プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

現代プログレ・シーンの最重要人物ロイネ・ストルトにフォーカス!

90年代初頭のプログレ再興を担ったANEKDOTEN、ANGLAGARD、そして現代プログレ・シーンの中核を成すバンドと言えるFLOWER KINGS、さらに00年以降最高レベルの新鋭の一つと目されるシンフォ・バンドMOON SAFARI・・。

スウェーデンを中心とした90年代以降の北欧プログレ・シーンは、ハイレベルなバンドたちによるハイクオリティな作品が数多く送り出されてきた、常にプログレ・ファンからの注目を集めてきたフィールドと言えます。

そんな北欧シーンにおける最重要人物と言えば、やはりこの人ロイネ・ストルト。そんなわけで、ここではKAIPAに始まる彼の華々しきキャリアをジュークボックスにまとめてみました。

【「ヨーロピアン・ロック・フェス」参加バンド特集】
FLOWER KINGS
http://kakereco.com/blog/?p=5119
ANEKDOTEN
http://kakereco.com/blog/?p=5041
MOON SAFARI
http://kakereco.com/blog/?p=5050
TRETTIOARIGA KRIGET
http://kakereco.com/blog/?p=5078

KAIPA

試聴 Click!

76年発表の2作目からの一曲。熱のこもったヴォーカルと、それとは対照的にひんやりとした北欧的叙情を湛えた演奏とによって綴られる、夢見るように美しくファンタスティックなロック・シンフォニー。緩急を自在に操る洗練のアンサンブルが前作より大幅に進化

FLOWER KINGS

試聴 Click!

言わずと知れた現代北欧プログレを代表する存在。現代プログレらしい重厚な演奏に耳が行きがちですが、同時にKAIPAや70年代英プログレなど往年のプログレに対するリスペクトを忘れないところもポイント。というわけでライヴ盤にも収録のGENESISカヴァーをどうぞ

ROINE STOLT

試聴 Click!

数々のバンドに参加するロイネですが、個人名義の作品はそれほど多くありません。そんな彼の05年発表のソロは、全編ブルージーなサウンドを聴かせる異色作。ロイネによる渋みたっぷりのブルーズギターをフィーチャーした、彼のルーツが色濃く現れた一枚です

TRANSATLANTIC

試聴 Click!

ニール・モーズにマイク・ポートノイ、MARILLIONのピート・トレワヴァス、そしてロイネと英米北欧名うてのミュージシャンが集まった。メンバーの豪華さに加え、あまりに壮大なスケールで展開していくシンフォニック・ロックに、多くのプログレ・ファンが驚愕したのではないでしょうか

TANGENT

試聴 Click!

英国のミュージシャン、アンディ・ティリソンを中心とするプロジェクト・バンド、03年デビュー作。ロイネを始めとしてFKからのメンバーが集結、ロックの躍動感がたっぷりと詰まったシンフォ絵巻を繰り広げます。VDGGのデヴィッド・ジャクソンによる鋭いサックスもさすがのカッコよさ!

3RD WORLD ELECTRIC

試聴 Click!

ロイネとFKのベーシストJONAS REINGOLDを中心としたプロジェクト・バンド09年作。その内容はオールインストの本格派フュージョン・サウンドで、FKその他におけるシリアスな表情とはまた一味違った演奏が楽しめます。まさに彼らの音楽性を幅広さを示す一枚です

AGENTS OF MERCY

試聴 Click!

現在、FKと並行してロイネが主導するプログレ・バンドがこちら。北欧本来の透明感溢れるサウンドをヴィンテージな温かみで包み込んだような珠玉の一枚。FKと比較しても、より北欧プログレとしてのアイデンティティを強く感じさせる力作です

ANDERSON/STOLT

試聴 Click!

なんとYESのジョン・アンダーソンをヴォーカルに迎えた夢のプロジェクト・バンド、16年リリース。美麗なメロディ際立つFK人脈のファンタスティックなアンサンブルに、ジョン・アンダーソンのヴォーカルが融け合う、瑞々しさいっぱいのサウンドが絶品。

SEA WITHIN

試聴 Click!

FK人脈にYESやCAMELのサポートとしても活躍したTom Brislin、現代プログレ界を代表する名ドラマーMarco Minnemannらを迎え結成されたスーパー・グループ、18年のデビュー作。深遠なメロディ、強靭なリズム隊がリードする重厚なアンサンブルの中にもオルガン等暖かみある音色を取り入れ、硬質すぎないサウンドを創り上げているのがグッド。

ROINE STOLT'S THE FLOWER KING

試聴 Click!

8年ぶりのソロ作となった18年作。ドラマチックに盛り上がる展開などFKに通ずる要素もありつつ、どちらかと言えばKAIPAを思わせる柔らかな叙情美に包まれたサウンドを展開。圧倒的な表現力のギタープレイは言わずもがな、芳醇なハモンドの腕前にも注目!

WAITING FOR MIRACLES

試聴 Click!

現プログレ・シーンの王者と呼ぶべき人気グループ、6年ぶり19年作!特筆はヴィンテージで柔らかなタッチが印象的な新キーボーディストのプレイ。溢れ出すオルガン&メロトロンとロイネによる入魂のギターがドラマチックに躍動する新たな傑作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AGENTS OF MERCY / FADING GHOSTS OF TWILIGHT

    Roine Stolt率いるプロジェクト・バンド、09年作、アコースティックで幻想性溢れるアンサンブルが素晴らしい名作!

    FLOWER KINGSのRoine Stolt率いるプロジェクト・バンド。09年作。UNIFAUNのNad Sylvan(Vo)、KING CRIMSONのPat Mastelotto(Dr)の他、FLOWER KINGSのメンバーなどが参加。アコギ、弦楽器、ピアノ、メロトロンなどをフィーチャーしたアコースティックで幻想性溢れるアンサンブルはさすがの出来映え。サウンドはクリアで鮮やかですが、無機的とはほど遠く、手工芸のような温かみに溢れています。北欧の澄んだ空気と北欧家具の芳醇な風合いが目に浮かぶようです。モダン過ぎず、懐古的過ぎず、絶妙なサウンド・プロダクションと言えます。これは素晴らしい作品です。

  • FLOWER KINGS / WAITING FOR MIRACLES

    現プログレ・シーンの王者と呼ぶべき、Roine Stolt率いる人気グループ、6年ぶりとなる19年作!

    ご存じ現プログレ・シーンの王者と呼ぶべき人気グループによる6年ぶりとなる19年作。2015年にキーボードのTomas BodinとドラムのFelix Lehrmannが脱退して以来初のスタジオ作となっており、新メンバーにはZach Kamins(key/g)とMirkko DeMaio(dr)を迎えています。特筆はキーボードの活躍。冒頭からピアノとメロトロンがリリカルに舞うインスト小曲で幕を開けると、力強く溢れ出すヴィンテージ・トーンのオルガンでTFKサウンドに厚みをもたらします。前任者T.BodinよりはKAIPAのkey奏者Hans Lundinに近い柔らかくも芯のあるタッチのプレイが印象的です。メロトロンも随所で北欧プログレらしい透明感を描き出していて、全体のサウンド的にもKAIPA的なファンタスティックさが従来よりも強めかもしれません。もちろんRoine Stoltによるエモーションをたっぷり湛えた入魂のギター、Hasse Frobergの熱く歌い上げるハスキー・ヴォーカル、ズシリとパワフルに迫るリズム・セクションと、TFK印の風格に満ちた演奏は健在。キーボードのカラーの変化を原動力にして軽やかなファンタジーが全編を覆うさすがの力作です!

  • FLOWER KINGS / ALIVE ON PLANET EARTH

    「LAMB LIES DOWN ON BROADWAY」のカバーを含む99年ライヴ作

  • KAIPA / INGET NYTT UNDER SOLEN

    ROINE STOLT在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、76年作

    スウェーデンのみならず北欧を代表するシンフォ・グループ、76年2nd。FLOWER KINGSのリーダー、Roine Stoltが在籍することで知られています。本作は、デビュー作での牧歌的なメロディやクラシカルな持ち味はそのままに、冒頭に21分の組曲を配するなど楽曲構成力を発揮した名作です。Roine Stoltによる端正なギター・アルペジオのイントロから、瑞々しい音色を奏でるエレピと情熱的にむせび泣くヴォーカルによる哀愁溢れる導入部。軽やかにリフを刻むベースとオルガンが絡み合い疾走したかと思えば、テンポを落とし、シンセサイザーと泣きのブルース・ギターがユニゾンする雄大且つメロウなパートが湧き上がるなど、終始惹きつけられる構成が素晴らしい。GENESIS、YESを彷彿させるファンタステイックな叙情を堪能出来る名盤です。

  • ROINE STOLT / WALL STREET VOODOO

    05年リリースのソロ作

  • ROINE STOLT'S THE FLOWER KING / MANIFESTO OF AN ALCHEMIST

    ご存知現プログレ・シーンを代表するスウェーデン出身ギタリストによるソロ18年作、TFKメンバーやロイネ人脈が全面参加!

    スウェーデン出身、KAIPA、THE FLOWER KINGS(TFK)、AGENTS OF MERCY、TRANSATLANTICなどで活躍する才人ギタリストによる18年ソロ・アルバム。ご本人はギター/ヴォーカル/キーボードを演奏し、TFKのメンバーであるJonas Reingold(b)、Hasse Froberg(vo)、Michael Stolt(b/vo)の他、テクニカル・ドラマーMarco Minnemann(d)やハケット・バンドで著名なRob Townsend(sax)とNad Sylvan(vo)が参加しています。力強くも浮遊感あるメロディとエモーション溢れるギターをメインにスケール大きくドラマチックに盛り上がる作風はTFKに通じていますが、TFKほどのシリアスさや緊張感は感じさせないのが特徴。ギターを中心にファタジックで伸びやかなタッチが前に出ている印象があり、より北欧らしい柔らかな叙情美を持つKAIPAを彷彿させる部分が目立ちます。2曲目のようなリズミカルなポップ・ソングや、洒脱なサックスが光る本格派ジャズ・エッセンスを取り入れた7曲目など、合間に聴けるソロらしい奔放な曲想も魅力的です。プログレ界最高峰の圧倒的な表現力を見せつけるギタープレイは言わずもがなの素晴らしさですが、そこに芳醇な音色で絡んでくるハモンド・オルガンの腕前にも注目。TFKファンもKAIPAファンも楽しめる充実のソロ作です!

  • TANGENT / MUSIC THAT DIED ALONE

    北欧のレジェンドRoine StoltとPARALLEL OR 90 DEGREESのAndy Tillisonを中心とするプログレ・グループ、TFKを踏襲するスリリングかつスケール感溢れる03年1st!

    • MAR03843

      スリップケース付き仕様、定価3000

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      スリップケースに圧痕あり

      1490円

      1192円
      (税込1311円)

      328円お得!

      CD詳細ページへ

    • 693723659923INSIDE OUT

      スリップケース付き仕様

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      スリップケースに若干黄ばみあり

  • TRANSATLANTIC / SMPTe

    ロイネ・ストルト(フラワーキングス)、ニール・モーズ(スポックス・ビアード)、マイク・ポートノイ(ドリーム・シアター)、ピート・トレワヴァス(マリリオン)によるスーパーグループ、00年作

    • MAR00557

      直輸入盤(帯・解説付仕様)、定価3000

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      解説にケースツメ跡あり、帯に小さい折れあり