プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【改訂】英国のメロトロン・フォーク特集

こんにちは。スタッフみなとです。

プログレファンを惹きつけてやまない楽器、メロトロン。

どこか懐かしく、楽曲に深みを与えてくれる揺らぎある音色は、言葉では表せない魅力がありますよね。

今日はそんなメロトロンが使われている(と思われる)フォーク作品を集めてみました。

BRAN/AIL DDECHRA

ウェールズ出身のフォーク・ロック・バンド、原盤は激レアとして知られる75年の1st。

何と言っても1曲目が必殺。軽快に刻むリズムとキンキンと響くサイケギター、そして分厚いメロトロンが洪水のごとく流れ込む大変素晴らしい一曲です。

試聴 Click!

TRANQUILITY/SILVER

英プログレッシブ・ポップ・フォーク・バンド、72年2nd。まるでCS&NやBEE GEESのような青々としたコーラス・ワークが爽やかで、全編に渡って心地良いハーモニーを聴かせてくれます。

40秒過ぎからメロトロンが聴こえてきます。

試聴 Click!

GOTHIC HORIZON/JASON LODGE POETRY BOOK

後にSSWとしても秀逸な作品を発表する二人によるフォーク・デュオ、71年作。

英国叙情の美しいメロディーと彼らの穏やかな歌声、ハーモニーを活かした絶品ブリティッシュ・フォーク・アルバムです。

2:55あたりから、メロトロンがじわりと使われています。

試聴 Click!

BLONDE ON BLONDE/REFLECTIONS ON A LIFE

60年代末期に結成されたウェールズ出身グループ、71年発表の3rdアルバム。

アーシーなブルースに幽玄なフォークを足して、怪しいサイケで割ったようなサウンドは個性満点。

ラストナンバー「CHORALE」は、メロトロンが感動的に楽曲を盛り上げます!

試聴 Click!

9:30 FLY/9:30 FLY

男女ヴォーカルの英プログレ・フォーク・バンド、72年唯一作。

バンド名も(なぜ時間と蝿!?)ジャケもアングラ臭プンプンですが、フォークを軸に、ここぞでメロトロンやフルートが溢れ、エレキのリードも炸裂する、英プログレの秘宝です!

2:00前後からメロトロンが入ります!

試聴 Click!

STORYTELLER/MORE PAGES

英国出身フォーク・ロック・バンド、ラスト・アルバムとなった71年作2nd。

リンディスファーンばりのグッドメロディに溢れた瑞々しく端正なフォーク・ロック。

バックでさりげなく使われるメロトロンが、曲に豊かな詩情を加えています!

試聴 Click!

DAVEY & MORRIS/DAVEY & MORRIS

北アイルランド出身のフォーク・デュオ、73年唯一作。

寂寥感ある楽曲にメロトロン(おそらく)がマッチしています。

試聴 Click!

心に響く楽曲が見つかったでしょうか。

主役にも隠し味にもなるメロトロン・・・奥が深いです。

関連カテゴリー

メロトロン・フォーク特集

  • GOTHIC HORIZON / JASON LODGE POETRY BOOK

    70年代に秀逸なソロ・アルバムを2枚発表し、現在も名前を変え活躍中のANDY DESMONDが在籍したポップ・フォーク・デュオのファースト・アルバム

    後にSSWとしても秀逸な作品を発表するアンディー・デスモンドとリチャード・ギャレットによるフォーク・デュオ。本作は、71年発表の1stアルバム。英国叙情の美しいメロディーと彼らの穏やかな歌声、ハーモニーを活かした絶品ブリティッシュ・フォーク・アルバム。メロディー・ラインは、どこかFAIRFIELD PARLOURのPETER DALTREYを思い出す、ちょっとクラシカルな格調高い雰囲気。2曲目「SONG FOR SUSAN」での、本来の弦楽器の代用としてのメロトロンの優しい響きが絶品です。ジャケットのような華やかさはほとんどなく、じっくりと味わえる珠玉の逸品。

  • 9:30 FLY / 9:30 FLY

    男女ヴォーカルの英プログレ・バンド、72年唯一作、メロトロンもフィーチャーしたブリティッシュ・アンダーグラウンド・プログレの逸品

    マイケルとバーバラのウェインライト夫妻を中心に、71年にイギリスはチェルトナムで結成されたフォーキー・プログレ・バンド。Emberというレーベルから72年にリリースされた唯一作。ちょっとトラッドが香る男性ヴォーカルとハイ・トーンの女性ヴォーカルによるフォーク・ロックではじまって、男女ヴォーカルのレア・フォークかな、と思っていると、エッジの立ったエレキ・ギター(パーラー・バンドを彷彿)が入ってきて、ドライヴするリフは『こわれもの』期のイエスみたいだし、ドラムはタイトで力強いし、ジャジーで静謐なエレピも雰囲気たっぷりだし、そこから、スッとフォーク・ロックに一転するアレンジもカッコ良いし、何とも言えない気品に溢れています。曲によっては、メロトロンが洪水のように溢れ、フルートもたゆたい、神々しさすら感じます。スプリングやパーラー・バンドに女性ヴォーカルが入った感じで、張り詰めた空気感をまとった希有な英プログレ逸品です。

  • BRAN / AIL DDECHRA

    ウェールズ出身のフォーク・ロック・バンド、原盤は激レアとして知られる75年作1st、メロトロンを豪快に鳴らす1曲目が必殺!

    ウェールズ出身のフォーク・ロック・バンド、原盤は激レアとして知られる75年の1st。何と言っても1曲目が必殺。軽快に刻むリズムとキンキンと響くサイケギター、そして分厚いメロトロンが洪水のごとく流れ込む大変素晴らしい一曲。かすかな哀愁を含んだウェールズ語のヴォーカルがまた堪りません。2曲目以降は女性キーボーディストによる清楚なフィメール・ヴォーカルをフィーチャーした、英国の片田舎をイメージさせる長閑なフォーク・ロック・ナンバーが中心で、メロウ・キャンドルとチューダー・ロッジの中間(ややチューダー寄り)といった印象で実に良い味わいです。綺羅びやかなアコースティックギター、哀愁たっぷりのサイケがかったエレキギターが楽曲を彩っていて、彼らならではの味を出しています。英フォーク本来の格調高さと、どこか感じられる「いなたさ」がいい塩梅で共存する好盤です。

  • DAVEY & MORRIS / DAVEY AND MORRIS

    北アイルランドはベルファスト出身のフォークデュオ、トラッドの寂寥感とマーク=アーモンドばりの洗練されたポップセンスが融合した73年唯一作

    北アイルランドのベルファスト出身、ショーン・デイヴィーとジェイムス・モリスとで結成したフォークデュオ。73年の唯一作。レーベルは、ブリティッシュフォークの良作を多くリリースしているヨークレコードです。しっとりと流れるように奏でられるピアノのアルペジオ、マーク=アーモンドあたりを彷彿させる叙情的でいて洗練されたリズム・セクション、そして、ちょっぴりスモーキーでいて透明感のある繊細な歌声。一聴した印象は「流麗」なのですが、どこか厳かで胸が締め付けられるような物悲しさがあって、メロディ・ラインに意識を留めると、おぉそうか、サンディー・デニーが歌っていそうな感じ。どこか寂寞とした感じで、北アイルランドの寒々しい風景が思わず浮かんできます。オープニング・ナンバーから言葉を失うほどの名曲で、柔らかながらも純粋でいて芯のあるボーカルとギター、そこにアイリッシュ・ブズーキーがきらびやかに鳴らされ、ピアノが神秘的に入り込み、静かにオーケストラが交じってきて・・・まるでフォーキーな讃美歌のようです。アルバムには、中期キンクスを思わせる牧歌的な曲もあり、2人が紡ぐポップなメロディも特筆もの。プロデューサーはストローブス結成メンバーのトニー・フーパ―。ジャケの内気そうな2人そのままといえる内省的でいて気品に満ちた、英国フォーク・ポップの隠れた名盤です。

  • BLONDE ON BLONDE / REFLECTIONS ON A LIFE

    ウェールズ出身サイケ・フォーク・ロック・グループ、最終作となった71年作3rd、アーシーで骨太なブルース・ロック色が加わった名作

    60年代末期に結成されたウェールズ出身グループ、キーボーディストが脱退し新たにギタリストが加入、ツインギター編成となった71年発表の3rdアルバム。サイケとフォーク・ロックを上手く取り合わせ独自のサウンドを聴かせた前作に対し、骨太なブルース・ロックを中心とするアーシーなアメリカ志向のサウンドを導入しているのが特徴的。フォーキーなナンバーでもブルース/ルーツ色が見え隠れする味わい深いサウンドを聴かせています。特に、サイケの残り香を含んだツインギターが炸裂するソリッドなブルース系ナンバーは抜群のカッコよさを誇っており聴き所。ただそんな中でも、英国的なリリカルなメロディーと淡々としながらも感情を揺さぶるヴォーカル、そしてメロトロンが雄大に盛り立てる感動的なラストナンバー「CHORALE」は、やはり彼らが英ウェールズ出身バンドであることを強く思い出させます。この後中心メンバーだったギターのGareth Johnsonが脱退し程なくバンドも解散、図らずも最終作となりましたが、数あるアメリカ志向のブリティッシュ・ロックの中でも極めて完成度の高いサウンドを聴かせる一枚です。

  • STORYTELLER / MORE PAGES

    英国出身フォーク・ロック・バンド、ラスト・アルバムとなった71年作2nd、メロウで洗練された質感が素晴らしいリンディスファーンばりの絶品フォーク・ロック、名盤!

    英国出身のフォーク・ロック・バンド、70年のデビュー作につづく71年リリースの2ndで彼らのらラスト・アルバムとなった作品。冒頭の歯切れ良く刻むグルーヴィーなアコースティックギターがカッコいいフォーク・ロック・チューンからとにかく最高ですが、つづく2曲目も、ピアノとアコギが叙情的に鳴らされ、粛々としかしドラマチックに歌い上げる男女ヴォーカルが胸に迫る感動の名曲!71年という時期にこのメロウで洗練された質感は凄いです。一転3曲目は清楚だけどちょっぴり舌足らずにも聴こえる女性ヴォーカルをフィーチャーしたブリティッシュ・トラッド・フォークで、三美神やトゥリーズなどを想起させる哀感が漂います。頭の3曲が際立ちますが、全体の作風としてはリンディスファーンばりのグッドメロディに溢れた瑞々しく端正なフォーク・ロックという印象で全編通して完成度高いです。ふくよかなコーラスワークやさりげなくメロトロンも使われていたりと、演奏の表情も非常に豊か。1stも名盤ですが、本作も負けず劣らずの完成度を誇る一枚。最終作なのがあまりに惜しまれます。

  • TRANQUILITY / SILVER

    英プログレッシブ・フォーク・ポップ、71年作。

    英プログレッシブ・ポップ・フォーク・バンド、72年2nd。まるでCS&NやBEE GEESのような青々としたコーラス・ワークが爽やかで、全編に渡って心地良いハーモニーを聴かせてくれます。アコギとスライド・ギターが美しい西海岸風サウンドや、ポール・マッカートニー直系のスイートなメロディにぐっときていると、いつの間にやらエレピやクラビネット、メロトロンが入り乱れるプログレッシブな展開に!フォーク・ロックじゃなかったの!?と思ってメンバーを調べてみたら、中心人物TERRY SHADDICKは後にオリビア・ニュートン・ジョンやアメリカに楽曲提供するポップ職人でした!何でもこのバンド、DONOVANのマネージャーが、英国フォークとポップ、ロックを融合させたくて企画し、TERRY SHADDICKはそのために引き抜かれたんだとか。何はともあれ、ニッチ・ポップ好き、それからもちろんフォーク・ロック好きにも聴いていただきたい作品です!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。