プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック3/25:ヴァシュティ・バニヤンが好きな人におすすめの、フェアリーな女性シンガー特集

こんにちは。スタッフみなとです。

英国フォーク・シンガーの中で、別格の存在感を放つヴァシュティ・バニヤン。可憐な歌声と、まるで英国の深い森にひっそり流れる泉のような、清らかで神秘的な雰囲気が魅力ですよね。

今日は彼女に近い雰囲気の女性シンガー作品をピックアップしてまいります。

まずはヴァシュティ・バニヤン『SOME THINGS JUST STICK IN YOUR MIND』から一曲どうぞ。

VASHTI BUNYAN/SOME THINGS JUST STICK IN YOUR MIND

試聴 Click!

『JUST ANOTHER DIAMOND DAY』以前のヴァシュティの音源を集めたコンピレーションより。

透明感があって、優しくて、本当に素晴らしいです。

「スウィンギング・ロンドン」なヴァシュティが楽しめる、ジャガー/リチャーズ作のシングル曲「Some Things Just Stick In Your Mind」も可愛いらしくてたまりません。

さて、それではカケレコ棚へまいりましょう!

BRIDGET ST.JOHN/FLY HIGH

英国の素敵なボーカルの女性シンガーと言えば、ブリジットを忘れてはいけません。

くぐもったアルト・ボイスが何とも英国的です。

去年でしたか一昨年でしたか、初めて来日公演に行ったのですが、喋り声も気品があって美しかったです。

試聴 Click!

SPIROGYRA/BURN THE BRIDGES

こちらのバンドには、可憐で清楚な歌声が魅力のバーバラ・ガスキンが在籍しています!

1stリリース以前の70年から71年にかけて録音していた未発表音源集。

いやはや、透明感溢れるボーカルが素晴らしいです。

試聴 Click!

FAMOUS JUG BAND/SUNSHINE POSSIBILITIES

こちらのグループの紅一点、ジル・ジョンソンもたまりませんよ!

透き通っていて繊細で・・・言葉を失う美しさです。

フェイマス・ジャグ・バンドは、インクレディブル・ストリング・バンドを抜けたクライヴ・パーマーが組んだグループで、各地を放浪していたクライヴのオリエンタル・ミュージックへの傾倒が感じられるミステリアスなサウンドに仕上がっています。

試聴 Click!

V.A./TWISTED FOLK ROOTS AND PSYCEDELIC SHOOTS

こちらは昨日入ってきたコンピレーションなのですが、英国フィメール・フォーク・ファンにはたまらない内容となっています。

ハープシコードと男女ボーカルが広がるメロウ・キャンドルみたいなミスティックなフォークあり、ヴァシュティ・バニヤンみたいな可憐なフィメール・フォークあり…とんでもなく盛り沢山です。

試聴 Click!

MERRUWYN/LIVE AT THE GROSVENOR HOUSE HOTEL SHEFFIELD

上記コンピレーションにも収録されている英ケント州出身の2人の女性シンガーによるデュオ、74年唯一作。

線の細く純粋な2人の歌声が右から左から重なり、美しいハーモニーを奏でます。まるでヴァシュティとフォーカル・ポイントのヴォーカリストが左右からささやいているような感じです。

試聴 Click!

FARAWAY FOLK/SEASONAL MAN

まだまだありますよ。

こちらは英ブリックハムで結成された、2組の夫婦からなるフォーク・グループ。

2人のハーモニーにアコギが重なって、えも言われぬ美しさです。

試聴 Click!

ヴァージニア・アストレイ/サム・スモール・ホープ

少々時代を上って、86年の作品です。

英国のシンガー・ソングライター、ヴァージニアに坂本龍一が惚れ込みプロデュースした作品で、まるで妖精みたいな可憐なボーカルと上品な電子音が合わさって非常に心地良いサウンドとなっています。

試聴 Click!

CLEARING/CLEARING

最後はアメリカの作品です。

ヴァシュティ・バニヤンを彷彿させる無垢な女性ヴォーカルに心洗われます。山小屋の前の野に咲く花のように可憐なプライヴェート・フォーク逸品。

試聴 Click!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしょうか。少しでもお楽しみいただければ幸いです。


サンディ・デニーが好きな人におすすめ。英国らしい陰影をたたえた女性シンガー特集。

【関連記事】

サンディ・デニーが好きな人におすすめ。英国らしい陰影をたたえた女性シンガー特集。

サンディ・デニーに近い魅力を持った、英国の陰影たっぷりな女性シンガーをピックアップいたします。


虚ろフォーク特集

【関連記事】

虚ろフォーク特集

どこか浮世ばなれした旋律で、何もかも忘れていつまでも聴いていたくなるような幻想的なフォークを紹介します。ちょっと人生を一時停止して、ひと休みしませんか。

関連カテゴリー

関連在庫

  • FARAWAY FOLK / SEASONAL MAN

    夢見心地の英ストレンジ・フォーク、75年作

    英国の2組の夫婦によるグループ、75年作。控えめにかき鳴らされるアコギにエレキがファジーに絡んだところで、フルートがふわりと加わっていき、素朴な男女ボーカルが宙を漂います。耳に心地よいのですが、ミニマムなギターワークがトラッド調のメロディーに少し尖ったポップさを加えており、独特の味わいと軽やかさがあります。トゥリーズやスティーライ・スパンがインディー・ロックをやっているような、不思議なサウンドです。A面は自作曲、B面はトラッドのカバー。

  • FAMOUS JUG BAND / SUNSHINE POSSIBILITIES

    INCREDIBLE STRING BANDのクライヴ・パーマー参加のジャグバンド1969年1ST。ジャグバンドには収まりきらない神秘性を孕んだ、ブリティッシュフォーク/フィメールフォーク名盤!

    INCREDIBLE STRING BANDのクライヴ・パーマー含む4人のバンド1969年デビュー作。クライヴ・パーマー作の??が格別で、「ジャグバンド」という括りには収まりきらない魅力を放っています。幽玄に爪弾かれるギター、ジル・ジョンソンの透き通ったボーカルが、靄がかかったようなミステリアスな旋律に乗せて広がり、言葉を失う美しさです。親しみやすさと英国情緒とが一体となった、ギターのピート・ベリーマン作の楽曲もまた素晴らしく、草木の香りただようプリミティブなブリティッシュフォークといった趣です。英国フォーク好きはもちろん、フィメールフォーク好きにも大推薦!

  • MERRUWYN / LIVE AT THE GROSVENOR HOUSE HOTEL SHEFFIELD

    英ケント州出身の2人の女性シンガーによるデュオ、74年唯一作。

    魅力的なのは、2人のハーモニー。線の細く純粋な2人の歌声が右から左から重なり、美しいハーモニーを奏でます。まるでVASHTI BUNYANとFOLKAL POINTのヴォーカリストが左右からささやいているような感じ。素直なピッキングの軽やかなギターは寄り添うように響きます。自作曲2曲以外はすべて当時のヒット曲のカバーで、「君の友だち」「スカボロ・フェア」をこれ以上なくピュアにカバーしており、てらいのない素朴な演奏に心洗われます。ブリティッシュ・フォーク好き、特にVASHTI BUNYANなど透明感あるフィメール・フォークが好きな方から、PP&MやSIMON & GARFUNKELなどのハーモニーの美しい60年代米国フォークが好きな方におすすめです。

  • V.A. / KNOTWEED: TWISTED FOLK ROOTS AND PSYCEDELIC SHOOTS

    英国やアイルランドのレア・フォーク/サイケデリック・フォークコンピレーション。

    これはまた、英フィーメール・フォーク・ファンが喜びそうなコンピが発売されました!英国やアイルランドのレア・フォーク/サイケデリック・フォークを集めているのですが、まず2曲目NEW WINE「Time Flies By」を聴いてください!ギターと微かな鍵盤がゆらめく繊細なバンド・サウンドに、ちょっと不安定ながらも透き通った女性ボーカルが響き、思わず微笑んでしまうような可愛らしさです。フルートや男性ボーカルと掛け合いながら、美しいボーカルがどこまでも心地よく広がっていきます。同系統の可憐なボーカルが楽しめるジャズ・サイケ・フォーク・トリオGUGGENHEIM、まるでメロウ・キャンドルのようなカルテット、CEATHRARも素晴らしいです。アルバムにはヘヴィ・サイケ・バンドARAGONや、起伏に富んだ展開とハードなギターが楽しめるプログレッシブ・バンドZEITGEISTも収録されています。

  • VASHTI BUNYAN / SOME THINGS JUST STICK IN YOUR MIND

    可憐な歌声が魅力の英フィメールSSW、64-67年のシングル&デモ音源集、25曲収録

  • BRIDGET ST.JOHN / FLY HIGH

    英フィメール・フォーク屈指のSSW、代表曲・未発表曲・ライヴ音源をまとめた2枚組編集盤

    ジョン・ピールにその才能を見出され、彼が運営するレーベル『ダンデライオン』からデビューしたイギリスを代表するフィメールSSW。ダンデライオン・レーベルからの1stから3rdの代表曲の他、68年から72年に録音されたライヴやBBC音源・レア音源・未発表音源をまとめた編集盤。

  • CLEARING / CLEARING

    女性2人/男性1人の米フォーク・トリオ、73年作、無垢で可憐なプライヴェート・フォーク逸品

    アメリカの男女フォーク・トリオ。73年に自主制作された2nd。ヴァシュティ・ブニヤンの無垢さを彷彿させる女性ヴォーカル2人と木訥とした男性ヴォーカルによるハーモニー。アコギを基本にハープシコードやフルートやピアノがそっと彩りを添える美しくつつましいアンサンブル。山小屋の前の野に咲く花のように可憐なプライヴェート・フォーク逸品です。

  • SPIROGYRA / BURN THE BRIDGES

    1stリリース以前の70年から71年にかけて録音された未発表音源集、全17曲

    1stリリース以前の70年から71年にかけて録音していた未発表音源集。全17曲収録。基本的には、1stと同傾向のアシッド・フォークですが、1stほどはひねくれておらず、バーバラ・ガスキンがメインでヴォーカルを取る楽曲は透明感溢れる雰囲気で鳥肌ものです!特に「BURN THE BRIDGES」は、天上の歌声が素晴らしい名曲。全曲、未発表音源とは思えないほど高音質!

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。