プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「スカンジナビアン・ダーク・シンフォニア」アングラガルド&アネクドテン来日公演(11/8)ライブレポート

11月8日に竹芝ニューピアホールにて行われた、「スカンジナビアン・ダーク・シンフォニア」アングラガルド&アネクドテン来日公演を観てまいりました!

アングラガルドとアネクドテンと言えば、90年代初頭に北欧スウェーデンから突如登場し70年代以来となるプログレの再興を担った、現代のプログレ・シーンでは屈指と言うべき重要バンドたち。

日本での演奏は、アングラガルドが13年3月のクリムゾン・プロジェクトとの来日公演以来、アネクドテンも同年1月の第1回ヨーロピアン・ロック・フェス以来となります。

当日はあいにくの悪天候となりましたが、観客はほぼ満員。Tシャツなどグッズも売り切れ続出の状態だったようで、90年代以降のバンドの中でも別格と言える人気の高さを開演を前に早くも実感します。

開演時間の16時30分を回り、主宰のストレンジデイズ岩本さんが登場。本物のメロトロンを使用したステージになることを告げると、会場から大きな拍手が沸き起こります。往年の名バンドの来日公演も含めてメロトロンの音を擬似的に再現した電子キーボードを使うバンドが多いなかで、これは何とも嬉しいサプライズです。「エングラゴーッ!」とバンドを呼ぶと、メンバーたちがステージに姿を現します。
メンバーは以下の6人。

ヨハン・ブランド(Johan Brand) – ベース
アンナ・ホルムグレン(Anna Holmgren) – フルート、サックス、メロディカ(ピアニカ)etc.
リナス・コーセ(Linus Kase) – キーボード、メロトロン、ソプラノ・サックス
エリク・ハマーストロム(Erik Hammarstrom) – ドラム、グロッケンシュピール、各種パーカッション
ヨナス・エンデガルド(Jonas Engdegård) – ギター
トード・リンドマン(Tord Lindman) – エレクトリック・ギター、アコースティック・ギター

今回は、前回来日時には参加していなかったギターのヨナス・エンデガルドが復帰しており、6人編成での演奏となりました。

演奏が始まりまず耳を奪うのが、フロントでフルート/サックスをメインに担当する女性メンバー、アンナ・ホルムグレンによる澄み切った中にもどこか哀切の漂うフルートの調べ。うっすらと霧のかかった北欧の森に木霊するような、オリジナル録音と変わらぬ息をのむような美しい音色が会場中に響き渡ります。

そこに満を持して加わるメロトロン!生メロトロンだけあって、やはりデジタルのものとは違うジョワーっと湧き上がってくるような音色には、不思議な温かみが宿っているように感じられます。特有の音の立ち上がりの遅さもかえって幽玄な雰囲気を高めていて、彼らの演奏の静謐なパートに非常にマッチしているんですよね~。北欧の美しくも物悲しい情景が次々と浮かんでくるような映像喚起的な演奏に、感動が収まりません。

そんな北欧幻想が会場を包みこんだかと思うと、不意に叩きつけるような重たいドラムが雪崩れ込み硬質なギターが唸る、一気になぎ倒すようにヘヴィな変拍子アンサンブルへと突入!こ、この「静」と「動」のダイナミズムこそアングラガルドの醍醐味!いや~たまりません!

フルートにメロトロン、そして竪琴のように典雅な音色を奏でるアコースティック・ギターらが織りなすリリカルなパートと、リズム隊と2本のギターがアグレッシヴに突き進むヘヴィーなパートが交錯しながら構築美を築いていく、アングラガルドの真骨頂と言うべき見事な演奏が続いていきます。北欧プログレ勢の中でも「静」と「動」の対比がとくに強烈なアングラガルドですが、その静動が切り替わる瞬間の切れ味はやはりさすがと言う他ありません。

12年作『Viljans Öga』からのナンバー「LANGTANS KLOCKA」では、彼らの内包するヘヴィネスが一気に爆発します。サックスに持ち替えたアンナがワルツ調のフレーズをなめらかに奏でる優雅さと妖しさが交差するアンサンブル。森の奥深くで行われる謎めいた儀式を想わせる独特の世界観に会場を惹き込みます。優雅なサックスとは対照的にリズム隊とギターが次第にヘヴィに唸り始めると、キーボード奏者リナスがソプラノ・サックスを持ってフロントに移動。それに対抗するようにダブル・サックスが金切り音で絶叫しはじめます。サイケデリックな酩酊すら感じさせながら混沌の渦に飲まれていくアンサンブル。これはもう凄絶の一言でした。理知的で緻密な音運びを持ち味とするバンドが突如として見せた狂気に圧倒されましたね。

試聴 Click!

「JORDROK」「VANDRINGAR I VILSENHAT」など1stからのナンバーもやってくれましたよ。初期の特徴であった北欧トラッド色を反映した凛と澄みきった演奏は、ライヴでも変わらずゾクリとするほどの美しさを感じさせます。そこに幽玄のメロトロンが絡んできて世界観がブワーと広がっていく演奏には鳥肌を立てずにはいられません。

試聴 Click!

試聴 Click!

およそ1時間半のステージのあいだ、会場を遠く北欧の大地に変えてしまったアングラガルド。デビュー時よりファンを魅了してきた、圧倒的なまでの表現力を誇る演奏は今もって健在でした!もちろん会場は文句なしのスタンディングオベーションで包まれます。

30分の休憩をはさんで、次はアネクドテンのステージです。
メンバーは、サポートメンバーを含めたこの5人。

ニクラス・バーカー(Nicklas Barker) – ギター
アンナ・ソフィ・ダールベリ(Anna Sofi Dahlberg) – メロトロン、キーボード
ヤン・エリク・リリェストロム(Jan Erik Liljeström) – ベース
ピーター・ノルディンス(Peter Nordins) – ドラム
マーティ(サポートメンバー) – ギター、パーカッション

注目は、今回ほぼメロトロン専任と言えるアンナ・ソフィ。生メロトロンに加えデジタル・メロトロンも導入した一人ダブル・メロトロンという前代未聞のスタイルで、アネクドテンの音楽性の要といえるメロトロン・サウンドを担います。
今年リリースされた新作『Until All The Ghosts Are Gone』からのナンバーを中心に、1st、4th、5thからの曲を演奏。

新作からのナンバー「Get Out Alive 」「Writing On The Wall 」などでは、パワフルで硬質なリズム隊とニクラスのラウド感のあるギタープレイを前面に出した非常にライヴ映えするサウンドで観客を圧倒。演奏がドラマティックに高まってきたところにいよいよメロトロンが高らかに鳴り響く、極上の「メロトロン・ロック」を展開します。

試聴 Click!

どの曲でも、とにかくここぞという場面で溢れだすメロトロンの使い方が見事。そのセンスたるやもう神がかり的と言えるほどです。通常は楽曲の味付けとして用いられることが多いメロトロンですが、彼らの場合メロトロンをいかに印象的に聴かせるかという部分を前提にして曲作りをしているように思わせます。アンサンブルとメロトロンの融合度合いで言えば、彼らの右に出るものはまずいない、それを生で彼らの音を浴びながら改めて強く実感します。まさに「メロトロン・ロック」と形容すべき孤高のサウンドが目の前で鳴らされているこの興奮と言ったらありません!

ダブルで厚みをグッと増したメロトロンの音色が会場を満たす場面など、もはや快感さえ覚える素晴らしさ。これぞ至福の一時・・・。

4th『GRAVITY』からの「Ricochet」も素晴らしかった~。浮遊感のある印象的なメロディとサビで力強く響き渡る雄大なメロトロンが大変に感動的!この曲オリジナルも泣けますが、ライヴだとそれはもう輪をかけて泣けましたね~。

試聴 Click!

1stに国内盤ボーナス・トラックとして収録された大名曲「SAD RAIN」も演奏してくれました!これでもかと溢れ出る叙情メロトロンと悲哀に満ちたメロディによって紡がれる一大ロック・シンフォニー。一気に初期の激しくも美しく陰鬱な北欧幻想が蘇ってきます。ここまで来ればその壮大な音の流れにただただ酔いしれるだけです。堪能いたしました~。

試聴 Click!

新作からのナンバーで畳み掛ける終盤には、なんとアングラガルドの管楽奏者アンナ・ホルムグレンとサックスを手にしたkey奏者リナス・コーセがスペシャルゲストとして登場。ニクラスのラウドなギターに轟々たるダブル・メロトロン、そしてフルートとサックスの管楽器の響きが加わった素晴らしすぎる演奏に終始感動してました~!

試聴 Click!

アンコールは4thの表題曲「GRAVITY」!この曲もご存知の通り極上のメロトロンが堪能できる名曲。途中、オリジナル以上に長くヘヴィな間奏でタメにタメて、一気にメロトロンが炸裂するラストなんてもう言葉になりませんっ・・・!最高のアンコールに観客も大興奮で喝采を送ります。

試聴 Click!

いや~、2バンドのステージを通して一生分のメロトロンを聴いたとさえ思えるほど、濃密なメロトロンサウンドに最後までやられっぱなしでした。シンフォニックなアンサンブルに寄り添う「幽玄」を感じさせるアングラガルドのメロトロン、とにかく力強くこれでもかと雄大に鳴り響くアネクドテンの劇的なメロトロン。古くは60年代から聴き手だけでなく演奏者をも強烈に魅了し続けてきたこの楽器の真髄を、今たっぷりと味わわせてもらったように思います。

アングラガルドは10日の単独公演では1st『HYBRIS』の完全再現公演を行うことになっていますが、今回の演奏を聴くにそちらも素晴らしい内容になるであろうことは間違いないでしょう。

遠くスウェーデンの地からありがとう、アングラガルド&アネクドテン!
またの来日を心待ちにしています!

ANGLAGARDの在庫

  • ANGLAGARD / VILJANS OGA

    アネクドテンと並び北欧シンフォの代表格であり、90年代以降プログレ新鋭屈指のグループ、90年代以降のプログレ金字塔と言って過言ではない2012年大傑作3rd!

    ANEKDOTENとともに90年代プログレ・リバイバルの中核を担ったスウェーデン産シンフォニック・ロック・バンドANGLAGARDによる実に18年ぶりとなった12年作3rd。厳かに静謐に鳴り響くフルート、重厚な低音を奏でるストリングス、神秘的に爪弾かれるアコギによる物悲しく陰鬱なるオープニング。嵐の前の静けさのように粛々とメロトロンが登場し、ごつりと歪んだベース、ロバート・フリップ的なヘヴィかつサステインの効いたギターが切れ込むと同時に、急転直下のヘヴィー・アンサンブルへと突入。これぞプログレ、と言える圧巻のダイナミズム!北欧民謡調の軽快な変拍子の中を、北欧らしいコロコロとしたトーンのギターがリリカルなメロディを奏でるファンタスティックなパートや、ハモンド・オルガンが疾走するレ・オルメ『フェローナ〜』ばりのパートや、テンションみなぎるアヴァン・プログレなパートも織り交ぜるなど、格段に表現力を増したスケールの大きなサウンドはただただ圧巻の一言。北欧ならではの幻想性と神秘性、そして、クリムゾン『レッド』のDNAを受け継いだ荘厳さと実験精神との完璧な融合。00年代以降のプログレの金字塔であるばかりではなく、90年代以降としても屈指であり、さらに1969年にプログレが誕生してからここまでの歴史を総括したと言っても過言ではないような素晴らし過ぎる大傑作。感動的!

  • ANGLAGARD / PROG PA SVENSKA

    北欧シンフォ新鋭の雄、アングラガルドの2013年クラブチッタでの来日ライヴ盤!

    2013年3月のクラブチッタでのライヴを収めた2枚組ライヴ盤。収録曲は、1.「Introvertus Fugu Part 1」、2.「Hostsejd」 from 2nd『Epilog』、3. 「Langtans Klocka」 from 3rd『Viljans Oga』、4. 「Jordrok」 from 1st『Hybris』 5. 「Sorgmantel」 from 3rd『Viljans Oga』、6. 「Kung Bore」 from 1st『Hybris』で、ボーナス・トラックとして、3月17日のライヴ前のサウンドチェック時の音源「Sista Somrar」 from 2nd『Epilog』を収録。これがライヴ音源であることを忘れてしまうほどに緻密かつ静謐なパート、そして、ライヴならではのダイナミズムで聴き手を飲み込むメロトロンが幽玄に鳴り響く荘厳かつヘヴィなパート。分離の良いクリアな音質で、ライヴ盤としても、新録のベストとしても楽しめるファンは文句なしに買いの名ライヴ盤です。

  • ANGLAGARD / HYBRIS

    93年発表、プログレ復興の礎を作った北欧を代表するグループ、ずばり歴史的名盤!

    プログレシーン復興の狼煙となったスウェーデンのシンフォニック・ロック・バンドの伝説的なデビュー・アルバム、93年作。ANGLAGARDはANEKDOTENと並んで北欧の暗鬱な音世界を代表するバンドであり、2枚のスタジオ・アルバムとライブ・アルバムををリリースし沈黙。再結成の噂も絶えず新作を待ち望む声も後を絶ちませんが、本作はそんな評価に恥じない90年代へヴィー・シンフォニック・ロックの名盤です。その内容は北欧の土着的なメロディーを投入しながら硬質なバンドアンサンブルで固めたものであり、ギターの悲痛なリフ、メロトロンの積極的な導入、テクニカルで偏執的なリズム隊、そして北欧らしい冷ややかな質感を演出する専任フルート奏者など、聴き所に恵まれたもの。攻撃的なテクニカル・ロックとメランコリックな土着感、そして叙情的なシンフォニック・ロックが高次元で融合した大傑作です。この作品を契機に、死滅しかけていたプログレシーンに活気が戻ってきたことを考えると、やはり彼らの残した功績の偉大さに敬意を払わずにはいられません。全プログレファン必聴の大名盤です。

  • ANGLAGARD / EPILOG

    プログレ復興の礎を築いた北欧を代表するグループ、1stと並びヘヴィ・シンフォを代表する傑作2nd、94年作

    プログレシーン復興の狼煙となったスウェーデンのシンフォニック・ロック・バンド、ANEKDOTENと並んで北欧の暗鬱な音世界を代表するバンド。傑作1stに続く94年作の2nd。メロトロン、オルガンなどヴィンテージ楽器をこれでもかとフィーチャーし、管弦楽器が彩るサウンドはこれぞ北欧ヘヴィ・シンフォ!聴き手を飲み込むような圧倒的なダイナミズムとヘヴィネス、そしてクラシックの格調高さ。1stと並び、プログレ/シンフォのファン必聴の傑作。

「ANGLAGARDの在庫」をもっと見る

ANEKDOTENの在庫

  • ANEKDOTEN / GRAVITY

    スウェーデン出身、新世代プログレッシヴ・シーンを牽引する名バンド、メロディアスな作風の03年作4th、名作

    限界まで張り詰めた緊張感の中で展開されていた前3作から、明瞭な曲調の中で比較的リラックスしたアンサンブルを聴かせる03年4th。ゴリゴリと突き進むようなヘヴィ・アンサンブルはここぞというパートに絞られ、北欧プログレ本来の透明感も見え隠れするサウンドが新鮮です。嵐の如きアンサンブルが落ち着いたところで際立ってくるのが轟々と鳴り響くメロトロン。拡がる息を飲む音圧のメロトロンサウンドをフィーチャーしたメロディアス・プログレは、古き良き70年代プログレのエッセンスとポスト・ロックにも通じる現代の鋭敏な感覚が理想的に融合した姿と言えるかもしれません。名作。

  • ANEKDOTEN / A TIME OF DAY

    90年代以降の北欧を代表するプログレ・バンド、06年作

    07年作の5thアルバム。肉感的で力強いバンド・アンサンブルとクールでメランコリックなメロディとの鮮やかな対比。ヴォーカル・メロディの感情の起伏に呼応するように、時に静謐に、時に劇的に鳴り響くメロトロン。クール&ドラマティックなサウンドは相変わらずの圧倒的な存在感。基本のサウンドは前作「GRAVITY」の延長線上にありますが、より突き抜けたメロウネスや一体感抜群のソリッドなアンサンブルなど、サウンドの強度はグンと増しています。現在進行形ANEKDOTENの魅力が詰まった傑作デジパック仕様。

  • ANEKDOTEN / UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE

    ご存じ北欧プログレの雄8年ぶりの2015年作6th、ギターがサイケデリックにうなり、メロトロンが溢れる渾身の傑作!

    言わずと知れた90年代のプログレシーンの幕を開けた北欧プログレの雄。前作から8年ぶりとなる2015年作6th。イントロから強烈にウネリをあげるサイケデリック&ヘヴィなギター、沈み込むような重たさで聴き手を飲み込むように畳み掛けるリズム隊、そして、荘厳に鳴り響くメロトロン。透明感ある歌声の中に寂寥感がにじむヴォーカル、フックに富んだ北欧ならではのメランコリーたっぷりのメロディもまた絶品です。名サックス奏者Theo Travis、元OPETHのKey奏者Per Wiberg、元ALL ABOUT EVEのギタリストMarty Willson-Piperのゲスト参加も特筆で、特にTheo Travisのサックス&フルートが醸す幻想性は初期クリムゾンを彷彿させます。「さすが」と唸る渾身の傑作。

  • ANEKDOTEN / VEMOD

    93年リリース1st、90年代プログレッシヴ・ロックを代表するモンスター・アルバム!

    スウェーデン出身プログレッシヴ・ロック、93年デビュー作。90年代以降の北欧プログレを代表するグループであり、中期KING CRIMSONの影響を現代的なヘヴィネスと融合しています。メカニカルにリフをユニゾンするギター、ベース、ドラムによるヘヴィ・サウンドと、悲愴感を漂わせるメロトロンとチェロの旋律が溶け合う凶暴でありながら、アコースティックな質感も残したアンサンブル。憂いを含んだヴォーカルも魅力的。静と動の対比が鮮やかな楽曲構成も素晴らしくクリムゾン・フォロワーとしてのみならず、現在の北欧プログレ・シーンに大きな影響を与えたアルバムです。

  • ANEKDOTEN / NUCLEUS

    95年作、凶暴かつメランコリックな、前作と並ぶ90年代北欧プログレ屈指の傑作!

    95年の2nd。名作1st以上に凶暴かつメランコリックな傑作。「太陽と戦慄」期クリムゾンに比肩するほどにテンション溢れる鋼鉄のアンサンブルと、対照的にクールで透明感溢れる叙情性。メロトロンも相変わらず全編にフィーチャーされています。それにしてももの凄い切迫感。90年代プログレを代表する作品。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲。

「ANEKDOTENの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。