プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

KANSASのTOP10ソング-米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表

アメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループ、KANSASのTOP10ソングを米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCKが発表していますのでご紹介いたしましょう!

カケレコではこちらの記事でKANSASをピックアップしています。ぜひご覧ください!


プログレ温故知新 - 往年のプログレ定番とプログレ新鋭をキーワードでつなげる特集

【関連記事】

プログレ温故知新 – 往年のプログレ定番とプログレ新鋭をキーワードでつなげる特集

往年のプログレ定番とプログレ新鋭をキーワードでつなげる特集『プログレ温故知新』。

10位:「Hold On」From 『Audio-Visions』

試聴 Click!

9位:「Play the Game Tonight」From 『Vinyl Confessions』

試聴 Click!

8位:「Portrait (He Knew)」 From 『Point of Know Return』

試聴 Click!

7位:「Journey From Mariabronn」 From 『Kansas』

試聴 Click!

6位:「The Wall」 From 『Leftoverture』

試聴 Click!

5位:「Icarus-Borne on Wings of Steel」 From 『Masque』

試聴 Click!

4位:「Song for America」 From 『Song for America』

試聴 Click!

3位:「Dust in the Wind」 From 『Point of Know Return』

試聴 Click!

2位:「Point of Know Return」From 『Point of Know Return』

試聴 Click!

1位:「Carry on Wayward Son」From『Leftoverture』

試聴 Click!

原文はこちら
http://ultimateclassicrock.com/kansas-songs/

スティーヴ・ウォルシュがピックアップされているこちらの記事も是非ご覧ください!


【改訂】特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

【関連記事】

【改訂】特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

英米プログレ界の実力派/個性派名男性ヴォーカルを大特集!

KANSASの在庫

  • KANSAS / SOMEWHERE TO ELSEWHERE

    20年ぶりにオリジナル・メンバーが結集した00年作!

  • KANSAS / LEFTOVERTURE LIVE & BEYOND

    代表作『Leftoverture』リリース40周年を記念した16年ツアーよりベストテイクを収録、全19曲

  • KANSAS / KANSAS

    スケールの大きなキーボードと奔放に弾き倒すヴァイオリン、溌剌とした勢いに満ちた74年デビュー作!

    アメリカン・プログレの代表格、74年作1st。デビュー作ながら英プログレの影響をアメリカ流に表現しようという方向性は既に定まっており、初期ならではの溌剌とした勢いが全編から感じられる魅力的なアルバム。中でも8分の大作「Journey From Mariabronn」は本作のハイライト。テンションみなぎる硬質な変拍子の中、キーボードがスピーディーに畳みかけ、「動」から「静」への鮮やかなリズム・チェンジを合図に、ヴァイオリンが高らかにメロディを奏で、ピアノがリリカルに寄り添う。ジェネシスを倍速にしたような、圧倒的なスピード感とダイナミズムに痺れます。怒濤の展開の後、一瞬の「間」の後に若々しいハイトーン・ヴォーカルが伸びやかにメロディを歌い上げる瞬間には、バンドの魅力とエネルギーが凝縮。その後も、「歌心」あるパートと性急のインプロヴィゼーションとの間を緩急自在に行き交いながらドラマティックに登りつめていきます。英プログレのファンはもとより、これからプログレの世界へと足を踏み入れるハード・ロック・ファンにもおすすめしたい豪快な魅力を持ったアルバム。圧巻のデビュー作です。

  • KANSAS / LEFTOVERTURE

    彼らの出世作と言える76年リリース3rd、キャッチーでスリリングでスケール感溢れるサウンドはこれぞアメリカン・プログレ!

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの76年4th。その内容は、ポップで普遍的なメロディーと抜けの良いバンド・アンサンブル、QUEENのような分厚いコーラスワーク、そしてシンフォニックなヴァイオリンや華やかなキーボードが一体となり、その後のメインストリームである産業ロックへの流れを感じさせる明快な作風を打ち出した傑作です。

  • KANSAS / POINT OF KNOW RETURN

    77年5th、前作とともにバンドの黄金期を象徴する傑作!

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの77年5th。「Point Of No Return」や「Dust In The Wind」といった彼らの代表曲を収録した本作は、彼らの持ち味であるアメリカン・ロックの明快さと、複雑に構築されたプログレッシブ・ロック然としたバンド・アンサンブルが最も良いバランスで同居した傑作となっており、キャッチーな覚えやすいメロディーとテクニカルなプレイとの対比が素晴らしい、彼らの代表作です。

  • KANSAS / TWO FOR THE SHOW

    78年リリース、カンサスの絶頂期を捉えた傑作ライヴアルバム

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの78年ライブアルバム。77年から78年に行われた3つのツアーからの抜粋で収録された音源であり、この時点での彼らのベスト・ヒット的な選曲がなされたライブ作となっています。スタジオ作以上にアメリカン・ロックのダイナミズムとテクニカルなプログレッシブ・ロック・アンサンブルを感じられる、名作と言えるでしょう。

  • KANSAS / MONOLITH

    79年作

  • KANSAS / AUDIO-VISIONS

    80年作

  • KANSAS / VINYL CONFESSIONS

    82年作

  • KANSAS / DRASTIC MEASURES

    83年9th

  • KANSAS / POWER

    86年作

  • KANSAS / IN THE SPIRIT OF THINGS

    88年作

  • KANSAS / KING BISCUIT FLOWER HOUR PRESENTS

    89年ライヴ作、全12曲

  • KANSAS / LIVE AT THE WHISKY

    92年リリースのライヴ作、全14曲

  • KANSAS / FREAKS OF NATURE

    95年作

  • KANSAS / ALWAYS NEVER THE SAME

    98年作、オーケストラとの共演による代表曲のリメイク・アルバム

  • KANSAS / KANSAS (ANTHOLOGY)

    未発表曲/デモ&ライヴ音源集 、全26曲

    • SRCS7448/9

      2枚組ボックス、ブックレット付き、帯元から無し、解説:伊藤政則、定価5000

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯-

      解説無、ボックス無し、カビあり

  • KANSAS / WORKS IN PROGRESS

    92〜02年までの楽曲のベスト、全12曲入り

「KANSASの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事