴 Click!

DON PRESTON & THE SOUTH/HOT AIR THROUGH A STRAW

レオン・ラッセル&シェルターピープルのギタリスト69年2ND。

1STからのブルース愛はそのままに、ちょっとビートルズ風なポップ感が加わった!A級になりきれない、やや垢抜けないボーカルがクセになります。

試聴 Click!

英国編

TRANQUILITY/SILVER

ドノヴァンのマネージャーにより結成された英プログレッシブ・ポップ・フォーク・バンド、72年2nd。

CS&N系爽やかフォーク・ロックかと思ったら、エレピやクラビネットが大活躍!ポール直系のメロディもグッときます。

試聴 Click!

HUDSON-FORD/NICKELODEON

VELVET OPERA~STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。73年作の1st。

ポール・マッカートニーが作るアコースティックな小曲に通ずる「Let Her Cry」、鮮やかな展開が見事なビートリッシュな「Revedations」など、とにかくキャッチーなメロディ・センスと奥行きのあるアレンジが素晴らしすぎます。

試聴 Click!

その他

WE ALL TOGETHER/2

ペルーのビートルズといえばこのバンド。ビートリッシュな甘いメロディに漂う、ジャケ通りの哀愁と物寂しさ。胸が締めつけられます…。

試聴 Click!

TRUCK/SURPRISE SURPRISE

マレーシアのビートルズ!ジャケのレスラーのようなメンバー写真からは想像できな美しく繊細なメロディとハーモニーにびっくり!

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでもお楽しみいただければ幸いです!


大英帝国ニッチ・ポップ特集!

【関連記事】

大英帝国ニッチ・ポップ特集!

キャッチーなメロディが詰っているのに、レコード屋では長らく床置きの100円コーナーで憂き目に会い続けた愛すべき作品達をピックアップ!


ポール・マッカートニー直系のポップ・センスが炸裂するアルバム特集!

【関連記事】

ポール・マッカートニー直系のポップ・センスが炸裂するアルバム特集!

ポール・マッカートニーに通じる、ポップ・センスに溢れたアルバムをピックアップいたしました!

KLAATUの在庫

  • KLAATU / KLAATU (3:47 E.S.T.)

    76年作1st、ビートリッシュなカナダ産プログレッシヴ・ポップ、カーペンターズも採用した名曲「CALLING OCCUPANTS」収録

    BEATLESの覆面バンドと噂されたカナダのグループ。雑誌などのビートリッシュなポップ・アルバム企画では常連中の常連と言える76年作の名作1st。PILOTなどにも通ずるパワー・ポップなバンド・アンサンブルと、メロトロンやストリングスをフィーチャーした優美なアレンジとが絶妙にブレンドしたサウンドは絶品。

  • KLAATU / KLAATU and HOPE

    カナダ出身、ビートルズの遺伝子を受け継いだニッチ・ポップの代表格、76年発表の1st/2nd

    BEATLESの覆面バンドと噂されたカナダのグループ。雑誌などのビートリッシュなポップ・アルバム企画では常連中の常連と言える76年作の名作1stと、よりプログレッシヴなサウンドを聴かせる77年作2ndをカップリングした2in1CD。やはり1stが出色の出来で、PILOTなどにも通ずるパワー・ポップなバンド・アンサンブルと、メロトロンやストリングスをフィーチャーした優美なアレンジとが絶妙にブレンドしたサウンドは絶品。

  • KLAATU / DOUBLE HEADER

    78年作「SIR ARMY SUIT」と80年作「ENDANGERED SPECIES」をカップリングした2in1CD

「KLAATUの在庫」をもっと見る

TRANQUILITYの在庫

  • TRANQUILITY / TRANQUILITY

    BEE GEESのようなコーラスが特徴の米憧憬英国フォーク・ロック、72年デビュー作

    ドノヴァンのマネージャー、Ashley Kozakによって結成されたバンド、72年1st。BEE GEESのような爽やかなコーラスが全編に響き渡ってとても気持ちが良いです。アコースティック・ギターやピアノ、軽やかなドラムのアンサンブルで、CS&Nなどのウエストコースト・ロックに影響されたフォーク・ロック・サウンドを展開。2ndのようなビートリッシュなメロディは今作ではまだ聴けないものの、ほんのりと英国の陰影をにじませた米憧憬フォーク・ロックとしては申し分ない作品です。この程良く影のある爽やかさは、夏の午後にかけっ放しにするのにぴったりです。CRESSIDAのKevin McCarthy、JONESYのBernard Hagley、FUZZY DUCKのPaul Francisなどがメンバーです。

  • TRANQUILITY / SILVER

    英プログレッシブ・フォーク・ポップ、71年作。

    英プログレッシブ・ポップ・フォーク・バンド、72年2nd。まるでCS&NやBEE GEESのような青々としたコーラス・ワークが爽やかで、全編に渡って心地良いハーモニーを聴かせてくれます。アコギとスライド・ギターが美しい西海岸風サウンドや、ポール・マッカートニー直系のスイートなメロディにぐっときていると、いつの間にやらエレピやクラビネット、メロトロンが入り乱れるプログレッシブな展開に!フォーク・ロックじゃなかったの!?と思ってメンバーを調べてみたら、中心人物TERRY SHADDICKは後にオリビア・ニュートン・ジョンやアメリカに楽曲提供するポップ職人でした!何でもこのバンド、DONOVANのマネージャーが、英国フォークとポップ、ロックを融合させたくて企画し、TERRY SHADDICKはそのために引き抜かれたんだとか。何はともあれ、ニッチ・ポップ好き、それからもちろんフォーク・ロック好きにも聴いていただきたい作品です!

「TRANQUILITYの在庫」をもっと見る

HUDSON-FORDの在庫

  • HUDSON-FORD / NICKELODEON

    キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作、73年作

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。73年作の1st。ポール・マッカートニー直系のメロディ・センスと英国的な哀愁がにじみ出たヴォーカル&メロディがとにかく絶品。Gerry Raffertyあたりに通ずる雰囲気を感じます。中域がまろやかなメロウなギターを中心に、ピアノ、ストリングス、キーボード、バンジョーなどが、メロディを優しく包み込みます。スウィートで憂いのあるハーモニーと哀愁のバンジョーが胸に染みる「Angels」、必殺のメロディと格調高くリリカルなピアノ&ストリングスが素晴らしすぎる「I Wanted You」、ポール・マッカートニーが作るアコースティックな小曲に通ずる「Let Her Cry」、鮮やかな展開が見事なビートリッシュな「Revedations」など、とにかくキャッチーなメロディ・センスと奥行きのあるアレンジが素晴らしすぎます。メロディアスな曲だけでなく、1曲目「Crying Blues」など、粘っこくファンキーなリズムがキャッチーなメロディに絡みつくハード・ポップも魅力的。ブリティッシュ・ポップのファンは絶対に買いの一枚。おすすめです。

  • HUDSON-FORD / FREE SPIRIT

    74年2nd、キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。74年作の2nd。ハートウォーミングだった1stに比べ、ギター、ストリングス、キーボードが全面に出たヌケの良いハード・ポップに仕上がっています。叙情的なメロディ&ハーモニーは健在で、ギュッとソリッドなアンサンブルとキャッチーなメロディが気持ち良すぎる、これぞ英ハード・ポップと言えるサウンドが堪能できます。エネルギッシュな楽曲の合間に挟まれるセンシティブな小曲も聴き所。

  • HUDSON-FORD / WORLDS COLLIDE

    75年作3rd、ポップ・ファンの心を鷲づかみにするスウィートでヌケの良い佳曲揃い!

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。75年作3rd。1曲目「Did Worlds Collide ?」からポップ・ファンの心を鷲づかみELO風のシンセのイントロから始まり、ハードなギターが視界を一気に広げ、そこにスウィートでヌケの良いメロディ&ハーモニーが現れる!サビのキャッチー過ぎるメロディに思わずニンマリ。ちょっと変拍子入ったギター・ソロも勢いがあって、さらにニンマリ!この曲を聴いて心躍らないポップ・ファンは居ないでしょう!その他の曲もキャッチーなメロディの金太郎飴。2ndよりもグッと洗練され、メロディの魅力も一層増しています。ELOやPILOTあたりと比べても何ら遜色は無いブリティッシュ・ポップの名作このデュオの作品にはずれ無し本当にブリティッシュ・ポップのファンはマストです

  • HUDSON-FORD / DAYLIGHT

    キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。3rdから、より都会的に洗練された77年作の4th。憂いのあるキャッチーなメロディはもはや職人芸の域。分厚いキーボードとストリングスの中から浮かび上がる気品のある美メロが印象的な「Poor Boy」は名曲。

  • HUDSON-FORD / A&M ALBUMS

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson、John Fordの2人によるブリティッシュ・ポップ・デュオ、3枚組ボックス。

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson、John Fordの2人によるブリティッシュ・ポップ・デュオ。73年作『NICKELODEON』、74年作『FREE SPIRIT』、75年作『WORLDS COLLIDE』に加え、ボーナス・トラックとしてシングル7曲を収録。全37曲。

「HUDSON-FORDの在庫」をもっと見る

TRUCKの在庫

  • TRUCK / SURPRISE SURPRISE

    マレーシアのビートルズ、スウィートなメロディーの洪水!74年作

    マレーシアのグループ、74年リリースの唯一作。ライナーには、ペルーのWe All Togetherに似ていると書いてありますが、確かにその通り。ビートリッシュな美しくリリカルなメロディー、甘美なヴォーカル&ハーモニー、ストリングスが彩るドラマティックなアレンジは、その手のサウンドが好きな方は卒倒ものでしょう。全曲英語。ビートルズの遺伝子を受け継いだ偉大な一枚。

「TRUCKの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。