プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

70年代アルゼンチン・プログレに通じる詩情あふれる新鋭を特集!

アルゼンチンのロック・シーンの基礎を築いたと言われる2人のミュージシャンと言えば、ALMENDRAを始めPESCADO RABIOSOやINVISIBLE、ソロ・ミュージシャンとしても生涯第一線で活動を続けたLUIS ALBERTO SPINETTA(1951-2012)と、フォークデュオSUI GENERISでの活動で一躍国民的スターの座につき、その後もLA MAQUINA DE HACER PAJALOSやSERU GIRANなどの名バンドを結成、現在にいたるまでアルゼンチン・ロック界の父として尊敬を集めつづけるCHARLIE GARCIA(1950-)。

近年、アルゼンチンではそんな彼らの詩情あふれるサウンドを受け継いだ素晴らしい新鋭たちが登場してきています。

今回はそんな中から特に卓越した音楽性を持つバンドたちをピックアップしてまいります。

ASI/ASI

暖かい海を漂うようなギター、甘やかな響きのスペイン語ヴォーカル、淡く幻想的な音響が描く、詩情に満ちたセンチメンタルなサウンドがもう絶品。

ポスト・ロック色がある00年代のSPINETTA作品にも通じていますね。

これぞアルゼンチンと言いたい溢れんばかりに豊かな情感を宿した新鋭18年作!

試聴 Click!

SIG RAGGA/LA PROMESA DE THAMAR

SUI GENERIS、SERU GIRAN、PABLO~、PASTORALなど往年の歌ものアルゼンチン・ロックが好きでしょうがない?

ならこの新鋭、悶絶間違い無し☆

往年の歌ものアルゼンチン・ロック名バンドが持っていた詩情を確かに宿した素晴らしい新鋭です。

試聴 Click!

CISNE ELOCUENTE/LEDA

もし70年代の若きスピネッタが現代に蘇ったとしたら…。

そんな想像を形にしてくれたような好盤に仕上がっていて、アルゼンチン・ロック・ファンとして涙を禁じえません。

17分の大作も南米らしい柔らかな叙情性を失うことなく構築的に聴かせていてセンス抜群!

試聴 Click!

TASIS/BUSQUEDA DE LO REMEDIABLE

こ、これが自主制作!?

スピネッタやチャーリー・ガルシアを受け継いだサウンドは、70年代アルゼンチン・ロックのファンは歓喜間違いなし。

ジャズやタンゴの香りたっぷり、ヴァイオリンをフィーチャーしたアルゼンチンのプログレ新鋭バンド、2016年デビュー作。

試聴 Click!

VADE RETRO/FLORECIENDO EN HELIOPOLIS

スピネッタ、ガルシアから連なるアルゼンチン・ロックの伝統を理想的な形で現代に伝えるのがこのバンド。

南米特有のリリシズム溢れる珠玉のメロディに彩られた南米新鋭の大傑作です!

試聴 Click!

ISMO DE LAS FAUCES/ISMO DE LAS FAUCES

ポスト・ロックを通過した「音の純度の増したSERU GIRAN」というべきサウンドはかなりハイクオリティ。

VADE RETROのKey奏者&コンポーザーのLucas Bustosが、VADE RETRO解散後に結成したバンド。2015年デビュー作。

試聴 Click!

SEIN/LA FLOR Y LA MIERDA

え!?これ本当に2010年デビューのバンドなの?

新鋭とは思えないほどに70年代プログレのエッセンスが濃厚に薫るこのサウンド。

SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐこれぞ正統派アルゼンチン・プログレ!!

試聴 Click!

LA FINCA DE LAURENTO/FUERZA

08年デビュー作が衝撃的だったヴィンテージテイスト満点の新鋭、12年2nd。

一聴して現代のバンドらしいヘヴィネスに耳が行きますが、ふいにメランコリックに沈むパートでの繊細な表情は紛れも無くアルゼンチン・プログレ!

この落差、たまりません~。

試聴 Click!

CHAU COCO !/DISPERSION

ボサノヴァ調のライトなジャズ・ロックだった前作から、ロック的なダイナミックさがプラスされよりアルゼンチン・プログレらしさが増した12年作。

管弦を交えたしなやかなジャズ・ロックと南米特有の詩情溢れるメロディとの組み合わせが新鮮です。

試聴 Click!

いかがでしたか?

いずれも、往年のアルゼンチン・プログレをリスペクトしつつもそこに新鋭らしい独自のエッセンスを融合させた好バンド揃いではないかと思います。

南米に限らずこういう往年のプログレのテイストを大事にしている新鋭バンドは近年数多く登場してきているんです。

70年代プログレのファンからすると嬉しいことですよね。

今後もヴィンテージ・テイストを持つ新鋭たちの動向には、カケレコとしても熱い眼差しを注いでまいりたいと思います!

関連カテゴリー

往年のアルゼンチン・プログレを受け継ぐヴィンテージな新鋭たち

  • VADE RETRO / FLORECIENDO EN HELIOPOLIS

    アルゼンチン産新鋭プログレ・バンドの12年作、70年代南米プログレを思わせる繊細な音運びと珠玉のメロディに溢れた大傑作!

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる12年作。冒頭、音響派を思わせる幻想性に満ちた音空間を聴かせたかと思うと、ギターによるこぼれ落ちんばかりの哀愁を放つソロに、SERU GIRANなどの70年代アルゼンチン・ロック直系のロマンと清涼感を併せ持ったメロディが湧き出てきて、ここですでにこのバンドの魅力に取り込まれていることに気づきます。ピアノの流麗なフレーズに乗せて歌われる淡い叙情を秘めたヴォーカル・メロディも素晴らしい。そうかと思うと今度はジャズ/フュージョン風のテクニカル・アンサンブルまで飛び出してきて、あたかも在りし日のアルゼンチン・ロックが甦ったかのような錯覚を覚えます。70年代的な質感を持った音使いと現代的なモダンな音使いとをバランスよく配するセンスも特筆です。LA MAQUINA、SERU GIRANを始めとする70年代南米プログレがお好きな方には、何を置いてもオススメしたい大傑作です。

  • SEIN / LA FLOR Y LA MIERDA

    え!?これ本当に新鋭なの? SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐ正統派アルゼンチン・プログレ、名作!

    南米アルゼンチンの新鋭、2010年デビュー作。「え!?これ本当に新鋭なの?」と思ってしまうほど70年代プログレのエッセンスに溢れています。SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継いだ叙情美と構築美。柔らかくたゆたうキーボード、「詩情」豊かなメロディと繊細な歌声が胸を打つヴォーカル。時にジャジーなフレーズをさらりと挿入するセンスも往年のアルゼンチン・ロックの名グループ譲り。これは素晴らしいグループです!SERU GIRAN、PABLO EL ENTERRADORのファンは必聴!

    • 115250EPSA MUSIC

      24cm四方の特殊ペーパーケース仕様、ボーナスDVD付きの2枚組、DVDの入力方式・リージョン不明

      レーベル管理上、ペーパーケースの状態が悪いです。ご了承ください。

  • LA FINCA DE LAURENTO / FUERZA

    SERU GIRANなど往年の名グループを受け継ぐアルゼンチン産新鋭シンフォ・グループ、08年のデビュー作に続く12年作2nd!

    アルゼンチン産新鋭シンフォ・グループ、08年のデビュー作に続く12年作2nd。タイトなリズムセクションとクールに音を刻むエレピに、ハードな唸りを上げるギターなど現代的なへヴィネスも加えたスリリングなアンサンブルと、南米的な詩情に満ちたメロディを切々と歌うヴォーカルパートとが絶妙なバランスを見せるメロディアス・ロック。軽やかに舞うフルートや劇的に響くピアノなどもアンサンブルに南米らしさを付与。その高い演奏力のみならず、陰影に富んだウェットな音使いなどからは、SERU GIRANの2nd辺りの作風をよりハードにしたかのような印象を受けます。アップテンポの曲ではアルゼンチン特有の洒落たポップセンスが聴かれるのも魅力。70年代南米シンフォからの影響を現代的なサウンドによって見事に昇華した力作です。

  • TASIS / BUSQUEDA DE LO REMEDIABLE

    自主制作とは思えない完成度!ジャズやタンゴの香りたっぷりのアルゼンチンのプログレ新鋭バンド、2016年デビュー作

    ジャズやタンゴの香りたっぷり、ヴァイオリンをフィーチャーしたアルゼンチンのプログレ新鋭バンド、2016年デビュー作。豊かな響きのコード弾きから流れるような早弾きリードまで卓越したジャズ・ギターとノスタルジックなメロディを伸びやかに奏でるヴァイオリンを軸にした技巧的でいてふくよかなアンサンブルが魅力的。ここぞでは、マハビシュヌ・オーケストラ的なフュージョン・ロック・パートへと展開したり、ギターによる変拍子のミニマルなフレーズを背景にヴァイオリンがキレのあるフレーズで切れ込むチェンバー・ロック的テンションあるパートを織り交ぜるなど、表現力の豊かさは特筆です。南米らしい詩情豊かなメロディとセンチメンタルさを持ったヴォーカルもまた素晴らしい。スピネッタやチャーリー・ガルシアのDNAを確かに感じさせる好グループ。自主制作とはとても思えない完成度。70年代アルゼンチン・ロックのファンは必聴と言える快作です。

  • SIG RAGGA / LA PROMESA DE THAMAR

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる16年作3rd、「歌」を中心に据えた珠玉のシンフォニック・ロック・ナンバーが目白押しの名作、SUI GENERIS、SERU GIRAN、PABLO〜、PASTORALなどのファンに絶対オススメ!

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる16年作3rd。これは素晴らしいです。丸みあるマイルドなトーンで叙情美を描くギターと爽やかなアコースティックギターが絡むどこまでも優しげなアンサンブルに、鼻にかかった繊細なハイトーンで語りかけるように歌うスペイン語ヴォーカル。70年代アルゼンチン・ロックをそのままにクリアでモダンな音像によって蘇らせたような1曲目からもう堪りません。往年のアルゼンチン・ロック・ファンならこの時点で悶絶間違い無しの素晴らしさ。優美なストリングスをバックに言葉を選ぶように大切に歌うヴォーカルにグッと来る2曲目も極上。そして天上から降り注ぐようにフワッと柔らかく寄り添うコーラス。全編にわたり南米ロックの魅力の一つである「歌」を中心に据えた珠玉のシンフォニック・ロック・ナンバーが続きます。一方では、繊細で優美なサウンドを維持しながらシンセサイザーによるデジタリーな音を散りばめるセンスの良さにも唸らされます。これはSUI GENERISやSERU GIRANを始め、PABLO〜やPASTORALなど往年の歌ものアルゼンチン・ロック名バンドが持っていた詩情を確かに宿した素晴らしい新鋭です。オススメ!

  • ASI / ASI

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ/ポスト・ロック・バンド、アルゼンチンらしい詩情に満ちたセンチメンタルな幻想サウンドが心地よい18年作

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ/ポスト・ロック・バンドによる18年作。暖かい海にたゆたうようなギター、愛らしい音色で舞うシンセ、甘やかな響きのスペイン語ヴォーカル、淡く幻想的な音響などによって描き出される、アルゼンチンらしい詩情に満ちたセンチメンタルなサウンドがもう絶品。耳を引くユニークなリズムパターンをスマートに叩き出すドラム、時折なめらかに滑り込んでくるジャジーなサックスもいい仕事です。ポスト・ロック色がある00年代のSPINETTA作品に通じる溢れんばかりに豊かな情感が素晴らしい一枚!

  • CISNE ELOCUENTE / LEDA

    アルゼンチン新鋭17年作2nd、70年代のスピネッタから影響を受けた淡くセンシティヴな南米叙情を湛えたサウンドが素晴らしすぎる好盤!

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる17年作2nd。キーボードも操るギタリストとリズム隊のトリオ・バンドで、南米らしい清涼感を纏ったメロディアス・プログレを聴かせます。故スピネッタ譲りの柔らかくセンシティヴなハイトーン・ヴォーカルに驚きますが、サウンドもかなりスピネッタに影響を受けており、Pescado Rabioso〜Invisible期のブルース・ロック〜ジャズ・ロックに傾倒していた70年代前半のスピネッタがまさに鳴らしそうな音を聴かせていて、70年代アルゼンチン・ロック・ファンならこれは悶絶のサウンドでしょう。17分に及ぶラストの大作もアルゼンチンらしい柔らかな叙情性を失うことなく構築的に聴かせていてセンス抜群。もし70年代の若きスピネッタが現代に蘇ったとしたら、そんな想像を形にしてくれたような好盤に仕上がっています。ずばり南米ファン必聴。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。